掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

スポンサードリング

2008年04月23日
シティグループ、サブプライム損失で6000億円調達穴埋めへ!
アメリカ大手銀行のシティグループは、優先株発行で60億ドル(約6000億円)を調達することを明らかにしました。

サブプライムローン問題を発端とする信用収縮による損失を穴埋めし、財務の健全性を確保する方針です。

アメリカ金融機関では、JPモルガン・チェースも60億ドルの優先株発行を決めており、厳しい展開を迎えています。

シティグループは、2008年1月〜3月期決算で、信用収縮関連の損失を160億ドル計上しました。
また最終損益も2・四半期連続の赤字だでした。

昨年7月〜9月期以降の3・四半期の合計損失は、世界の金融機関として最大の450億ドルを超える膨大なものとなりました。

建て直しに注目です!
[ 投稿者:ブリックスマン at 20:15 | サブプライムローン問題 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年04月22日
インド経済成長率、8~9%なら理想!
インドの2008〜2009年度(2009年3月31日まで)の経済成長率が「8─9%の範囲」なら満足と、チダムバラム財務相は述べました。

また、インフレ期待を抑制するために、新たな禁輸措置を検討する可能性を示唆しました。

3月に行われたロイターの四半期調査では、今年度のインド経済成長率は8.1%と予想されています。
また、前年度については8.7%と予想されています。


[ 投稿者:ブリックスマン at 18:54 | インド株 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年04月21日
上海株反発が反発し、0.72%高。3100台を回復
今日21日の中国株式市場で、上海株式相場は4営業日ぶりに反発しました。

上海総合指数の終値は、前週末比22.309ポイント(0.72%)高の3116.977と、前週末に割り込んだ3100台を回復しました。

前週末のアメリカ株式が急反発し、世界各国の株式もそれに便乗するかのような反発です。

サブプライムローン問題への不安が解消されたのでしょうか?

[ 投稿者:ブリックスマン at 18:18 | 中国株 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年04月15日
原油価格が過去最高の一時112ドル後半を更新!
15日早朝のニューヨーク・マーカンタイル取引所の時間外取引で、原油先物相場は続伸しました。

原油価格は一時、1バレル112.97ドルまで上昇し、過去最高値を更新しました。

それにしても、異常ともいえる原油価格の高騰は、未だにどどまるところを知りません!
世界各国の経済と後退する要因の原油価格の高騰は、どこまで続くのでしょうか!

[ 投稿者:ブリックスマン at 21:39 | 原油価格 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年04月14日
日経平均株価、400円の急落!
週明け14日の東京株式市場で、日経平均株価は急反落しました。

終値は、前週末比406円22銭安の1万2917円51銭と、再び1万3000円台を割ってしまいました。

前週末に株価が急騰した反動や、アメリカ株式相場の大幅安などの影響で株価急落をしてしまいました。

アメリカの景気回復の先行きが、未だに見えていません!
株価低迷は、まだまだ続きそうな予感がしますね!


[ 投稿者:ブリックスマン at 21:44 | 経済 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年04月07日
インド、アメリカを抜き、世界2位の携帯電話累計加入数へ
インドの携帯電話加入累計が、3月末時点でアメリカを抜き、中国に次ぐ世界第2位に浮上したようです!

インドの3月末の加入累計は、2億6000万件になりました。
月に800万〜900万件の勢いで加入者が増え続けているのが原因でしょうか?

2007年1月に1億5000万件に達して以来、13カ月で日本の契約総数に匹敵する1億件を突破してきました。

アメリカの加入累計は約2億5700万件で、インドがこれを抜くのは時間の問題となっていました。
でも、こんなに早く突破するとは、予想もしなかったことでしょう!

経済急成長を象徴している出来事ですね!

[ 投稿者:ブリックスマン at 21:07 | インド株 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年04月04日
インド、世界第2位のモバイル大国へ!
インドのモバイルネットワーク登録数が、4月までに3億件に達する見込みであることが分かりました。

これによって、インドはアメリカを抜き、中国に次ぐ世界第2位に躍り出ることになります。

現在、世界最大のモバイルネットワークを持っているのは中国で、毎月600万から700万件ずつ増え続けています。

今現在、アメリカの登録数は2億5600万件で、毎月200万から300万件ずつ増加しています。

インドは登録件数では中国に負けているものの、毎月800万から900万件ずつ増加しており、伸び率は世界一となっています。

インドも人口は世界第2位なので、今後も増加するのは確実です。
経済成長を遂げている象徴の出来事ですね!

[ 投稿者:ブリックスマン at 18:24 | インド株 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年04月03日
インドのタタ自動車、今年の夏にも東京証券取引所へ上場か!
インドのタタ自動車が、今年の夏にもインド企業として初めて東京証券取引所に上場することが分かりました。

タタグループは積極的なM&A(合併・買収)で事業分野や規模拡大を進め、勢いを増しています。

タタ自動車は、先月末にアメリカのフォード・モーター傘下の「ジャガー」と「ランドローバー」の買収で合意したばかりです。
その影響で、世界的な知名度が高まっています。

今、一番注目を浴びている企業といえますね!
[ 投稿者:ブリックスマン at 23:27 | タタ自動車 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年04月01日
中国香港市場、反発!
4月1日の香港株式市場は反発しました。

昨日のアメリカ株反発を好感したようです。

また、3月のシカゴ地区購買部協会景気指数が市場予想を上回ったことや、ポールソン米財務長官が金融市場監督の改革案を示したことなどを受け、相場心理が改善し、買い戻される動きが強まりました。

ただし、後場では中国本土株の大幅下落を嫌気する売りも混じり、前場の上げ幅を圧縮しました。

香港市場は、アメリカ株式に左右されやすいようです。
4月1日のニューヨーク株式は続伸し、167ドル高と推移されています。

明日2日の市場に明るい材料が出てきましたね!

[ 投稿者:ブリックスマン at 23:52 | 中国株 | コメント(1) | トラックバック(0) ]