掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

スポンサードリング

2006年10月31日
中国石油化工、第3四半期決算55.8%増益
石油精製大手の中国石油化工(シノペック)が、第3四半期決算を発表しました。

その結果、決算は55.8%増益となりました。
内容は、純利益が131億4000万元(16億7000万ドル)。
これは、前年同期の84億3000万元から大幅に増加したことになります。

2006年下期の業績見通しは、原油高を受けた影響で不振を予想されましたが、回復傾向に向かっているようです!
 
なお、生産量については、上期の1億4100万バレルから、下期は1億4800万バレルに引き上げるとしています。

[ 投稿者:ブリックスマン at 16:54 | 中国株 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年10月30日
ニート問題
若者が就職しなく、閉じこもりで社会問題となっている「ニート」の比率が高いことが分かりました。

国際労働機関(ILO)が公表した若年層(15〜24歳)の雇用情勢報告によると、日本、米国、欧州連合(EU)などの先進国では昨年、ニートの比率が13・4%に達したことが明らかになりました。

10年前と比較しても15%増加しています。

中国やインドが高い経済成長率を残しているだけに、こんなことをやっていれば、すぐに追い越されてしまうのではないかと心配です!

[ 投稿者:ブリックスマン at 17:48 | BRICs | コメント(0) | トラックバック(2) ]

2006年10月29日
日本や欧米、中国へ模倣品への罰則強化を要求!
日本や欧米諸国などが、世界貿易機関(WTO)を通じ、中国政府に映像ソフトの海賊版やコピー商品に対する罰則強化などを求めることが28日、明らかになりました。

今週にもWTOに提訴し、日本と欧州連合(EU)などが強く要求するみたいです。
知的財産権侵害の厳罰化を求めるWTO提訴は初めてで、国際的な包囲網で中国への圧力を強めていきます。

私が中国にいた時も感じましたが、海賊版が当たり前のように店内に並んでいます!

中国では、模倣品業者が刑事訴追される押収額の最低ラインは、販売価格で総額5万元(約75万円)と、規定が甘いのが現状です。
日米欧はTRIPSに反する恐れが強いとし、訴追基準を厳しくするよう求めるのは当然のことと言えます。

[ 投稿者:ブリックスマン at 16:49 | BRICs | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年10月28日
中国工商銀行での取り扱い
昨日上場しました中国工商銀行ですが、各証券会社でも取り扱いが始まりました。

概要を簡単に説明しますと、
香港H株での取り扱いで、コード番号は1398.
取り引き単位は1000株単位となっています!

なお、昨日の香港市場の終値は、3.520香港ドルとなっています!

当分の間、中国工商銀行の注目度は続きそうですね!
[ 投稿者:ブリックスマン at 21:21 | 中国工商銀行 | コメント(0) | トラックバック(1) ]

2006年10月27日
中国工商銀行、香港・上海に同時上場!
中国最大の銀行、中国工商銀行が27日、香港・上海両証券取引所に株式を同時上場しました。

4大国有商業銀行では、昨年10月の中国建設銀行、今年6月の中国銀行に次ぐ上場で、資金調達額は約191億米ドル(約2兆3000億円)。
これは、1998年に新規上場で約180億米ドルを調達したNTTドコモを上回り、世界最大の規模となります。

香港市場では、公開価格3.07香港ドルが3.63香港ドルの初値を付けました。
一方、上海市場では、公開価格3.12元が3.40元の初値を付けた後、3.44元まで上昇しました。

中国を代表する4大銀行であるだけに、かなりの反響がありました。

[ 投稿者:ブリックスマン at 17:52 | 中国工商銀行 | コメント(0) | トラックバック(1) ]

2006年10月26日
中国工商銀行 、いよいよ明日上場!
香港・上海の同時上場となる中国工商銀行ですが、いよいよ明日10/27に上場します。

現地中国では、相当な盛り上がりで注目しています。
昨年10月の中国建設銀行、今年6月の中国銀行が大成功を収めていますので、今回の中国工商銀行も期待は出来ると思います。

世界最大級の大型上場とも言われています!
明日が楽しみですね!

[ 投稿者:ブリックスマン at 22:14 | 中国工商銀行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年10月25日
中国、鉄道輸送で世界一!
中国は今年1〜9月期において、鉄道の旅客と貨物輸送量がともに過去最高を記録しました。

旅客輸送人キロ、貨物輸送量、輸送密度、換算輸送量などの主要指標が世界一でした。
旅客数は9億6200万人に上り、前年より8.5%の増加。そのうち直通列車の旅客数は3億7500万人にも上りました。

物資輸送の多さは、経済成長の証とも言えるでしょう!

[ 投稿者:ブリックスマン at 22:29 | BRICs | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年10月24日
中国、北朝鮮への制裁増す!
北朝鮮の核実験などの行動により、中国では制裁が始まっています!

ここに来て、中国建設銀行や中国銀行は、経済援助を打ち切ることが決まりました。

政治だけでなく、経済まで制裁を受けている北朝鮮。いよいよ追い詰められてきました!

北朝鮮国民は何も罪はありません!こうやって対外関係がこじれるのは、全て北朝鮮政府がいけません!

[ 投稿者:ブリックスマン at 19:56 | BRICs | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年10月23日
サハリン1の日本向けガス600万トン、中国が獲得 へ!
日本が開発に参加しているロシア・サハリン沖の資源開発事業「サハリン1」で、事業を主導するアメリカのエクソンモービルが、産出される天然ガスの全量を中国に輸出する仮契約を中国側と結んだことが明らかになりました。

正式契約が結ばれれば、日本は産出された天然ガスを輸入出来なくなる深刻な問題となります。

イラン・アザデガン油田の石油開発や「サハリン2」に続き、サハリン1でも資源確保につまずくことで、日本のエネルギー戦略は大幅な改正をすることになります!

正式決定となれば、日本にとっては深刻な問題ですので、追い詰められます!
[ 投稿者:ブリックスマン at 06:08 | BRICs | コメント(0) | トラックバック(0) ]