掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

Total Visitor

2007年09月30日
Zero
 くろ猫クンと今シーズンのラスト釣行へ。
堰堤でニジマスが釣れた。
が、ワケあってキノコ狩にチェンジ。

blog070930-S001

 くろ猫クンがゼロの沢下部の滝を登ると言い張るのでちょっとだけ行ってみる。
が、ひとつ登ったらもうだめ。今日はやめとこうとあっさり敗退。
お助けロープで登った滝を1本懸垂で降りる。

blog070930-S002 blog070930-S003 blog070930-S004

 巻き道で滝の上部に出てマイタケ探し。
チェック1本目でいきなり発見!なんて運がいいんだ!!
浮かれて斜面を駆け上がると朽ちていた。残念。。。
2本目でまたしても発見!今度は少し立っている。
といっても状態が悪く、わりとしっかりしている部分だけお持ち帰り。
途中でマイタケからウジが大発生しているのに気付いた・・・ショック。。。
数日早ければ良かったかも。冷えるようになって一気に出たんだろうな。

blog070930-S005 blog070930-S006
 
 ウチに帰ってきてウジと大格闘。入念に処理して湯豆腐にぶち込む。
香りは楽しめたけど、味はイマイチ。鱈の方が断然うまかった。
ウジが夢に出そうです(汗汗汗)
[ 投稿者:えむやま at 21:02 | 季節 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年09月29日
Study,Practice
 たまには家庭奉仕。
今日は「うぶごえ学級 Ver.プレパパ参加」

blog070929-001

 妊婦体験。
「どうですかぁ〜?」と聞かれて、思わず
「ザックの方が重い」と口走りそうになる。
あぶないあぶない。

blog070929-002

 にせもの赤ちゃん。
リアルさが足りないくせに、一丁前に3kgある。

blog070929-003

 沐浴のやり方を教わる。
いい筋トレになりそうだ。
何事も前向きに。。。
って赤ちゃんを鉄アレイ代わりにしたら怒られるな。
[ 投稿者:えむやま at 22:40 | | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年09月28日
Tokyo
20070928175018Rs3yEuR6.jpg

 最近、よく行く。なんだか疲れて遊んで帰る気にもならない。

[ 投稿者:えむやま at 18:14 | 戯言 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年09月24日
Old mountain pass
 人を寄せつけない厳しい山奥も好きだけど、過去に先人達が生活を
営んだような山奥も好きだ。
今回はそんなところへ。裾花でスカウトした新人くろ猫クンのR&B沢デビュー戦。
彼は「ゴルジュ突破」という言葉に弱い。が、今回は天気も悪いし、やめておく。
入渓前に荷物チェック。ザックからいろんなものがでてくるでてくる。
バッサリと減らして、検閲が入らなかったのはビールだけ。。。

blog070923-S001 blog070923-S002 blog070923-S003

 なくなってしまった登山道を藪漕ぎしていにしえの鉱山道に這い上がる。
しばらく歩いて、なべぶたさんとゴルジュ上部に降りる。
が、絶壁の上に降りてしまい、2ピッチ懸垂でも降りれそうにない。
トラバースするもいいところが見つからず、結局鉱山道に戻る。
沢を2本間違っていたようで、気を取り直して降りる。
途中いやらしい場所で足のホールドが見つからず、エイヤと飛び降りたら、
着地失敗。フトモモからドテン!悶絶してしまった。
さて、釣りをしてみるもさっぱり釣れず。
7月に来たときと比べると水量が半分くらい・・・。

blog070923-S004 blog070923-S005 blog070923-S006
 
 先にゴルジュより上に入ったおっしゃんとくろ猫クンもダメ。
なんとクーラーボックスを担いだ先行者が居たそうな。
入渓ルートができたらしく、場荒れしている。ゴミはポイ捨てだし、最悪の釣り人だ。

 夜はお好み焼きパーティになって、おっしゃんの武勇伝デンデデデン♪
掘れば掘るほど出てくるな。くろ猫クンは持ってきたビール5本を
惜しみなくお酌してくれてすばらしい。ボッカ訓練なんだそうだ。

 夜は寒くて起きたら星が出ていた。カッパを着込んで寝る。
朝は釣れないしウダウダ。が、日が差してきたら灼熱。
そそくさと退散してきた。

blog070923-S007 blog070923-S008 blog070923-S009

 今回の山の幸。
タマゴタケは1本だけですごくいいダシが取れて思いがけず京風おすまし(?)になった。
山椒の実は赤く実っていてキレイ。一粒かじったら口いっぱいに芳香が漂ったけど
しばらくしたら唇がシビレタ・・・。

 〆は鮮魚店で。口の悪いおばちゃんは相変わらず達者で、
「まだ昼飯くっとらんのか!?わりー奴らだな〜。しょうがねぇ、メシ炊いてやるわ!」
と元気。やたら早く炊けたメシと刺身で満腹。

 明るいうちに帰宅。
[ 投稿者:えむやま at 22:12 | 戯言 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2007年09月17日
Yanagimata2007 Day3
blog070917-S001 blog070917-S002 blog070917-S003

 最終日、意外にも晴れ。今日はちょっとだ登れば後は下りだ。
いやらしい滝を左から登ったら、ゴーロ帯をグングン高度を稼ぐ。

blog070917-S004 blog070917-S005 blog070917-S006

 標高の高い沢の詰めは快適だ。
振り返れば、白馬、旭、清水、猫又などの北アの山々が、
稜線直下ではお花畑、クロマメ畑がお迎えしてくれた。


blog070917-S007 blog070917-S008 blog070917-S009

 朝日小屋はとってもいいところだ。日本海見えるし!!
小屋の人の話では今年、柳又〜水谷を登ってきたパーティは初めてとのこと。
下りは1本道なのでフリーということに。daniサマはものすごいスピードで走り去っていった。
コゴドンにもらったドーピングが効いたような気がしたので、ボクも走って下る。
2時間で北又谷の青々とした透明の水にたどり着いた。
1時間20分で着いたdaniサマとビールで乾杯したら、Wさんという方から
つまみにとハムを頂いた。ゴチソウサマでした。

 ボクにとっては大いなる挑戦って感じだったけど、無事に成し遂げられて
充実感いっぱい。いつもながらメンバーと天気には感謝感謝の沢旅でした。
たくさんの課題を残してきたから来年リベンジだ。
[ 投稿者:えむやま at 20:40 | 戯言 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2007年09月16日
Yanagimata2007 Day2
blog070916-S001 blog070916-S002 blog070916-S003

 予想した通り天気はよろしい。
朝から容赦なく腰まで浸かったり、泳いだり。
コゴドンがおぼれそうになったときは焦った。
魚止めとされるオーレン滝では巨大イワナを掛けるもリールは
巻けないし、ロッドは満月だしでエイヤを引っこ抜いたけど、あと数m上がってこない。
最後はラインを引っ張ったら、手前の岩に擦れてプッツン・・・。
オーレン滝のヌシはしばらくボクのルアーを咥えて泳いでいるだろう。
ってルアーは会社の先輩にもらったものですけどー。
見かけた方はご一報ください。

blog070916-S004 blog070916-S005 blog070916-S006

 お昼くらいにポツポツと雨が降り出し、増水が心配なので、赤男谷を
諦めて水谷へエスケープ。
稜線まで一気に1000m突き上げる沢だけど、難所はなさそう。
と思ったら30mの水谷ノ滝が出現。
daniサマの後を追って登る。水温12℃のシャワークライムにはめげた。
ボロボロ崩れるし、なんといっても体が動かない。
これを見たみなさんは難しくとも直登ルートから登ってきた。

blog070916-S007 blog070916-S008 blog070916-S009
 
 滝を登ったらホッとしてテン場探し。稜線に出てしまえば、タープは張るとこないし、
焚き火はできないし、ビバークを選択。
番長は昼寝、コゴドンはさっそくお酒、へいさんは雨が降ってきたら
ザックから傘が出てきた!

 夜はコゴドンの人間懐メロジュークボックスが炸裂。
うざくなる直前に就寝。
寝始めは雨が強く降ったけど、夜は満天の星空。
消えかかった焚き火を起こして星見を楽しんだ。

3日目へつづく
[ 投稿者:えむやま at 20:38 | 戯言 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年09月15日
Yanagimata2007 Day1
 沢では最難関の柳又谷へ。
北又小屋の親父に電話したらやっぱり今年は雪代が続いているそうだ。
秋雨前線と台風11号の動きが気になるところだけど、2日目までは
天気は良さそうと判断して宇奈月から突っ込んでみる。

blog070915-S001 blog070915-S002 blog070915-S003

 北又堰堤に着くと心配した水量はなんとかなりそうな雰囲気。
とはいってもやはり渡渉、へつりには苦労しながら飛竜峡へ。

blog070915-S004 blog070915-S005 blog070915-S006

 ここでは竜にならなければならない。そして飛ばなきゃいけない。
前進もできない、渡渉もできないポイントでは太い流れをまたぐように
対岸に飛び込む。
水温は14℃。ウェットスーツのないボクはガタブル。
水流は想像をはるかに超え、爪の垢まで流してしまいそうな勢い。
気を抜けば一気に北又堰堤の取水口まで連れていかれそうだ。
対岸にジャンプしようとしたら、ツルン!っと滑って腰から着地!!
思ったより浅くてちょっと腰を打っただけで済んだけど、みんなに
大爆笑されてしまった。

 飛竜峡をクリアしたらカシナギ峡は敵ではなかった。
ルンルンと柳河原に到着。ここで幕。

2日目へつづく
[ 投稿者:えむやま at 20:34 | 戯言 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年09月09日
Home
 たまにはR&Bのホームにいかんとなぁ、ということで2年ぶりに本谷へ。

blog070908-S001blog070908-S002blog070908-S003

 台風9号の影響で増水ぎみだけど、行けないことはなさそう。
先行者が2人いるみたいだけど、釣り師か沢師か判別つかず。
コシミズの手前で追いついた。声を掛けるやいやな、
「R&Bの人達ですか?」
ホームでは有名なんだな。
ルアーマンでフリークライマーなんだそうだ。ぜひ一緒に釣りしよと誘ってきた。

blog070908-S004blog070908-S005blog070908-S006

 さて問題のゴルジュ。やれと言われたら絶対に嫌とは言わなそうな
キャリアハイなウボちゃんがトップ。何度か流されながらも見事に突破。
ぇミッチィさんが上の樋で顔面ウォータースライダーしたときには
死んだ!と思ってしまった。なんともなくてよかった。
ボクも落ちた。シンガリで体が冷えて足が攣ってしまった。
下まで流されると思ったけど、気が付いたら最狭部に立っていた。
重いってお徳だね。

blog070908-S007blog070908-S008blog070908-S009

 ジゴクダニは迫力満点に出合っていて、バンドへの取り付きに苦労。
シンガリで研究して挑戦。もうちょっと奥から回り込んで取り付いたら
簡単に這い上がれた。
ハング滝はなべぶたさんトップでクリア。
うーん、いつになったらあんなことできるようになるんだろー?
ここから先はイワナの楽園が待っていた。

blog070908-S010blog070908-S011blog070908-S012

 今晩はイワナ寿司となっているので、尺上をキープ。
先週、翁からもらった毛ばりがものすごい威力。
一昨年より型が良くなったような気がする。
雌はパンパンのハラボテ。我が家で妊婦が待っている身としては、
どうしても雌を殺めることはできなかった。
すべて雄をおいしく頂戴した。
夜はむら母さんの四次元ポケットからいろんな食材が出てきて
楽しかった。またしても焚き火の前で気持ちよくなって就寝。
目が覚めたら雨が降っていてビッショリ・・・。

blog070909-S001blog070909-S002blog070909-S003
 
 翌朝も感激な朝食。沢でぺしゃんこじゃなくて湿ってないパンを食べられるなんて!!
ホテルR&Bで集合写真を撮ってスタート。
空は晴れている。マイタケを探すも今年はまだ暑いし、早そうだ。
上部ゴルジュの泳ぎで渦に飲まれて「溺れる〜〜」と
思って
ジタバタしてたら手がついた。のび太みたいだった。
あとはスイスイ遡行して移植放流した魚影をチラホラ確認。
イチフドーへの登りも今回はコンパスとマップをしっかり確認して完璧。
小屋裏の便所に飛び出たくなかったので、最後はちょっと東の登山道に這い上がった。

 久しぶりの本谷でマイタケはなかったけど、ホームの恵みを堪能。
年に1回は会で行くべきとこだな。
 
[ 投稿者:えむやま at 21:12 | 戯言 | コメント(1) | トラックバック(0) ]

2007年09月06日
Typhoon
20070906223253Qo1o0rTi.jpg

 台風が来た。秋だなぁ。
こんな日はサンマでも食べよう。
軽井沢はすごかったみたいだけど、上田は特になにもなかった。
[ 投稿者:えむやま at 22:35 | 季節 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年09月04日
Ueno Night

20070904192125bjdFFHSL.jpg

 出張帰りにブチョウサマおすすめの上野へ。

20070904183849L60S4sTG.jpg

 この店はこの餃子で有名らしい。みんな注文している。
隣に座った人はこの餃子とライスを注文しただけだった。

20070904190635JWo38j8b.jpg

 餃子がかなり食べ応えがあったけど、〆にワンタンメン。
徹底的におなか一杯になって、ウイップしながら新幹線に乗り込んだ。
[ 投稿者:えむやま at 19:34 | 戯言 | コメント(0) | トラックバック(0) ]