掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

Total Visitor

2014年11月20日
Last Day '14
前日のヤマメ・アマゴの混生域から一山越え、アマゴのみの流域へ。
しかしこちらは放流によってヤマメも居て、人工的に混生状態となっている。

blog140929-001

まずは中流域から。
あちこちから湧水がでている川で、右岸を歩いていたかと思うといつの間にか中洲に居たりして、遡行が難しい。
里川にも関わらず水質は抜群に良く、濁りが入らない限り、ちょっとやそっとじゃ魚は出てきそうにない。
瀬も淵も雰囲気はこの上ないのだけど、いくつかチェイスを確認しただけ。

blog140929-003

確実に釣れそうな上流に場所を移し、しっかりと朱点のあるエノハをキャッチ。
プリプリのお腹は妊婦さんかな。

blog140929-004

小さいながらも果敢に6cmのミノー追ってくる。

まずまず魚影の濃い区間を確認できたので、中流域に戻ってみたけど、やはり沈黙。
こちらは修羅場だった。

blog140929-002

時折、溶結凝灰岩のゴルジュが現れる。支流によっては厳しい遡行を強いられる。
この凝灰岩の隙間を地下水が絶え間なく流れ出るため、夏も冬も魚を成長させるのだろう。

blog140929-005

半分諦めモードで帰途につき、諦めきれないもう半分が帰路で川沿いの道を選択したみたい。

遥か昔の記憶を辿り、その道を走り残り30分で入れる区間を車を止めた。
堰堤下から続く岩盤末端で会心のコンタクト。
ローリングする魚体は黒い秋色。
100均素材で作ったSerial No.1のネットでなんとか掬った。

秋の変体を終えた雄エノハ。わずかに朱点が認められる。

僅かに残り時間はあったけど、この一匹で今シーズンは納竿とした。

blog140929-006

実はここがどこだかわからない状況だったけど、上流に車を走らせるに従い、見たことがある風景に。
小学生の頃に親父とよく遊びに来たことのある道、中学の卒業旅行にと祖父に買ってもらったチャリでツーリングした道に飛び出た。
[ 投稿者:えむやま at 20:39 | | コメント(4) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント
無題
釣り人とはどうしてこうも諦めが悪いんでしょうね(笑)
そのお蔭で素晴らしい出会いがあったりもするんですが。
最高の締め括りとなりましたね。
さすがにその川までは案内していただく訳にはいきませんが、
また来年もよろしくお願いします。頼りにしてますので ^^
投稿者: miya at 2014-11-21 00:36:58
往生際
が悪いですね(笑)
今回はそれがいい方向に出ました。
来期も良い出逢いがあるようにしっかりと準備をしたいと思います。
投稿者: えむやま at 2014-11-21 07:41:29
素敵旅
でしたね!
最後に微笑んで貰えたようで羨ましいです。
文章読んで、ワクワクしてしまいました。

自分の中で地図が繋がると、嬉しいですよね 笑
投稿者: MountaiN STREAM at 2014-11-25 22:45:11
MountaiN STREAMくん
いやー今思い返してもいい旅でした。
こういう要素が加わるとまた楽しいね。
シーズンさいごにのご褒美をもらったような感覚でした。
いつか一緒に遠征しましょう。
投稿者: えむやま at 2014-11-25 23:52:11

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/07.24/a04092/0000454432.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/07.24/archives/0000454432.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 5 x 1 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら