掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2013年11月28日
ヒマワリ


原産地は北アメリカです。
それは成長します、に、高さに関して3m、また夏に全く大きな黄色の花花を作ります。
1輪の大きな花のように目に見えますが、それは頭状花序文と呼ばれます。また、多くの花が集まります。また、それは、1輪の花の形式を作っています。
これは、キクの部のプラントによって見られた特徴です。
黄色の花弁を付けた花に舌状花と内側の花弁を持っていない花は、円筒状の花から区別での外車輪のために呼ばれるかもしれません。
それから、言われていること、太陽の運動と共に方向に続くように、花は日本の名前の起源のまわりで回転しました。
しかしながら、この運動が成長に伴うものであるので、それは実際に後で上に太陽を移動させます、成長が成功する若い時だけです。
それが太陽によって正確な位置になるように、若いヒマワリの軸の上部の葉は移動します。また、午前で東へ変わったことは夜に西へ変わります。
それがすぐに生じて、上がり、回転します、に、夜明け前に日没東の後に再び。
芽が大きくなり、花が開く場合、成長が止むので、それは継続をやめます[に、この移動が芽を付ける場合]、しかし移動すること
ルプルプ効果
[ 投稿者:ナナ at 03:52 | 日記 ]

2013年11月16日
カラスノエンドウ
それは、本州から四国、九州および沖縄の路傍のようなeverywheresおよび銀行に非常に通常成長しています。
秋に芽を出し、春が来る場合、それは高さ60です。
- それは150cmになります。
それ、軸のまわりの風、また髭があり、それは近くのものに巻き付けられるかもしれませんが、最も直線にある。
全体は髪を持っています。また、軸は四角柱の形です。
花期は3です。
- 6月にエンドウに似ていた小さな紫赤色花は付けられます。
豆果が熟せば、それは黒くなり、晴天の日に分割し、種子を離れて猛烈に弾くでしょう。
原産地は東洋から地中海、およびエンドウなどのように成長し、作物として使用された証明へ地区ですが、その後に、この地区の古代の小麦耕作農業のスタート用語で考古学的資料で得られる、栽培植物としての使用はほとんど切断されます。また、それが雑草であることは最近考慮されます。
したがって、若芽および若い豆果は食用になることができます。熟した豆も乾き切らせられます。また、それは食用になります。
[ 投稿者:ナナ at 02:40 | 日記 ]

2013年11月13日
アブドゥーグカクテル!?
アブドゥーグはウォツカに基づいたカクテルで、長い飲料(長いカクテル)コールドタイプに分類されます。
清潔なヨーグルトの味は特徴です。
イランで生まれたカクテル。
パフレビ午前の時間までにそれが飲まれたと仮定されています。
ペルシア語と、ウシアブは「水」です。また、ドゥーグは「ヨーグルト」の意味です。
無色透明のウォツカは水でたとえられます。
清潔な冷たさがあることを名前が示唆するとともに、ヨーグルトが使用されるので。
甘味として使用される資料は塩が味を締めるためには使用されませんが、塩、および甘味にさらに似ているウォツカの味が感じられます。
標準レシピ
ウォツカ - 30ml
あっさりしたヨーグルト(-少量(小さな少量から約1/2本の小さじまで)炭酸水-、-適量-)-60mlの塩-
作る方法
ミキシング・グラスで、それはウォツカ、あっさりしたヨーグルトおよび塩の凝視として働きます。
もしよく混合されれば、それは氷が入れられたゴブレット(約300mlのキャパシティー)に流れ込むでしょう。
残りがグラスをしばしば氷で冷やした炭酸水で満たし、それが凝視として軽く働けば、それは完成になるでしょう。
[ 投稿者:ナナ at 05:49 | 日記 ]

2013年11月05日
ズッキーニの原産地
原産地は明らかには正確に示されません。
メキシコの巨大な日本のパンプキンは先祖種類であると考えられます。
それは16世紀ごろの植民地化活動によってヨーロッパの中に持ち混雑していましたが、20世紀に登録した後、普及は完全に始まりました。
英国で、それが1930年代に登録しても、名前は料理の本にめったに伝えられません。また、英国の料理調査者およびエリザベス・デービッドが導入した時、それは1950年代から1960年代までついに料理する材料として人気を勝ち取るために来ました。
長く、細く形作る果物は19世紀の後半にイタリアで改善されました。
未熟な果物および花は食用のこととして役立ちます。また、一シーズンは夏です。
丸がキュウリを厚くした、長く細い形式のものは、日本において主ですが、西洋ナシ・タイプ、球状のズッキーニなどは種類に依存して存在します。
[ 投稿者:ナナ at 23:20 | 日記 ]