掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2016年02月15日
トリュフを食べてみた。
DSCN6273
「キングスウェル・音楽ホール」
キングスウェルは,筆者の先輩が経営する音楽ホール(イングリッシュガーデン・レストラン併設)です。
先日のフランス産・冬の黒トリュフを、レストランで調理して食べることに。
木曜日でしたので、パイプオルガンのコンサートがあり、食事前に、大好きなオルガンの調べを楽しみました。

DSCN6244
「無料のパイプオルガン・ランチタイムコンサート」
演奏:井上圭子さん、東京芸術大学オルガン科卒で世界的に演奏を行うバリバリのオルガニストです。
 
DSCN6264
演奏曲①ブクステーフーデ:プレアンブルム ホ長調 BuxWV141 ②ベーム:パルティ-タ“イエスよ、汝はいとも美し” ③J.Sバッハ:前奏曲とフーガ イ町長 BWV536

DSCN6275
「イタリアンレストラン・カンパーナ」
イタリアで7年修業を積んだ、Hシェフの料理はとても素敵です。
筆者が採取した、トガリアミガサタケやポルチーニをプレゼントしますので、旬のキノコの料理を提供することもあります。

DSCN6276
「フランス産・冬の黒トリュフを添えた、ポルチーニのクリームパスタ」
トリュフとポルチーニの濃厚な香りが、味に化学変化を与えて未体験の旨味を作ります。
芳醇な香りに包まれた、濃厚な味のパスタでした。

DSCN6279
「トリュフの風味、岐阜県産・猪のロースグリル」
写真を撮るのを忘れて食べ始め、途中の写真です。
冬の間のみ食べることができる猪のロース、臭みがなく、濃厚な味が詰まった肉を焼くと、素晴らしい香りです。
Hシェフがスライサーでトリュフを乗せ始めると、香が部屋中に漂います。
先輩のオーナーと、旨いね〜!と顔を合わせてつぶやきつつ、食事が進みます。

DSCN6281
「トリュフが添えられた、デザート」
専属のパテシエが作る出来立てのスイーツは、お代わりをしたくなるほど美味しいのです。

トリュフはそのまま食べても香りだけで、旨味を感じませんでしたが、味を支配する要素の80%は香りですから、料理に使って初めて実力を出す素材です。
トリュフのツンと来る香とほのかな味が、料理と化学変化を起こして新たな味わいを生み出すように感じました。

今年は、日本産のトリュフを採取目標に加えようと思います。
何だか忙しくなりそうな予感がします。



“Feastrex 注目のブログ12選”
  インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 08:48 | キノコ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年02月12日
D-9eβ Type-Ⅱ と励磁電源のテスト中

ユーザ様の希望で、D-9eβ Type-Ⅱと励磁電源を完成させました。
現在テスト中です。

DSCN6358
完成した励磁電源(特別仕様)
4V〜11Vのレンジで可変電圧、Feastrexの全てのスピーカーに適用します。

DSCN6353

電源ノイズフィルターを併設すると、さらに素晴らしい音調が得られます。

DSCN6355
サウンドパワープラント(電源ノイズフィルター)

DSCN5598
「D-9eβ Type-Ⅱ」
β(楕円形サブコーン装着)モデルは、高域の歪みを軽減する為に開発しました。
Type-Ⅱは、磁気回路のヨークが純鉄、トッププレート(金色)とポールピースがパーメンジュールで構成されています。
さすがにType-Ⅱとなると、外見も格調高いです。

DSCN6360

DSCN6359

大幅に進化した、Feastrex9インチドライバーの威力は凄いです。
重低音がラクラク再生されるばかりでなく、中高域の澄み渡ったサウンドが魅力です。
これまで様々な名器と呼ばれるスピーカーを聴いていますが、音の立ち上がり、キレの良さ、音楽表現においても、これにかなうものは無いと断言します。



“Feastrex 注目のブログ12選”
  インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 16:43 | スピーカー | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年02月08日
トリュフ元年かな?
DSCN6163

フランスから高価な冬の黒トリュフ(37,224円/100g)を購入しました。
日本のトリュフ(イボセイヨウショウロ)と香りの比較をするためです。

DSCN6165

黒トリュフの香りの本質は、日本のものとほぼ同じですが、格調高い素晴らしい芳香でした。

DSCN6202

ついでに、顕微鏡で胞子の観察を行いました。

DSCN6209

胞子の大きさは、ばらつきがあり2〜4ミクロンほどでした。
間の抜けたウニのようなイガイガ形状で、本で見た日本のトリュフの胞子より棘が小さくて、本数が多い印象です。

DSCN6210

信州FMのブログに写真をアップするのめんどくさく、最近はFacebookばかりに投稿しています。

昨年に続いてホンシメジを追いかけたいのですが、今年は国内のトリュフの仲間もターゲットにすることにしました。
何だか忙しくなりそうです。



“Feastrex 注目のブログ12選”
  インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 18:05 | キノコ | コメント(0) | トラックバック(0) ]