掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

Total Visitor

2012年12月09日
What I had forgotten
 ここ数年、山に行くことを忘れていた。
引っ越しも済んでやっと落ち着いてきたので、思い出したように山へ。

blog121207-001

 2年ぶりの山行は四阿屋山。4つの村、麻績と坂井・坂北・本城(今は筑北村)に
またがる信仰の山。

 前日に雪が降って、この日は快晴。
スタート地点でも薄っすらと雪があった。

blog121207-002

 林道から登山道に入り、沢を詰めて、歩き始めて1時間ほどで尾根に出た。
前日はまでは、緑も紅葉もない寂しい風景だっただろうけど、雪があるだけで
ワクワク感が10倍増くらいだ。
稜線では樹氷がキラキラして、青空とのコントラストが心地いい。

blog121207-003

 視界が開けた場所では北アルプスが一望できた。 
登ったことない山ばっかりだなぁ。
メジャールートは歳とってからのお楽しみにとっておこう。

blog121207-004

 木々の間から槍ヶ岳。

山頂の非難小屋でお昼して、下山開始。
登っているときは暑かったけど、ランチタイムで体が冷えてしまった。
積雪は山頂で7cmくらいだったかな。
下に氷があるわけでもなく、アイゼンもいらないし、歩くのには支障はない。

blog121207-005

 下山道の途中に展望台があって、すごくいい場所なんだけど、少しガスってしまった。
雪道を快適に下ってあっという間に下山。

 帰りは草湯温泉で温まって帰宅。
久しぶりの山は気持ち良かった。
[ 投稿者:えむやま at 22:00 | 山行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2011年01月30日
Tonjiru
 R&Bの公募山行に炊き出しのサポート隊として参加要請があって、番長殿と食材を担いで黒姫BCへ。

 味噌汁とかお汁粉とか話が出ていたけど、炊き出しはやっぱりトン汁でしょ!と
独断で食材を買い込む。
前日の寝不足&二日酔いの中、自宅で下準備して火の通りにくいものは茹でてジップロック!

blog110130-L001

 黒姫は大雪。ゲレンデで番長と合流して前日に鍋やバーナーをデポってある
地点までラッセル。といっても前日にトレースがつけてあったので迷うことはないし
ラッセルも楽だ。

blog110130-L002

 番長にテーブルつくりを任せ、仕込んできたトン汁を仕上げる。
ドラゴンフライを久しぶりに使いたくて持ってきてみたんだけど、いざ使おうと
したら、パッキンが逝ってるらしく圧をかけるとガソリンが噴いてしまった。
持ってきて損した・・・。道具は愛さないとね、と降りしきる雪のなか思った。

blog110130-L003

 無線交信やちょっと斜面を登って遊びつつ、上から降りてくる本隊を待つ。
予定より遅れて降りてきたみなさんはみんなすごく満足げ。
フェイスショットのドパウダーを満喫してきたようだ。うらやましい。
20人前用意したトン汁は秒殺。食担としては「おかあさんうれしいわー」って感じ。

 ドパウダーの様子はこちら 
[ 投稿者:えむやま at 20:05 | 山行 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2011年01月23日
The First and The Last Time ?
 県連(長野県勤労者山岳連盟)若手の会が開かれたので日帰りで参加してみた。
参加資格40歳以下と狭き門(笑)
前日から片山館で宴会だったんだけど、参加できず、朝から合流。
早朝に宿を出た番長殿の朝食をいただくことができた。
片山館の米はやっぱりウマイ♪ごちそうさまでした。

blog110123-L001

 さて、今シーズン初めてのスキーでバックカントリーに入る。
もともとBC始めたのはリフト代を払うのがばかばかしくなったからなので
これでいいのだ。

 しかし、オーバーウェイトでオーバーヒート。
アタマと手を外気に晒してラジエーターとするも追いつかない。

blog110123-L002

 ヒーコラしてトップに到着。
登り始めたときはゴン降りだったけど、ここでは下界が見えた。
 
blog110123-L003

 気温が上がってきて、どっかり降った雪が重い重い。板も走らない。
汗の出すぎで電解質不足になってしまい、両太ももが攣る。
急いでもったいぶっていたポカリをガブ飲みして復活。

 片山館まで重い雪に苦戦しながら帰ってきた。
いきなりこの雪はきつかったな。

blog110123-L004

 帰りにかまくら祭りの準備をしてあったのでパチリ。
今年は雪不足に悩まなくていいね。

 動画はこちら↓
[ 投稿者:えむやま at 21:22 | 山行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年12月05日
Find the Route
 とっても久しぶりにR&Bの山行に参加。今年の2月の例会山行以来か・・・。
前日は会社の忘年会後にLandlockerさんとBar Dejavuでサーモンフィッシングの
打ち上げ。

 翌日、ちょとだけ二日酔いで須坂に向かった。
目指すは妙徳山。

blog101205-L001

 知らない山だったけど、あえて余計な知識は入れずに入山。
メンバーの言われるがままに林道を歩いた。
林道の終点から急坂が始まった。が、すぐに藪で立ち往生。
ここで初めて携帯のGPSを確認して驚愕。ルートから大きく外れ全然違う位置にいる。
本格的に山で使うのは初めてだったので、正確に動いていないのかと思ったけど
地図とあたりの尾根や沢、見える稜線などの地形を見比べてもGPSは間違っていない
ようだった。
blog101205-L002

沢は歩きやすかったけど、無理やり尾根へ這い上がって物見して現在地を確信。
この尾根を詰めて林道に飛び出した。

blog101205-L003

 みんなで読図中。ボクはGPSでカンニングしているので余計な口は挟まないように
心がけた。意見がまとまり林道をしばらく歩いて本当のスタート地点に到着。
1時間くらいアルバイトしたかな。

blog101205-L004

 正しいルートに入ったけど、藪がないだけの暗く急な登山道。
北斜面なので雪もある。1時間程かけて稜線を目指す。最後まで手入れの行き
届いていない杉や落葉松林だった。

blog101205-L005

 稜線で出ると明るくなり、すぐに山頂(三角点)に到着。
落葉したお陰でやっと展望が楽しめる程度だったけど、日当たりも良く
天然ナメコすいとんでほっこりランチ。

blog101205-L006

 根子岳を普段とは違う角度から見る。
爆裂火口跡がすばらしく良く見える。

blog101205-L007

 ランチをしたところは実は北峰で、ほぼ同じ標高の南峰の方が展望は良かった。
眼下に長野市、北ア、戸隠の展望が抜群だ。

blog101205-L008

 下から登ってきた人がいたので話をした後に振り返ってみると南方面は同系色
ばかりの色合いが美しい。思わず声を出したら、みんなはその話題で盛り上がって
いたらしく、大バカにされてしまった。。。
こういう写真は雪景色と同様、デジタルのデータだとデータ量が少ない。

blog101205-L009

 帰りは足がカクカクになりつつも、効率の良いかつ確実なルートを探して
ぐいぐい歩く。本日幾度となく重ねたパーティ会議では、最後は行き止まりの林道を
歩いて、終点から藪漕ぎで元の林道に戻るという決定をした。
時間も迫ってきているのしGPSカンニングでピンポイントに林道に出た。

 里山は地図にあるはずの道がなかったり、ないはずの道があったり
廃道になっていたり、カモシカ道に導かれたりと読図技術が要求される。
GPSは、たとえ持っていたとしても、地図が読めなければ現在地がわかったところで
全く意味がない。しかもGPSに頼っていると電池が切れる(笑)

 そんなわけで、里山の楽しさと難しさ、道具の重要性と危険性を思い知った山行でした。
[ 投稿者:えむやま at 20:18 | 山行 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2010年02月20日
Monthly
 R&Bの例会山行。事務局殿の勘違いでリーダーを仰せつかる。
まぁたまには会に貢献しないとね。
当初は湯ノ丸山の予定だったけど、独断で烏帽子岳を追加。

blog100220-L001

 BCを始めてから欠かさず来ているこのエリア。
ウチから近いし、なんといってもスタート地点の地蔵峠が1730mもある。
スキー場のリフトを使えば1850mまでなにもせずにたどり着ける。
とっても会山行なので地蔵峠からスタートして烏帽子へ。

blog100220-L002

湯ノ丸・烏帽子のコルから稜線までは夏道を辿らず尾根を直登。
10cm新雪の下のガリガリ層にシールが効かず、途中からツボ足で登る。
苦労したけど、予定通り稜線に出た。雪が良ければシールでスイスイなんだけど。
まぁ、これも山相手なのでこんなもんか。

blog100220-L003

 稜線からは富士山、八ヶ岳の展望が良く、北アや北信方面は雲の中。
弱い冬型の天気を象徴する空だ。雪が少ないのが唯一の弱点だけど、晴天率の高さは
このエリアのいいところ。

blog100220-L004

 記念撮影をさっさと済ませて、本命の湯ノ丸へ。
コルまでの下りは雪付きも十分で、短いけど適度な斜度と北東斜面の保存さされた
良質の雪を楽しめる。
コルからは急登をハイペースで湯ノ丸南峰へ突き上げる。
こちらは浅間山や上州の山々の展望が良い。
このあたりは棧敷山や村上山、篭ノ登山など真ん丸のピークが多い。湯ノ丸山もお碗型だ。

blog100220-L005

 湯ノ丸山頂からは歩き隊は地蔵峠へ、滑り隊は旧鹿沢へ下る。
ピークから樹林帯までの上部大斜面は広くてどこを滑ってもたのしい。
下部は吸い込まれるように樹林帯に突入するけど無理矢理にやり過ごせば
ゲレンデ跡のトップに出る。
かつては面ツル斜面だったけど、今は木がボーボー。リフト支柱跡の方が
藪が薄いのでそちらを下る。ゲレンデ跡ははっきり言ってもうダメだなぁ。
次回は違うラインで降りてみよう。
スバ抜けていいところはないけど、変化に富んだいいコースだと思う。

 動画はこちら。

[ 投稿者:えむやま at 22:45 | 山行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年01月24日
Go and Take a Look
 2/7にイベントをやるのにガイドの代打起用された。
その下見に霧ケ峰へ。雪が少ないのでいまいち興味のなかったエリア。
車山まで行くと南斜面はほとんど雪がない。
今冬は正統的冬型の雪が多かったからなぁ。

blog100124-L001

 車山肩から木道を歩いて車山乗越。
蓼科、北八ッ、白樺湖の展望が良い。

blog100124-L002

 少し北にあるくと富士山が顔を出した。ここまで来ると富士山がぐっと存在感を表す。
北は昨日登った根子〜浅間まで良く見える。

blog100124-L003

 中央分水嶺を西に向かって歩くと御岳〜乗鞍〜穂高〜爺ヶ岳まで大パノラマ。
雪はいまいちだけど、景色を楽しみながら歩くにはもってこい。
霧ケ峰は貴重な湿原だらけで登山道以外を歩いたりすると怒られるらしく、スキーには
適していない。

[ 投稿者:えむやま at 22:29 | 山行 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

ComeBack
 膝靱帯やってから遠のいていた山。
怪我で2軍暮らしなかなか復帰しないプロ野球選手の気分がよくわかった。
正月明けから少し体を動かして、なんとか山へ行く気分になった。
復帰戦はお手軽な根子岳へ。

blog100123-L001

 今回のアプローチは峰の原から。
避難小屋上のツアーコースに出ると猫バスが走っていた。
また賑やかな山に戻ります。

blog100123-L002

 2時間で山頂へ。なんだか5時間ぐらい登った気分。
股関節がぎーぎー。
山頂から四阿山コルを目指す。

blog100123-L003

 おっかないトラバースをこなして三角雪原上に出た。
前回来たときよりもずいぶんコンディションがいいけど、カリカリ層が嫌だ。
ヒィヒィ言いながら滑り降りて、メンバー協議の末、計画通り根子へ登り返し。

blog100123-L004

 1時間で再び山頂。四阿山のガスが晴れた。

blog100123-L005

 いつか下ってみたい爆裂火口。
峰の原までは下部のシラカバ林が一番気持ちよかった。

 なんとか復帰できた。

 夜はスタートラインでいわなの学校の新年会だったのでそのまま移動。
早くチェックインしたので、飲み始める前にフロ入ってマンガ読みながらお昼寝。。。

お暇な方は動画(3:29)でも・・・

続きを読む ...
 
[ 投稿者:えむやま at 22:13 | 山行 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2009年03月15日
Exploring New Route
 根子岳からいい感じに見える斜面。
前々から気になっていてやっと行く機会ができた。
しかも春にお決まりの東信のドカ雪後、今シーズン積雪量がピークに達した瞬間の日。
願ってもないベストコンディションだ。 
北信の方々には不人気なこの山域で新ルート開拓。

blog090315-L001

 酔い覚ましにグイグイ登って1時間半で山頂へ。
登りが少ないのがこのエリアのいいところ。
天気はピーカン♪360度よかパノラマです。霞んでたけど富士山も遠望。
浅間山北面台地が呼んでいる。

blog090315-L002

 山頂付近は積雪3m程度。
烏帽子、湯の丸北峰がすぐそこでかっこいい。
CTの結果はV(初めて!)とE9が出たけど、積雪中に密度の低いスカスカ層があって
そこがスコンと潰れる感じ。ズレる感じはない、ので林間をゴー。
雪は東信マジック、北面マジックのパウダー。

blog090315-L003

 久しぶりの雄たけびパウダーを食ったら、真っ白なU字の沢へ出た。
日当たりによってパウダーだったりカリカリだったりモナカだったり。

blog090315-L004

 トラバースしてパウダー斜面を沢の中に落ちる。
天気によってどこを滑ればいいか的確なルート取りをしたいところ。
快適な斜面はここまでだった・・・。
藪にはまりバキバキいわせながら林道を目指す。
疲れきったところで林道を発見。1510m付近かな。

blog090315-L006

 林道をスイスイ下って、キャベツ畑に出たら車までトラバースぎみに滑る。
車はキャベツ畑の一番下に置いておくべきだった。
栂池の鐘の鳴る丘ゲレンデのような緩やかでだだっ広い雪原。
クロカンには最適だ。
シールなしで車まで戻れた。

 今回は初めてだったので中間部の藪で苦労したけど、
次回からは楽しめるルートかも。
西なり東なりどこでトラバースするかがポイントになるだろう。

 しかしスキーがずいぶん下手になったなぁ。
山を封印してゲレンデで練習しなきゃ。

blog090315-L005

 おまけ。
鹿沢スキー場跡で会ったエアボード。
湯の丸北峰から滑ってきたそうだ。なかなかのスピードで滑り降りていく。
ターンもできそうだ。荷物にならないから良さそう。
[ 投稿者:えむやま at 21:39 | 山行 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2009年03月08日
Murderous Bahn
 LandLockerさんと定番根子岳へ。

blog090308-L001

 昨日のものと思われる上から滑ってきたトレースがあるけど、
グラススキーやってない?昨日はまだ雪があったのかな・・・?

blog090308-L002

 カリカリでずるずる落ちながら上半身で耐えてなんとか山頂へ。
この時期はアイゼン持ってこないとダメですな。。。
最後は遠回りして南から東側に回りこみ白い斜面を遠目で確認。
来週にでも行ってみよう。

blog090308-L003

 久しぶりに山頂を踏んだ。今日も賑わっている。
山頂でたっぷりと大休止したけど、日が差さず雪は緩まず・・・。
 おかげで帰りはカリカリの殺人バーン。たまに割れた氷が斜面をものすごいスピードで滑り落ちていく。
ボクもこけたら止まらない。惰性に任せて滑り落ちたら木の枝が手を差し伸べてくれたので
ぶら下がったら止まった。だいぶ滑落してしまった。。。

 牧場の下部でやっとザラメになって快適に滑る。が、だいぶ岩が露出してきているので慎重に滑った。

blog090308-L004

 帰りに渓流に寄るもいきなりボーズを食らった。
LandLockerさんに「去年この辺でルアー失くしたんですよねー」としゃべっていたら
見つけてくれた!奇跡に近い!!

 で、早速使ってみたら・・・岩に当たった瞬間パックリと割れた・・・。
こんな感じにバッコリ食ってくれる魚が居たらなぁ。。。
[ 投稿者:えむやま at 22:32 | 山行 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2009年03月01日
Expenditionary Party
 久しぶりに探検山行。
こういう山行は行く前の準備が楽しい。

blog090301-L001

 楽をするためにスキー場のロープウェイで山頂近くまで。
ゲレンデ入ったときからパトに徹底マークされ、細かい指導を受けた。
要するに何も装備を持たないゲレンデスキーヤー・ボーダーが山スキーヤーの
トレースを追ってゲレンデ外に出て行ってしまう事、それにスキー場を利用して山に
入った山スキーヤーが遭難する事、この2点がスキー場として最も避けたいことだ。
よってゲレンデ外に出るときは、いきなり下りのトレースをつけない。はじめは登りの
トレースをつけてしばらくしてから下ってくれとのこと。納得。
ボクら山スキーヤーが最低限やるべきことなのだろう。
あとは計画書の提出と下山連絡が課された。しっかりしたスキー場だな。
過去に痛い目に遭っているのだろう。 

blog090301-L002

 1900mのピークからはカリカリの尾根を下る。痩せたり藪ったり登り返したり。。。
ガイドブックにある二次林は数十年前の情報で、もう立派に成長している。
ボーボーだ。


blog090301-L003

 なんとか尾根を下って、夏でも誰も来なそうな湿原でお昼。
ちょっと登ったら目的の廃ゲレンデのゴンドラトップに出た。

blog090301-L004

 気持ちよく林間コースらしきところを滑ったら行き止まりで
ロマンスリフトに乗る破目になった。リフトなんかもうないけど・・・。

 上級者コースらしきブナCコースを快適に滑ろうかと思ったら雪が腐っていて
気持ちよく滑っていても、引っかかると一気に速度が0に。

 一部藪が伸びてきていたけど、まだまだ滑れるゲレンデ跡だった。
リフトの支柱やレストハウス、その他スキー場施設はすべて撤去されていて
何もなかった。
あるのは開発許可の看板だけだった。ヤケビまでの夢物語は実現できなかったのだ。
潰れた当時は鉄が高騰している時代だったから金になるうちに撤去してしまったの
だろう。ゲレンデボトムからはひたすら林道を下ってデポ車まで戻った。

 今年は修行の年なのでこれくらい苦労しておいた方がいいのかもしれない。
大変だったけど、気力体力が充実していてとても楽しめた。
どうも変態の領域に入りつつあるみたいだ。
[ 投稿者:えむやま at 17:47 | 山行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]