掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2015年08月30日
8月最後のキノコ

8月最後のキノコ探索に行ってきた。
秋のキノコは、まだほとんど始まっていない、今年初めてドクツルタケに出会ったが、ショウゲンジは1本も見えなかった。

DSCN2949

驚きは、ヤマドリタケだった。
先週は1本だったのに、今回は3名で30本以上は採れた。
しかも出始めたばかりのものが多くて、3日後ならベストと言いたい状態でした。

DSCN2953

DSCN2957

DSCN2965

DSCN2974

DSCN2986

DSCN2989

DSCN3000

DSCN3004

DSCN3031

DSCN3035

今年の目標は、ホンシメジのシロを自分で見つけること。
9月半ばから、10月初めころまでの短い期間が勝負だが、どうなることやら。

ヤマブシタケ、サンゴハリタケは研究に必要な大事なターゲット、発生地が異なり、性質が違うものが数多く必要。

いつになく忙しいキノコシーズンを迎えることになる。



“Feastrex 注目のブログ12選”
  インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 20:30 | キノコ | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2015年08月27日
Feastrex・新βモデル登場

開発を急いでおりました「βコーン」が完成し、新・Naturflux-5eβ PIPモデルが誕生しました。

DSCN2845
「βコーン」
Feastrexの初期型は、真円錐形状のサブコーンが付けられておりましたが、βコーンは楕円形に変更しました。

DSCN2922

真円錐形状は、特定のピーク感がありバイオリン再生に難がありましたので、αモデル(シングルコーン)に変更されました。
シングルコーンを極めましたが、高域の表現力に限界があり、サブコーンの復活を検討してまいりました。

DSCN2930
「Naturflux-5eβ PIP」
楕円形のβコーンは、共振点が分散されるため特定のピークが表れにくく、角度、大きさなども従来のサブコーンとはすべて異なり、バイオリンの再生においても、伸びやかな鮮度感ある再生音を実現しました。

DSCN2935

シングルコーンを極めた技術を土台として、繊細かつパワフルな大変素晴らしいユニットに進化しました。
ただし、従来型のキャビネットを使用する場合、低音が出すぎてしまうために、補強や形状の変更が求められます。
新しいキャビネットの設計も開始しなければなりません。
5インチサイズで、これほどの低音再生能力を持つユニットはないでしょう。

DSCN2919

フランスからD-9e Type-Ⅲのオファーがあり、βコーンの搭載に向けて試作が進んでおります。

既に視聴用のユニットを聴けますので、お時間を作って遊びにおいでください。



“Feastrex 注目のブログ12選”
  インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 06:40 | スピーカー | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年08月14日
雨にもめげず、富士山へ

昨日は友人と富士山へ、山は雨が降り出していたが、めげることなく突入。

DSCN2782

DSCN2771

ヤマドリタケは、暑さのせいか二人で4本、それも小さなものばかり。

DSCN2772

DSCN2779

DSCN2827

DSCN2788

DSCN2799
「フジアザミ」

DSCN2802

DSCN2807

DSCN2810

DSCN2815
「ハナビラタケ幼菌」

DSCN2818

DSCN2820
「ハナビラタケ」
この個体は、ハナビラより根元が充実した珍しいもので、研究用のサンプルとしてとてもありがたい。

DSCN2822

盆が過ぎれば、富士山は一気に秋だ。
低山の雨不足が気になるが、あと1か月すればキノコ真っ盛りに、今のうちに足を鍛えておかなければいけません。



“Feastrex 注目のブログ12選”
  インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 12:40 | キノコ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年08月10日
高原は秋風

先週末は、近くの林道の様子を見に行きました。
最近は雨が降らず、猛暑のため、山はカラカラに乾燥してキノコの発生はない。

DSCN2509

DSCN2510
「アナグマ」
コウタケのシロに行くと、4頭のアナグマが下山してきた。
私に気づいても急ぐ様子もなく、巣穴の近くで食事を始めた。

DSCN2518
「ヘビガライチゴ」
林道脇に美しい赤い実が、童心に帰って沢山食べました。
少し酸味があり、懐かしい味が口の中いっぱいに広がります。

DSCN2631
「横尾山登山道」
低い山では夕立もないので、信州峠に向かい、標高1810の横尾山頂を目指してきつい坂を過ぎると、爽やかな高原の風が迎えてくれた。

DSCN2541

DSCN2577

DSCN2598

DSCN2605
「山頂付近にコウタケ」
今回は、あきらめていたキノコに巡り合いました。

DSCN2609
DSCN2561
「ワレモコウ」
筆者が大好きな山野草の一つ、高原はススキが穂を出し、ワレモコウが花を咲かせていて、すっかり秋の気配だ。

DSCN2629

DSCN2635

DSCN2647

DSCN2658

DSCN2653

キノコの様子を見に出たつもりが、山登りになってしまった。

登山道で汗だくの衣服は、高原の乾いた風がたちまち吸い取っていきました。
日差しは強く、タオルの鉢巻を帽子に交換。
高原の草花たちにレンズを向けて、楽しいことこの上ない。

9月中旬まではキノコも一休み、まとまった雨が降らないかな。


“Feastrex 注目のブログ12選”
  インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 06:59 | キノコ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年08月07日
夏・コウタケ・ヤマドリタケ
]
夏のコウタケを採りに行きました。
朝早く目が覚めると、コウタケが呼んでいる気がしたので、出かけることに。
現地では既に先客が準備中、来年はもう一日、もう30分早く来ようと思いました。

DSCN2411

DSCN2412
「コウタケ」
やはりと言うか、待っていてくれました。

DSCN2419

DSCN2501

おそらく、昨年と同じ日に来たらこのコウタケは先行者のものでした。
虫の知らせと言うか、朝呼ばれている気がしたのはこういうことでした。

DSCN2465

DSCN2471

DSCN2439

DSCN2455

DSCN2451

DSCN2500

DSCN2498

少し足を延ばしてヤマドリタケの様子を見に行きましたが、猛暑のせいでしょうか、競争率も高くなってきていて、4本しか採れません。

夏の早出のコウタケはここまでかな、本格的には9月半ばころから、ホンシメジ、マツタケ、コウタケ、マイタケ、美味しいキノコが出る季節までもうすぐです。



“Feastrex 注目のブログ12選”
  インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 06:52 | キノコ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年08月01日
ポルチーニとコウタケ

木曜(7月30日)は、友人たちとポルチーニ探索、昨夜はブルームーン、本日は、早起きをしてコウタケを採ってきました。

DSCN2227
「サンコタケ」
真言密教の法具三鈷杵に形が似ているので命名されたようです。面白い形だが、臭いのです。

DSCN2234
「ソバナ(杣菜)」
山菜として珍重されるらしいが、食べたことがない。

DSCN2239
「フジウスタケ」
巨大なラッパがあちこちで見られ、富士山の凄味を感じます。

DSCN2240
「タマゴタケ」

DSCN2245
「ヤマドリタケ・ポルチーニは3人で10本しか採れなかった」

DSCN2271
「アカヤマドリ」
夏キノコは沢山発生中で、たちまち籠がいっぱいになるほど。

DSCN2275
「オニイグチ」

DSCN2276
「ニガイグチの仲間」

DSCN2309
「昨夜の満月」
ブルームーン、一月の中で2度目の満月をそう呼ぶらしい。

DSCN2316
「テラスから」

DSCN2347
「コウタケ」
香茸と呼び、独特の香りを放ち、味も良く、筆者が好きなキノコの一つです。

DSCN2348

DSCN2354

DSCN2358

コウタケは発生環境が限定され、幻のキノコと呼ばれることがあります。
昨年からコウタケの探索をテーマに、発生個所などの勉強を重ね、1年で概ねマスターできたような気がします。

DSCN2372
「ギンリョウソウの果実」

今日は朝早く起きて山に行き、10時半に帰宅、コウタケのホイル焼きでビールを頂き、昼寝になりました。
幸先の良い8月の出だし、夏キノコに秋のキノコが混ざり始めて、忙しいことこの上ない。



“Feastrex 注目のブログ12選”
  インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 15:27 | キノコ | コメント(0) | トラックバック(0) ]