掲示板お問い合わせランダムジャンプ

外国為替証拠金取引ってなに?
外国為替証拠金取引とは、ドルやユーロ、ポンドなどの外貨を運用して利益を追求したり、為替リスクを回避したりする金融商品です。為替の変動により、元本割れのリスクはありますが、外貨預金よりは確実に有利な条件で資産が運用できます。

2006年05月17日
サンプラザさんの気持ちわかってきた
サンプラザさんとかが、取引中にポジを曝さない理由がなんとなくわかった気がします。て、もしかして外コムあたりに止められてるとかかもしれないですが。

めんどくさいんですよ、要するに。うん。別に儲かったとか損したかとかいうことを隠したりしたいわけでもないんです。誰も参考にしないってのはわかってるし。

109.275でショートして109.35でいったん切り、再び109.275でショートしてストップは110.52、ついでに一応trailing 0.30 Step 2.48て一応つかってみたけどこれどう書いたらいいんだろう、みたいな。

いかんいかん、最近ほんと疲れがたまってきた。
[ 投稿者:Tokyo MOTOBECANE at 22:03 | JNS取引履歴 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント
JNS死す。 業者探しの旅へ
最低取引量1000通貨ひ引き上げたばかりのJNSが、11月に5000通貨単位に再引き上げするそうです。 私のJNS口座は11月以降は休眠(永眠?)口座となるでしょう。 小額取引きできるところとしてOANDAも考えていますが、海外ということで二の足を踏んでいます。
チケットフィーなど小額取引でのデメリット(JNSに比べて)など、なにか有りますか? 所感など聞かせて頂ければ幸いです。 
投稿者: エクスプローラー at 2006-10-08 14:58:58
OANDAですか
JNSの5000通貨単位、たしかにちょっと困った変更です、というのは、このブログでは「5万円」からはじめるとうたっていて、小額でちまちまやれる業者はまさに理想だったわけです。

さて。OANDAですが、私も検討したことはあるんですが、全部英語はさすがにいざというとききついのと、PayPal入金とかで、結局為替リスクを背負ってしまうのがいやなので、結局口座はもっていません。
小額なら…今は1000からできる外コムということになりますが、そこの手数料が高いからJNSを使っていたわけで…

OANDAは、タイトなスプレッドはいいと思います。ただ、スワップは割が悪いようで、デイトレで秒・時間単位のプラスのスワップをもらうとか、スワップが気にならないほどの短期のトレードならいいのですが、長期で、外貨預金的なスタンスで、となると、ダメみたいです。

為替リスクもスワップも気にならない、小額で安くトレードしたいなら、いいと思いますよ、OANDAで。
投稿者: Tokyo MOTOBECANE at 2006-10-12 20:52:03

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/09.00/a05802/0000126119.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/09.00/archives/0000126119.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 3 x 1 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら