掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2012年09月30日
八ヶ岳・御嶽山・富士山のキノコ

例年なら9月後半はキノコの盛り、今年は強烈な猛暑少雨のため、まだ夏キノコが発生中。
キノコの数が少なく、出動回数を増やしてもなかなか良い思いが出来ないでいる。

八ヶ岳、日和田高原、富士山を日を空けずに探索したが、さしたる成果は無し!

【八ヶ岳登山道】

イブキジャコウソウ
「イブキジャコウソウ」
葉を手で揉むと、かすかに麝香の香りが漂ってくる。

カベンタケ
「カベンタケ」

アカモミタケ
「アカモミタケ」
他のキノコが少ない中で、本種だけはまずまず採れた。

オニナラタケ2
オニナラタケ
「オニナラタケ」
このほか、ハナイグチがポチポチと発生している程度で、全くの不作でした。

【日和田高原】

そまが池
「そまが池」

ユキザサ
「ユキザサの実」
キノコは少なくても、こんなのに出会えるので止められない。

なんずら幼菌
「なんずら?」

オオツガタケ
「オオツガタケ」
最高に美味しいキノコだが、3人で歩いて20本程度しか採れなかった。

ベニテング
「ベニテングタケ」

オオミヤマトンビマイ?
「ミヤマトンビマイ」

リンドウ
「リンドウ」
キノコは極端に少ないのに、リンドウはあちこちから紫色の光線を放っていて、高原の秋を楽しませる。

【富士山・標高1400~2200m】

ヌメリササタケ2
ぬめりささたけ
「ヌメリササタケ」ではなく⇒「アブラシメジモドキ」が正解かも? 
こいつはあちこちに発生中、モミの幼木の枝をどけると隠れている。
重くなるほど採ってきた“ほうとう”や“鍋物”にとかなり楽しめる。

キヌメリガサ近縁種
「キヌメリガサ近縁種」
唐松の林内に大量に発生、キヌメリガサと思ったが傘の形状から、近縁種だと甚六親分が教えてくれた。

ハナイグチ3
ハナイグチ4
「ハナイグチ」
こいつは標高に関係なく発生していたが、1600m以下の場所の方が発生量は多いように思えた。
今がまさに旬で、沢山採るなら今がベスト、爆発中です!

コケモモ
「コケモモの実」
赤い実が熟すと、富士山のキノコもそろそろ終わり。
目当てのマツタケ、クロカワには出会うことが出来なかった、今年は歴史に残る不作なのか、これから毎年なのか?

これまで思うようなキノコの発生が見られず、今降っている台風の雨が今後の僅かな望みを繋ぐ。
諦め半分、期待半分の、後半に続く。



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 18:37 | キノコ | コメント(7) | トラックバック(0) ]

2012年09月24日
天然マイタケ・キノコ5種類の豪華ピザの巻!
趣味人倶楽部のマイフレPolepoleさんが採取した天然マイタケを、ご好意によりご送付いただきました。

マイタケ
「高知県産:天然マイタケ」

Polepoleさんの日記を見て「うらまやし〜!」を連発してしまったので、しょうがない奴だ!と思っていただいたようでした。

レストラン
「キングスウェル・レストラン棟」

バラ
「レストランのバラ」

先週末に採取したキノコと共に、早速に「キングスウェル」のレストランに持ち込んで、オーナーとシェフに相談すると
「パスタとピザにして食べましょう!」と、意気投合。

まず出てきたのは、天然マイタケ他4種キノコの競演、スペシャルピザ。

5種ピザ
「キノコ5種のスペシャルピザ」
上から時計回りで「アカヤマドリ⇒ホコリタケ⇒ショウゲンジ⇒マイタケ⇒ホウキタケ」

5種類のキノコから立ち上がる香りが素晴らしく、それぞれの個性豊かな味と香りを楽しみました。

・アカヤマドリ=独特の香りが演出する芳醇な世界
・ホコリタケ=滑らかな独特の舌触りはマロングラッセ
・ショウゲンジ=はんなりとした香りと腰の入った旨味
・マイタケ=爽やかな香りに濃厚な旨味
・ホウキタケ=意外とよい香りに苦みばしった味わい

ざっと印象を述べるとこんな感じですが、そこは食べてみないと語れない楽しい世界が待っていました。

パスタ
「天然マイタケが主体の濃厚パスタ!」

マイタケの旨味とチーズのコラボレーション、大変濃厚な味と香りを演出します。

食べながら感じたことは、これは免疫力がかなりアップするメニュー、奥行きがある深い味わいで、幸福感がみなぎってきました。

パスタ ピザ

*^^* 「これは贅沢の極みだな〜」と、オーナーがつぶやきました。

世界中を歩いて、美食の限りを尽くしてきたオーナーの
つぶやくような一言で、全てを理解してください。

ルリアザミ
「ガーデンの瑠璃アザミ」

今回、このような豪華な昼食を頂けたのも、マイフレPolepoleさんのご好意のおかげです。
この場をお借りして、厚く感謝を致します。
ありがとうございました。
ガーデン
「キングスウェルガーデン」

信州キノコの会のメンバーと、富士山のキノコ探索の帰りに立ち寄って、自分達が採取したキノコのピザが病みつきになりました。
最近はオーナーも、キノコ狩りに連れてってと言い出す始末。
キノコの力は凄いと、しみじみ感じる今日この頃です。



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 19:35 | キノコ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2012年09月20日
キノコのデリ~シャス・ピザ
今日は、Feastrexスピーカーのユーザー様を誘って、昨日収穫したキノコを、キングスウェルのレストランでピザにして食べました。

ヤマドリ サクラ
「ヤマドリタケモドキ(左)・サクラシメジ(右)」

ヤマドリタケモドキは、ピザに焼くと柄の部分は薄紫になり、ポルチーニと全く遜色ない風味が漂い、欧米人が泣いてありがたがる理由がよ〜く理解できます。

変り種のサクラシメジは、焼き上がると黄色に変化しましたが、美味しさはチチタケとよい勝負か? 悪くない。

ショウゲンジ
「ショウゲンジ様のピザ」

定番になりつつある。ショウゲンジ様のピザは、はんなりとした風味に僅かな塩加減が、病み付きになりますね。

採れたばかりのキノコだけでなく、乾燥したアカヤマドリ等を戻して使うと、香り、旨味が一段と増して言うことなし。

キノコは鍋物、お吸い物など和風もよいのですが、バター、チーズの料理に使うと激変します。

キノコ探索の楽しみ倍増間違いなし、人生そのものが豊かになります。
自分で採ったキノコのピザ、是非お試し下さいね。



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 18:58 | キノコ | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2012年09月19日
キノコ爆発・ミズガキヤマ周辺
今日は一日雨が降っていたのですが、ミズガキ山周辺の様子を伺いに出かけました。

DSCN5520

数日前からキノコが出始めていたのですが、台風の余波で降った久しぶりの慈雨のおかげで山は一変。

山に向かう途中の林道脇にさえキノコが見える。
山に分け入ると、目に入るものは皆キノコだ!

とにかく小さなキノコ達が、どこに行っても美しいコロニーを作っている。

DSCN5516

DSCN5515

DSCN5504

DSCN5503

DSCN5501

DSCN5496

DSCN5495

DSCN5493

DSCN5488

DSCN5485

DSCN5476

夏キノコの出遅れと、秋キノコが混生していて、しかも水分をたっぷり補給して大型に育っている。

タマゴタケ、カラカサタケ、ヤマイグチ、ヤマドリタケモドキのような奴、ツバフウセンタケ、ハツタケノ仲間、チチタケの仲間、ショウゲンジ様などなど、とにかく沢山いた。

マツタケが出る山に入って、キノボリイグチ、アミタケが多く、こんなに同時に発生している様子は初めてだった。

猛暑に耐えて、こらえていたキノコ達が、いっせいに発生したのだろう。

DSCN0051
「ネコ」

今週末辺りから来週にかけて、何が起るか分からない。
密かな期待にワクワクしながら帰ってまいりました。(*^^*)v



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 18:21 | キノコ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2012年09月16日
ミズガキ山で富士山のリベンジ!
昨日は信州キノコの会の精鋭若干名と、富士山に行ってまいりました。
4合目から3合目にかけて、5時間の探索を実施するも成果無し!
あまりの不作に、寝付けないほど採れなかった。
(ハナイグチ・ショウゲンジ各1本、ヤマイグチ少々、どうでもよいキノコが若干!)

精神衛生上よろしくないと判断し、今日は一人でミズガキ山にリベンジへ!

瑞垣山
山梨は真夏日連続記録を更新し、本日も晴天なり!

ホコリタケ
「ホコリタケ」
バターソテーで食べてみましたが、普通にイケル!

ハナイグチ
「ハナイグチ」

なんずらイグチ
「なんずらイグチ」
ハンノキイグチらしい、これも食べてみると美味しいキノコだった。

たまご
「タマゴタケ」

シャカシメジ
「シャカシメジ」
幼菌だったせいか、少し苦味がありましたが、歯切れがよく味もKO!

サクラシメジ
「サクラシメジ」
土臭いイメージがあり、あまり食べませんでしたが、バターソテーに醤油で香りを付けると、意外と美味しかった。

キンチャヤマ
「キンチャヤマイグチ」こいつも美味しい!

カラマツベニハナ
「カラマツベニハナイグチ」

アミハナイグチ
「アミハナイグチ」

アミタケ2
アミタケ
「アミタケ」
群生地を発見して、ドッサリ採れた。

アケボノアワ
「不明種」アケボノアワタケに似ているかと・・・?
信州キノコの会の菌友(I氏)によると「ニシキイグチ」に近いキノコで可食らしい。
イグチの同定は図鑑も頼りにならず、本当に難しいと思い知らされます。

アカジコウ
「アカジコウ」
こいつは、数多いイグチの仲間では最高に美味しいキノコだ!

マツタケのシロを目指さず、緩い斜面をゆっくり探索。
楽チンなのに、美味しそうなキノコがドッサリと採れました。

マツタケ狙いのオヤジ達の籠は空、いつもと違う心がけで、今日は楽しいキノコ狩りになりました。

今夜はよ〜く眠れそう!



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 19:43 | キノコ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2012年09月05日
瑞牆山(みずがきやま)の周辺のキノコ
昨日は、瑞牆山(みずがきやま)の周辺を徘徊し、沢山のキノコが発生している様子を楽しんできました。
マツタケが出ていればと、淡い期待をしておりましたが・・・なし!

DSCN4984
(山梨日日新聞・9月4日朝刊)
今年の夏の山梨は、少雨×猛暑でキノコの発生状況が大変悪く、キノコレポートも途絶えがちでしたが、最近は夕立も有り山は生き返りつつあります。

]DSCN5141
「アカツムタケ」

DSCN5133
「ハナホウキタケ」

DSCN5135
「ツノシメジ幼菌」

DSCN5122
「ツノシメジ」

DSCN5111
「オシロイシメジ」

DSCN5105
「キララタケ」

DSCN5101
「直径6cmのタマゴ・何のタマゴずら?」

DSCN5087
「ハナガサタケ幼菌」

DSCN5085
「ハナガサタケ」

DSCN5083
「ハナイグチ」いよいよ、出始めました。

DSCN5077
「アカヤマタケ」

DSCN5053
「チシオハツ+??」

DSCN5047
「不明」

DSCN5042
「ベニタケの仲間と??」

DSCN5038
「オオキヌハダトマヤタケ?」

DSCN5033
「ヒロヒダタケ」

DSCN5031
「ホコリタケ」

DSCN5027
「イロガワリベニタケ」

DSCN5018
「キノボリイグチ」

DSCN5014
「カワムラフウセンタケ」

DSCN5013
「コスリコギタケ」

DSCN5011
「アカヌマベニタケ」

DSCN4999
「ツバフウセンタケ幼菌」

DSCN4997
「ウラグロニガイグチ」

DSCN4996
「クサハツ」

DSCN4987
「ヒメベニテングタケ」

この他、チチタケは蹴飛ばして歩けるほど発生中、はっきり同定出来ないイグチ類を始めとして、沢山のキノコが出始めております。
まだ夏キノコと秋キノコが混生している状態で、今後の降雨次第では大爆発が期待できると、某キノコ鑑定員の親分が言っております。

大変楽しみな、秋の始まりです。



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 15:11 | キノコ | コメント(0) | トラックバック(0) ]