掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

スポンサードリング

2008年02月03日
ギョーザ問題で北京オリンピック危機!
今、世間を騒がせている“ギョーザ問題”の影響で、北京オリンピック開催が危ういことになりました。

開催の絶対条件として、国際社会に約束した「食の安全」が、今では被害者が1000人を突破した日本だけでなく、アメリカや韓国まで非難を強めています。

この事件は、中国発の新型インフルエンザの世界的流行まで懸念されております。

中国は国家の威信をかけ、北京五輪を成功させようとしています。
北京市内にあるメーン会場「国家体育場」(鳥の巣)でも、8月の開会式に向け、急ピッチで建設作業を進めています。

しかしその矢先、こういった事件があっては、全てが白紙になりかねません。
環境問題といい、今回の事件といい、課題克服は山積みです。

オリンピックは、本当に開催出来るのでしょうか?

[ 投稿者:ブリックスマン at 13:34 | 北京オリンピック | コメント(1) | トラックバック(0) ]

2007年12月06日
北京オリンピックを理由に150万人が住居立ち退きへ!
来年8月に夏季五輪の開催を控える北京では、現在着々と建設工事などが進んでいます。

しかしその一方で、オリンピック開催を理由に、150万人もの北京市民が住居からの立ち退きを余儀なくされる見込みであることが分かりました。

北京では現在、毎月推定1万5000人が家を追われているようです。
立ち退きはしばしば、十分な補償金もなく、乱暴かつ独断的な方法で行われているという報告があります。

オリンピック開催によるインフラ整備事業で、これまでに120万人以上が自宅から立ち退いているようです。

オリンピック開催で盛り上がっている一方で、こういった問題があるということを忘れてはならないですね!

[ 投稿者:ブリックスマン at 19:16 | 北京オリンピック | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年08月10日
北京オリンピックまであと1年、祝賀会場に歓声!
北京オリンピックの開幕まであと1年となった8日夜、北京の天安門広場で祝賀イベントが、盛大に開かれました。

金色にライトアップされた天安門が、北京の夜に浮かび上がり、空に向かって無数の青いレーザー光線が放たれ、中国らしく派手に行なわれたようです!

国際オリンピック委員会(IOC)のロゲ会長が、「北京五輪は、世界各国が中国の歴史と発展を理解する素晴らしい機会だ」と、絶賛しています。

しかし、課題も山積みです!
昨日話したように、北京では深刻な大気汚染が問題視されています。
このような状態では、選手が潰れてしまいます。

せっかくの盛り上がりも、水を差してしまいます!
更なる改善を期待したいと思います。

[ 投稿者:ブリックスマン at 17:22 | 北京オリンピック | コメント(1) | トラックバック(0) ]

2007年08月09日
北京オリンピックが危機!
来年8月8日、北京オリンピックが開催されます。
開催までにあと1年が切り、地元北京ではカウントダウン1年イベントで物凄い盛り上がりを見せています。

しかし地元の盛り上がりとは裏腹に、深刻な問題が出てきました。

大気汚染問題です!
中国の急激な経済成長で、自動車が飛躍的に普及しました。
それにより、空気が異常に乱れ、汚染が物凄いです。
それにより、各国の選手を悩ませています。

特にマラソンは、深刻な問題を掲げています。
実験で、白いフィルターを付けた掃除機を付けた結果、10分で白いフィルターが真っ黒になってしまいました。

2時間以上走るマラソンは、選手の心肺機能が心配です。
オーストラリアやニュージーランドでは、北京入りをギリギリまで遅らせることを考えています。

また、日本でも、早くに北京入りするか?それとも日本で調整するか?迷っています。

青空が見える時間が、昔より少なくなったとされる北京。環境問題が、どこまで改善されるかが第一の課題です!

[ 投稿者:ブリックスマン at 17:26 | 北京オリンピック | コメント(1) | トラックバック(0) ]

2007年07月14日
北京五輪まで1年、競技場建設進む!
2008年8月8日開幕の北京五輪を1年後に迎えます。

中国では、世紀のイベントを成功させて世界にアピールしようと、着々と準備を進めています。

メイン会場となる北京市内で工事が進む北京五輪のスタジアム「鳥の巣(北京国家体育場)」は、収容人数は9万1000人規模という巨大スタジアムが作られています。
しかし、年内完成の予定が2008年3月にずれ込みそうです!

中国政府は五輪を機に自国を世界にアピールしようと一生懸命です。
しかし、市民の意識はまだ国際化していません。
北京市内の目抜き通りでも、列への割り込みや路上のタン吐きなどは今も日常茶飯事です。

工事面だけでなく、マナーの面でも、まだまだと言えそうです!

[ 投稿者:ブリックスマン at 13:43 | 北京オリンピック | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年12月17日
北京オリンピック用の記念品が完成!
12/16に中国金貨総公司が、オリンピック記念品としてオリンピック金盤が正式に発売しました。

数が最も少ない貴金属製のオリンピック記念品であり、中国伝統のスポーツをテーマにした唯一のオリンピック貴金属記念品でもあるというので、とても貴重な品と言えます。

この記念品は、2008年の北京オリンピックを世界に宣伝し、中国の伝統文化に対する意識を発揚させるのが目的です。

この記念品は、今現在29枚。次回のオリンピックは29回目ということ。
また、記念品の重さ100gで直径56mm。これは中国の56の民族が、世界各国と協力し合い2008年の北京オリンピックを成功に導くという決心の表れであると言われています。

強い志を持ってオリンピックに臨んでいることがよく分かります。

[ 投稿者:ブリックスマン at 19:49 | 北京オリンピック | コメント(0) ]