掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

スポンサードリング

2006年06月30日
中国、電力価格引き上げ
中国では明日から電力価格を値上げする方針です!

原油価格や石炭価格の上昇や、国内の電力不足によるため、値上げに踏み切りました。

値上げ幅は、家庭向けは平均5.8%。工業用電力は平均7.98%の値上げ。とされています。

今後は各企業、一般家庭では節電を余儀なくされます。下手をすれば、今現在急成長を遂げている中国経済が、止まるかもしれません!

深刻な問題と言えます!

[ 投稿者:ブリックスマン at 18:26 | BRICs | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年06月29日
ホンダの「アコード」、中国で50万台突破
ホンダの中国合弁会社、広州本田汽車(広州ホンダ)の主力車種は、アコード(中国名・雅閣)です。

そのアコードの生産が99年から始まり、累計で50万台に達した模様です。

広州ホンダは、「中・高級車分野で50万台に乗せたのは中国ではアコードが初めて」と語っています。

私が中国にいたときと同様に、広州ホンダの力は、依然強力なものだなと感じました。

[ 投稿者:ブリックスマン at 12:06 | BRICs | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年06月28日
中国銀行の上海IPO、応募倍率約50倍!
中国銀行が上海で行ったA株の新規公開(IPO)は、個人投資家の応募倍率が約50倍となりました。

7/5の上海上場に向け、順調な滑り出しと言えそうですね!

個人投資家の応募株式数は、募集枠の34億5000万株に対し、1782億株もありました。
募集枠を大幅に上回ったために、公募は抽選で割り当てる方針です。

香港上場の際にもかなりの人気があったため、今回の上海上場の際にも株価は高く付きそうですね!

今現在の日本の地合いと違い、楽しみですね!

[ 投稿者:ブリックスマン at 12:47 | BRICs | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年06月27日
インドIT産業の創始者、勇退!
インド国内の中でも有数な大企業である、インフォシス・テクノロジーズの創始者、ナラヤナ・ムルティー氏が勇退することになりました。

インフォシス・テクノロジーズは、1981年にムルティー氏を含む7人で1万ルピーを出資して出し合った企業です。

今では社員5万人、売上高2000億円を超す大企業に成長させた人材です。

今後は、会長職を含む非常勤という形を取る方針です。

インドIT産業の中でも指折りの存在であったので、年齢とはいえ、勇退は惜しいものですね!

[ 投稿者:ブリックスマン at 11:44 | BRICs | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年06月26日
中国銀行の国内IPOの応募、過去最高!
中国4大銀行のひとつである中国銀行の上海でのIPOですが、過去最高となる6600億元(8250億ドル)分の応募があったそうです。

その内訳によると、個人投資家向けの募集には5400億元の応募があり、機関投資家向けの募集では1200億元です。

これは、中国石油化工(シノペック)が2001年に記録した5686億元を塗り替える過去最高額となります。

7/5、上海証券取引所に上場するのに良い兆しとされていますね!

[ 投稿者:ブリックスマン at 12:48 | BRICs | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年06月25日
中国の人件費上昇で悩むユニクロ!今後の中国への進出は?
中国製の低価格売りで急成長を遂げてきたユニクロですが、いま、窮地に達しています。

それは、中国の人件費が上がり、コストが上昇するという事態になりました。

中国全体の労働者の年間平均賃金は、2005年と比較して14.6%上昇しています。
ユニクロが中国の工場に生産委託しているのは上海を中心とした長江下流域。このあたりは中国の中でも、物価が高い地域ですので、平均値より高いと予想されます。

安いのが売りであったユニクロ。コスト面が上昇するのは死活問題です。
中国の委託を減らし、東南アジアへ持っていくという案も浮上していますが、コスト面の問題は、頭を抱えますね!

中国の人件費の上昇問題は、ユニクロだけではありません!
各企業もこれから悩むことになるでしょう!
人件費が安いので中国に進出したわけですから、人件費が高くなっては何の意味もありませんからね!

[ 投稿者:ブリックスマン at 14:16 | BRICs | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年06月24日
中国家電大手のハイアール、ヨーロッパと洗濯機販売契約!
中国家電大手、海爾(ハイアール)グループは、ドイツ、フランス、スペイン、ロシアなどの国と、ドラム式洗濯機受注する契約を交わしました。

その数約50万台という大量な数です!

ハイアールは、中国の洗濯機メーカーの先頭に立って海外市場を拡大を計画しておりました。

また、ハイアールは、世界で初めて、洗濯と乾燥を一体化した洗濯機を開発しました。そのことがヨーロッパ諸国の目に留まり、今回の受注になったわけです!

それにしても50万台は、驚異的な数ですね!
[ 投稿者:ブリックスマン at 19:12 | BRICs | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年06月23日
中国、保険会社の投資拡大
中国は、保険会社による投資の選択肢を大幅に拡大する規則を発表しました。

新規則によりますと、株式や資産担保証券、不動産に対する保険会社の投資を奨めていきます。

また、保険会社の投機的事業参加を認める方針です。

中国の保険会社は、保有資産の最大5%を国内株式市場に投資することが認められています。
そのためには、保険会社による資本市場への投資を奨励し、投資枠を拡大していく方針です。

保険会社による国内銀行投資以外にも、海外投資の規則改正も考えています。

経済成長を拡大していくには、保険会社の拡大も絶対必要な条件です!中国人寿保険など有力企業の方針も気になりますね!

[ 投稿者:ブリックスマン at 19:38 | BRICs | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年06月22日
中国の保険料収入、前年を上回る!
中国の今年1〜5の保険会社の保険料収入総額は、2476億6000万人民元(310億ドル)でした。
これは、昨年と同時期と比較して、約12%増加しました。

その内訳として、生命保険による収入は13.97%増加。損害保険による収入は9.5%というものでした。

中国の保険会社の保険料収入の伸びは、2004年の11.3%から2005年には13.95%に加速しています。
中国経済の急成長を物語っています。

中国保険会社の有力企業である中国人寿保険も株価を伸ばしてきています。
昨年の今頃は約5.2香港ドル(HKD)に対し、今日の株価は10.850HKDでした。
最近株価を落としていますが、伸びる要素はまだまだ十分にあります。

お勧めの銘柄だと思います!
[ 投稿者:ブリックスマン at 17:36 | BRICs | コメント(0) | トラックバック(0) ]