掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2014年07月19日
ムラサキヤマドリタケ
今日は、甚六親分の引率で上越市に行ってまいりました。
お目当ては、「ムラサキヤマドリタケ」でしたが、名前の分からないもの、珍しいキノコ達がドッサリと発生中でした。

DSCN0493

DSCN0492

DSCN0488

DSCN0481

DSCN0477

DSCN0468

DSCN0462
「ムラサキヤマドリタケ」
ヤマドリタケ(ポルチーニ)の仲間で、味香り共に大変よろしいキノコです。

DSCN0546
「ハナオチバタケ」

DSCN0530
DSCN0526
「ハイカグラテングタケ」
このグロい姿からは、創造出来ない美味しさだと言うので、持ち帰ってまいりました。

DSCN0532
DSCN0539
「タマドタケ」

DSCN0517

スピーカーの研究ばかりしていたのですが、先日のポルチーニ探索から、堰が切れたようになり、歯止めが利きません。
弱ったもんだと思いつつ・・・ (*^^*)v



“Feastrex 注目のブログ12選”
  インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 20:28 | キノコ | コメント(2) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント
キノコとスピーカー
ご無沙汰しています。
ムラサキヤマドリタケ、私も地元の山でシロを見つけたことがあります。しかし、競争が激しい?のか、出る時期が安定しないのか、その後そこでは採れたことがありません。
ヤマドリタケモドキなら採ったこともありますが、ポルチーニですか。富士山に行かないとありませんかねえ。
スピーカーも新しい振動板と、密閉型の新キャビネット、ぜひ伺いたいところです。
このあいだ、WOOD WILLで柴田さんに製作のお話を伺ってきました。フィーストレックスのユニットのことも話題に上りました。
投稿者: hibi at 2014-07-22 18:40:30
お久しぶり!
hibiさん、お久しぶりです。
梅雨が明けて、キノコも発生が鈍る時期になりました。
ポルチーニは沢山採れたのでハッピーな気分です。
スピーカーは、相変らず進化を重ねておりますが、密閉キャビネットも大変面白いです。
ラウンドバッフルの品の良いのができておりますので、是非聴きにおいで下さい。
今週中には、コウタケ探索をと思っておりますが、いかがですか?
投稿者: Beekon at 2014-07-22 20:12:16

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/06.94/a10502/0000445623.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/06.94/archives/0000445623.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 8 x 7 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら