掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

Total Visitor

2010年10月31日
Welcom Party
R&Bの新入会員歓迎の飲み会があると誘われたので長野へ。
1次会は「はな村」にて。
考えてみたら、最近は完全に飲み会要員だな。。。

blog101030-L001

 2次会は戦力が半減以下になって「ぱいかじ」でオゴソカニ。

blog101030-L002

 泡盛っておいしい。

blog101030-L003

 〆はさらに半減してグリさんとふたりで駅前ベンチでラーメンをすすった。
おごちそうさまでした。

 日付が変わって事務所にて沈。
家でシュラフを探したけど見つからなかったから車に積んであると思って
出てきたら、車にもなく・・・ウェーダーをはいて寝た。
起きたら足のネオプレン部がムレムレ。

blog101031-L001

 朝起きたらアタマガンガン。
最近、装備増強したタックルを使ってみたくて、犀川@丹波島へ。
ウェーダーはいて寝たくせに、川ではウェーダーはかなくていい場所に行く。
もちろんなんにもなかった。
タックルは具合いいが、アホな事情によりロッドがほしい。
[ 投稿者:えむやま at 11:30 | 戯言 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年10月24日
Seven Five three
 娘の七五三。叔父叔母がキノコ狩りに行く車に乗っかって実家から
母上がやってきたので混まない日に済ませてしまおう。

blog101024-L001

 裁判所から出てきた人みたい。。。
飴は食べれないことがわかっているからおもしろくないらしい。
ボクには「千歳飴」が泡盛のラベルに「千曲錦」と書いてあるように見えてならない・・・。

blog101024-L002

 お参りの後は両家でソバでも。
初めてなんだけど、ゆっくりできそうな佐助へ。

blog101024-L003

 鴨そばを頼んでみた。
囲炉裏を囲んでゆっくりできた。
たぶんリピートしないであろうおそばでした。

blog101024-L004

 バケツ稲を物干しに1ヶ月ちかく掛けておいたので、脱穀&もみすり。
完全手作業でものすごく時間がかかった。いい教材だったな。
見事に茶碗1杯になりそう。
[ 投稿者:えむやま at 21:18 | 天音 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

Good Harvests
picsay-1287881135B9d0M7v1.jpg

 大豊作のマツタケのおすそ分け。
大きいのを見ると来週はもう遅いなあ、って感じ。

 マツタケ御飯、茶碗蒸し、焼きでいただいた。
[ 投稿者:えむやま at 09:46 | 季節 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年10月20日
IWANA Meeting
 北海道でこんな国際シンポジウムが行われて
http://www.cris.hokudai.ac.jp/koizumi/symposium.pdfこのために来日しているDanhum Jason氏が来長していて、
峰の原のスタートラインでK野さん(長野県環境保全研究所)や
Y本(中央水産研究所@日光)さんなども交えて
イワナについて語り合う会に参加。

blog101020-L011

 Jason氏はUSGS(United State Geological Survey)の中の生態学者ってことでいいのかな。
http://fresc.usgs.gov/staff/profile.asp?Emp_ID=720 

blog101020-L012

 Bull Troutの保全の話をスライドを使って説明してくれた(ようだ)。
が、英語に疎いボクは、気を高めて一生懸命聞いてたまーに意味がわかる程度で
もどかしー。

blog101020-L013

 ダム撤去の話もあって、これはタイムリーでよかった。
ホントにやっちゃうんだなーアメリカは。
宮中ダム・西大滝ダムも撤去しましょう。

 残念ながら翌日は仕事なのでノンアルコールで過ごし
夜道をノンアクセルで自宅まで帰ってきた。できるもんだなー(笑)

 エイゴデキルヨウニナリタイ。
[ 投稿者:えむやま at 23:40 | | コメント(2) | トラックバック(0) ]

Salmon in Ueda !!
 なんとなんと本日、上田市内の中山ヤナに鮭が入ったそうです!
そもそも長野県は西大滝ダムができる以前は鮭の水揚げ高が北海道に次いで
国内2位だったのだ。
しかし、相次ぐ治水・利水によって川が分断されて遡上が不可能になって久しい。
長野県でも10年くらい前まで稚魚放流がされていたけど、成果が上がらないので
打ち切られた経緯がある。

blog101020-L001

 めでたいことだし、写真をいただいたので使わせていただく。

blog101020-L002

 体長は50cm程度のメス。尾びれを見ると産卵を終えた後っぽい。
オスも一緒に遡ってきてるといいな。

 サイズ、遡上時期から早生の鮭だろう。
早生モノは稚魚放流モノであることが多いのだそうだ。
過去に長野県で放流された鮭の子孫であるといいな。

 この鮭の遡上は昨年から宮中ダムが取水を停止していることがかなり効いて
いると思う。となると宮中ダムの長年の不正取水は罪が大きいよ。
これを機にいろんなことが活性化するといいな。

 さて週末は千曲川でサーモンフィッシングでもしてみるかな。
って日が来るといいな。

10/21追記
サケ稚魚の放流は千曲市などでやっていますね。
以下、参考文献
http://www.sugiyama.tv/mizubeweb/ookumajitiken201001.pdf
http://www.hrr.mlit.go.jp/chikuma/news/juku/data/juku14g/index.html
[ 投稿者:えむやま at 23:39 | 季節 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2010年10月19日
Regret!
picsay-1287497464P8BPyH7x.jpg

勝ったら祝杯をあげようと、買っておいたクラシックラガー。
悔しいから来年まで冷蔵庫いれとくか・・・。
[ 投稿者:えむやま at 23:15 | 携帯より | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年10月11日
Watch Pairing
 積年の課題であるモンスターイワナのペアリング観察。
ロッドを持っている時期は走ってしまうまでひたすらキャストをしてしまうので
動画をまわすことも少ないし、9月ではまだ警戒心が強かったりで、完全な記録は
できていなかった。

 モンスターをばらしたと言っても信じてくれる人、少ないんだよねぇ(笑)
ボクだって、人から聞いたら、またまたぁ〜って思うもん。

 そんなわけで、子供を昼寝させてから定点観測地点へ。
サンダル姿で河原に降り立ち、少しずつ距離を詰めてポイントを伺う。
が、期待した魚影はない。

 ぐるぐると移動していることが多いのでしばらく観察してみるも、いない。
少し待ってみるか、と岩の上に登って待っていると・・・。
下流から淵尻に背びれを出して2匹のモンスターが遡ってきた!!

blog101011-L002

 軽く2匹とも60cmはある。すばらしい。

blog101011-L001

 大きい方はおそらく禁漁前に掛け損ねた奴だ。
こっちは石化けできているし、カメラの位置も高いところでバッチリだ。
距離感もズームが効く範囲にある。
30分くらいひとりで見惚れて動画を撮り続けた。
もっと肉眼で見ておけばよかったような気がするな。

 今年は季節の進み具合と同様、遡上が2週間くらい遅れている。
例年だとシーズン中にこれが起こるんだけどな。

 今日は本当にロッドを持っていなくて良かった。
できればデジカメではなくてHDビデオカメラで撮りたかったな。
潜って撮るのもいいな。
積年の課題をクリアすれば、新しい課題を設定してしまうもんだなぁ(笑)

 えっ?こんな画像じゃ何にもわからないですって?
動画を希望の方はコメントください。編集済みですので、なんとかしてお送りします。
WorldWideにポイントを晒すほど、心の広い釣り人ではありませんので、あしからず。
[ 投稿者:えむやま at 22:57 | | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2010年10月10日
Second Season
 子供保育園の運動会が土曜日からスライドして日曜日に。
予報は雨だったけど、体育の日マジックで晴れ!
子供が奮闘する姿を見届けてから、午後は犀川へ。

 いろんなところで話題になっている犀川殖産のニジマス禁漁期の撤廃。
非常にわかりにくい長野県漁業調整規則の変更。
犀川殖産の動きは犀川本流においてイワナ・ヤマメが絶滅したことを意味して
いるのかもしれない。なんてことを考えてみたりする。
ともかくも10月に入っても釣りができるわけで、年券も持ってるし行ってみる。

blog101010-L002

 いつものスタート地点から。昨日の雨ですごい濁り。
はっきりいってどうしようもない絶望的な濁り。
釣り人は最後まで自分以外誰一人居なかった(笑)
この本流においてポイントは隠す必要ないから川の写真も載っけていく。

blog101010-L003

 コーヒー牛乳雑炊(まずそう・・・)
平ダムの掃きだし口の下で魚のつくポイントにて、足元で扇状にルアーを動かしたら
ビチビチと茶鱒が水面から飛び出した。濁っているときの常套手段。

 それ以外はなんもなし。
新品ルアーを3つロストしてかなりへこんで帰ってきた。
水がクリアになったら回収に行くのだ。

blog101010-L001

 そういえば、秋以降用にウェーダーを新調。
パタゴニアのH2Noはどんなもんでっしゃろ?
いまのところ快適。
[ 投稿者:えむやま at 22:50 | | コメント(2) | トラックバック(0) ]

Summary of Season
 トラウトシーズンも終わったことだし、みんなやってるのでマネして
未公開画像(?)とともに総括してみる。

 シーズン初期は今シーズンもサクラマスにどっぷり。
特に初めて北陸の聖地・九頭竜川で開幕してから延べ4回行った。

blog101010-L101

手取川が3回。ほか6回。よく行ったってもんだ。
石川・福井の情報はnaoさんにたいへんお世話になった。
が、まだお会いできていない。
なにげなく青物狙いで行った富山湾でなべぶたさんが海サクラを釣り上げたときは
大興奮してしまった。

blog101010-L102

そしてサクラは今年も咲かず。2つバラしただけ。
牛歩で近づいている。

 サクラが終わったら地元のイブニングが忙しかった。
6月・7月は毎日のように川で残業して帰った。

blog101010-L104

ノボリイワナChikumaLockにも出会えた。


blog101010-L103  

そしてなんといっても本流の54イワナ。自己記録更新の一匹だった。

blog101010-L1045

仕事で講習会に行って直帰にしたときだったなぁ。。。

 
 そして新たに加わったターゲットはサツキマス(降(信州の)海型)
7月から始めてこれを狙いに7回。計4匹出会えた。

blog101010-L105

が、コイツを狙っていてとんでもない奴にも鉢合わせた。

blog101010-L106

 一度空中戦で敗れて、その翌週にリベンジをした。
9月の最終週にも同じことが起こったけど、リベンジは来年になってしまった。


 8月にはアブラビレ系7種目制覇もやった。
ヤマトイワナは釣りたいけど我慢してちょっとだけ。
久しぶりに熱くなったな(笑)

 サクラのために本流にも通ったけど、シーズン始めにちょっといい思いをしただけで・・・

blog101010-L108

後はいいことあんまりなかったなぁ。


 9月は秋がなかなかやって来ずにやきもきしたけど、産卵を控えて移動する
大物をいくつかゲットした。

blog101010-L107

 最後の最後でモンスターに出会えたけど、今年もお預けとなった。
タックルが万全だっただけに惜しいことをした。


 総釣行回数:43回
うちサクラ13回、本流21回、渓流10回、イブニング?回
怪我:1回(転倒による右肘打撲)
大物記録は
イワナ:54cm、38cm、37cm
ヤマメ:32cm
ニジマス:53cm、48cm
ブラウン:25cm
サツキマス:3Xcm×3

 今年も川でたくさん遊ばせてもらった。
すべてに感謝。
[ 投稿者:えむやま at 22:41 | | コメント(5) | トラックバック(0) ]

2010年10月09日
MaTsuTaKe
 おすそ分けで初物のマツタケ。

blog101009-L001

 タケゾウがクンクン寄ってきた。
あんまり匂いがしないなーと思いながらマツタケご飯を仕込んでいたら・・・

blog101009-L002

 パカリと割ると、ウジムシちゃんにやられていた。
軸から笠までしっかりと。こんなの初めて。
食べどきを2日くらい逃したのかな。。。
[ 投稿者:えむやま at 22:49 | 季節 | コメント(0) | トラックバック(0) ]