掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2008年12月28日
励磁型スピーカーについて、その1
世界一音楽性が豊かと評価されている、Feastrex5インチ・励磁型スピーカー磁気回路についてお知らせします。

磁気回路
写真左が①Dimension-5 Exciter(D-5 E)右が②Naturflux-5 Exciter(Nf-5 E)です。

励磁型スピーカーの優位性は以前ご紹介いたしましたので、読んでみて下さい。
Feastrexの磁気回路は全て内磁型で磁気漏洩が非常に少ない高効率設計、テレビと併設してもまったく問題ありません。

①D-5Eには、Type-Ⅰ・Ⅱ・Ⅲの3種類の磁気回路があります。
Type-Ⅰ=全て純鉄製(透磁率Q=4,000)・磁束密度14500ガウス
Type-Ⅱ=純鉄ヨーク+パーメンジュール製ポールピース&トッププレート 磁束密度15500ガウス
Type-Ⅲ=全てパーメンジュール製(透磁率Q=10,000)・磁束密度17000ガウス

これらは、Naturflux磁気回路が出来る以前に設計したもので、透磁率が優れた材料を使用し磁束密度が高い高級機種です。
* パーメンジュールは純鉄(49%)・コバルト(49%)・バナジウム(2%)の合金で、スピーカーの磁気回路に使用可能な最も透磁率の高い高価な金属です。

これらの磁気回路は、ブロックから削りだし、切削ストレスを取り透磁率を高めるためにアニール処理(磁性焼鈍)を施した後、クロメイトメッキあるいはニッケルメッキ+純金メッキで仕上げます。


D-5+NF=5
(写真は、D-5 E(下段)とNf-5 E(上段)の磁気回路とコイルです。)

②Nf-5 Eは、現在1機種のみ、磁束密度13500ガウス
磁気流動性を考慮した球形ヨークで“Naturflux”の呼称の由来となっており、ボイスコイルギャップ稼動時の磁気歪率=0.25%と世界一歪の少ない磁気回路です。
この磁気回路の優位性を生かし、ローコストで音の良いものを目指して製品化しました。
磁気回路素材は比較的安価で音が良い鉄製(S10C・カーボン含有)を使用しました。
(新モデル・純鉄製磁気回路+パーメンジュール・リングを設計中)


励磁型スピーカーは、過渡特性が優れており、高い音楽性を発揮する究極のスピーカーです。
弊社試聴室で随時ご試聴可能ですので、是非聴きに来てください。
(1月1日のみ休業します。)
連絡先:090-3040-3377(秋山まで)


D-5E 2


D-5E 3
(大阪府在住のO様に納品するD-5 Type-Ⅱ 漆仕上げ砲金バスケット仕様です。)

次回は励磁に用いる”フィールドコイル”についてお知らせします。

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 11:29 | スピーカー | コメント(25) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント
昨日は
ありがとうございました。
いろいろ考えましたがやっぱり窮屈過ぎたのかも知れません。
nf以下の弱いユニットなら今のままでも何とかなりそうですが励磁の様に力のあるユニットでは根本的に見直さないと対応できないですね。
縦横比の見直しと無垢でやってみようかと思います。
投稿者: かづ at 2008-12-29 10:07:35
X構造
X構造の部材巾を1/2~2/3位にしてみたらいかがでしょうか?
ユニットを挟んで上下に分割するのもよろしいかと思います。
宛て一歩の所まできていると思いますので、頑張ってくださいね。
投稿者: Beekon at 2008-12-29 10:59:30
桐がナイので
バルサ板を購入してXの半分を交換してみました。
これ良いかも知れませんね〜
片側は昨日持参したままなのですが確かに高音がうるさいしフィーストレックスの良さを殺している気がします、
しばらく聞き込んでみます。
投稿者: かづ at 2008-12-29 20:58:40
Chrisさんへ
このページをdiyAudioでいつものように紹介してください!貴重な写真が本当にいっぱいあるし、何よりもこれらの写真に写っているFeastrexのデザインを見ただけで、いい音がしそうという予感を充分もってもらえる写真ばかりだと思います。
投稿者: Bunpei at 2008-12-29 23:07:11
Bunpeiさん
本年は、UAS/Diyフォーラムへの投稿など、色々サポートありがとうございました。
応援団長のクリスも喜んでいてくれたと思います。
来年も宜しくお願いいたします。
また・・・遊びに来てくださいね。 (=^_^;=)/
投稿者: Beekon at 2008-12-30 11:54:33
かづさ~ん!
Feastrexの・・・高音はうるさいですか? (▼▼メ)-゜
伸びやかで、艶があり、”質感を伴う表現力が豊かな高音”の間違いじゃございませんか?
宜しくお願いしますよ~ホントニ! (*'ー'*)ノ~~
投稿者: Beekon at 2008-12-30 11:57:56
ビーコンさん
誤解が…箱の事を書いたつもりでした。
書き直しますね。
日曜日に持参した箱はフィーストレックスの良さを殺して音をうるさくしてしまっていた事に気が付きました。
昨夜片方の箱だけX構造の半分をバルサ板に交換してみました、なり良さそうです。
うるさくしていた原因はXを樺材にしていたからかも知れません、以前の箱はシナ合板でした。
樺仕様とバルサ仕様を聞き比べると持参した箱の樺仕様は指摘された通りだと思います。
バルサを使うと音が死にそうな気がしてましたが間違いでした。
低音も樺と比べると大人しくなった感じがしますがこの辺は補強で調整でしょうか。
投稿者: かづ at 2008-12-30 12:46:25
なるほど・・・
バルサで低音がおとなしく感じられるのでしたら・・・桐がいいかもね。
家具を製作している所なら仕入れ可能だと思います。
来春草々にでも当ってみたらいかがでしょうか?
桐はあまり値段が高くないと思いますので、目方もコスト面でも、軽く仕上がると思います。
来年は本番ですから、頑張りましょうね!
投稿者: Beekon at 2008-12-30 13:10:53
この写真のD5 Exciter Type-IIのエンクロージャはもしや
東京の鈴木さんのWebの日記2009/01/12のページ
http://www.geocities.com/sg_suzuki/diary.html
に登場するものが同じものだとすると、鈴木さんのTR130bエンクロージャに収まるのかもと勝手に想像しています。もしそうなら、いったいどんな音がするのでしょうね。とにかくすごい組み合わせですね。
投稿者: Bunpei at 2009-01-12 18:30:12
ちょっと違います
TR130bには、同じD5eTypeⅡが収まりますが、それは別の方のものです。個人的なことですので、私が明かす訳には行きませんが、関東の方ですので、ひょっとしたらBunpeiさんがご存知かもしれません。
来週出来上がる予定です。

今は、ローエンド機のNf5Exが付いていますが、これ以上は望む必要がないかもしれませんが、違いを聴くのが楽しみです。
投稿者: 鈴木 at 2009-01-12 18:44:24
励磁コイルへのコネクタの位置
同じ5インチタイプでもD-5とNf-5ではフレームの寸法が違うんですね。それからこのページの上から2枚目の写真を見ると、コネクタに接続した状態ではバッフルの穴に正面から挿入できないことも納得しました。
ところで、一番上の写真のD-5 Ex Type-IIで神々しく金色に光っているトッププレートはパーメンジュール合金なのですね。一方ポールピースは同じFe-Co-V合金なのに漆塗装で別の色に見えているということでしょうか?
投稿者: Bunpei at 2009-01-12 18:49:08
失礼をいたしました
鈴木様 
早速のお返事ありがとうございました。なるほど別の方が購入されたということは、このような高価な製品が国内だけで複数売れているということで、誠に結構なことですね。
2008/10/24のブログに紹介されているType-IIIはヨーク(つまり外のケースのように見える部分)も全てパーメンジュール合金ということなのですよね。しかも、このヨークは円柱形の棒からくり抜くので、中心の部分は全て旋盤の削りかすになる?あるいはそれではあまりに勿体ないから予めヨーク型に鋳造・鍛造されてそれを仕上げでヨーク型に旋盤をかけるだけ?
投稿者: Bunpei at 2009-01-12 19:08:19
フレームサイズ
Bunpeiさん

D5とNf5のフレームサイズは同じようです。違うのは、磁気回路部分で、D5は、穴にぎりぎり入るサイズです。Nf5は多少のゆとりがありますので、励磁ケーブルを付けても斜めに入るようになっています。
D5を使用する場合は、ケーブル直出し仕様にすることが必要です。
D5とNf5の差は興味あるところですが、私も比較できておらず、楽しみです。D5eⅡの価格は、Nf5Exよりも相当に高価ですが、いずれの場合も市販品のドライバーにかけるコストと比較すると、1千万円級以上のシステムに相当することになります。
TypeⅢは、私も見たことがなく、音を聴いたこともないので想像が付きません。自分が所有できる価格帯にないことは分りますがそれ以上は謎ですね。Feastrexドライバーの型式は、都度表記が違うので混乱します。一応、カタログでは、Nf5 ExとD5eとなっていますが、5の後に"-"が付いたり、"e"、"E"、"Ex"の表記があったりします。今はモデル数が少いのでそれとなく分りますが、統一したほうが良さそうですね。
TypeⅡについては、私のページにも写真がありますので、参考になるかと思います。
TypeⅠ、Ⅱ、Ⅲ夫々の差は、材質の差ということですが、音はシステム全体に左右されるので、アンプや励磁電源を固めなければ、差は出しにくいかもしれません。しかし、私の聴いた限りでは、Nf5Exでは、アンプが変わっても差が大きく感じられないようです。アンプにも気を使っていたので、拍子抜けしました。
尚、全体のユーザー数は分りませんが、販売台数はまだまだ不十分だと思います。Bunpeiさんも、TypeⅠ、Ⅱ、Ⅲ、Nfと夫々1組ずつ購入して差を比較されたらいかがでしょうか?
投稿者: 鈴木 at 2009-01-12 23:31:56
またまた失礼いたしまいた!
もし鈴木様のWebページに書き込み欄があればそちらで書かせていただくほうがいい内容かもしれませんが申し訳ありません。
日記のページの右側の写真を拝見し、Nf-5のフレームのほうが若干径が大きいと見誤ってしまいました。おそらくNf-5のほうが背が高くてフランジ面がカメラのレンズに近い分大きく写っているのだと思います。

わたしは、小遣い不足で全くのオケラのプアオーディオのためFeastrexをそうたくさん買う経済力がありません。今はとにかく節約して貯めようとしているところです。

でも、昨年の10月にRMAFに出荷する前の5インチと9インチのType III(砲金フレーム漆塗りなのでType IVという言い方もある)の音は韮崎で聴きました。Type IIIはツイータの必要性を全く感じさせなくて、紙のコーンなのに金属的な音を再生する能力を持っていると思いました(それに他のモデルと同じ励磁電圧にすると高すぎるようです。)
別にそれはシンバルなどの打楽器の音の生々しさの効果だけではなくて、ピアノがよりピアノらしく、また生ギターがより生らしく聴こえるということでもありました。
投稿者: Bunpei at 2009-01-12 23:59:14
私もプアオーディオですよ
Bunpeiさん
私もプアオーディオで、Nf5 Exより高価なオーディオ製品を購入したことはありません。一発当てる予定もありませんので、このままだと思います。しかし、カネがない分は知恵を使えば良いと思っています。D5のTypeⅡは、来週聞ける予定なので差が分ります。
高域は、Nf5でも十分過ぎる位で、ツィータは全く必要ありません。TypeⅢは、余程凄いのですね。私の場合は、多少高域が弱くても補正してしまう経済的な耳を持っていますが、Nf5を超える音を聴いてしまうとどうなるか心配です。
しかし、経済的な私の耳も低音の不足は補正できません。それで、箱に凝る必要が出てくる訳です。Feastrexに適合するウーファーを探すのは大変だと思います。見付けたとしても、とても買える値段ではないだろうと思いますが。
投稿者: 鈴木 at 2009-01-13 00:37:08
Bunpei 様&鈴木様
弊社のインフォメーション不足で、色々と混乱をさせているようで申し訳ございません。
追って整理してわかり易くするようにいたします。
低音についてですが、何ヘルツまで再生を求めるかによってキャビネットの選択がうまれますね。
丹波漆の田中さんのように、25Hzまで再生しなければ気がすまない人は、ホーンや共鳴管で、聴こえないのに・・・
部屋や皮膚が振動して感じる音を求めますね。
アメリカ人のように、量を求める人たちはマックスホーンのようなものが良いでしょう。
ウファーが無くっても、キャビネットで何とかしている仲間ですね。
沢山の人たちが、様々な機能を持ったキャビネットの開発に力を注いでおりますね。
MCAP+D-5 Type-Ⅱがどんな音を出してくれるのか、楽しみにしております。
投稿者: Beekon at 2009-01-13 11:57:21
顔が見える
Feastrexさんは、顔の見えるメーカーだと思います。そのような姿勢が音にも現れていると感じます。最初は半信半疑でしたが、実際に使用してみて良く分りました。
新しい箱を計画中ですので、夏には完成させたいと思います。まずは、今週末に完成するシステムをお楽しみにしてください。
投稿者: 鈴木 at 2009-01-13 22:44:17
鈴木さん・・・
良い音を出してくれているようで、ありがとうございます。
Feastrexは、非情に敏感なスピーカーですので、キャビネットはもちろん
設置場所の環境などで随分音が変化します。
ある意味・・・鳴らし上手でなければ良い音が出ないと言う難しさがありますね。
週末を楽しみにしております。
宜しくお願い申し上げます。
投稿者: Beekon at 2009-01-14 10:12:04
敏感で繊細
難しいけど正解を見つけると明確に応えてくれる楽しいスピーカーです。
18日にお邪魔します、とりあえず半分バルサ塗装仕様で聴いて下さい。
よろしくお願い致します。
投稿者: かづ at 2009-01-14 13:28:27
バルサ製の・・・X
楽しみにしてますよ。
手ごたえがあるみたいですね!
桐はどうしました?
キリが・・・ありませんね。
投稿者: Beekon at 2009-01-14 13:50:34
桐板をキリたい
ジグソーしかなく精度の高い直線きりが出来ないので...
丸鋸は危ないのでバンドソーを買おうと思います。
今回は明日にでも木工所で切って頂こうとは思ってます。
投稿者: かづ at 2009-01-14 16:15:04
桐板切るなら
弊社の木工部長に寺本と言う人がおります。
綺麗に、簡単に切ってさし上げますよ。
それから、バンドソーなんて実用性の低いものは買わないで下さい。
それでも取りあえず買うなら・・・男なら丸鋸でしょう。
うちの木工部長は指を切ったことがありますがね。(><。)。。
投稿者: Beekon at 2009-01-14 17:43:10
かづさん
小生も散々迷って、とうとう丸鋸買いました。バンドソーなんか比べ物にならないほど役立ち物です。全ての段取りをして、しっかり材料を固定して、切る時間は短くと注意してやれば大丈夫ですよ。
投稿者: クニタン at 2009-01-14 21:00:48
Chrisさんどうもありがとうございました。
diyAudio ForumsにChrisさんが、このブログに昨年来公開された写真をまとめて投稿してくれました。
http://www.diyaudio.com/forums/showthread.php?postid=1741351#post1741351
投稿者: Bunpei at 2009-02-12 02:15:41
クリス・・・ありがと。
またまた、クリスがやってくれちゃいましたね!
これで、diyAudio ForumsはしばらくFeastrexの話題で盛り上がるかも知れませんね。
今アメリカは、金融危機から国家の経済危機に向かっているので
オーディオファンの皆様の、一服の清涼剤になれれば幸せだし
これをきっかけに、購入者が現れればモット幸せ!
投稿者: Beekon at 2009-02-12 09:04:37

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/06.94/a06788/0000265825.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/06.94/archives/0000265825.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 7 x 3 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら