掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

スポンサードリング

2006年04月30日
インド株ファンドは、今が投資の絶好のチャンス!
インド株BSE株価指数が12000ポイントを超える勢いで推移してきましたが、今週は軟調でしたね!

その影響で、各インド株ファンドは下降気味になっています。

しかし、これは一時的なものであって、長期的に見ればまだまだ伸びることと思います。

むしろ、下がった時にこそ投資の絶好の機会ではないでしょうか!

インド株ファンドは、基本的に中長期的な投資に最適です。今後も目が離せないインド経済と言えましょう!
[ 投稿者:ブリックスマン at 18:21 | インド株 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年04月29日
インドの今年度の金融政策
インド中央銀行は、今年度の金融政策を発表しました。

経済成長予測は、7.5%〜8.0%と見込んでいます。

公定歩合を2.5%引き上げの予定だったのですが、原油高騰の影響もあり、今回は現状維持となりました。
(インフレ率5.0%〜5.5%の影響もある)

インド経済は上昇傾向にありますが、インフレ、財政赤字などを抱えているため、金融政策も慎重にやっているような感じがしますね!

[ 投稿者:ブリックスマン at 18:54 | インド株 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年04月28日
ヤクルト、インドに進出
各企業がインドに進出していますが、ヤクルトもインド進出を進めています。

現地報道によれば、ヤクルトとフランスのダノン・グループの合弁企業、ヤクルト・ダノン・インディアがハリアナ州に工場の建設計画をしています。

順調に行けば、2007年にも発酵乳製品の製造を始める予定です。そして、ヤクルトを一日100万本の生産を目指します。

ハリアナ週はデリーに近く、州政府の政府の支援も充分であるということから、ヤクルト本社は、インド工場を重要な拠点としていることが伺えます。

[ 投稿者:ブリックスマン at 15:30 | インド株 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年04月27日
インドの風力発電、アジアで1位!
インドでは風力発電ですが、発電容量はアジアでもトップに君臨しています。そして、世界でも4位の座にいます。

2005年の発電容量は4430メガワットで、04年に比べて1430メガワットも増量しています。

今年11月に、インドWWEA主催の世界風力発電会議が開催されます。それによってインドの風力発電への取り組みは、さらに加速するものと思われます。

さらに、このまま設備が進めば、2010年の発電容量は倍増されると言われています。

産業も発達すれば、自ずと電力等の消費量が増えるので、貴重な資源と言えるでしょう!

[ 投稿者:ブリックスマン at 20:43 | インド株 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年04月26日
インド株ファンドへの投資には最適!
最近のインド株BSE株価指数は下落気味にありますね!

昨日は大幅下落の11646ポイント。今日は多少上がって11872.59ポイントになりましたが、先週の12000ポイントを下回っています。

それに連なって各インド株ファンドは、ほぼ全面安になりました。

しかし、インド株は中長期的に見れば、まだまだ伸びます。今回の下落も一時的なものであろうと思います。
今回の下落は、逆に言えば、投資には絶好のチャンスではないでしょうか!
[ 投稿者:ブリックスマン at 16:19 | インド株 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年04月25日
インドの貿易政策。大幅な黒字化へ!
インド政府は、大幅な貿易政策の改定をしました。

今年度の輸出目標額を1200億ドルと定めました。これは、前年の1010億ドルを上回る額です。

インド国内の自動車産業が、凄まじく好調な成績を収めているのも、改定の一つと言えるでしょう!

また、政府は、インド自動車産業を世界的水準に高めるために、減税などの支援策を考えています。

さらなるインド経済の向上が期待できそうですね!

[ 投稿者:ブリックスマン at 22:18 | インド株 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年04月24日
インドの2月の鉱工業生産指数
インドの最新の経済統計によると、2月の鉱工業生産指数は、前年度2月に比べて8.8%の伸びがありました。

これによって、2005年4月から今年2月までの11ヶ月では、前年度と比べて8%プラスという結果を出しています。

業種別に見ると、繊維業が一番高い伸びを出し、次に食品業、製造業と続いています。

インド株BSE株価指数も12000ポイント更新したように、インド経済もどんどん発達しています。次回の統計も、気になるところですね!
[ 投稿者:ブリックスマン at 21:34 | インド株 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年04月23日
インド二輪車最大手、ヒーロー・ホンダでスト!
インドに進出する企業が多くなり、その製造・販売範囲も拡大しつつあります。

拡大していくインド経済ですが、一方で、労働者のストが4/10にありました。

それは、ホンダと合弁企業、二輪車最大手ヒーロー・ホンダのグルガオン工場でありました。

工場には4000人の契約社員と1200人の正社員がいて、契約社員がストを実施しています。

契約社員側は正社員に昇格を要求しています。しかし会社側は、人材派遣会社を相手にしているとのことで、
かたくなに拒否。今現在でも打開に向かってストを続行中です。

会社が拡大する一方、要求に向かってのストを実施するのは、ある意味伝統かもしれません!
ストを実施していては、会社側も労働者側にもメリットはありません。少しでも早くの解決を望みます。
[ 投稿者:ブリックスマン at 22:10 | インド株 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年04月22日
インド株BSE株価指数、史上最高の12000ポイント更新
今週のインド株BSE株価指数は、史上最高の12000ポイントを更新するなど、好調でしたね!

インド経済を支えていると言ってもいいハイテク企業の好調さが、牽引したのでしょうか?

先週の低迷を挽回しましたね!各インド株ファンドも右肩上がりに上昇してきました。

中長期的に見れば絶対期待感はありますが、来週も期待していいかもしれませんね。

[ 投稿者:ブリックスマン at 21:15 | インド株 | コメント(0) | トラックバック(0) ]