掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2015年12月29日
D-9eβ Type-Ⅱ 製作中

D-9eβType-Ⅱの組み立てを始めました。

DSCN5285
「D-9eβType-Ⅱ磁気回路」
Feastrexユニット名称を解説します。
Dimensionシリーズ・口径9インチ・Exciter(フィールド・励磁型)・βコーン(楕円形サブコーン)

DSCN5293

Dimensionシリーズは全て励磁型で、励磁コイル(フィールドコイル)が世界で唯一の真四角線で生産されます。
真四角線は、効率が良く発熱が少ないコイルの理想形、究極の励磁コイルです。

Type-Ⅰは磁気回路が純鉄製
Type-Ⅱは、ヨークが純鉄、ポールピースとトッププレートがパーメンジュールのハイブリッド構成です。
Type-Ⅲは、磁気回路の全てがパーメンジュール製です。

DSCN5291

DSCN5290
「圧入したパーメンジュールポールピース」

DSCN5299

忙しくてなかなか作業が進みませんが、もうすぐ完成の予定です。
Dimensionシリーズのスピーカー磁気回路は、馬力型とでも言いましょうか、F-1エンジンのような瞬発力が魅力です。
フェライトやネオジウムが多用される、最近のスピーカーと比較すると、圧倒的な過渡特性の良さがあり、素晴らしい再生音を聴かせてくれます。

Dimension(次元)と言う命名の通り、現在市販されるスピーカーとは次元の異なる再生音を聴くことができるのです。



“Feastrex 注目のブログ12選”
  インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 07:05 | 健康食品 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年12月24日
師走の1週間
DSCN0072

穏やかな天候が続く師走ですが、忙しくて、何もできない1週間が過ぎました。

DSCN0060
「宿泊地・銀座」
仲間内の忘年会の為に上京。

DSCN0068
「六本木」
久しぶりに、午前2時まで。

DSCN5164
「ハイゼットカーゴ・ターボ・4WD」
先日大破した愛車の後継車が納品になりました。
お気に入りの、ダイハツハイゼット、同型車種を2度購入は初めてです。

IBI+ 014
「10年ほど前の愛車」
変われば変わるものだと思います。
高級車は全て乗って、今はキノコ採りに便利な、軽四輪がお気に入りです。

DSCN0084

京都の得意先から、BHL「やくの」を回収。

DSCN0088
「京都駅ビル」
この建物だけは、少しゲージツの匂いがします。

DSCN0090
「東寺」

DSCN0096
大津PAからの「琵琶湖」

DSCN5203
「霧が出た、雨上がりの今朝の庭です。」

DSCN5247
「日の出」

DSCN5235

この間に来客が重なり、故障したEMT153イコライザーの修理もできず、9インチユニットの製作も全く手つかず。
まだまだ忙しい用事があり、落ち着きのない年末です。



“Feastrex 注目のブログ12選”
  インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 09:57 | ひとり言 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年12月15日
今年最後のナメコ採り

13日に、今年最後のナメコ採りに出動しました。
今年の11・12月は、自分にとって北方が凶の方位と言うことでしたので、進路変更で北西方面に行ってまいりました。

DSCN5128

DSCN5133
「あと数日早ければ」
こんな出会いばかりで、今年は本当にタイミングが悪かった。

DSCN5142

出会ったナメコは殆どナガレの状態でしたが、僅かに萌え萌えのナメコにも出会えました。

DSCN5143

DSCN5152

DSCN5155

今年は自分にとってナメコとタイミングが合わず、厳しい年でしたが、ナメコそのものも発生量が減ってきています。
収穫は5Kg程と貧果でしたが、それなり楽しい1日になりました。
ナラ枯れの良い状態の山が、関西方面に移動したようです。
来年は、西日本のナメコレポが入りそうな予感がします。



“Feastrex 注目のブログ12選”
  インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 07:14 | キノコ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年12月14日
EMT-930 改造終了

DSCN5122
「EMT-930]
愛用しているターンテーブルの、トーンアーム内配線、ラインケーブル、今回はイコライザ内部配線の単線化に挑みました。

DSCN5110
「EMT 153stイコライザー」
155stより音調がシャープで、私のお気に入りですが、バイオリンの高域がにじむし、ひきつった音が気に入らないので、トランスを外付けにして、内部の電源ラインにファインメットチョークを入れ、さらに配線をすべてFeastrexオリジナルの単線シールド構造のケーブルに交換しました。

DSCN5107

改造の過程でハムが出て大変苦労しましたが、何とか終了。
音調は思った通り、撚り線のにじみ音が消え、バイオリンの音がとても素直、ボーカルも生々しい。

撚り線のケーブル近接効果がいかに音を壊しているか、あらためて思い知りました。
Feastrexは、再生能力が高すぎるために撚り線のにじみ音や、高域が団子になっているのが聴こえるのです。
しかし、ケーブル交換でこれまで聞こえていた歪が無くなりました。

これは励磁型スピーカーの過渡特性が優れているためで、永久磁石のスピーカーでは理解できない究極の世界です。
皆さん、オーディオと言うより音楽を楽しみたいなら、是非一度聴きにおいでください。
新しい音楽再生の世界が、聴こえてくると思います。



“Feastrex 注目のブログ12選”
  インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 21:54 | スピーカー | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年12月09日
日本を代表する若手デザイナー

昨日は、日本を代表する若手デザイナー「太刀川英輔」君と、甲府駅近くでランチ。

DSCN5067

DSCN5068

風もなく、穏やかな日の富士山は優しい。

太刀川君は、ソーシャルイノベーションのためのデザインファーム「NOSIGNER」を立ち上げ、世界のデザインコンペで金賞を受賞したり、内閣府の「クールジャパンムーブメント推進会議」コンセプトディレクター等、幅広い活躍をしています。

無形を有形にする仕事はとても楽しく、Feastrexキャビネットデザインや、株式会社ウインドヒルのロゴや商品コンセプトなど、話が盛り上がって2時間があっという間になくなりました。

DSCN5069

DSCN5074
「韮崎からの甲斐駒ケ岳」
甲斐駒ケ岳は、凛々しく美しい、私が一番好きな山です。
以前、地元のお婆さんと話した時に、美しさでは「富士山なんかめじゃねえよ。」と語ってくれたことを思い出します。

真冬の良く晴れた日に、甲斐駒の写真を撮ってみたいと思います。



“Feastrex 注目のブログ12選”
  インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 13:32 | スピーカー | コメント(0) | トラックバック(0) ]

「科学的根拠の基づく健康寿命を伸ばす会」

「SPHLE」
Society Prolongation of Healthy Life Expectancy
NPO法人「科学的根拠に基づく健康寿命を伸ばす会」
設立記念講演会に参加して来ました。

DSCN0005 (2)
会場は御茶ノ水「化学会館」

kounosennsei

私の恩師、東京工業大学の河野教授が理事長を務めます。
河野先生は「活性酸素とフリーラジカル」研究において、世界の先駆者です。
化学反応は「酸化還元作用」が基になっていますから、ここを理解しておかないと、生命の健全な維持や医学の発展はないと思います。

DSCN0025

DSCN0035

新しい発見もあり、少しづつ前進しているように思えましたが、抗酸化物質の実態をとらえる技術がまだ不足していて、物質特定技術や関連の若手科学者の出現が待たれます。

DSCN0012

会場は御茶ノ水「化学会館」でしたので、当然 disk union にも足を伸ばしました。

DSCN0007 (2)

DU2

筆者は6000枚のレコードを持っていますが、新たに5枚購入。
こちらは、今後の整理整頓が課題です。(>_<)・°° 




“Feastrex 注目のブログ12選”
  インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 07:27 | 健康食品 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年12月04日
ナメコも終盤

12月2日のナメコ採り。
弊社の中村研究所長と、スピーカーユーザーのM氏と共に出動しました。

DSCN4982

長野県大町市から見た、雪を頂いた飛騨山脈が美しい。

DSCN4984
「愛車ハイゼット横転」
白馬村入り口の、下り右カーブの橋の床盤が雪解け水でアイスバーン、反射的にブレーキで後輪が左にすべり、コントロールを失って横転、幸い誰にも怪我が無く一安心。

DSCN4985

長い間キノコ採りで世話になった愛車だが、フロントガラス、サイドガラスが割れ、左サイドはぺしゃんこで、フロント車軸が狂って大破、やむなく廃車にすることにしました。
事故処理を終え、直ちにレンタカーを借り受けてキノコの山に向かうのでした。

DSCN4988
「いとしいナメコ」
既に朽ちかけたもの、新しく発生し始めたナメコが共存している様子。

DSCN4990
「食べ頃ナメコ」

DSCN4992
「既に終わったナメコ」

DSCN4993
DSCN4994
「ヒラタケ」

DSCN4999
DSCN5001

今回は期を逸したとしか言いようがありませんが、ビッシリ発生したナメコ達は95%以上がトボレかけ、とても僅かな収穫しか出来ませんでした。

ナメコは、雪に埋もれるまで発生を続けるものと思っていましたが、今回の様子を見ると、シーズンの終わりがあると理解しました。

愛車はダイハツハイゼットカーゴ・4WD・ターボで、大変気にいっていましたので、後継車種は同型にすることにしました。

Facebookにこの記事を投稿したら、馬鹿だアホだとキノコ中間は大喜び、やさしいお見舞いのお言葉も沢山頂戴しました。
今後は少し気をつけることにしました。



“Feastrex 注目のブログ12選”
  インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 11:47 | キノコ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年12月03日
D-9eType-Ⅱ

最近は9インチの問い合わせもあり、来客も多い。
皆様に体験して頂こうと、D-9eβType-Ⅱの製作に着手することにしました。

DSCN4962

トッププレートのパーメンジュールに金メッキを施し、ポールピースへのパーメンリングも手配中です。

DSCN4969

Dimensionタイプの励磁コイルは、世界で唯一の真四角線の励磁コイルを採用しています。
効率が良く、発熱も少ない理想のフィールド型に仕上がります。

DSCN4972

Type-Ⅱは、ヨーク、ポールピースが純鉄で、トッププレートには金メッキの豪華なパーメンジュール、ポールピーストップにパーメンジュールリングが取り付けられます。

DSCN4970

D-9eType-Ⅱは、部品在庫が2ペア分しかありません。
新たにまとまった注文がない限り、今後は生産しないつもりですので、早い者勝ちになります。

来訪者様の中に、オーディオブログを書いている“カノンD5さん”久しぶりにお目にかかりました。
試聴の感想が書いてありますので、クリックして覗いてみて下さい。

流石に9インチは、低音の出からが違いまして、迫力満点。
ジャズなどは楽しく聴けて、さらにバイオリンもこなす強烈なフルレンジになっています。

初冬を迎えて、キノコも終わりつつありますので、どうか遊びにおいでください。



“Feastrex 注目のブログ12選”
  インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 11:08 | スピーカー | コメント(0) | トラックバック(0) ]