掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2008年10月22日
キノコの力と研究成果

「日本きのこ学会」”技術賞受賞”

9月17日の出来事ですが、弊社(株式会社アイビーアイ)の応用キノコ研究所
中村友幸所長(工学博士)が「日本きのこ学会」の”技術賞”を受賞しました。

http://www.sannichi.co.jp/local/news/2008/10/05/1.html

培養タンク2
キノコ菌糸体培養タンク(5t×9基)

これは、弊社で進めてきたキノコ菌糸体の大量培養方法の確立をはじめとして、様々な研究成果が評価されたものです。
以下に研究成果(抜粋)をお知らせいたします。


《メシマコブ》
◎DNA解析による、優良菌株の選定
◎一般毒性試験
◎坑酸化作用(スーパーオキシド・ヒドロキシルラジカル)
◎坑アレルギー試験(Ⅰ型アレルギー抑制・ヒスタミン遊離抑制・血中ⅠgE抑制など)
◎坑腫瘍試験(NK活性・IFN-γ活性・固形癌抑制・白血病細胞のアポトーシス誘導など)
◎鳥インフルエンザウイルスのワクチンに対するアジュバント効果に関する研究成果(これは昨日のブログご参照ください)

《冬虫夏草》
◎前駆脂肪細胞の白色脂肪細胞への分化誘導抑制作用
分かりやすく言うと、メタボリック症候群を抑制する作用で、脂肪細胞の形成を阻害し、さらに脂肪細胞の肥大化を抑制する。ケーキなど甘いものを召し上がっても、糖質を脂肪に変えさせないという大変優れた研究です。

《ヤマブシタケ》
◎ヤマブシタケ菌糸体の坑MRSA活性成分
院内感染で話題になっている、耐性黄色ブドウ球菌を阻害する効果物質として、エリナシン,Kが坑MRSA活性を有すること、また開発した食品にアルツハイマー型認知症および、脳血管障害に対する改善効果を認めた。

《ハナビラタケ》
◎ハナビラタケ菌糸体のチロシナーゼ阻害活性
メラニン色素の基となるチロシナーゼを阻害する3つの成分を明らかにした。これは、いわゆる強力な美白成分であり、サプリメント・化粧品への応用研究が続いている。

他、アガリクス菌糸体の坑腫瘍効果など多数の研究を行ってまいりました。


培養タンク
キノコ菌糸体培養タンク(1t×19基)

これらの研究成果は、弊社独自の特殊な菌糸体液体培養方法により生産され、抽出された成分の試験結果であり、子実体(キノコ)抽出成分では同様の効果は得られませんでした。

さらに研究を進め、多くの人の役に立てればと頑張ってまいります。


BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 09:12 | 健康食品 | コメント(7) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント
無題
日本きのこ学会の技術賞、受賞おめでとうございます。
今後の益々のご発展とメタボになやむ酒飲みの特効薬の開発にご尽力くださるようお願いいたします。
投稿者: クニタン at 2008-10-22 14:10:19
キノコと肝臓
メシマコブやアガリクスで肝硬変やB型肝炎を克服した方がおります。
肝機能改善に有用なようですので、お勧めしたいですね。
アセトアルデヒドを分解する働きが良くなって、お酒を沢山のめるかも。 v(^o^ )/
投稿者: Beekon at 2008-10-22 14:18:39
キノコの免疫機能
5年ほど前に父が膵臓ガンの末期で外科的治療が不可能と知った頃にキノコがガンに効くらしいと知りました。
なんだか怪しいキノコを煎じて飲んだりしてました。
医師から余命3ヶ月と宣告されていましたが4倍ほど生きられたので効いたのかな・・・
母もガンで亡くなっておりますので徐々に弱っていく経過はよく知っております、ぽっくりと逝きたいです。
投稿者: かづ at 2008-10-23 14:12:06
目指せ! PPK
PP= ピンピン PPヽ(^。^)ノ
K= コロリ!  K(×_×)・゚゚・ 

死ぬまで元気で・・・逝く時は、コロリとね!
そんなふうに生きていくために、キノコの力は役立つのです。
アトピーや花粉症にも力を発揮するから、必要なときが来たら、応援させてくださいね。(▼▼メ)-
投稿者: Beekon at 2008-10-23 14:41:59
あ・・・
妻は重めの花粉症
息子は喘息で数度の入院歴あり
娘はアトピー性皮膚炎のかゆみで眠りが浅く親も寝不足気味
もう必要でした・・・
安曇野スタイルの時にカタログ下さい。
投稿者: かづ at 2008-10-23 15:17:50
血中IgEの増加による・・・
血中IgEの増加によるアレルギーは、Ⅰ型と呼ばれます。
アトピー・喘息・リウマチ・花粉症などが該当いたします。
忘れなければ・・・無料サンプルを持参いたします。 @\(^。^ )))))
投稿者: Beekon at 2008-10-23 15:27:13
マツタケ
くだらない質問で恐縮で申し訳ありません。
松の木にシイタケの菌を植えたらどうなりますか?
投稿者: 田中 修 at 2019-02-08 18:45:15

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/06.94/a02851/0000258568.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/06.94/archives/0000258568.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 7 x 1 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら