掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2010年03月29日
しだれ・枝垂れ・志垂れ?
我が家の庭の、シダレザクラ(枝垂桜)が五分咲きとなりました。

DSCN2472
背景の高い山は、南アルプスの鳳凰三山、右側の木はヤマボウシ(山法師)です。

DSCN2476

3月8日のブログでご紹介した“ミモザ”ですが、翌日に20cmの大雪が降り、かわいそうなことに見事な“枝垂れミモザ”に変身してしまいました。

DSCN2457

さて、政界の風刺話として新聞に面白いネタが載っておりました。
「東京には正体不明の怪鳥がいる。
日本人は“サギ”だと言うが、中国人は“カモ”と見、米国人は“チキン”
欧州人は“アホウドリ”だと言う。
本人は“ハト”(鳩)と言い張っているが、俺は日本の“ガン”だと思う・・・」

と言うお話です。

マニュフェストに掲げた項目はココロザシ(志)?
実行しない事がサギでないのであれば“シダレセイケン”(志垂政権)と言えはしまいか。

以前、先が見えない世の中と言ったことがありますが・・・
残念ながら、いよいよ先が見えてきたような気がします。


“Feastrex 注目のブログ10選”
ユニットの価格表最強の磁気回路CESレポート・①励磁型スピーカーの特徴
RMAFレポート③ RMAFレポート① 和紙製コーン紙 日本キノコ学界賞受賞
インドのオーディオ賞米国の評論記事

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 16:09 | 健康食品 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント
怪鳥ハトヤ○
この風刺話はどんどん尾ひれがついているらしいです。
「約束すればすべてウソ」「頭の中身はシジュウカラ」・・・
常にユーモアを忘れない平成の名もなき連歌師たちは本当にカッコイイ。
それに引きかえ、麻生前総理の漢字の読み間違いをあげつらった連中の醜いことよ。
俗世の毒をまき散らすTVを消し、Feastrexスピーカーの妙なる音色に明日の鋭気を養う毎日であります。
投稿者: 大阪のH at 2010-03-30 23:04:27
おひさしぶりです。
大阪のHさま、ご無沙汰です。
鳥名はおもしろいですね。
確かにウソ(鷽)がいたり、シギ(鷸)の仲間にはタイマン鷸と言うのが居ります。
ムナグロ(胸黒)やシロハラ(白腹)という鳥名もありますが、流石にハラグロ(腹黒)と言うのはおりません。
例えられる鳥のほうが迷惑しているかも知れませんね。
今日も山梨は寒いですが、9インチ用キャビネットの検証のため、音楽に浸ります。
投稿者: Beekon at 2010-03-31 09:28:14

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/06.94/a02851/0000320150.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/06.94/archives/0000320150.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 4 x 7 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら