掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2008年10月23日
ロッキーマウンテンAF・レポート
Rocky Mountain Audio Fest Denver 2008

Good sound!

One of the best at show


FMAF

-The Most Favorite Of Show - 

Feastrex


米国のウェブマガジン「AUDIO FEDERATION」から、”RMAF 2008 Report”が発表されました。
同誌発表の”The Most Favorite Of Show"に,
純粋なスピーカー出展部門としては唯一、Feastrexの田中ホーンシステムが選ばれておりますので、ご覧下さい。 (◎_◎;)‘


http://www.audiofederation.com/hifiing/2008/RMAF2008/report/1500/index.htm

2百社を超える出展の中のベスト6点に選ばれ、今回出展した、田中ホーン+D-5Ex Type-Ⅲ、並びに真空管アンプ+CDプレーヤーのシステムの完成度の高さが認められたわけです。
またフロアーレポートでも、田中ホーンとD-5は、Good sound. One of the best at show !.と最も高い評価を頂きました。
フルレンジスピーカーで評価されたのはFeastrexのみです。


http://www.audiofederation.com/hifiing/2008/RMAF2008/report/1500/floor_9/#lotus_1

残念ながら、D-9Ex Type-Ⅲは、2日目の上手く鳴っていない時に試聴されてしまい、キャビネットの不適合を見抜かれ、辛口の評価を頂いてしまいました。
初日に聴いて頂いていれば、評価は変わっていたと残念に思う次第ですが、来年はリベンジを果してやろうと、今から意気込んでおります。
いずれにいたしましても、D-5は、RMAFショーのベストと最も高い評価で、世界一のフルレンジスピーカーであると認められたわけですので、これからも益々良いものを生産して行こうと、力づけられた次第です。ヽ(^。^)ノ


田中氏

場外乱闘? 活躍する 丹波漆の名工、田中 誠氏の雄姿です。
(アメリカのウェブでの、 評判はここ!

欧米の方々に、漆仕上げの美しさと音の良さを充分に理解され大成功だったと思います。
加えて解説をしますと、Feastrexが漆仕上げを採用しているのは、あくまで音が良くなるからなのであって、高級な仕上げで高価な商品と見せかけるためではありません。
漆は、ボイスコイルやフェーズプラグにも大変効果を発揮し、音が伸びやかになり、しかも潤いをもたらすからです。
世界一と評価された音を、ぜひ日本のオーディオファンの皆様にも聴いて頂きたく思います。
弊社試聴室でお待ち申し上げます。 m(__)m



BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 11:05 | スピーカー | コメント(13) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント
当然の結果でしょうね。
もっと評価が高くても良いのではないでしょうか?笑
次は2009CESですね、僕の箱が安曇野スタイルで調子よかったらぜひ採用して下さい。
投稿者: かづ at 2008-10-23 13:44:40
ありがとうございます。
かづさんのキャビネットが、どんな形で、どんな音を出してくれるのか?
スタッフ皆で大変楽しみにしております。
頑張ってくださいね。 (=^_^;=)/
投稿者: Beekon at 2008-10-23 13:55:35
Clarkさんは帰っちゃったんですか?
彼はFeastrexからアメリカに戻ったのでしょうか?
投稿者: Bunpei at 2008-10-24 00:56:21
クラーク君
彼は今、ジョーコーエン(米国弊社卸商)と打合せをしながら、来年1月の
ラスベガスで開催されるCESのためのキャビネット製作に追われております。
Feastrexユニットを上手く鳴らせる箱が出来るかどうか少し心配です。
出来上がったものは、展示用にアンプメーカーに貸し出される予定です。
投稿者: Beekon at 2008-10-24 08:32:27
スピーカーキャビネット(独り言)
長年各種のキャビネットを作ったり、人の物を聴いたりしてきましたがなかなか希望のものに巡り合えません。
密閉、バスレス、バックロードなど多くは合板や単板で作成されています。いずれも板材固有の震動音を持っています。ボックスに作れば無共振は無理で必ず固有の震動音がスピーカーの直接音に付加されてしまいます。それならば板の震動音を味方につけてしまうのが得策だろうと考えてきています。
共振音に特に影響される音は、ピアノソロやコントラバスソロなど倍音成分が多量に出される楽器の再生であろうと思います。板が鳴ると明瞭度が下がり濁った音になります。私が常にピアノソロの音楽をシステム判定に使っているのはこの理由です。
ボックスの共振は再生中にボックスの全面、側面に触ってみればよくわかります。本来不必要な音がスピーカー以外から発せられて来ているわけです。それほどボックスの製作は理論だけではなく経験がものをいうとおもいます。
最近バイオリンの「魂柱」(バイオリンの共鳴板を繋ぐ共鳴伝達の柱)を研究しています。
バスレフボックスならば開口から100円均一ショップで売っている20-30mmの円柱を買って適当に裁断しボックスの側版、前後板につっかい棒として支えると再生音が微妙に変化し非常に面白い実験となります。低音部や中音部まで変化しますので楽しめます。
投稿者: 千葉の快速男 at 2008-10-25 10:50:59
快速さんこんにちは
以前試聴していただいたときは特許をどうするか決めていなかったので曖昧な事しか言えませんでしたが・・・
四角い箱でありながら内部構造のみで定在波を無くし背圧や内部反射の悪影響をかなり減らしております。
指摘された低音の不足を解消すべく新作は容積を増やしトールボーイ型に変更致しました。
より低域が伸びてくれるのでは?と思っております。

来週末か再来週末までに新しい箱が完成いたします、快速さんにまた評価して頂けたらと思います。
投稿者: かづ at 2008-10-25 15:40:55
キャビネット製作は難しい!
快速様やかづ君が、苦しんでいる通り、大変難しく、完璧なキャビネットというものは無いかもしれません。
必ず、何かを得ると・・・何かを失いますね。
何も足さない、何も引かない・・・そんな自然なキャビナットが欲しいですね。
使用材料にも固有の音(共振帯域)がありますから、オールラウンドのキャビネットを作ることは至難ですが・・・
本日とても興味深い技術にめぐり合うことが出来ました、キャビネットにも応用可能かもしれない素晴らしいテクノロジーですから、応用範囲の研究を進めて見ます。
この技術を使用して、これまでにも増して素晴らしい情感再生が出来ておりますので、これは聴いて欲しいですね。
ところで、デンバーで手伝いをしてくれたマイク君のキャビネットは、無垢材で作られていてとても良い音でしたし、和音さんのキャビネットもブビンガの単板で素晴らしい音を出しておりますので、これも興味深いことですね。
快速様のご指摘された「魂柱」ですが、これも材料によって音色が変わりますので、キャビネットの材料との相性の良い材を見つけることも課題となります。
キャビネットの性質で「魂柱」が無いほうが良いものもあるし・・・場所によっても音が変わります。
さてさて・・・いったい、どうすればいいんでしょう?
何はともあれ、今日弊社で出ている音は・・・驚きます。聴くべきです。お勧めします。
技術的な内容は、秘密事項で本日本欄には書きません。
次回お会いした折にお話をいたします。
楽しみにしていてくださいね。
投稿者: Beekon at 2008-10-26 20:46:16
皆さんの活躍の写真が掲載されています
RMAF 2008での皆様の準備作業中の写真がdiyAudio Forumで何枚も掲載されています。その場の様子が伝わってくるようです。
投稿者: Bunpei at 2008-10-27 01:17:58
diyAudio Forum
Bunpei さん、情報ありがとうございます。
Phil Townsend は、弊社のユーザーでFeastrexの良い理解者です。
この写真を見て、フィルが一生懸命写真を撮っているところを思い出しました。
良い記念になりますね。
投稿者: Beekon at 2008-10-27 09:16:38
何も足さない
> 何も足さない、何も引かない・・・そんな自然なキャビナットが欲しいですね。
大サイズ平面バッフルは少なくとも「何も足さない」といえると思います。ただし、大分引いているものがありそうで「何も引かない」とはいえないですね。
投稿者: Bunpei at 2008-10-28 23:09:06
引かない・・・キャビネット
装ですね、平面バッフルは低音の回りこみで低音を引かれますね。
ネルソンパスは、46cmウファーだけじゃ足りなくてサブウーファーまで足している。
引算やった後で、不足分を足すのならフルレンジスピーカは必要ないと思うけど・・・
フルレンジ特有の中高域の良さだけ生かそうとしてしていると想像するんだけど
Feastrexなら、ちゃんと低音も出るんだから、それを理解して活かして欲しいと思いますね。
来年には、何も引かない+何も足さないキャビネットを作りたいと思います。
思えば出来る・・・これが私の哲学です。
”現世は己の想念の場”であるからです。
さて、皆様は・・・何を思うのでしょうか?
投稿者: Beekon at 2008-10-29 09:09:50
Beeconさんも
箱製作のライバルですね・・・
良い音を競い合う事により良い箱が出来るかもしれません、僕もがんばりますよ。

思えば出来る。
納得です、思わなければ出来ることも出来ませんから。
勘違いでもまず思う事が大切ですね。
投稿者: かづ at 2008-10-29 13:54:21
思っても・・・
想いを抱いても、その想いの質が・・・じっとしていられないほどの、もでなけりゃ
寝てみる夢と同じもの。
じっとしていられず、行動に駆り立てられる。
そんな想いでなきゃだめだよ・・・あとは・・・ヤレば、出来る!
頑張ってくださいね。 (^O^ )/
投稿者: Beekon at 2008-10-29 18:11:40

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/06.94/a06788/0000258700.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/06.94/archives/0000258700.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 3 x 6 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら