掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

Total Visitor

2009年03月22日
Visitor from Netherland
 オランダに居る姉君の友人が仕事で単独日本に来るので
長野を案内して欲しいとの指令。
仕事のメインは京都らしいので長野では別所や善光寺などの神社仏閣は捨て。
ホントは善光寺に行くべきなんだけどね・・・。

blog090321-L001

 外国人受けするところといえば地獄谷お猿の温泉。
ほとんど雪はないのに夏道はまだ通行止め。
延々と水平ダブルトラックを歩いてやっと着いた。とっても疲れた。
フツーはこんな道では疲れないはずなんだけど。

blog090321-L002

 ぢつはココはぢめて。。。
こんなに近くに猿が来るんだ〜。
お客さんも大興奮。写真家なのでいい写真が撮れたと満足してた。

 帰りに小布施をブラブラしてスクウェアワンで一杯。
ポンシュはおいしかったらしい。
ドライバーは甘酒。これおいしかった。

blog090322-L001

 2日目。上田城で真田一族がどれくらいすごいか説明して海野宿へ。
屋号や石碑に彫ってある達筆な漢字を見て「これはどういう意味だ」と聞かれたときは
返答にコマッタ。

blog090322-L002

 ヨーロッパには火山はないだろうからボルケーノアサマへ。
あいにくの天気でトップは見えなかったけど、噴煙とサルフェート臭はしっかりと
感じられた。やっぱりヨーロッパにはイタリア以外には火山はないらしく喜んでいた。

blog090322-L003

 さらにボルケーノのありがたみを知ってもらうために草津へ。
湯畑のお湯の色をカメラに残すのにずいぶん苦労していた。
目で見ている色が出ないとお悩み中。。。

 〆は西の河原露天風呂でジャパニーズスタイル入浴をしておしまい。
東京行きのバスに乗せてグッバイ。

 オランダ人の英語はさっぱりわからんやった。。。
もともとわからんけど。 
[ 投稿者:えむやま at 21:25 | 戯言 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2009年03月15日
Exploring New Route
 根子岳からいい感じに見える斜面。
前々から気になっていてやっと行く機会ができた。
しかも春にお決まりの東信のドカ雪後、今シーズン積雪量がピークに達した瞬間の日。
願ってもないベストコンディションだ。 
北信の方々には不人気なこの山域で新ルート開拓。

blog090315-L001

 酔い覚ましにグイグイ登って1時間半で山頂へ。
登りが少ないのがこのエリアのいいところ。
天気はピーカン♪360度よかパノラマです。霞んでたけど富士山も遠望。
浅間山北面台地が呼んでいる。

blog090315-L002

 山頂付近は積雪3m程度。
烏帽子、湯の丸北峰がすぐそこでかっこいい。
CTの結果はV(初めて!)とE9が出たけど、積雪中に密度の低いスカスカ層があって
そこがスコンと潰れる感じ。ズレる感じはない、ので林間をゴー。
雪は東信マジック、北面マジックのパウダー。

blog090315-L003

 久しぶりの雄たけびパウダーを食ったら、真っ白なU字の沢へ出た。
日当たりによってパウダーだったりカリカリだったりモナカだったり。

blog090315-L004

 トラバースしてパウダー斜面を沢の中に落ちる。
天気によってどこを滑ればいいか的確なルート取りをしたいところ。
快適な斜面はここまでだった・・・。
藪にはまりバキバキいわせながら林道を目指す。
疲れきったところで林道を発見。1510m付近かな。

blog090315-L006

 林道をスイスイ下って、キャベツ畑に出たら車までトラバースぎみに滑る。
車はキャベツ畑の一番下に置いておくべきだった。
栂池の鐘の鳴る丘ゲレンデのような緩やかでだだっ広い雪原。
クロカンには最適だ。
シールなしで車まで戻れた。

 今回は初めてだったので中間部の藪で苦労したけど、
次回からは楽しめるルートかも。
西なり東なりどこでトラバースするかがポイントになるだろう。

 しかしスキーがずいぶん下手になったなぁ。
山を封印してゲレンデで練習しなきゃ。

blog090315-L005

 おまけ。
鹿沢スキー場跡で会ったエアボード。
湯の丸北峰から滑ってきたそうだ。なかなかのスピードで滑り降りていく。
ターンもできそうだ。荷物にならないから良さそう。
[ 投稿者:えむやま at 21:39 | 山行 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2009年03月14日
Home Party
blog090314-L001

 悪天候で山行を日曜にスライド。
夜にぐりさん、きゃねきちとウチでたこ焼きパーチィをやって明日に備える。
たこ焼きは地粉でやるとネチネチしてよくない。牛乳を入れたら程よくトロリとなった。
ぐりさんはチンチントロリで涙を流して喜んでおりました。。。
たまには上田に来て飲んでもらうのも良い。

[ 投稿者:えむやま at 21:38 | 戯言 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年03月13日
Kanda Night
 仕事が神田で終わったのでぶらぶら。

blog090313-L001

 今まで知らなかったけど西口にたまきスポーツなんて店があった。
入り口の絵がかわいい。

blog090313-L002

 細革やクロカングッズがたくさんあった。
最近売れていてブーツがたくさんあるんだけど、細板がもうないんだそうな。
色々聞くととてもうれしそうに話してくれるオジサンでした。
太板もたくさんあって品揃えはさかいや以上かな。

blog090313-L003

 夜は会社の同期が3月いっぱいで寿退職するというので一杯。
最近はホルモンが流行りらしくホルモンの店がたくさんある。

blog090313-L004

 まず頼んだのはオトコらしくレバ刺し。
この甘味がなんともたまらないんだなー。

blog090313-L005

 やっぱり九州っ子ならモツ鍋でしょ。
最後はちゃんぽんで〆た。
[ 投稿者:えむやま at 23:32 | 戯言 | コメント(3) | トラックバック(0) ]

2009年03月08日
Murderous Bahn
 LandLockerさんと定番根子岳へ。

blog090308-L001

 昨日のものと思われる上から滑ってきたトレースがあるけど、
グラススキーやってない?昨日はまだ雪があったのかな・・・?

blog090308-L002

 カリカリでずるずる落ちながら上半身で耐えてなんとか山頂へ。
この時期はアイゼン持ってこないとダメですな。。。
最後は遠回りして南から東側に回りこみ白い斜面を遠目で確認。
来週にでも行ってみよう。

blog090308-L003

 久しぶりに山頂を踏んだ。今日も賑わっている。
山頂でたっぷりと大休止したけど、日が差さず雪は緩まず・・・。
 おかげで帰りはカリカリの殺人バーン。たまに割れた氷が斜面をものすごいスピードで滑り落ちていく。
ボクもこけたら止まらない。惰性に任せて滑り落ちたら木の枝が手を差し伸べてくれたので
ぶら下がったら止まった。だいぶ滑落してしまった。。。

 牧場の下部でやっとザラメになって快適に滑る。が、だいぶ岩が露出してきているので慎重に滑った。

blog090308-L004

 帰りに渓流に寄るもいきなりボーズを食らった。
LandLockerさんに「去年この辺でルアー失くしたんですよねー」としゃべっていたら
見つけてくれた!奇跡に近い!!

 で、早速使ってみたら・・・岩に当たった瞬間パックリと割れた・・・。
こんな感じにバッコリ食ってくれる魚が居たらなぁ。。。
[ 投稿者:えむやま at 22:32 | 山行 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2009年03月05日
Thanks!
blog090305-L002

 ネットで付き合いのあるkatsuoさんのブログ
自作ステッカーをたくさん作ったからプレゼントしますとのエントリーを見て応募。
で、ご親切に郵送してもらった。
この小ささがいい感じ。どこに貼ろうか迷ってしまう。
katsuoさんから譲ってもらったロッドにでも貼ろうかなー。
7ftながら藪沢でも使ったりしてずぅ〜っとメインロッドにしてるし。
とってもありがとうございました。

このところなにかとあちこち飛んでまわって忙しい。
blog090305-L001
たまにはビールでも買ってネットでもするかーとコンビニに行ったら
新しいビールが売ってた。今日発売らしい。
たぶんおいしかったと思う。
色々やってたからゴクゴク飲んで味を楽しんでいない・・・。
[ 投稿者:えむやま at 23:41 | 戯言 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2009年03月01日
Expenditionary Party
 久しぶりに探検山行。
こういう山行は行く前の準備が楽しい。

blog090301-L001

 楽をするためにスキー場のロープウェイで山頂近くまで。
ゲレンデ入ったときからパトに徹底マークされ、細かい指導を受けた。
要するに何も装備を持たないゲレンデスキーヤー・ボーダーが山スキーヤーの
トレースを追ってゲレンデ外に出て行ってしまう事、それにスキー場を利用して山に
入った山スキーヤーが遭難する事、この2点がスキー場として最も避けたいことだ。
よってゲレンデ外に出るときは、いきなり下りのトレースをつけない。はじめは登りの
トレースをつけてしばらくしてから下ってくれとのこと。納得。
ボクら山スキーヤーが最低限やるべきことなのだろう。
あとは計画書の提出と下山連絡が課された。しっかりしたスキー場だな。
過去に痛い目に遭っているのだろう。 

blog090301-L002

 1900mのピークからはカリカリの尾根を下る。痩せたり藪ったり登り返したり。。。
ガイドブックにある二次林は数十年前の情報で、もう立派に成長している。
ボーボーだ。


blog090301-L003

 なんとか尾根を下って、夏でも誰も来なそうな湿原でお昼。
ちょっと登ったら目的の廃ゲレンデのゴンドラトップに出た。

blog090301-L004

 気持ちよく林間コースらしきところを滑ったら行き止まりで
ロマンスリフトに乗る破目になった。リフトなんかもうないけど・・・。

 上級者コースらしきブナCコースを快適に滑ろうかと思ったら雪が腐っていて
気持ちよく滑っていても、引っかかると一気に速度が0に。

 一部藪が伸びてきていたけど、まだまだ滑れるゲレンデ跡だった。
リフトの支柱やレストハウス、その他スキー場施設はすべて撤去されていて
何もなかった。
あるのは開発許可の看板だけだった。ヤケビまでの夢物語は実現できなかったのだ。
潰れた当時は鉄が高騰している時代だったから金になるうちに撤去してしまったの
だろう。ゲレンデボトムからはひたすら林道を下ってデポ車まで戻った。

 今年は修行の年なのでこれくらい苦労しておいた方がいいのかもしれない。
大変だったけど、気力体力が充実していてとても楽しめた。
どうも変態の領域に入りつつあるみたいだ。
[ 投稿者:えむやま at 17:47 | 山行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]