掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2012年10月30日
里山のキノコは順調
昨日は晴天、午後から韮崎市内の里山のキノコの様子を見てきました。

DSCN6384

一昨日と同じ標高600m〜少し山を登ると、シモフリシメジ、アブラシメジモドキ、ナラタケ、クリタケ、ムラサキシメジ、ハタケシメジなどなど、不明種のキノコも沢山発生中。

DSCN6389
「シモフリシメジ」

高い山の尾根筋は乾燥が進んで思わしくないので、水分のありそうな中腹狙いが良かったようです。

DSCN6393
「アブラシメジモドキ」

地元のキノコ愛好者にも出会うのですが、沢山採れているために、皆さん満足そうな笑顔で収穫したキノコを見せてくれます。

DSCN6396
「ナラタケ」

昨日は最高気温が20℃を超えて、汗ばむような暖かさ。
こんな調子なら、来週も楽しいキノコ探索が出来そうです。



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 17:15 | キノコ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2012年10月27日
コウタケのつもりが・・・
今週の初めに、弊社の研究所長がコウタケを採ってきました。
それならと、コウタケ探索に出動したのですが、トボレた個体を見つけたのみでした。

コナラ林

探索は標高の低い里山(600m)を歩いたのですが、何と白マイタケを発見。
既に流れ始めていたのですが、里山のコナラ林で、道路から程近い場所に発生を確認できたのは嬉しかった。

しろまい2
しろまい
「白マイタケが3株」

むらさき
「ムラサキシメジ」
ムラサキは晩秋のキノコ、比較的早く出る白マイタケと同日に見れるなんて異常としか言いようがない。

きいろ
「なんずら?」

はな1
はな2
「ハナイグチ」

ナラタケ
「ナラタケ」

スギタケ
スギタケ群
「スギタケ」大群生遭遇しました。
不作の年にこれだけの群生は、見るだけでも楽しいものです。

くり1
くり2
「クリタケ」
コナラ林の常連、小さいコロニーだがあちこちに発生中だった。

赤い実
「何の実ズラ?」
ダイヤモンドやルビーもかなわないほど美しい。
読者様よりの連絡で「ヒヨドリジョウゴ」と判明しました。ありがとうございました。

新聞
今日の地元紙に、富士山周辺のキノコからセシウムが基準を超えて計測され、天然キノコの販売が禁止された。

何とも言いようのない残念なニュースだが、東京電力は知らぬ顔を決め込んでいる。



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 21:45 | キノコ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2012年10月20日
チャナメツムタケの大発生開始!
ちゃなめ〜!

1万坪を超える広いチャナメツムタケの畑、昨年同様に大爆発が始まりました。
おそらく・・・2~300Kg位の量のチャナメが出ると思われる、超優良な畑です。

くりすます?
「クリスマスカラー」
ここは昨年発見した、チャナメの畑で、仲間と100Kg以上は収穫しました。
ちょっと座ると、10本、20本と発生していて、収穫するだけで疲労困ぱい。
キノコ狩りも、重労働なのです。

c1

c2

C3

C4

C5
「チャナメツムタケ」
昨年同様の大発生が始まり、スクワットの連続で足腰が強くなります。
酒蒸し、鍋物、ピザも良いでしょう。

黄色の葉
「標高1100m、紅葉が始まっています。」

クリフウセン
「クリフウセンタケ」
この場所のクリフウセンは、今年の暑さと雨不足で、発育が悪く発生数量も30本程度。

しろなめ
「シロナメツムタケ」

ナンズラ
なんずら2
「クリタケモドキ? ニガクリタケモドキ?」
美しい黄色のキノコの群生がありましたが、なんでしょうか?

オニナラ
「オニナラタケ」
株の発生数量は少なかったけど、あちこちに発生していてかなりの量になりました。

野菊

今日は収穫の練習なので、10Kg程度を採って帰ってきました。

来週が本番ですが、仕事が忙しくなりそうで、一回しか行けないでしょう。
明日は、大先輩(キングスウェルのオーナー)を同伴して、収穫体験を実施します。

チャナメの大量発生に、驚く顔が楽しみです。(*^^*)v



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 19:58 | キノコ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2012年10月11日
お散歩コースのキノコ
今日は、義兄のキノコデビューと言うことで、お散歩キノココースを選択。

主に、ハナイグチをと思ったのですが、3連休後の山は厳しい。
車を横付けできるカラマツ林は、足跡だらけで完璧と思るほど採り尽くされていた。

はな
「ハナイグチ」
それでも少し奥へ進めば、ポチポチとキノコ達がいた。

くりふうせん
「クリフウセンタケ」
袋いっぱいになる程の群落が、山の入口に待っていた。
キノコハンターの気持ちと目線が、奥へ奥へと向かうために、入口の目溢しにありつける。

ちゃなめ
ちゃなめ2
「チャナメツムタケ」
カラマツの林を歩くと、かなりの量のチャナメツムタケが発生を始めていた。

シロヌメリイグチ
「シロヌメリイグチ」

カラカサタケ
「カラカサタケ」

かやたけの
「カヤタケの仲間」

オオミノクロアワタケ
「オオミノクロアワタケ」

斜面の緩いお散歩コースを歩いたのだが、最終的にはかなりの重さのキノコ狩りになりました。

最近感じるのはキノコハンターの急激な増加だ、団塊の世代の皆さんがサンデー毎日、若い人も多くなっている。
自然に親しむ人が増えるのは大変良いことだが、競争率が高くなって雑キノコさえ尊くなってきた。

標高1400mの山の朝は、気温が4℃まで下がっている。
高い山にはもうすぐ霜が下りて、短い秋が終わるのだろう。



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 21:51 | キノコ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2012年10月09日
アミタケの爆発に遭遇
今日は昨年大変良い思いをした、チャナメツムタケの畑を点検しに行ってまいりました。

ちゃなめ
唯一発生の「チャナメツムタケ」
1万坪を超えるチャナメの畑ですが、1固体のみ発生を確認、チャナメの斜面には水気があり、「全山発生準備中」、と言った感じでした。

おうぎ+あみ
「オウギタケ&アミタケ」ペアでの発生をよく見かけます。

あみ3
あみ2
「あたり一面アミタケだらけ」

ハナイグチ、ニガクリタケの群生に遭いましたが、極めつけはアミタケの大爆発で、1時間以上も座り続けて3Kg程度採取しましたが、採りきれるものではありません。

昨年のチャナメの爆発を思い出しながら、途中でいやになって帰ってまいりました。

ニガクリ
「ニガクリタケの群生」

なに1
「キツネタケの仲間でしょうか」

なに2

写真のキツネタケの仲間らしいキノコは、ウラムラサキにも見えますが何でしょうか?
お分かりの方は、是非教えてください。



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 19:55 | キノコ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2012年10月08日
里山は乾燥中
今日は午後からスピーカーご試聴のお客様が見えるので、午前中2時間を里山探索へ。

オオムラサキアンズタケ
「昨年撮影のオオムラサキアンズタケ」
昨年のオオムラサキアンズタケの写真が、イマイチだったし、セイタカイグチの写真も撮りたいと出かけました。
三脚とレフ板を用意して、気合を入れて出かけたのに、群生していた昨年とは別世界。

アミタケ1
「アミタケ」
山梨の9月は、観測史上最高の高温だったこと、雨が殆ど降らず、里山は乾燥が酷く尾根筋には全くキノコ無し!

やむなく水分の多い林道脇、日当たりの良くない場所を探して、アミタケだけはまずまずの収穫を得て帰ってまいりました。

アミタケ3
「アミタケ」

カバイロツルタケ
「カバイロツルタケ」

はつたけ?
「ハツタケ」

なんずら? 横から
なんずら? 管孔部
「ナンズライグチ、その1」

ナンズライグチ
ナンズライグチ 斜め上
「わからんイグチ」ニシキイグチ近縁種?
アミタケ以外は、なんずら&ワカランイグチ、ハナイグチ、ヌメリイグチがパラパラあった程度でした。

昨日の瑞々しいミズナラの森とは別世界、今年のキノコは探索場所の選定が難しい。
皆、苦労しているんだろうな。


“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 19:22 | キノコ | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2012年10月07日
ミズナラの森のキノコ
今日は山梨県の東側にあるミズナラの森を訪ねました。
朝降っていた雨が上がって、山の入口からキノコだらけ、爽やかな探索になりました。

みずなら
「ミズナラの森」

マイタケ
同行した弊社の応用キノコ研究所の中村所長が、2Kgに届きそうなマイタケを発見。

シイタケ
【シイタケ」

ヤマブシ
【ヤマブシタケ幼菌」

ウスヒラタケ
「ウスヒラタケ」
ナイフでそぎ採るほどの発生が何箇所も。

ナラタケ border=
「ナラタケ」
たちまち袋がいっぱいになるほど採れました、キノコ鍋によく合う食菌です。

ブナハリ
「ブナハリタケ」
大量発生中、重くなり採りきれなかった。

ヒイロガサ
「ヒイロガサ」

ツキヨタケ
【ツキヨタケ・毒】

キイロスッポンタケ
「キイロスッポンタケ」

ヌメリスギタケモドキ
「ヌメリスギタケモドキ」

ハナイグチ2

ハナイグチ
「ハナイグチ」
帰り道にはハナイグチが大爆発していました。

先ほどキノコ鍋、天ぷら、焼キノコ、消化不良になるかと思えるほど沢山、美味しくいただいて日記を書いています。

キノコ鍋の後の雑炊とウドンは絶品、病み付きになります。
膝が笑うほど急斜面を歩きましたので、ゆっくり風呂に入って寝ることにします。



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 20:51 | キノコ | コメント(0) | トラックバック(0) ]