掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2014年10月08日
コウタケ探索終了
今年の探索目標は、「コウタケ」でした。
初めて探したキノコでしたが、7月から発生を確認することが出来て、大変勉強になった年でした。

最大の収穫は、自分の会社から車で10分程度の場所で、何箇所もコウタケが発生するシロを発見できたことです。

DSCN1341
本日は、標高を下げて600m付近の里山を、1時間半ほど歩いてきました。

DSCN1325
「ハナビラニカワタケ」研究サンプルとして採取しました。

DSCN1338
DSCN1333
DSCN1331
「ムレオオフウセンタケ」
漢字なら「群大風船茸」とでも書くのでしょうか、とにかく大きのが一度に沢山取れるし、食べても美味しいキノコです。
ここでは、レジ袋二つがいっぱいになるほど採れました。
コウタケ探索の副産物で、今年初めて出会ったキノコですが、大歓迎です。

DSCN1344
「終わったコウタケ」
今年の経験から、コウタケは意外と身近な場所に発生するフレンドリーなキノコと判明しました。
車を走らすと、ここには発生するとすぐに解る様になって参りましたので、これまで気にも留めなかった雑木林が愛おしく見えてきました。

以下は、前回の探索で見つけたコウタケです。

500x500-49152

500x500-49152 (2)

500x500-49152 (1)
「乾燥が進んだコウタケ」
このような株が10数箇所に発生していましたが、タイミングが遅かったこと、雨が降らず乾燥が進んだことで、痛み始めていました。

500x500-49152 (3)

今年の探索結果として、コウタケは発生箇所が意外と多く、さほど苦労を伴わずに採れると解りました。
夢に見た大収穫は、来年の楽しみにとっておきましょう。(*^^*)v



“Feastrex 注目のブログ12選”
  インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 17:14 | キノコ | コメント(2) | トラックバック(0) ]