掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2014年01月05日
究極のケーブルが完成
新年おめでとうございます。
昨年暮れに完成しましたFeastrexの「Anti-cable proximity effect」・究極の新作ケーブルをご紹介します。

DSCN9314

現在市販されているケーブルは、殆どが拠り線であるためにどんなに高価なものでも、「ケーブル近接効果」が発生して、再生音が滲んだり、ボケてしまっています。

「ケーブル近接効果」(Cable proximity effect)
導体#1 の近傍に導体#2 が存在する場合、導体#1 に流れる電流による電磁界によって、導体#2 に電流が溌生すると同時に、導体#1 の電流は流れにくくなる。この現象を近接効果という。(図、1)

38334

(2本の単線ケーブルが平行に置かれた場合の図ですが、拠り線の場合にはこれが内部でも無数に発生して、抵抗値に揺らぎが出来てしまいます。)

Feastrexフルレンジスピーカーは、再生能力が優れている為に再生機器から発生する、ノイズや音ボケなどを見事に再生音として表現してしまう。優れたケーブルを探してみたのですが、市販品には近接効果を排除した製品は皆無でした。


無題

これまでブログで紹介したように単線・シールド構造は、自作するしかなかったのですが、ユーザー様たちが気軽に最高の再生音を楽しめるようにと、世界で始めての「近接効果・対策ケーブル」(Anti-cable proximity effect)を生産したのです。

DSCN9339

「Anti-cable proximity effect」ケーブルの種類は2種類で、スピーカーケーブルに適した線径=1.4mmとピンケーブル用の0.8mm(いずれもOFC・4N2種無酸素銅線)です。

DSCN9318
「OFC-800α/SC・外径 2.7mm・価格:2100円/m」

DSCN9323
「OFC-1400α/SC・外径3.7mm・ 価格:2500円/m」

DSCN9343
【スピーカーケーブル・ピンケーブル・電源にも使用してみました。】
単線を使用すると音がきつくなると言う人がおりますが、単線は振動に弱く、シールドが無ければノイズを拾いますので、これらの影響を排除すればこれを凌ぐものは無いと思います。
励磁型スピーカーなら、入り口から出口まで100%の使用をお勧めします。

但し、永久磁石を使用したスピーカーの場合は、ピンケーブル・スピーカーケーブルに留めておかないと、スピーカーそのものの荒れた音が出てしまいますので、注意が必要かもしれません。

Din52OYD
「美しく仕上げたトランス式アッテネーターも、配線をしなおしました。」

DSCN9344
「OFC-800α/SCで再配線」

これまで自作して使用していた「近接効果対策ケーブル」と比較しても、情報量が増し、音像の定位、静かさは見事なものです。
自作のアッテネーターも裸線から変更すると、高域の伸びやかさが増すと同時に低域の分解能が向上して文句のつけようがありません。
以前使用していた、7N高級ケーブルもまったく歯が立たない、レベルのケーブルに仕上がっております。

ご自分の再生装置の向上にご興味があれば、是非一度ピンケーブルかスピーカーケーブルとしてお試し頂ければ幸いです。
なお、Feastrexユーザー様には特典割引サービスを行なうつもりですので、皆さん遠慮なくお問合せ下さい。



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 15:30 | スピーカー | コメント(0) | トラックバック(0) ]