掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2017年12月15日
11月分のまとめ

11月もトリュフ三昧で、5〜11日までダイハツgハイゼットを駆って、2000Kmを超える東北一周トリュフ探しの旅に出ました。

初日は新潟県の大勢の仲間と一緒に、トリュフ探しと豪華ディナー。
23213027_1684878631522415_143658026884585857_o
「トリュフ三昧のディナーコースを堪能」

23213004_1684879181522360_5870134633923025152_o
「UOZEN 井上シェフ」

23231559_1685855974758014_2013450707125346150_n
「山形県のホテルから」

23275672_1685857238091221_2904100057082233765_o
「秋田県田沢湖」

23331161_1688545947822350_4136076170896599995_o
「青森県内の石灰岩台地を訪ねました」

23415207_1688546291155649_6550683924034774287_o
「マイルの十和田湖デビュー」

23517537_1943154959270268_2870393190670346593_n
「宮城県で山ちゃんと」

23415348_1689711664372445_1810767311093833786_o
「福島県内で虹に遭遇」

23511395_1689711901039088_2288648285254824775_o
「那須塩原の小船さん」

東北一周トリュフ探しの旅は、沢山の仲間に引率されてトリュフを探すも不発でした。
毎日数百キロを走り、トリュフを探して、現地の美味しいものを食べる最高の旅でした。


15日は、八ヶ岳で清水ご夫妻のお手伝いでトリュフ採り。
23518965_238946993305511_6625361411344168037_n

18・19日は、大分県の九重連山の麓、波多野さんご夫妻の引率を得て、4種類のトリュフの白をご案内いただきました。

23736139_1698138080196470_8835358737633825456_o
「九重のホテルから」

23593681_1696494267027518_8006463447524427128_o
「念願のウロイボセイヨウショウロ」

23658347_1698261726850772_3115838092304866937_n
「白トリュフ・Tuber Sp」

23658902_1698271130183165_2355859858828611617_n
「Tuber Sp の胞子」


23〜25日は兵庫県に白トリュフ探索に出かけました。

23926641_1704299282913683_7045658126600804435_o
「採取した白トリュフ」(ホンセイヨウショウロ)

24059637_1704299446247000_2180672945921807971_o

24059152_1704299682913643_5520966168127663363_n
「ホンセイヨウショウロの胞子」

29日は神奈川の谷田君と
24210458_1707723439237934_6297028544742466682_o

11月は、様々なトリュフに出会えて、ずいぶん勉強になりました。
念願のホンセイヨウショウロにも出会えたので、100点満点です。

スピーカーも海外のお客様や、国内からオーダーを頂き、年末まで忙しい日が続きます。



“Feastrex 注目のブログ12選”
  インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 17:51 | 健康食品 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年10月02日
マイコのトリュフ園・テレビ取材

ローカルテレビ番組ですが、山梨放送とNHKが、「マイコのトリュフ園」の取材に来ています。

DSCN3573
「YBS山梨放送取材中」
YBSとNHKは、10月後半まで取材が続きます。
YBSはマイルのトリュフトレーニング風景を収録しました。
マイルの動画を載せられないのが残念です。

NHKは、トリュフ料理も興味があるようで、キングスウェルのHシェフにお願いして、トリュフコース料理を作ってもらいました。

DSC_0242
「調理前の山梨県産黒トリュフ」

DSC_0226
「イチジクと木の実のサラダ・トリュフ添え」

DSC_0232
「さつまいもとトリュフのスープ」

DSC_0234
「Hシェフ、トリュフを削るの図」

DSC_0239
「ポルチーニとトリュフのパスタ」

DSC_0244
「鴨肉のソテー」
Hシェフは久しぶりのフレッシュトリュフで、やる気満々。
美味しい料理を披露してくれました。

DSCN3590

Mayが自宅に移動し、Joyとマイルが一緒に暮らし始めました。

DSCN3623
「Joyとマイルのお散歩風景」

DSCN3635
「逞しくなったマイル」

DSCN3658

一昨日は、次男とマイルのコンビがトリュフ探索に初出動しました。
これまでとは全く違うエリアで、マイルがトリュフを発見しました。
マイルは体力もついて、集中できるようになり成果を上げました。
日本初のトリュフドック・マイルの活躍が始まります。



“Feastrex 注目のブログ12選”
  インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 15:41 | 健康食品 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年09月19日
チャセイヨウショウロ

Face bookの友人から研究用のサンプルにと、神奈川県で採取された2種類のトリュフをご送付いただきました。
筆者は、トリュフの勉強を始めたばかりで、様々な種や発生環境を勉強させていただいていますので、最高に嬉しいプレゼントでした。

DSCN3386

左側がイボセイヨウショウロ(黒トリュフ)、右側がチャセイヨウショウロです。

DSCN3348
「イボセイヨウショウロの胞子」
楕円形で未熟な胞子もあって、楽しい観察になりました。
香りは、山梨県産とほとんど同じですが、断面は茶色で、山梨産より熟成が進んでいました。

DSCN3369
「チャセイヨウショウロ」
外皮にイボがなく、つるりとした肌です。
香りは弱めで、フレッシュなジャガイモのような感じ。

DSCN3382
「チャセイヨウショウロの球形胞子」

DSCN3417
「先日の朝食」
8月に採取した山梨のトリュフの熟成が進んで、香りが立ってきましたので、料理も研究しなければいけません。
トリュフは卵料理にもよくなじみます。

DSCN3408
「トリュフ蕎麦」
蕎麦の香りを損ねることなく、芳醇な香りが立ってたまらないです。

DSCN3335
「マイコのトリュフ園」
マイコとはキノコを表すMYCOに由来する、私が愛した犬の名です。
日本初のトリュフ犬デビューを夢見て、本当に可愛がっていた、いとおしい愛犬でした。
ここはかつては社員用の野球場でした、勿体ないのでトライアルバイクの練習場に開放していました。
2か月前からはトリュフ園としての造成作業を続けています。

20776721_1608885375788408_1294017211530386782_o
「マイコ」

DSCN3242
「灌漑用の自噴温泉」
少しおシャレにと、工夫を凝らして古い手押しポンプから吐出させてみました。

DSCN3424
「温泉成分によって、1週間で水路は黄色に変色」
含有されている鉄分と硫黄のせいだと思われます。

DSCN3420

この温泉は、父が掘り当て、「幸福温泉」として母が旅館を営んでいました。
幸福温泉を閉店してから昨今までは、農業用水に放流していただけなので、ようやく有効活用が出来ます。

DSCN3391
「日本初のトリュフ犬・マイル(♀)」
マイルは、初代トリュフ犬のマイコが急死したのち、頂いてきてトリュフトレーニングを重ねてきました。
明日は京都、明後日は大阪で、初めての遠征と探索実践になります。
どんな成果を上げてくれるのか、楽しみでたまりません。



“Feastrex 注目のブログ12選”
  インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 18:14 | 健康食品 | コメント(1) | トラックバック(0) ]

2017年02月20日
Truffle・トリュフの栽培に向かって

今日は雨で、truffleの苗木の仕込みができない。
それならと、基になる胞子を採取るるべくトリュフ採りに行きました。

DSCN9610
「クロトリュフ・イボセイヨウショウロ」

DSCN9609

DSCN9608

DSCN9640

DSCN9655
「トリュフの胞子がぎっしりと詰まっています。」

DSCN9631
「本日採取したトリュフです。」

DSCN9665
「種菌にするトリュフもかなりストックできました。」

DSCN9592

設置中の会社の看板の向こうに、虹がかかり良い予感がいたします。
トリュフ栽培は苗木に胞子を摂取して、環境を整えつつ最短でも5年ほどかかると思いますが、スタートします。(#^.^#)



“Feastrex 注目のブログ12選”
  インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 16:30 | 健康食品 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2016年12月26日
大阪に納品に

17日から20日まで、大阪にて納品と新規ご購入打ち合わせに行ってまいりました。
初日は枚方市内のお客様より、2セット目のスピーカーシステム納品の打ち合わせ。
NF-5eβ PIP、励磁電源、CV4055PPアンプ、CDP,電源ノイズサイレンサー等のフルセットのご発注を頂きました。

DSCN0193
「D-5eβ Type-1P」
今回納品のスピーカーユニット、励磁電源はお客様の自作になります。

DSCN0304
「D-5eβ Type-1P」
Type-1Pとは、純鉄+パーメンジュールリングのハイブリッド磁気回路で、励磁コイルは真四角線の仕様になります。

DSCN0333
「ボンネット」
過日納品した「EL34PP真空管アンプ」のボンネットをご注文いただき、今回納品になりました。

DSCN0337
「奈良生駒の信貴山」

DSCN0341
「信貴山」
商売繁盛、金運如意、開運招福、心願成就を祈願してまいりました。

DSCN0366
「大阪・御堂筋」
御堂筋は全線がLEDイルミネーションで飾られていて、華やかな年末風景でした。

DSCN0381
「和歌山はまだ晩秋」
スピーカーシステムをご購入頂いたお客様のご招待で、大阪→和歌山県を通り奈良県野迫川村に。

DSCN0391
「野迫川村入口」
知る人ぞ知ると言われる、マツタケの産地です。

DSCN0385
「野迫川の民宿」
イノシシ鍋を頂き、民宿のおばあさんと楽しい話に花が咲きました。

DSCN0395
「高野山」
行き帰りに通過した高野山、久しぶりの訪問になりました。

DSCN0405
「日動工業(株)」
最終日は、北海道名寄のHKB隊長の兄上の会社を訪ねて、ウインドヒル・ゴルフ練習場用のLED投光器を見せて頂いたり、社長様自ら社内案内や身の上話を伺うなど、勉強もして帰路につきました。

最近は関西方面のお客様が多く、数日前にも兵庫から、明日も神戸からお客さまが見えます。
この秋は、6組のスピーカーをはじめ、付帯機器など沢山のご発注を頂き、忙しい年の暮れになりました。



“Feastrex 注目のブログ12選”
  インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 09:28 | 健康食品 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年11月18日
F-120・D-9eβ PIP スピーカーシステムの納品

大阪にスピーカーシステム、2か所の納品に行ってまいりました。
1件目は、Nf-5βスピーカーシステムと、CV4055PPアンプ、CDP,電源ノイズサイレンサーのシステムでした。

納品先の先生が大感激して、お茶しようと言うことで写真を撮り忘れました。

もう一軒は下の写真の、9インチ励磁型システムです。

DSCN9856

F-120キャビネット・Nf-9eβPIP・EL34PP真空管アンプ・最高級励磁電源・改良型CDP・超大型アイソレーション電源、いずれもオールファインメット仕様の最高級システムでした。

DSCN9861

DSCN9862

プリアンプの選定と調整に手間取り、2日間かかりましたが満足できる音調に仕上がり、大満足頂きました。

DSCN9849

近くの高層ビル53Fのレストランで夕食をごちそうになりました。

DSCN9851

納品先は大阪府泉南郡熊取町地内のN様ですが、ご試聴のご希望があれば、喜んでお聴かせ頂けるとのことです。
Feastrexの励磁型の実力が気になるとお思いの方は、ぜひ私宛にご連絡ください。(お取次ぎいたします。)
私の携帯:090-3040-3377ですので、お気軽にお電話ください。



“Feastrex 注目のブログ12選”
  インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 15:23 | 健康食品 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年10月08日
超大型ファインメット・アイソレーショントランス

今日は先日受注した、AC電源用・超大型FINEMETコアのアイソレーショントランスを組み込んだ、ノイズカット電源を作成しました。
入力AC100V・103V 出力100V・103V・117V 1300VA 重量21Kg

DSCN9972

 ファインメット・FINEMET
は日立金属が開発したナノ結晶軟磁性材料です。
値段が高いですが、トランス類ならこれしかないと言える性能を発揮します。

DSCN9973

DSCN9987

DSCN9989

映像機器・デジタル再生機器・励磁電源・アンプなど広範囲に威力を発揮します。
一般家庭の電源が、これほどノイズまみれなのかと驚かれると思います。
再生音が、静寂の闇から聞こえてくるような静かさに激変します。

弊社が使用する真空管アンプなど、全てファインメットのトランス類を使用しております。
ご興味があればFeastrexの視聴室においでください。


“Feastrex 注目のブログ12選”
  インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 22:01 | 健康食品 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年06月30日
McAUDIの高性能DACーMD5300の進化が凄い!

株式会社 DDELTA (旧第一通信工業株式会社)の、McAUDI 高性能DAC MD5300の進化がもの凄い!

昨年の6月8日に紹介したMD5300が、1年の際月を経て大きく進化しました。

DSCN9666
DSCN9662
MD5300の外観は変わらないが

DSCN9676

DSCN9679

DSCN9674

中身のメカもどう変化したのかもわからないが、デジタル機器でこれほど素直な音楽表現は驚くべき。
情報量も豊かで、CD再生がその辺のハイレゾのレベルを超える。
SACDならもう言うことが無いくらいに新鮮であり、DSDのライブを再生すれば、臨場感に涙が出そうだ。

Feastrexスピーカーが進化したから、その実力が解ったのか、双方の進化の果実かは分かりませんが、音楽性豊かな表現力は新次元と言ってよいと思います。

DSCN9693

DDELTAの山口社長のこだわりと言うか、エンジニアスピリッツの凄味を感じるDACです。
1年ぶりの試聴で、その凄さに脱帽し即決で試聴室に設置することにしたのです。
オーディオ誌の読者を迷わせるような、上げ底の評価表現とは異なります。
山梨に来れば、この音を貴方自身で聴くことが出来ます。
是非お時間を作って、遊びにおいでください!




“Feastrex 注目のブログ12選”
  インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 22:30 | 健康食品 | コメント(16) | トラックバック(0) ]

2016年05月06日
4月30日と5月5日の探索

DSCN8550
4月30日、北海道、新潟、小田原からのご所望があり、アミガサタケ探索に出動。
近くのシロはほとんど終わり、富士北麓に向かいました。

DSCN8049

DSCN8064

DSCN8051

DSCN8059
「テンガイカブリタケの群生があった」

DSCN8166
「収穫したアミガサタケ」
その後、アシボソアミガサタケのコロニーに移動、時期が早いだろうと思ったのですが、既に発生中でした。

DSCN8147
DSCN8170
「アシボソアミガサタケ」

DSCN8168
「北海道、新潟、小田原に」
アミガサタケ移植100万本計画と、小田原の尊いお方への寄贈品。


薫風薫る、5月5日 ヒロメノトガリアミガサタケの観察にと出動。
GW混雑する道を避けて脇道に入ると、モミの木の林から〈お兄さん遊んでいかない? 〉と可憐な声が聴こえた。
ちょっとだけよ〜!と覗いて見ると、アミガサタケ達が騒いでいた。

DSCN8506

DSCN8515
「アミガサタケ」


DSCN8510
「キツネノワンとキツネノヤリ」
これは大感激、数坪もあろうかという大群落に遭遇した。

DSCN8524
「シャグマアミガサタケのコロニー」

DSCN8537
「ヒロメノトガリアミガサタケ幼菌」

DSCN8554

DSCN8542

両日共に好天に恵まれ、車を走らせるだけでも楽しくなる程、風が香り、目に若葉が沁み込んで来ます。
今年のアミガサタケは概ね終わり、収穫は500本を少し超えたでしょうか、あまり良い発生状況ではなかったような年でした。

北海道と新潟に送ったアミガサタケ達が、上手く育ってくれるか何よりの楽しみになりました。



“Feastrex 注目のブログ12選”
  インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 16:16 | 健康食品 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年04月21日
EMT930 改良最終版かな?
DSCN7681
「EMT-930」
Feastrexの試聴室にあるEMT-930の改造記を何回か書いてきましたが、これで最終回になりそうです。
本機は、929トーンアームの内部配線、信号ラインは全て単線に交換しました。

AHER2sS0
「イコライザーアンプ 153st」
整流素子・コンデンサーの交換と、内部配線の単線化、内部ノイズの除去のために電源ラインにファインメットチョークを入れました。

DSCN7670

イコライザー用電源は別電源にしてRコアトランス(±12.5V)を使用しておりましたが、今回これをファインメットコアトランスに交換しました。

DSCN7678

励磁電源と同様に、中低域のタルミや揺れが無くなり、高域のダマが取れて伸びやかに鳴ります。
音の光と影が際立ち、テープを聴いているような滑らかさと深みが出ました。

LPにここまで情報が入っているんだと、改めて感激しております。
ファインメットにあらずんばトランスにあらず、そう言いたい気分です。

ファインメットコアトランスの製作を承りますので、ご興味があれがお問い合わせください。
音楽表現の、別世界にご案内いたします。



“Feastrex 注目のブログ12選”
  インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 09:57 | 健康食品 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年12月29日
D-9eβ Type-Ⅱ 製作中

D-9eβType-Ⅱの組み立てを始めました。

DSCN5285
「D-9eβType-Ⅱ磁気回路」
Feastrexユニット名称を解説します。
Dimensionシリーズ・口径9インチ・Exciter(フィールド・励磁型)・βコーン(楕円形サブコーン)

DSCN5293

Dimensionシリーズは全て励磁型で、励磁コイル(フィールドコイル)が世界で唯一の真四角線で生産されます。
真四角線は、効率が良く発熱が少ないコイルの理想形、究極の励磁コイルです。

Type-Ⅰは磁気回路が純鉄製
Type-Ⅱは、ヨークが純鉄、ポールピースとトッププレートがパーメンジュールのハイブリッド構成です。
Type-Ⅲは、磁気回路の全てがパーメンジュール製です。

DSCN5291

DSCN5290
「圧入したパーメンジュールポールピース」

DSCN5299

忙しくてなかなか作業が進みませんが、もうすぐ完成の予定です。
Dimensionシリーズのスピーカー磁気回路は、馬力型とでも言いましょうか、F-1エンジンのような瞬発力が魅力です。
フェライトやネオジウムが多用される、最近のスピーカーと比較すると、圧倒的な過渡特性の良さがあり、素晴らしい再生音を聴かせてくれます。

Dimension(次元)と言う命名の通り、現在市販されるスピーカーとは次元の異なる再生音を聴くことができるのです。



“Feastrex 注目のブログ12選”
  インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 07:05 | 健康食品 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年12月09日
「科学的根拠の基づく健康寿命を伸ばす会」

「SPHLE」
Society Prolongation of Healthy Life Expectancy
NPO法人「科学的根拠に基づく健康寿命を伸ばす会」
設立記念講演会に参加して来ました。

DSCN0005 (2)
会場は御茶ノ水「化学会館」

kounosennsei

私の恩師、東京工業大学の河野教授が理事長を務めます。
河野先生は「活性酸素とフリーラジカル」研究において、世界の先駆者です。
化学反応は「酸化還元作用」が基になっていますから、ここを理解しておかないと、生命の健全な維持や医学の発展はないと思います。

DSCN0025

DSCN0035

新しい発見もあり、少しづつ前進しているように思えましたが、抗酸化物質の実態をとらえる技術がまだ不足していて、物質特定技術や関連の若手科学者の出現が待たれます。

DSCN0012

会場は御茶ノ水「化学会館」でしたので、当然 disk union にも足を伸ばしました。

DSCN0007 (2)

DU2

筆者は6000枚のレコードを持っていますが、新たに5枚購入。
こちらは、今後の整理整頓が課題です。(>_<)・°° 




“Feastrex 注目のブログ12選”
  インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 07:27 | 健康食品 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年04月30日
天然記念物・シダレクリ(枝垂栗)
.
シダレクリ(枝垂栗)

昨年の秋、花縒りさんのご案内でホンシメジを探索に行った折、途中で教えて頂いた“シダレックリ”が印象深く、昨日合いに行ってまいりました。

DSCN4054

DSCN4086

突然変異で枝垂れになった栗の木で、天然記念物に指定されています。

大変面白いというか、奇観といってよいほどの枝振りです。

DSCN4050

DSCN4063

DSCN4069

DSCN4106

気温が26℃と汗ばむ陽気でしたが、かの地は標高が高いため、ミツバツツジが最盛期でした。



“Feastrex 注目のブログ12選”
  インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 09:27 | 健康食品 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年01月02日
謹賀新年


DSCN1724

新年おめでとうございます。
私の会社を紹介します。
①株式会社 アイビーアイ
(キノコを応用したバイオ事業とFeastrexスピーカーの生産)

②株式会社 ウインドヒル
(ウインドヒルゴルフ練習場と業務用シャンプー等の販売)

③農事組合法人 甲斐きのこ組合
アガリクス(カワリハラタケ)を主としたキノコ生産

DSCN9989
2015 1月1日 自宅の風景

近年少し怠けておりましたが、今年は気合が入っております。
久しぶりに、飛躍の年になると思います。
本年も宜しくお願い申し上げます。



“Feastrex 注目のブログ12選”
  インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 15:16 | 健康食品 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2014年11月28日
キノコを応用したサプリメント
筆者の仕事のひとつに、キノコのバイオ技術を応用した事業があります。

キノコ菌糸体の液体培養により、生産した菌糸体を酵素処理などにより成分抽出を行い、健康食品、化粧品原料、医薬品の研究開発などを行っております。

アガリクス
「アガリクス 日本名:カワリハラタケ(学名: Agaricus blazei Murrill)
通称アガリクスと呼ばれて有名になった「カワリハラタケ」の子実体生産も行っておりますが、より均一な原料を得る為に、菌糸体の液体培養を行ないます。

999
「菌糸体培養タンク1000l×20基)

9999
「菌糸体培養タンク5000l×10基)

キノコの菌糸体はこれらの培養タンクで、完全な無菌状態で育成し、均一な原料を得ます。

8888
「天然のメシマコブ(PlNo.08)」
メシマコブは、桑の木に発生するキコブタケ科のキノコで、現在は大変希少なキノコです。

無題
「メシマコブ菌糸体の顕微鏡写真」
細く糸のように見える菌糸体が、キノコ本来のBodyです。この菌糸体を栄養豊富な培養液で培養し、天然には希少なキノコの成分を大量に生産します。

111
「培養タンクで培養中のメシマコブ菌糸体」

222
「液体培養が進むと、メシマコブ菌糸体は金平糖のような形状に。」
この状態でタンクから取り出し、酵素により細胞壁を破壊して有用成分を抽出します。

33333
「様々なキノコの菌糸体製品」
抽出した成分は、液状から濃縮し、ドリンクや粉末、タブレットに加工します。

555
「自社販売ばかりでなく、OEM製品として様々な形態で製品化しております。」

これまで14の大学や研究機関との共同研究を進め、かつて新聞で発表された国の研究機関との共同研究では、「トリインフルエンザワクチン」の特許を取得するなど、キノコが生産する成分の応用は無限の可能性があると感じております。

現在研究中の新しいテーマは、秘密保持契約で公表することが出来ませんが、近いうちに特許が公開されれば皆様の知るところとなるでしょう。

時間があれば山野を歩き、研究用のキノコサンプルを採取するのも、趣味と実益を兼ねた筆者の重要な仕事なのです。


“Feastrex 注目のブログ12選”
  インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 15:42 | 健康食品 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2014年11月21日
テープデッキ
.
今日はTelefunken M-15Aデッキを引っ張り出して、テープ再生を楽しんでおります。

DSCN9931

このデッキは、ノイマンのレコードカッティングマシンに送り出し用に使用された名器です。
皆さんがお手持ちの、幾つかのレコードの音源になっているかもしれません。

DSCN9925

DSCN9927
「Telefunken magnetphon 15A」

Feastrexスピーカーは、当然といえば当然ですが、良い音を入れるほどに実力を発揮して、リアルな再生を楽しめます。
音の密度、情報量が格段に多くて、聴き飽きることがありません。

全米屈指のレコーディングエンジニア、Steve HoffmanははFeastrexの音を聴いて、全米の何処のレコーディングスタジオに行っても、これ以上の音楽再生をしているスピーカーは無いよと言ってくれました。

これから、テープ演奏を楽しめる環境も作ろうと思っておりますので、お好きな方は是非遊びにおいで下さい。


“Feastrex 注目のブログ12選”
  インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 16:00 | 健康食品 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2014年08月28日
新型キャビネットが完成しました!
DSCN0737

新しいスピーカーキャビネットが出来ました。
写真のように、前面と側面が曲線で構成されるラウンド型です。
フロントバッフルと側板の鳴きを抑制して、よりピュアな再生音を得る為に設計しました。

DSCN0741

DSCN0182

DSCN0197


当初は密閉式で取り組んでいたのですが、低域の伸びやかさに不満があり、リアバッフルにポートを設けて落ち着きました。
キャビネット内の音をコントロールする為に、5種類の吸音素材を用いた拘りの仕上がりです。

新型キャビネット

DSCN0174

躯体はフィンランドバーチ合板を曲げ加工し、表面にはシカモアの付き板を貼った、大変豪華なキャビネットです。

キャビネットの名前はまだ決めておりません。
音調ですが、フロントバッフルの鳴きが抑制され、Feastrexユニットが出すピュアなサウンドをストレートに出してきます。
濁りの無い再生音をご希望の方には、最適なキャビネットの完成といえるでしょう。

ご興味があれば、是非聴きにおいで下さい。(*^^*) 



“Feastrex 注目のブログ12選”
  インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 11:58 | 健康食品 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2012年04月22日
チャアミガサタケ
昨日は、富士五湖方面のトガリアミガサタケの様子を見に出かけましたが、まだ10日程早いようでした。

500x500-49152

すぐに諦めて、甲府盆地の桜が散り始めた公園の探索に変更すると、大変美しい「チャアミガサタケ」に出会うことが出来ました。

写真以下5枚が、「チャアミガサタケ」
1

2

3

4

5

6
「マルアミガサタケ」

美しい模様のチャアミガサタケが8本、マルアミガサタケが4本、甲府盆地は雨が少なく群生には出会えませんでした。

すみれ

アミガサタケの仲間たちは大変フレンドリーで、桜や銀杏の周りを歩くとかなりの確率で、出会うことが出来ますが、なぜか、今年も甲府盆地内の「トガリアミガサタケ」には、出会えないような気がします。



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 17:38 | 健康食品 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2011年08月31日
八千穂高原のキノコ

以前マイフレの「甚六さん」に連れて行って頂いた八千穂高原を訪ねました。

花

今弊社で研究している「ムラサキシメジ」に面白い活性成分が見つかったため、紫色に何かヒントがあるかどうか確認を行いたい。
前回この場所で「ウラムラサキ」を見つけたので、再度探索することにしたのです。

ヤブレベニタケ
「ヤブレベニタケ」

ムラサキフウセンタケ
「ムラサキフウセンタケ」

ホコリタケ
「ホコリタケ」

ヒメホコリタケ?
「ヒメホコリタケ?」

ヒメベニテングタケ (2)
「ヒメベニテングタケ」

ハナホウキタケ
「ハナホウキタケ」

ツノシメジ幼菌
「ツノシメジ幼菌」

ツノシメジ (2)

ツノシメジ
「ツノシメジ」
初めてであったキノコで、感激しました。
ちょっと変わったキノコに出会うといつも思うことは、何故このような色、形に進化してきたのか、進化論も疑いたくなるし、必然性を知りたいと思うのですが、誰も答えてくれません。

チョウジチチタケ
「チョウジチチタケ」

スギエタケの仲間
「スギエタケの仲間?」

コチャダイゴケ
「コチャダイゴケ」

キソウメンタケ (2)
「キソウメンタケ」

カバイロツルタケ?
「カバイロツルタケ?」

アカエノズキンタケ
「アカエノズキンタケ」

目的のウラムラサキは見つけることが出来ませんでしたが、沢山の種類のキノコが出ており、楽しい探索になりました。

発生は全体に数が少なくて、富士山同様の端境期を思わせる状況でした。
地元の女性が2名でキノコ探しをしておりましたが、篭に入っていたのは2本のハナイグチの幼菌だけでした。
大量にキノコを採りたいなら、後2週間程度は待ったほうがよさそうに思いました。

毎日のように雨が降り、9月中旬からは大爆発をしてくれるものと、密かな期待をしております。



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  日本キノコ学界賞
球形磁気回路米国の評論記事 励磁スピーカー①  励磁スピーカー②  

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 18:30 | 健康食品 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2011年07月24日
冬虫夏草 八ヶ岳探索
研究用の試料採取のため、冬虫夏草「サナギタケ」を探しに八ヶ岳に出かけました。
富士山のキノコを見に行きたかったのですが、仕事を優先することにしたのでした。

白い花
「名前を知らない」
冬虫夏草を探す前に「マツタケ」が出そうな場所を探すことにしました。

ヒメカタショウロ
「ヒメカタショウロ」
松の木の近くで見つけました。(右下に切断面を載せました)

???
「スッポンタケのタマゴ」
手元に図鑑がなくて、名前が分かりません。(右下が切断面)

趣味人の菌友「甚六さん」から「スッポンタケ」のタマゴだぜ!と投稿をいただきました。なるほど納得、ありがとうございました。

タマゴタケ
「タマゴタケ」
雑木林にちらほらと発生しておりましたが、他のキノコはまったく見当たらないほど寂しい状況でした。
梅雨明けが早く、猛暑が続いたので夏キノコの発生が少ないのでしょうか。

ウラギンヒョウモン
「ウラギンヒョウモン」
マツタケが発生しそうな場所から、冬虫夏草のポイントに移動する途中で蝶が沢山遊んでいました。

クジャクチョウ2
「クジャクチョウ」
めったに見ることが出来ない蝶なので、一生懸命に写真に撮りました。

ハナビラタケ

ハナビラタケ2
「ハナビラタケ」
移動途中のカラマツ林に発生していましたが、イグチ類はまったく出ておりません。

ウスタケ
「ウスタケ」
冬虫夏草の出そうなポイントに到着すると、ウスタケがぽつんと発生しておりましたが、やはり他のキノコはほとんどありません。

アワフキムシ冬虫夏草
「アワフキムシタケ」
マッチ棒より小さな姿、こいつはあちこちで見かけましたが、とにかく小さくて写真に撮りにくい。

アワフキムシタケ
「アワフキムシタケ」
アワフキムシはセミにそっくりな形ですが、大きさは1cm程しかなく、何でこんな小さな昆虫をホストにするのか理解に苦しみます。

サナギタケ
「サナギタケ」
ようやく見つけたサナギタケ、今期2つ目の個体です。

サナギタケ2
「サナギタケ」
冬虫夏草の中でも大変有望な種で、様々な効能が報告されていて、弊社でも研究に取り組んでいるので、研究サンプルとして様々な産地の個体がほしいのです。

サナギタケ(学名:Cordyceps militaris=コルジセプス・ミリタリス)は、ブナの木の害虫ブナノアオシャチホコという蛾(が)のサナギをホストにしますので、まずブナの木が多い場所、湿度の高い水辺が有力な発生場所です。
まず、上記のようなここと思われる場所を探し、足を止め、目を皿のようにして探しますが、なかなか見つからないのです。

良い場所では沢山発生するらしいのですが、良い場所が見つからないのです。
一つ見つけた場所を中心に丹念に探しましたが、結局一つだけしか見つからず、目は皿のようになったままです。

目が皿になった筆者の顔? 自分でも想像が出来ません。(◎_◎;)



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  日本キノコ学界賞
球形磁気回路米国の評論記事 励磁スピーカー①  励磁スピーカー②  

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 19:31 | 健康食品 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2011年06月30日
アミガサタケについて(総集編)
本年は、春告げキノコ「アミガサタケ」に興味を持ち、初めての探索となった。4月中旬まで統一地方選挙のために身動きがとれず、遅いスタートとなりました。
アミガサタケは早いところでは2月末に「トガリアミガサタケ」の発生が始まり、桜の開花に前後して「アミガサタケ」のシーズンを迎える。

筆者がアミガサタケの探索に乗り出したのは4月末、標高の高い地域を中心にしての探索になったのは遅いスタートのためでした。

これまで「アミガサタケ」を一度も見たことが無く、ネットや文献で発生場所を想像して歩き回ると言う非効率な探索となりました。

5.3トガリアミガサタケ
①「トガリアミガサタケ」2011.05.03:山梨県須玉町地内
筆者が生まれて初めて出会った写真の「トガリアミガサタケ」、1本のみの発見でしたが嬉しかった。大感激でした!

5.8オオトガリ?
②「オオトガリアミガサタケ」2011.05.08 山梨県西湖周辺
大きな子実体ではないが、柄が傘に近いほうが太く、下部が細い形状だけ見ると「オオトガリアミガサタケ」の特徴を備えているように見える。
①の写真と比較すると、特徴的な違いが認められる。

5.8収穫
③「オオトガリアミガサタケ」&「アミガサタケ」2011.05.08:山梨県西湖周辺
アミガサタケの仲間は、イエロー系、ホワイト系、ブラック系と“色で分類する”観察方法もあるようだ。

5.15

5.15アミガサ

5.15収穫
④「アミガサタケ」2011.05.11:山梨県鳴沢村地内
写真は同じエリアで発生していたもので、日陰でやや湿潤な環境で発生していた固体は体高18cm、日照が多くやや乾いているところでは体高が5cm程の小さな子実体があり、同じ種でも発生環境により個体差が大きいことが解かる。

5.21アシボソアミガサ

5.21収穫
⑤「アシボソアミガサタケ」2011.05.21:山梨県富士北麓
写真①のトガリアミガサタケに似るが、柄の部分が細く“アシボソ“という呼び名に納得する。富士北麓のシラビソ林の外れで出会い、自然環境の中で発生する始めての群落となった。

5.28ヒロメの混合
⑥「オオトガリアミガサタケ」2011.605.28:静岡県富士南麓
これは厄介な固体だ、よく見ると「ヒロメノトガリアミガサタケ」のように網目がひろい部分を持ち、「トガリアミガサタケ」のように縦の網が充実しているが、ブラック系ではなく、イエロー系の色焼けのように見えるが、尖っているので「ヒロメノトガリアミガサタケ」の未成熟株なのか、新たな混合種なのかDNAを調べないと判断が出来ない。

6.8アシブトアミガサ

6.8オオトガリアミガサタケ
⑦「アシブトアミガサタケ」(上)&「オオトガリアミガサタケ」(下)2011.06.08:富士南麓&忍野村
写真の「アシブトアミガサタケ」と、④の「アミガサタケ」と形状を比較すると柄の部分の太さから“アシブト”と言っても良いだろうか。
下のは「オオトガリアミガサタケ」としたが、図鑑によっては「トガリアミガサタケ」と書いてある①写真と比較すると明らかに異なる種に見える。

6.11マルアミガサタケ
⑧「マルアミガサタケ」2011.06.11:山梨県瑞垣山
傘が丸く、柄は太い大型の子実体、傘が丸いだけで“アシブトアミガサタケ”との違いはあまりないように見えるが。

6.13コンボウガタ

6.13コンボウ収穫
⑨「コンボウアミガサタケ」2011.06.13:山梨県八ヶ岳
頭部は細く、柄が長い、いわゆる棍棒のような形状をしています。

6.23オオアミガサタケ
⑩「オオアミガサタケ」2011.06.23:山梨県八ヶ岳
既にとぼれ始めてしまった老菌なのが残念だが、成菌時は体高25cmを軽く超えると思われる立派な固体。大きな頭部を支えていた、柄の部分のコルゲーション(波状の補強構造)が見事ではないか。来年会える事を期待して写真に収めたのでした。

6.25 ヒロメの

ヒロメノトガリ

6.25収穫
⑪「ヒロメノトガリアミガサタケ」2011.06.25:山梨県八ヶ岳
山梨では標高1000m以上の山中に5月末から発生が見られるようです。写真の固体は標高1600を超える沢沿いで発見しましたが、カモシカの足跡しかない原生林で発見したときは本当に感動しました。大きなものは25cm位あり、堂々とたたずんできる様は、孤高の貴婦人と言えるほど美しく、山歩きの疲れが一瞬にして消えてしまいます。
富士南麓や瑞垣山も探索したのですが、同種が好みとする発生場所が解からず、難航したものの八ヶ岳で一つ目を発見すると、好みの条件が解かり大量に発生するエリアを探し当てることができました。

【まとめ】
「アミガサタケ」の仲間は他に「オオズキンカブリ」、「テンガイカブリタケ」、「シャグマアミガサタケ」等々があるが、これらは形状がはっきり異なるので今回は除くことにした。分類は山と渓谷社の図鑑「日本のきのこ」を中心に行った。
図鑑により写真が異なるなど、種の同定は混乱しているようで、形状に頼って行っているのか、遺伝子的な解析によるものなのかは不明である。
キノコは、同種内においても発生環境により形状が変化して分別がつきにくいものが多いのは、筆者のわずかな写真を見てもお解かりの通りです。
彼らは自分の生息する環境に合わせて進化し、形状を変えて生きていきますので、細かな分類はあまり意味がないかもしれないと思えました。

今回写真を載せたものたちは、皆加熱により毒成分が消え、世界中で食べられていますので、安心して楽しむことが出来る食菌といって良いでしょう。
ただし、触感は歯切れがやや悪く、味もさほど濃くありませんので、バターなどで風味をつけて食べるか、煮込み料理の出汁を期待して食べるのがよさそうです。
加熱すると1/2〜1/3程度に収縮し、小さなものは情けないほどです。
唯一評価できるのは「トガリアミガサタケ」の芳香の良さで、大型菌の方が味も濃く、食べ応えがありました。(フランス料理などで珍重されるのは大型の「トガリアミガサタケ」だと思います。)

発生する場所は、春先の公園などの桜やイチョウの木の回りを目安にすれば良いでしょう。
人間の生活に近い場所に出やすいきのこで、慣れてくると意外とわかりやすいキノコ達です。筆者のように向こうから“ボクだよ“と声を掛けてくるようになれば、しめたものです。
天然の環境の中でも発生しておりますので、春を楽しむ良い休日を送れるキノコ達です。

探索を行った初期の動機は、アミガサタケの人工栽培でしたが、食べてみると日本人の好む味でもなく、市場性も考慮すると本気になれないことがわかりました。
筆者の会社ではキノコの菌糸体の液体培養技術により、大量の菌糸体を生産することが出来ます。キノコ達は様々な固有成分を有しており、これまでの研究で、免疫活性による抗腫瘍効果、抗アレルギー効果、インフルエンザ感染予防などの効能や、アルツハイマーや認知症予防、肥満予防、瘦身効果等々、様々な有用成分の発見や効能を14に及ぶ大学や研究機関と共同研究を実施し確認してまいりました。
食用に用いるものでなくとも、人類に役立つ固有の成分を生産している可能性があるため、遺伝子資源の確保を行い、後の研究に役立てるつもりでサンプルを採取しております。
筆者にとって、楽しいキノコ探索と、薬理研究が両立する素晴らしい時間なのです。

毎日飲むだけで体が健康になり、しかも余分な脂肪が取れてしまう、魔法の健康食品の開発が進んでおりますので、メタボリックな体型を気にしている皆様には朗報となると思いますが、もうしばらくお待ちください。

最終までお読みくださり、誠にありがとうございました。
ご興味をもたれた方は、山梨まで遊びにお出でください。ご一緒にキノコ探索、あるいは弊社の世界一の音質のスピーカーで音楽鑑賞、どちらも楽しめる良いところです。



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  日本キノコ学界賞
球形磁気回路米国の評論記事 励磁スピーカー①  励磁スピーカー②  

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 16:05 | 健康食品 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2011年03月14日
炉心溶融・メルトダウンが起こったら
「趣味人倶楽部」のマイフレンド様から、炉心溶融が起こった際の緊急連絡がありました。

現在の福島原発、水素爆発が3号機でも発生した模様、炉心溶融までいたらなければ幸いですが、万が一放射能漏れが起こった場合を想定して、放射性ヨウ素から身を守る必要があります。

以下、連絡があった内容です。

>原発震災が起きたら、トロロ昆布をすぐ食べよう

> 「放射能で首都圏消滅ー誰も知らない震災対策」より引用
>
> 首都圏に飛んでくる放射能で、特に症状が出やすいのは、放射性ヨ
> ウ素による甲状腺異常です。
> 体内のヨウ素は70〜80%が甲状腺にあるため、放射性
> ヨウ素た体内に入ると、甲状腺に集まって、
> やがて甲状腺ガンを引き起こします。特に、若い人の発がん性が高
> くなります。
>
> 「甲状腺ガンから身を守りたい」
> チェルノブイリ原発事故で甲状腺の異常が増えて、甲状腺ガンが
> 20年経っても減らないことは前にお伝えしたとおりです。
> これに対する対策は、放射能を帯びていないヨウ素を先に体内に取
> り入れて、放射能が飛んでくる前に甲状腺をヨウ素で飽和させてお
> くことです。
>
> 体内に取り込むヨウ素は、一定量以上になると蓄積できずに排泄さ
> れるので、それを利用して放射性ヨウ素の被害を避けることが出来ます。
> もちろん、第一の対策は防塵マスクで放射能を体内に入れないこと
> で、これが最も重要ですが、さらに防御する意味で、日常的にヨウ
> 素を多く含んだ食品を食べるように意識しつつ、放射能の危険が
> 迫ったら、間に合うようにヨウ素をとれば有効な訳です。
>
> 「手っ取り早く」はヨウ素剤
> ヨウ素を体内に取り込むのに手っ取り早い方法は、ヨウ素剤です。
> 服用のタイミングは、放射能に襲われる直前がベスト。被ばく後で
> も3時間後で50%の効果があるとされています。
> 原発から半径8〜10Kmの自治体では、法令に従って、錠
> 剤のヨウ素剤を備蓄しています。
> それ以外の地域では備蓄していないので、前もってインターネット
> で販売されている物を買っておきましょう。小さいお子さん用に、
> 液体状にして飲めるキットも売られています。
> ただ、ヨウ素に過敏な体質の人は、錠剤を飲むと発疹などの副作用
> が現れることがあるので、用量、用法には注意が必要です。
>
> 「食品で取るならトロロ昆布」
> 食品でヨウ素をとるなら、副作用の心配はありません。特に多くヨ
> ウ素を含む食品は昆布で、ワカメの4倍くらい多く含んでいます。
> 普段から、昆布などの海草類をよく食べるようにすると共に、原発
> で事故が起こったと知ったら、食べやすいトロロ昆布などを多めに
> 食べるのが、無理のない、健康的な対策です。
> トロロ昆布は、乾いたまま一度にたくさん食べると腸内で膨張して
> 危険なので、お吸い物などに入れて食べましょう。
>
> 「ヨウ素をたくさん含む食品ベスト10」
> 乾燥昆布一切れ1枚1グラム
> トロロ昆布大さじ販売1グラム
> 乾燥ワカメ5グラム
> いわし中2匹96グラム
> さば1切れ100グラム
> かつお1切れ100グラム
> 焼き海苔10枚3グラム
> ぶり1切れ80グラム
> 塩鮭1切れ60グラム
> 寒天1角の半分4グラム

> +++
>10分でわかる原発震災のお話
http://www.stop-hamaoka.com/ehon/ehon.html

>日本の原発と地震 死ぬほど恐ろしい冷却水喪失
http://www.stop-hamaoka.com/kaisetsu-1.html

>緊急停止しても事故は起こる
http://www.stop-hamaoka.com/kaisetsu-4.html

民主党政権は、尖閣諸島の出来事に見られるように「隠蔽体質」ですので、充分気をつける必要があると思います。

悲しいお知らせですが、充分注意をしてご家族を守りましょう。


[ 投稿者:Beekon at 11:28 | 健康食品 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2010年12月31日
年末の出来事
12月23日、午後4時41分撮影の写真です。
帰宅すると玄関マットの上に、黒い物体が・・・。

DSCN6625
真っ黒なネコ、思わず車の中からシャッターをカシャ!
近づいても、ニャー、ニャー!、と鳴いて逃げる気配が無い、触ろうとすると2m程の距離をとり触らせない。

DSCN6630

軒先のウッドデッキに上がり、尻尾を下げて警戒する様子だが・・・
物ほしそうだ。
随分おなかが減っているんじゃないかな、付かず離れず、ニャー!と言ってついてくる。
見たところ1歳に満たない若猫が、どうやって暮らして、何処から現れたんだろう?

DSCN6746
愛犬のムサシ君には気に入られたようで、ご飯を食べても追い払われない。
翌日も家を離れないので、野良猫なのだろう、翌日も現れてご飯をねだるので、あげることにした。

DSCN6754
人懐こくなってかわいいので、次男がネコの家を作ってあげた。

DSCN6137
家に入れてあげたいのだが、家の中は愛猫“ビーコン”のテリトリーだ。
ビーコンは神経質なネコで、あまりフレンドリーな性格ではない。
しばらく慣れるまでは家の中に入れてあげられないのです。

DSCN6751
2010年12月31日
今朝の南アルプス(鳳凰三山)、日本中荒れ模様なのに、山梨は快晴です。

DSCN6750
昨夜の小雪が残る庭を散歩する“野良ちゃん”、クロちゃんと呼んでいるが
名前はまだ無い。
尻尾を上げ、安心した様子で近寄ってくるようになった。

年末の来訪者だが、すでに家族に一員としてなじんでいる。
「黒字の猫」だ、これは縁起がいいかもしれないと勝手に思うことにした。
きっと来年は、もっと良い年になるよという、神様からのメッセージかな?

今年を回想すると、わが国の政治も経済もひどい有様だった、この流れは来年にも持ち越されて、楽な年にはならないと思う。
気を引き締めて新年を向かえ、更なる飛躍に向かって頑張っていこうと思います。

読者の皆様、1年間ありがとうございました。
兎の様に飛び跳ねる、良い年をお迎えになられますように。(#^.^#)/



“Feastrex 注目のブログ10選”
ユニットの価格表 インドのオーディオ賞 CESレポート・①励磁型スピーカーの特徴
RMAFレポート③ RMAFレポート① 和紙製コーン紙 日本キノコ学界賞受賞
ネーチャーフラックス米国の評論記事

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 11:22 | 健康食品 | コメント(1) | トラックバック(0) ]

2010年10月18日
ヤマボウシ
本年6月8日に「ヤマボウシの開花」のブログを書きましたが、そのヤマボウシが赤く美しい実をつけました。

DSCN5288
DSCN5285

DSCN5007

ヤマボウシの実は、皮がやや固く、種が大きいのですがほんのりとした甘みがあり、ジャムにしたり、ホワイトリカーに漬け込んで「ヤマボウシ酒」を楽しみます。
適量を頂けば百薬の長、滋養強壮に大変よろしいと言われております。

DSCN5432
庭の「ムラサキシキブ」にも美しい実が光り輝いています。

DSCN5289

花を楽しんで・・・すでに4ヶ月以上が経過し、たわわに実った赤い実も落ち始めました。
あらためて移り行く月日の速さを感じつつ、今日という1日の大事さを噛締めて頑張ろうと決意した次第です。



“Feastrex 注目のブログ10選”
ユニットの価格表 インドのオーディオ賞 CESレポート・①励磁型スピーカーの特徴
RMAFレポート③ RMAFレポート① 和紙製コーン紙 日本キノコ学界賞受賞
ネーチャーフラックス米国の評論記事

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 09:12 | 健康食品 | コメント(9) | トラックバック(0) ]

2010年09月16日
ヤマブシタケ成分で特許取得
ヤマブシタケ菌糸体から検出した成分が、MRSA(メチシリン耐性 Staphylococcus aureus)に対し効果を発揮することを発見し、特許を取得しました。

ヤマブシB
ヤマブシタケ(山伏茸、学名:Hericium erinaceum)
サンゴハリタケ科サンゴハリタケ属の木材腐朽菌・日本名のヤマブシタケの由来は山伏の装束の胸の部分についている梵天(丸い飾り)に似ているため。
食べても美味しいキノコで、お吸い物にすると素晴らしい出汁を楽しめます。

発見した成分は、シアタン(cyathane)誘導体(erinacine Jと命名)
近年、医療・臨床分野において種々の抗生物質に対する耐性菌が出現し、院内感染を引き起こすMRSAが関係者の頭を悩ませております。

「シアタン誘導体」は、細菌(グラム陽性菌・グラム陰性菌)、酵母及びカビに対し抗菌活性を持ち、特に“MRSA”に対して有効なため、病院等の医療機関におけるMRSAの駆除に使用されることを期待しております。


培養タンク2
(キノコ菌糸体の液体培養タンク施設)

ヤマブシタケ菌糸体は、弊社の液体培養施設において大量生産が可能な為、実用化に向けて製薬会社等の提携先を検討中です。

ヤマブシタケはこれまで数多くの研究から、脳細胞の活性をはかり「アルツハイマー」や「痴呆症」の予防や改善効果が発表されたり、「ガン」や「アレルギー」に効果を発揮する免疫活性が発表されており、キノコが持つ有用成分の話題は尽きることがありません。

山梨は昨日と本日は待望の雨が降り、これまで不作だった山のキノコ達も来週には活性を取り戻すことでしょう。

キノコは山に入って探す楽しみ、食べる楽しみ、研究対象として無限の可能性がありますので、本格的なシーズンを向かえキノコの遺伝子資源の探索に気合が入って参りました。



“Feastrex 注目のブログ10選”
ユニットの価格表 インドのオーディオ賞 CESレポート・①励磁型スピーカーの特徴
RMAFレポート③ RMAFレポート① 和紙製コーン紙 日本キノコ学界賞受賞
ネーチャーフラックス米国の評論記事

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 09:47 | 健康食品 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2010年09月05日
バイクトライアル大会
本日は恒例となったバイクトライアル(自転車)の「ハリケーンカップ関東大会」が弊社の庭で開催されました。
参加選手数は100名程度で、集合した人数はご家族を入れると300名ほどになるでしょうか。

DSCN4924
参加者の半数以上が土曜からテント持参で泊り込み、広い庭に置ききれないほどの車です。

バイクトライアル関東大会
豆ライダーと侮ってはなりません、世界選手権で出場するような名手が沢山いるのです。

DSCN4921

DSCN4919

DSCN4916

DSCN4896

DSCN4912

DSCN4856

DSCN4850

DSCN4849

気温が35℃にもなる炎天下でも、皆さん平気そうな顔をして頑張っておられました。

庭は元社員用の野球場で、トライアルバイク用にコースとして8000坪程度を開放しています。
練習しやすい初心者向きから、山の裾野のベテラン用のコースもあります。
練習のために、毎週末には必ず何名かおいでになりますので、自転車やバイクなどのトライアルをお好きな方は遊びにおいで下さい。
(もちろん無料です。)


“Feastrex 注目のブログ10選”
ユニットの価格表 インドのオーディオ賞 CESレポート・①励磁型スピーカーの特徴
RMAFレポート③ RMAFレポート① 和紙製コーン紙 日本キノコ学界賞受賞
ネーチャーフラックス米国の評論記事

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 18:38 | 健康食品 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年06月18日
健康食品と美容関連・M3Dとのコラボ

山梨県から全国に展開している美容関係の元気な企業“㈱アクアビジョン”を知人の紹介でたずねた。

㈱アクアビジョンは独自技術の「M3D」システムをコアとして下記の事業を手がけております。
◆ 自社ブランド化粧品の製造及び販売
◆ 美容サロン経営
◆ 自社開発M3Dシステムの導入指導及び施術技術の指導
(最近スポーツドリンクも開発したとの事)

 《テレビのCMも見て下さい》

f5624f59

始めましてと、若林社長と名刺を交換すると、エッ!・・・秋山さんじゃないですか!?
ハァ?・若林さんて・・・(絶句)。
随分太ったので気が付きませんでしたが、5〜6年ほど前に同じ勉強会のメンバーであった若林君だったのです。

アクアビジョンは「美容」及び「健康」「若々しさ」「環境浄化」を事業の柱にしておりますので、元気な県内企業とのコラボが出来ればと訊ねたのですが、偶然のめぐり合わせに驚きました。

DSCN3455
(若林社長は自ら「M3D」施術も指導を行い、最近はアメリカ、韓国、台湾、中国などを飛び回り、大変な忙しさ)

筆者の会社の一つは、全国のフィットネスクラブ系事業所の80%以上にシャンプー等を販売しており、アクアビジョンはM3Dで全国にグループ美容サロンを展開中ですので、面白い事業展開が出来そうです。

ffb04531

「M3D」システムと弊社のキノコ関連バイオ技術を融合した、新しい健康食品が美容サロンに登場し、フィットネスクラブに新しいスポーツドリンクが販売されるような面白い展開が出来るかもと、打ち合わせが進みます。

マンガのような思いもかけない出会いに、お互いに驚き、楽しい話が進みました。



“Feastrex 注目のブログ10選”
ユニットの価格表 インドのオーディオ賞 CESレポート・①励磁型スピーカーの特徴
RMAFレポート③ RMAFレポート① 和紙製コーン紙 日本キノコ学界賞受賞
ネーチャーフラックス米国の評論記事

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 12:55 | 健康食品 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年06月08日
ヤマボウシが咲いた
ヤマボウシ(山法師、山帽子、学名 Benthamidia japonica )はミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木。(出典:Wikipedia)

DSCN3370

DSCN3369

今年は我が家の「ヤマボウシ」の花が例年になく見事に咲きました。

DSCN3444


清楚な花が、上から見れば真っ白に見えるほど咲き誇っております。

DSCN3445

夏が終わって葉の水分が減ってくると、風で擦れる音が、サラサラ⇒カサカサと音を変え始めます。
秋に赤く熟した果実を採取して、生で食べたりジュースにして食べ、果実酒にもお勧めです。

DSCN3446
(2006年に果実を漬け込んで4年目、古酒の風格が)
果実酒は、秋に熟した果実(300グラム位)+ホワイトリカー約1リットルに漬け込みます。
冷暗所に3ヶ月置き、布で濾して完成(さらに熟成させると良い)、滋養強壮に良い薬用酒になります。

花も実もある「ヤマボウシ酒」、健康にもよさそうですので、お試し下さい。



“Feastrex 注目のブログ10選”
ユニットの価格表 インドのオーディオ賞 CESレポート・①励磁型スピーカーの特徴
RMAFレポート③ RMAFレポート① 和紙製コーン紙 日本キノコ学界賞受賞
ネーチャーフラックス米国の評論記事

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 10:19 | 健康食品 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2010年05月15日
信州 北国街道 海野宿 
長野県上田市に向かう国道18号線が混雑していたため、脇道にそれると古い宿場町のある通りに出た。
東御市の「海野宿」であった。
お土産やさんのおばちゃんが「お客様いらっしゃいませ!駐車場はその先です。」と気軽に、しかもやけに明るい声で案内してくれたので足を止めてみました。

DSCN3184
料金300円の駐車場に隣接して「白鳥神社」があり、ケヤキの巨木が迎えてくれる。

DSCN3187
樹齢700年の堂々たる御神木です。
筆者は巨木フェチ、巨木は強烈な引力を放ち、なぜか引き寄せられてしまいます。

DSCN3176
宿中を小川にそって柳が植えられ、それだけで雰囲気充分な演出となっている。

DSCN3189

DSCN3208
卯建(うだつ)のある建物もあり、歴史を感じさせてくれます。

DSCN3201
筆者の住んでいる韮崎市も元は宿場町で、写真と同じような「馬つなぎ石」が残っております。

DSCN3205

宿場町の資料館、蕎麦屋、ガラス工芸店、骨董品店などなど、ぶらりと散歩をしながら楽しめます。
ここでであったお土産で一番気に入ったのは「乾燥トマト」でした。
フルーツトマトを乾燥させたもので、甘みと酸味が広がって癖になる美味しさです。

交通混雑のおかげで偶然の新しい発見があり、楽しいドライブになりました。



“Feastrex 注目のブログ10選”
ユニットの価格表 インドのオーディオ賞 CESレポート・①励磁型スピーカーの特徴
RMAFレポート③ RMAFレポート① 和紙製コーン紙 日本キノコ学界賞受賞
ネーチャーフラックス米国の評論記事

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 10:19 | 健康食品 | コメント(0) | トラックバック(0) ]