掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2005年04月15日
「入社式」の、思いで
過去の、何気ない断片・・・。

大学を卒業して、僕も一応就職をした。M菱なるところである。このマーク、この会社にいる頃夢に出てきた事がある。それも度々・・・。あの三つの菱形に押し潰されるという・・・。
4月3日が入社式だった。地方の支店採用の僕は東京で入社式をする事になる。
前日の午後、僕は東京へ向かった。20時に上野着。そこから山手線でG駅まで。会社で指定されたホテルに着いたのは21時頃だった。
僕はシャワーを浴びてから外に出た。そして外から実家と、美希の所と、大学時代の先輩、F氏の所へ電話を入れた。
今日引越しの手伝いをしていてくれたおふくろは無事家に着いたようだ。
美希と話をするのは二週間ぶりだった。その二週間はとても長く感じた。僕は入社式が終わる3日か、翌日4日に長野へ戻るが、美希は4日に東京のおじさんの所へ行くとの事だった。僕がもう少し長く東京に居られたなら、きっと会いに行くだろう。すれ違いに美希への恋しさが募る。
F氏のところにかけると、入社式が終わったら家に来いと言う。僕は明日行く事にした。
町屋のHビル方面出口のラーメン屋の前で待ち合わせる約束にして電話を切った。
その日はとにかく眠かった。ホテルに戻るとすぐ熟睡。



翌日の9時。入社式。
地方の新入社員は8人。男が4人、女が4人。釣り合いがとれてる(と思っただけで、何も合コンしようという訳ではない)。本社に勤める20歳の女の子は可愛かった。一瞬美希への思いは忘れた・・・。
入社式は午前中に終わり、午後は研修。終了は17時15分。本社勤めの女の子を探したが見当たらない。
僕はそれからF氏と約束してあった町屋の駅に行く。約束の時間にまだ間があったので、近くの喫茶店でコーヒーを飲んで時間を潰した。

一口コーヒーを飲むごとに、1日の疲れが沸いて来る。
約束の時間。F氏は新聞を読みながら待っていた。車でF氏の自宅へ向かう。それにしても、東京をよく車で走れるものだと僕は感心した。途中夕食をとり、F氏宅ではオールドを飲みながら、運命について話をした。
僕は当時流行っていた占いでみてもらうと、驚いた事にF氏と同じ星を持っている事がわかった。この星を持っているのは、N氏、M氏がいて、先輩、後輩の仲。しかも学生時代に同じアパートだったのだ。彼らとは、今でも付き合いがある。これを腐れ縁というのだろうか・・・。

翌4日。F氏に上野駅まで送ってもらった。浅間で帰ろうと思っていたのだが、それに乗り遅れて白山で帰ることにした。少し混んでいた。電車は18時過ぎ、長野駅に着いた。
車を会社の駐車場に停めてあったので、駅から会社方面に向かうバスを探したが、どれに乗ったらいいかわからない。やっと探し当ててバスに乗った。
アパートに向かう途中、夕飯に400円のまんぷく弁当を買って、アパートで疲労の中ひとり寂しく食べた。
20時頃、疲れてはいるが眠さはない。色々で気持ちが高ぶっていたのだろう、ドライブでもと思い、ふらっとアパートを出ると、小諸まで行ってしまった(なぜ小諸だったのか今もわからない)。帰途、睡魔が襲ってきて田中辺りで仮眠をとる。凄い霧だったと記憶している。
そしてアパートに帰り着いたのは、午前1時だった。

こんな時代もあったのか・・・。
[ 投稿者:Hiko★ at 00:46 | 習作(スタディ) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/08.44/a03008/0000043083.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/08.44/archives/0000043083.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 3 x 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら