掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

スポンサードリング

2008年03月31日
アメリカのUSフューチャーズ、4/4にインド株価指数先物を上場
アメリカの先物取引所であるUSフューチャーズ取引所は、ドル建てのインド株価指数先物を、4月4日に上場する用意が整っていることを明らかにしました。

取引所の幹部は、昨年9月に上場したモーニングスター指数とインターナショナル・セキュリティーズ取引所(ISE)指数の先物についても触れました。

「市場にとって正しく構成されているか確信が持てない。サイズが小さ過ぎるようだ」と述べ、この2つについて見直しを行う意向を示しています。

この2つについても見直しを行う意向を示しています。

[ 投稿者:ブリックスマン at 23:29 | インド株 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年03月29日
トヨタ、インド工場の拡張に尽力!
トヨタが、インドで新しいコンパクトカーを披露する準備を進めています。

トヨタは、カルナータカ州バンガロールの生産拠点を拡大するために、用地取得について州政府と折衝しているようです。

インドでの生産規模を拡大するために、今年1月、インドをコンパクトカーの生産ハブとする考えを中央政府に伝えていき、拡大を計っていく予定。

バンガロール工場で年間5万5000台を生産しており、乗用車市場でのシェアは3.6%。同社はこれを2015年までに60万台規模に拡大する考えです。

日本の自動車業界のインド進出は、スズキが一歩リードしています。
どう追いつくかも注目です。

また、インド現地では、タタ自動車がジャガーやランドローバーを買収し、拡大を計っています。

インド国内の競争も激しくなりそうです!

[ 投稿者:ブリックスマン at 17:18 | インド株 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年03月28日
インドの物価上昇が加速
インドの物価上昇が加速しています。

インド政府が28日発表した、15日までの1週間の卸売物価上昇率は6.68%。
昨年1月末の6.69%以来の高水準となりました。

物価上昇の最大の要因は、やはり燃料価格の上昇でしょう。

国際的な石油価格の高騰がインド経済にも波及しています。

食料品や金属製品も高い伸びを示し、卸売物価上昇率は、前の週の5.92%から一段と高くなっています。

インドの物価上昇は、今年2月下旬から加速しています。
卸売物価の上昇が小売物価に波及すれば、個人消費が冷え込むのは確実でしょう!

[ 投稿者:ブリックスマン at 23:49 | インド株 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年03月27日
みずほコーポと三菱UFJ、インドのタタ自動車に協調融資決定
みずほコーポレート銀行と三菱東京UFJ銀行は、インド大手財閥傘下のタタ自動車に、最大約8億ドル(約800億円)を融資することが明らかになりました。

先日決定したフォード・モーター傘下のジャガーとランドローバーを23億ドルで買収する資金を、欧米大手などとともに提供することになります。

タタ自動車への融資は、インドの銀行団が総額30億ドルを協調融資する方式をとることになっています。

みずほコーポレート銀行と三菱東京UFJ銀行は、8行の一員としてタタ自と融資契約を結びました。
邦銀のインド企業向け協調融資の引受額としては過去最大級のものです。

今現在、インドの株価指数が急激に落ちていますが、これを起爆剤に復活するか注目されています。

[ 投稿者:ブリックスマン at 23:12 | タタ自動車 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年03月26日
インドのタタ自動車、イギリスのジャガーとランドローバーを2300億円で買収
インド大手財閥傘下のタタ自動車は、アメリカのフォード・モーター傘下の英ジャガーと英ランドローバーを買収することで基本合意しました。

インドのメディアなどによると、買収額は23億ドル(約2300億円)前後と言われています。

また、タタはブランド力をテコに、ヨーロッパなどで販売力を強化するとともに、技術を吸収することが狙いです。

インド自動車メーカーが、ヨーロッパ高級ブランドを買収するのは初めてのことです。
法的手続きを終えて、正式に買収が完了するのは6月の第1週になる見込みです。

タタによる世界的ブランドの買収は、インド経済の急成長に伴って存在感を高めるインド企業の勢いを強く印象付けることになります。 

インド株式市場も急激に下落していますが、これを起爆剤に復活出来るでしょうか?

[ 投稿者:ブリックスマン at 22:46 | タタ自動車 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年03月25日
東証での外国人売り越し額、過去2番目の高水準
東京証券取引所が発表した3月第2週目の投資部門別売買状況によると、外国人投資家の売り越し額が9226億円に上りました。

これは、「ブラックマンデー」があった1987年10月第3週の1兆1220億円以来、過去2番目の高い水準だったことが分かりました。

外国人の売り越しは4週連続になります。
個人投資家は2週連続の買い越しで、買い越し額は1258億円でした。

3月第2週目の日経平均株価は、終値ベースで計約541円下落しました。
サブプライムローン問題や、急激な円高による日本企業の業績悪化。
さらに次期日銀総裁人事問題などを嫌気し、外国人が日本市場から逃避する動きを加速させたと見られています。

日本の株式の大半は、外国投資家が所有していると言われています。
外国投資家が日本の株価動向を左右する時代になってしまいましたね!

[ 投稿者:ブリックスマン at 23:53 | 株価動向 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年03月24日
今週の株価動向
今週の株価動向ですが、今週もアメリカの市場に大きく左右されるのは間違いないでしょう!

金融危機懸念が完全には収まってはおらず、売り買いが交錯する可能性がかなり高いでしょう。

先週は、米連邦準備理事会(FRB)が市場への資金供給手段を多様化し、規模も拡大したのもプラスに働きました。

銀行以外にも資金を貸し出す金融機関枠を広げ、不稼働資産を担保にした緊急融資も実施し、株式市場も復活してきました。

しかし、やはり市場関係者は慎重な見方をしています。
売買も本格化するのも、もう少し先でしょうか?


[ 投稿者:ブリックスマン at 12:03 | 株価動向 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年03月21日
VISA、新規上場(IPO)2日目、14%高
19日にニューヨーク証券取引所に上場したビザですが、20日も約14%の大幅高となりました。

上場は公募価格44ドルに対し、初値が59.5ドルでした。
そして二日目は約67ドルを更新!予想以上の好結果となりました。

その日のアメリカ株、ダウ平均261ドル高の影響もあり、連日高となりました。

VISAの連日高に付き添ってか、マスターカードやアメリカン・エキスプレス(アメックス)などカード会社も、便乗したように高値を付けています。

大物銘柄の上場に、しばらくは話題を独占するかもしれませんね!

[ 投稿者:ブリックスマン at 23:13 | VISA | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年03月20日
アメリカのVISA、過去最高の179億ドル調達で新規上場
アメリカのクレジットカード最大手のVISAが、ニューヨーク証券取引所から上場しました。

その時の新規株式公開(IPO)で179億ドルを調達したと発表されました。
これは、アメリカのIPOとしては過去最大で、低迷が続くアメリカ金融業会の下支えとなることが期待されています。

売り出し価格は、当初の予測の38ドル〜42ドルを上回る44ドルとなり、19日の取引前に目標金額の調達を達成しました。

新規公開株(IPO)では、2000年のAT&Tワイヤレス(AT&T Wireless)の106億ドル(1兆600億円)を上回り、アメリカ史上最大となりました。

しかし、この日のアメリカ株式相場は、前日比293ドル安の1万2099ドル66セントと大幅安でした。

地合いが良ければもっと上がったかもしれません。
株式市場の後退が、VISA上場に水を差した形となってしまったのが残念ですね!

[ 投稿者:ブリックスマン at 23:08 | VISA | コメント(0) | トラックバック(0) ]