掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2014年12月14日
小田原・邪宗門様のキャビネット調整
DSCN0020
「神奈川県小田原市小八幡2-12-26 三寶寺」

小田原・邪宗門様に設置されているFeastrex・F-60キャビネットは、Wコーン時代に設計されたキャビネットです。
昨年、Wコーンからシングルコーンに換装し、低域が出すぎて箱が鳴ってしまっているようですので、キャビネット調整に行って参りました。

DSCN0018
「音茶房・小田原邪宗門」は、美味しいランチや、コーヒー、ケーキなど、美しい音楽を楽しみながら頂けます。

DSCN0032
邪宗門は「三宝寺」境内にありながら、十字の看板が・・・。

DSCN0016
邪宗門に入ると、JBLパラゴンが鎮座しております。
筆者も憧れて一時所有しておりましたが、最高に贅沢なスピーカーなのです。

DSCN0056

Wコーン時代は低域が若干でにくかったのですが、シングルコーンに換装した、Nf-5eαPIPユニットは低域がズンズン出てきます。

キャビネット内に補強を兼ねた、低域を抑制する為の改良を行いました。

DSCN9324 - コピー

同時に、スピーカーケーブルをFeastrex純正のOFC-1400α(銅単線・シールド構造)に交換して、低音の締まりが良くなり、中域の解像力が格段に向上しました。

DSCN0046

DSCN0040

キャビネット調整とケーブル交換で、音像が随分シャープになってまいりましたが、こうなるともう少し追い込んでみたくなるのが人情。
少し鳴らしこんでから、またお邪魔して再調整をすればと、思い始めているのでした。

邪宗門様のブログを覗くと、すでに筆者の作業中の様子がアップされておりました。

美味しい魚料理をご馳走になり、楽しい楽しい調整作業になりました。
この度は大変お世話になりました。



“Feastrex 注目のブログ12選”
  インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 17:40 | スピーカー | コメント(0) | トラックバック(0) ]