掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2008年11月10日
Feastrex フルレンジスピーカー
Rocky Mountain Audio Fest Denver 2008 レポート!

米国の有名なレビューアー、Constantineさんのウェブサイト"dagogo Events"で高い評価をされましたので、ご報告いたします。
このレポートは、”dagogo”の記者 Jack Roberts氏が選んだ
”RMAF展示ベスト10”です。


2008RMAF-CoverageXII-5
This was hands down my personal favorite. The only reason I didn't go several times a day to hear them was you couldn't get in the door. I was lucky enough to wander by a couple of hours before the show opened and listened for almost two hours. They sounded like my beloved Teresonic Ingenium Silvers, hopefully better, considering the price, if they were playing in my system. They use handmade washi-paper drivers. They may be the most alive and organic speakers I have ever heard at a show.
What I would give to get them, the Shindo Latours, and Teresonic Silvers in the same room with power by a Wavac EC 300B.

This portion of Dagogo's 2008 RMAF Coverage,
Top Ten Rooms
by Jack Roberts


和訳(Feastrex田中式ホーンシステムについて)
このシステムはダントツ私の一番のお気に入りでした。
毎日何度も聴きに行きたかったが部屋が常に満員でなかなか入れませんでした。
ショウが始まる数時間前に訪れた際、運よく2時間近く聴くことができました。
音質は私の大好きなテレソニック Ingenium Silverスピーカーと共通点が多く
……価格を考えるとさらに後者(Feastrex)に差を付けてほしいと思うところだが、
もし私のリスニングルームで鳴っていたら”Feastrex”は、そのとおりに鳴るのではないでしょうか。
和紙の手作りドライバーを使っています。これまでショウで聴いたスピーカーの内、最も生き生きとした有機的な音を聴かせていただいたのではないかと思います。
このスピーカーと新藤ラボラトリーのLatourおよびテレソニックのSilverスピーカー
を全部同じ部屋でWavac EC 300Bでならすことは小生の夢です。

Dagogoが選んだ、RMAF展示ベスト10 Jack Roberts

--------------------------------------------------------------------------------

この様に、Feastrexに高い評価を頂き、世界中にファンが拡大しております。
前回お知らせいたしました”RMAFレポート”でもThe Most Favorite Of Show!と言われました。
多くのメディアにFeastrexは素晴らしいと評価され、はるばるデンバーまで出かけて本当に良かったと思います。


Rルーム
出展した田中式ホーンは来年1月ラスベガスでのCESにも出展するため、弊社試聴室でお聞かせ出来ませんが、他にもご試聴可能なシステムがそろっておりますので、是非お出かけください。

《お問い合わせ》
株式会社アイビーアイ (電話:0551-21-2239 秋山まで)


BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 09:36 | スピーカー | コメント(7) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント
テレソニックとFeastrex
おめでとうございます!非常に気に入られてますね。

テレソニックとFeastrexがドッキングすればおもしろいと思う……
投稿者: Chris at 2008-11-10 15:30:04
いつもありがとうございます。
そうですね! たぶんFeastrexの存在は気にしてくれていると思いますので
こちらからテレソニックさんに営業しなきゃいけませんね。
投稿者: Beekon at 2008-11-10 16:08:12
Teresonic Ingenium Silversって
確かに、田中式拭漆ホーンにも通じるような雰囲気で
http://www.dagogo.com/TeresonicIngeniumSilver.html
Feastrexとの相性がよさそうですね。
8" Lowther DX4をFeastrexで載せ換える場合、D-9よりもまずD-5 Exciter Type-IIあたりでしょうか。
投稿者: Bunpei at 2008-11-10 23:42:47
現代の名工
今朝の新聞の長野県ローカル版に1500万円の時計職人方が載ってましたが山梨の新聞にてらさんは載ってませんでしたか?

投稿者: かづ at 2008-11-11 07:13:09
Lowtherとの比較なら、現代の名工
マグネットモデルにExciterで挑んだんじゃ失礼ですから、D-5nfで充分だと思います。
Lowtherは、大入力を入れるとキャンキャンしてくると言う印象を持っております。
入力により、出力特性が変化するのはフォステクスと同じ症状ですので・・・
コーン紙の性状(成型)、強度にムラがあるような気がします。
その点について言えば、H,Teramotoは、まさに現代の名工と言ってよろしいかと思います。
現在のスピーカーメーカーは、コーン紙の成型を機械で行いますので、全て手作りの
Feastrexとは完成度において大きな違いがあります。
量産品は、品質が固定化しやすい利点がありますが、向上もしにくいと言えますね。
Feastrexは、使用者様の好みにより1品ごとに音調を変えることも可能です。
量産品との違いは歴然としたものがあります。
投稿者: Beekon at 2008-11-11 09:02:11
目から涙です。
安曇野スタイルでは、ご親切なご説明に感謝致します。
フィーストレックスのフルレンジスピーカーを初めて実際に聞く事ができました。うわさには聞いていましたが、あの鳴りっぷりには脱帽でした。フイールドタイプのスピーカならではの、ダイナミックレンジなのでしょうね。音はスピーカーの背後にも3〜4mの音像がはっきりと見て取れる様でした。勿論、前にに出てくる音の張り出し方は、私の声を聞いてと言わんばかりの力の有る主張する音でした。
パーメンジュールと言う材料の加工に関しては固いので、大変なんだろうと思いました。ありがとうございました。いつか、手に入れたいですが、夢かな〜?
投稿者: 小野寺 俊一 at 2008-11-11 13:03:24
小野寺様
こちらこそ、ありがとうございました。
桜のカウンター等など、久しぶりに無垢板の温かい色合いと感触を味わいました。
桜材でのスピーカーキャビネットも良いかもしれませんね。
音楽とコーヒーは何時でもご用意できます。
弊社(韮崎)は、貴工房と東京の中間地点ですので、お時間があればおより下さいね。
これを機会に宜しくお願い申し上げます。
Beekon
投稿者: Beekon at 2008-11-11 16:27:06

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/06.94/a06788/0000260735.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/06.94/archives/0000260735.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 8 x 7 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら