掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

Total Visitor

2008年02月24日
All we can eat
mixi080224-001

 外は暴風雪の中、暖かいハウス内のいちご狩りへ。
行ったのは小諸の布引いちご園。
天音にはまだ楽しさがわからないだろうけど、社会勉強だ。
ベビーカーも入れるからいいね、ここ。
[ 投稿者:えむやま at 22:59 | 季節 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

Press Sushi
blog080223-L007

 嫁ちゃんが寿司が食べたいという。
あいにく寿司屋に行く予算はない。
ということでスーパーでネタを買ってきて握る。
二人で三合の米をペロリ。酢飯って満腹中枢を麻痺させるねー。
[ 投稿者:えむやま at 18:18 | 戯言 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年02月23日
2nd volume
 先週のリベンジで根子岳をやろう。
狙う斜面は下界のどこからも見えない。唯一四阿山からだけ見える。

blog080223-L001

 今日は二つ玉低気圧のおかげで天気が崩れるのは必至。
スピーディな行動が必要だ。朝の時点ではいい天気。
でも惑わされてはいけない。

blog080223-L003

 風力発電建設計画のために立てられている風況調査の風力計。
ここに10数基の巨大なプロペラが建つ計画があり、議論が重ねられている。
しかし、一部の有力者の判断だけで事が決まろうとしている。
みなさんご存知でしょうか?
タッ○ョンをひっかけて歩き始める。

blog080223-L004

 さて、さっくりと登って、山頂は人が多いので省略。
目的の斜面へ向かう。天気はまだもっている。
小ピークを乗っ越して、次のピークは登れそうにないので
南側から回り込む。どこから滑ればいいのかわからないので
シールをつけたまま。ここで天気が一気に悪くなる。
昨日のサンクラストのおかげで雪はカリカリ。こけたら下まで落ちていきそうだ。
やっとのおもいで大三角の上に立ったはいいけど、右も左もわからん。
天気は暴風雪。雪はカリンコリン。

blog080223-L005

 おいしい斜面(のはずだった)をひぇ〜とか、ぎょえ〜と叫びながら下ったら
樹林帯に突入。最終的には右の尾根に乗りたいので右岸を進むと
途中から結構な急斜面で割れた沢が数本入って難儀する。
でもちょっといいもの発見。夏に来てみよう。
程よいところで尾根へ登り詰めるとそこは牧場。

本流の埋まり具合もあるけど、左岸を進んでどっかで右岸に渡れる
ところを探すのが正解かもしれない。
それかもっと上で右の尾根へ登るか。

blog080223-L006

 さて、牧場に出たはいいけど、天気はさらに悪化していて、
景色がわからないのはもちろん、自分が進んでいるのか止まっている
のかすらわからない。
鼻を利かせて下る。根拠はないけど、皆が欲しがるGPSより
役に立つかもしれない。
そんなことで車道に出たら、いい感じに積雪していて、そのまま
滑って来られた。
車に戻ったらありえないところに着雪していた。。。

 スキーでも釣りでも同じだけど、みんなが行かないとこを極めたい。
なべぶたさん、天気の悪い中、お付き合いいただきありありがとうございました。
[ 投稿者:えむやま at 22:12 | 山行 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2008年02月17日
Speed Training
 会社のスキークラブで湯ノ丸ゲレンデへ。
前日の夜から雪の予報だったのでアサイチパウダーを狙う。
狙い通りパウダーゲット。でもものすごく寒い。
グルーミングバーンも満喫。それでも体が温まらない。
そしてゲレンデはとっても疲れる。
さらにバブル期を彷彿とさせる混み具合。

blog080217-L001

 リフト下をギタギタにしたところでみなさん到着。
アルペンの達人達の後ろについてスピードトレーニング。
ずいぶんと楽にターンできるポジションを見つけた。

 所用の為、午前中で引き上げた。最後まで吹雪で手足がキンキンだった。。。

本日の動画はこちら→(5sec/6.1MB)
[ 投稿者:えむやま at 22:14 | 季節 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年02月16日
Hazard of Avalanche
 そろそろ雪の状態も良くなっただろうと、根子岳へ。
今回はぐりさんと新しいルートを開拓する。

blog080216-L001

 今年はヘリスキーは営業してないらしく、スキー場から登るメリットがない。
リフトを使わず、風を避けてゴルフ場→牧場と登っていく。
極上の雪をラッセル。今年一番かな。

blog080216-L002

 山頂直下には名物の樹氷がだいぶ成長していた。
モンスターまでもう少し。
昨日の飲み会のせいか、調子が上がらずのんびり登ったら2.5hほどかかった。

blog080216-L003

 山頂から予定通り東に移動してみる。
ピットチェックの結果はCTM2@40cm。ちと注意が必要な感じ。
地図では稜線沿いにしばらく歩くと楽な斜面があるんだけど、
岩稜というか雪稜をひとつ越えなければならない。
このズクを出せなかった。。。
で、ルンゼに飛び込む。

blog080216-L004

 ちょっと下ったら、崖。
恐る恐る沢を渡る。次にぐりさんが渡ろうとしたら雪崩れた。
表面スラフが落ちただけなんだけど、ルンゼを音も立てずに流れていく
雪を見たら、ワクワクドキドキのワクワクも一緒に流されていった。
残ったドキドキだけを持って、滑ったところをシールで登り返して再び山頂へ。
山頂からいつものルートを滑ろうと思ったら左に行き過ぎて、
樹林帯につかまった。そんなこんなで踏んだり蹴ったりで下山。

 ま、今回は色々と勉強になったし、次回への意欲も出たのでヨシとしよう。
[ 投稿者:えむやま at 21:38 | 山行 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2008年02月15日
Last Lecture
 大学の研究室の教授が3月末で退官されるとのことで、
今日は最終講義を聞いてきた。
久しぶりにじっくり歩いた大学はずいぶん変わっていた。
それだけの月日が流れたといことで・・・。

blog080215-L001

 講義の後は懇談会@生協。
平日とあって出席率は低いけど、プチ同窓会みたいな感じで
楽しく飲めた。
教授は他の人の名前はよく覚えてなかったけど、ボクはしっかりと覚えていた。
「問題児はよく覚えているのだ。」だそうで・・・。
40年間お疲れ様でした。
[ 投稿者:えむやま at 21:32 | 戯言 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2008年02月11日
Exploring New Route
 地域研究へ。
人の知らないルートをあーでもないこーでもないと登っていき、
まわりを見回しては、白い斜面を探してみたり。

blog080211-L001

 越後駒、鬼ヶ面はちょっとだけ滑ってみたい斜面アリ。ちょっとだけね。
カネコロンを近くまで見に行ってもいいルートがとれるのかもしれない。

blog080211-L002

 肝心のオープンバーンは砂防が埋まってなくて渡渉がおっかない。
左岸からは点発生雪崩がぽちぽち。
気温が高く半袖になったら体内の熱収支がやっと平衡になった。
とにかく汗だく、汁だく。。。悪いものは出してしまおう。

blog080211-L003

 ガヤガヤとくだらない話をしながら尾根に登り詰めるとタイムアップ。
尾根の向こうにはまたいい斜面が広がっていた。
滑りは雪が重かったけど、最近やっていた藪スキーに比べると快適なツリーラン♪
欲張っていい斜面を探していたら、稼いだ高度をすいぶんとトラバースに消費してしまう。
オープンバーンは気持ちよかったなやー。
林道に出てからは猟師のキャタピラの踏跡のおかげでスイスイ。

 帰りに寄った姫川温泉では大ハプニング!
車の中ではモメゴトになるかと心配したが、意外にも
妄想が膨らんだらしくウキウキしてらっしゃって一件落着。
懐が違いますなー。

 そんなこんなで楽しい地域研究となりました。
[ 投稿者:えむやま at 22:30 | 山行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年02月10日
Soba festival
 連休中日、上田の積雪は15cmくらいか。
どうも今年はこのパターンが多い。
さて今日は、会社の取引先の社長が蕎麦打ち愛好会みたいなものを
やってて、そこの寒そば祭りへ。

blog080210-L001

 黒っぽい蕎麦で、キンキンに冷えていてのどごしと歯ごたえが良い。
減反の田んぼを使って蕎麦を育てて、10年。この蕎麦の直売所や
加工施設、製粉工場までも作ってしまったそうだ。

blog080210-L002

 囲炉裏ではイワナが遠火で焼かれている。
そろそろ解禁だなあ。

blog080210-L003

 2日間だけの振る舞いなので、みなさまてんてこ舞いで働いてらっしゃいました。
ゴチソウサマでした。
[ 投稿者:えむやま at 22:45 | 戯言 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年02月09日
Revenge Macth
 だいぶ雪も降っただろうし、1/20のリベンジに烏帽子岳へ行く。
今日は単独。みんなでワイワイ行って、ビデオ撮ったりするのも
楽しいのだけど、一人もわがままが利いていい。
朝は思いっきり寝坊して、自分に甘える。

blog080209-L001

 計画書に書いた時間より1時間半遅れて地蔵峠をスタート。
すぐに大集団に追いついた。雪訓のようでソリにたくさんの荷物を載せていた。
ここでテン張るようだ。
もう一人抜いたら意外にもウサギのトレースを追うことになった。

blog080209-L002

 雪はかなり増えているが、極上の最中だ。。。
もっとサラサラしたお菓子が食べたいなあ。

blog080209-L003

 湯の丸-烏帽子のコルから尾根を真っ直ぐラッセルして登るか、
それとも古い踏跡がある夏道を登るか迷ったけど、夏道は稜線に出て
寒い思いをしそうなのでGo Straight!だ。
とにかく藪も気にせずに真っ直ぐ登った。後続のみなさま、
いぢわるなトレースでごめんなさい。
えっちらおっちらと稜線の一番いいところに飛び出た。
美ヶ原は雪が降り始めたみたいで雲の中だけど、まだ下界が見える天気だ。

blog080209-L004

 南西斜面を天カラ林に当たるまで滑って、藪が濃くなってきたところで
稜線へ引き返す。下の方が雪がよかった。
他の山へ行ってるパーティに無線交信を試みるも、鍋倉も北八も届かなかった。

blog080209-L005

 稜線に戻ってコルまで北東斜面を滑る。
ピットチェックでは雪の結合はまずまずだったけど、エッジを立てると
モナカに亀裂がビキビキと入り、落ちていく。足をすくわれそうになった。
ということでやさしくターンしてコルまでたどり着いた。
コルから湯の丸へ登って帰ろうと思ったけど、雪も悪いし、水平道を
地蔵峠までこいで帰ってきた。
 
 地雷を踏む恐怖感はなくなったけど、まだ藪が濃い感じ。
[ 投稿者:えむやま at 17:09 | 山行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年02月03日
Low Grade Mountain Ski
 パウダーパーティの朝、寝不足、二日酔いに加えて、前日に近辺に入った
パーティの情報が芳しくないし、戸隠大橋周辺はハイグレードスキーヤー達で
ごった返しているので、我々ローグレードスキーヤーは場所変え。

blog080203-L001

 比較的雪の多いエリアへ。
せっかく来たのにトレースあり。
スキーにボードにモービル・・・。

blog080203-L002

 気温が高いので汗がどんどん出てくるけど、二日酔い解消には
汗をかくのが一番だ。一汗かいたらスッキリした。
途中でスノーモービルがゾンゾン現れて、斜面はギタギタに・・・。

blog080203-L003

 雪が重く板が走らないし、ギタギタの斜面を滑るのは気持ちよくない。
トップから一本滑っておしまいにした。
体力を持て余していたわかりんさんには悪いことしてしまいました。
ゴメンナサイ。

 その後は温泉に入って蕎麦を食べて、極めつけはお昼寝。
これぞローグレードスキーといった一日でした。
[ 投稿者:えむやま at 18:20 | 山行 | コメント(7) | トラックバック(0) ]