掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2010年03月18日
EMT-948 キャノピーも製作しました。
友人のEMT-948の整備も最終段階に差し掛かりました。
キャノピーも作ってくれというので、純正の構造とは違いますが何とかそれらしくなりました。
製作過程を簡単にご紹介いたします。

DSCN2375

DSCN2374
まずアルミ板を加工して、取付け用のベースを製作。

DSCN2377

DSCN2435
(写真上が元の状態、下がアルマイト後)
両サイドのグリップバーも傷だらけでしたので、磨いて傷を取り、アルミ板と一緒に“白アルマイト”加工で仕上げました。

キャノピーのアクリルはグレースモークで、これは専門業者に製作をお願いしました。

DSCN2451

DSCN2432
仕上がりはこんな感じです。

このEMT-948は、いわゆる典型的なジャンク品であったと言ってよいでしょう。
①配線基盤がスタジオ用で、そのままでは音が出ません。
②トーンアームのインサイドフォースキャンセルウエイト紛失。
③落下によるフレームの歪み。
④キャノピーの欠落。
⑤イコライザーカードのオペアンプ故障。
⑥サーボモーター回転コントロール基盤7948106基盤の欠落。
⑦他にもいろいろ・・・。

出川式整流回路も組み込んで、新品でも絶対出せない素晴らしい音を出すターンテーブルに変身しました。

ノーマルのEMT(930,948,950)を楽しんでいるマニアの皆様、絶対に整流部だけは出川式に改造なさることをお勧めします。
別世界の解像力、描写力、何より音楽が楽しくなります。



“Feastrex 注目のブログ10選”
ユニットの価格表最強の磁気回路CESレポート・①励磁型スピーカーの特徴
RMAFレポート③ RMAFレポート① 和紙製コーン紙 日本キノコ学界賞受賞
インドのオーディオ賞米国の評論記事

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 17:37 | スピーカー | コメント(2) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント
凄い修復です
画像みてびっくりしました。
改めてさすが、世界の一のユニットメーカーの技術を実感しました。

お手数おかけしました。

感謝いたします。

ありがとうございました。
投稿者: 押しつけた友人 at 2010-03-18 20:48:04
押し付けた友人様
トーレンス125等との比較なら・・・子ども扱いですよ。
流石はEMT+出川式整流と、納得されると思います。
楽しみにしていてください。
投稿者: Beekon at 2010-03-19 08:48:44

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/06.94/a06788/0000318922.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/06.94/archives/0000318922.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 2 x 8 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら