掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

スポンサードリング

2008年07月01日
2008年中国のGDP伸び率、10.3%に鈍化
2008年の中国の国内総生産(GDP)伸び率が、10.3%となることが明らかになりました。

これは、2007年の11.9%から鈍化するとの見通しであります。

四川大地震、原油価格の高騰、物価の高騰などが挙げられます。
世界経済の軟調な見通しや不動産・自動車市場の低迷がこれを抑制しています。

2008年下期は、どのように推移していくのでしょうか?

[ 投稿者:ブリックスマン at 21:59 | 中国株 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年06月19日
オリンピック後も中国経済は好調か?
「オリンピック経済フォーラム2008」が北京で行われ、専門家たちは、オリンピック後の中国の経済について「好調さを保つ」と予想していることが分かりました。

中国経済の持続的な成長は、オリンピック効果に依存する部分もあったものの、経済体制の質などが高まっていると指摘しされています。

国際オリンピック委員会マーケティング委員会のハイベルグ委員長は、「オリンピック開催によって北京は国際的な都市となり、中国は今までよりも注目されるようになった。この影響は短期的ではなく10年以上続くだろう」とも述べております。

北京オリンピック、上海万博と、中国ではイベントが目白押しです。
一方ではチベット問題を背景に、聖火ランナーの妨害もありましたが、それをどう克服していくでしょうか!

[ 投稿者:ブリックスマン at 11:58 | 中国株 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年06月10日
中国市場、急反落
休場明けとなった10日の中国市場は、前週末から急反落しました。

中国人民銀行(中央銀行)が7日、預金準備率を1ポイント引き上げると発表したことから、この日の中国本土株式市場が急落したことを嫌気して売りが強まりました。

中国本土株式市場が約7%、香港株式市場が約5%で、ほぼ全面安と売り込まれています。

中国市場は値幅制限がないため、無制限に価格の上下が変動します。
オリンピックが近づく中国の、今後の株価動向が気になるところですね!

[ 投稿者:ブリックスマン at 16:27 | 中国株 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年05月28日
今年注目される中国株のセクターと銘柄
昨年11月以来、調整局面が続いた香港市場と中国本土市場の株式相場は、ひとまず3月中旬に底を打ったと言われています。

中国の内需拡大の恩恵を受ける銘柄については、引き続き期待が持てそうです。
とりわけ、インフラ関連や小売りなどの消費関連銘柄に注目されています。

中でも、インフラ関連なら最近上場した中国鉄建や、中国交通建設あたりはどうでしょうか?

中国はインフラの中でも道路などに比べて鉄道の建設が相対的に遅れおり、今後鉄道建設が加速すると言われています。
鉄道建設については、実質的な参入障壁が高いことも、競合という点で既存の企業にプラスに作用すると考えられます。
 
果たして今後はどうなるでしょうか?注目ですね!


[ 投稿者:ブリックスマン at 18:34 | 中国株 | コメント(0) | トラックバック(1) ]

2008年05月27日
中国株、金融株に自律反発狙いで反発!
今日27日の中国大陸株式市場で、上海相場は4日ぶり小反発しました。

特に金融株が、印紙税引き下げを発表した直後の4月23日の水準近くまで下落したことから、相場をけん引したのが反発の要因ではないでしょうか?

また、四川省の震災で保険金支払い増が連想されて、前日急落した保険株に強い買い戻しが入りました。

ここのところの中国市場は、アメリカの下落や四川省の震災などで株価が安定しません。
先が読めない状態が続いています。


[ 投稿者:ブリックスマン at 17:13 | 中国株 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年05月26日
週明け大幅続落の中国香港株
週明けの香港株式市場は、大幅続落しました。

先週末のニューヨーク市場が大幅反落し、東京市場と上海市場も、軟調な展開から香港市場も影響を受けました。

特に時価総額の大きな中国移動が、8.15%安で下落率1位でした。
第三世代移動通信(3G)事業者免許交付を前提とした通信業界の再編がスタートしましたが、それが嫌気を差したようです。

また、四川省で大規模な余震が発生し、保険金支払い負担増大への懸念から、本土系保険株への売り圧力も強まり、下落しました。
平安保険が4.07%安でハンセン指数の下落率3位、中国人寿保険も3.80%安で下落率4位といった内容です。

主力株が大幅に下がった中国香港市場でした。

[ 投稿者:ブリックスマン at 20:29 | 中国株 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年04月21日
上海株反発が反発し、0.72%高。3100台を回復
今日21日の中国株式市場で、上海株式相場は4営業日ぶりに反発しました。

上海総合指数の終値は、前週末比22.309ポイント(0.72%)高の3116.977と、前週末に割り込んだ3100台を回復しました。

前週末のアメリカ株式が急反発し、世界各国の株式もそれに便乗するかのような反発です。

サブプライムローン問題への不安が解消されたのでしょうか?

[ 投稿者:ブリックスマン at 18:18 | 中国株 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年04月01日
中国香港市場、反発!
4月1日の香港株式市場は反発しました。

昨日のアメリカ株反発を好感したようです。

また、3月のシカゴ地区購買部協会景気指数が市場予想を上回ったことや、ポールソン米財務長官が金融市場監督の改革案を示したことなどを受け、相場心理が改善し、買い戻される動きが強まりました。

ただし、後場では中国本土株の大幅下落を嫌気する売りも混じり、前場の上げ幅を圧縮しました。

香港市場は、アメリカ株式に左右されやすいようです。
4月1日のニューヨーク株式は続伸し、167ドル高と推移されています。

明日2日の市場に明るい材料が出てきましたね!

[ 投稿者:ブリックスマン at 23:52 | 中国株 | コメント(1) | トラックバック(0) ]

2008年03月18日
中国上海市場、5日連続で続落!
今日18日の中国株式市場で、上海株式相場は大幅下落し、5日続落となりました。

上海総合指数は、前日比151.151ポイント(3.95%)安の3668.897でした。
2007年7月5日以来、約8カ月ぶりの安値を記録しました。
また、5日続落は07年1月30日-2月5日(5日続落)以来のことです。

温首相は18日の全国人民代表大会で、世界的な景気減速観測を背景に「今年は中国経済にとって最も困難な1年となる可能性がある」とも述べています。

このため、金融引き締めへの懸念から不動産株や銀行株など主力株が軒並み大幅に下落しました。
また、電力株や繊維株などにはストップ安を付ける銘柄も出ています。

チベット暴動もあり、中国は安定しませんね!


[ 投稿者:ブリックスマン at 18:35 | 中国株 | コメント(0) | トラックバック(0) ]