掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

スポンサードリング

2008年03月25日
東証での外国人売り越し額、過去2番目の高水準
東京証券取引所が発表した3月第2週目の投資部門別売買状況によると、外国人投資家の売り越し額が9226億円に上りました。

これは、「ブラックマンデー」があった1987年10月第3週の1兆1220億円以来、過去2番目の高い水準だったことが分かりました。

外国人の売り越しは4週連続になります。
個人投資家は2週連続の買い越しで、買い越し額は1258億円でした。

3月第2週目の日経平均株価は、終値ベースで計約541円下落しました。
サブプライムローン問題や、急激な円高による日本企業の業績悪化。
さらに次期日銀総裁人事問題などを嫌気し、外国人が日本市場から逃避する動きを加速させたと見られています。

日本の株式の大半は、外国投資家が所有していると言われています。
外国投資家が日本の株価動向を左右する時代になってしまいましたね!

[ 投稿者:ブリックスマン at 23:53 | 株価動向 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年03月24日
今週の株価動向
今週の株価動向ですが、今週もアメリカの市場に大きく左右されるのは間違いないでしょう!

金融危機懸念が完全には収まってはおらず、売り買いが交錯する可能性がかなり高いでしょう。

先週は、米連邦準備理事会(FRB)が市場への資金供給手段を多様化し、規模も拡大したのもプラスに働きました。

銀行以外にも資金を貸し出す金融機関枠を広げ、不稼働資産を担保にした緊急融資も実施し、株式市場も復活してきました。

しかし、やはり市場関係者は慎重な見方をしています。
売買も本格化するのも、もう少し先でしょうか?


[ 投稿者:ブリックスマン at 12:03 | 株価動向 | コメント(0) | トラックバック(0) ]