掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2012年01月30日
素晴らしいスピーカーケーブル・めっけ!
2回連続して、ケーブル類の「近接効果」による、音への影響についてお知らせしてきました。
従来の電源ケーブルやスピーカーケーブルは、近接効果により著しい音質劣化を引き起こしております。

Feastrexが関連する会社のエンジニアの皆さんから、素晴らしいケーブルが見つかったと連絡が来ました。
メーカーは「アクロリンク」、名称は既に皆さんは知っていると思います。

ドラム
早速に30m購入・「ACROLINK 7N-S1000」

けーぶる接写
「銅箔によりシールドされ、近接効果対策が施されている」

ケーブル断面
「アクロリンク・スピーカーケーブルの断面」
メインの導体に近接効果対策、さらに導電性制振素材が配置されていたので、ここからアースを取りました。

ケーブル名
「導体は7N銅の撚り線」
音は、ディティールが確りした低音、誇張がない中域、素晴らしく伸びやかな高音、全体にまったく「正直な音」を再生します。

先日書いたドイツ製の銅単線と比較すると、音の伸びやかは銅単線を子ども扱いするほどです。
シールドによる近接効果の排除と、制振素材のおかげで音の滲みがまったく感じられません。

これまでは、Neumannのスピーカーケーブルを最良と思い、多用してまいりましたが、はっきり言ってもう使う気になれません。
近接効果と制振をしっかりすると、ここまで素晴らしいのかと、改めケーブル理論の正しさを思い知らされました。

国産のケーブル類を軽んじ、ドイツやスイスのケーブルを探していた自分を恥じるばかりです。
ケーブル理論の理想系を具現化した、国内メーカーに惜しみない賞賛と、感謝を述べたい気持ちでいっぱいです。

価格は、1m・5000円前後と高価なものですが、これだけ精密な再生音を出せるなら財布を開くしかないでしょう。

読者の皆様が、紹介したケーブルを購入され、中高域がうるさく感じたら、原因はまずスピーカーかアンプを疑うべきだと申し添えておきます。
(特にフェライトマグネットのスピーカーならお勧めしません。)

過渡特性が優れたスピーカーほど、このケーブルの真価を発揮しますので、確認したい方は弊社の試聴室まで遊びにおいでください。
良い音が聴けるし、無駄な出費を抑制することが出来ると思います。



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 18:51 | スピーカー | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2012年01月24日
ケーブル、その無駄な努力?

かつて、JBLパラゴン、SONYスタジオモニタースピーカーを楽しんでいた事があります。
マルチでドライブしようと購入した、WIREWORLD(USA)スピーカーケーブルが倉庫に入っていることを思い出した・・・確か同軸だったはず。

DSCN9834

1mで1万数千円の価格だったが、音が気に入らずにお蔵入りに。
「近接効果」を排除すれば、その価値が現れるかもしれないと思ったのです。

DSCN9830
芯線のみを使用して早速に試聴しました。

DSCN9831
「太くて、硬い被服で仕上げられた立派なスピーカーケーブルです。」
高域が少し派手気味、良さそうに聴こえるのだが・・・音像がボケている。
オトボケ・ケーブルじゃんと言えば、思い当たることがあります。
マグネット式スピーカーの弱点を程よくボカシて、よさげに聴こえる様に作りこんだ、いわゆる「HiFi」用ケーブルだったのでした。

当時30万円ほど購入したケーブルは、MOGAMIの1m・200円のケーブルに遥かに及ばない不誠実さを露見したのでした。

イライラしましたので、秘宝の銅単線をスピーカーケーブルにすると、流石、お見事! と膝を叩きたくなるような快音だ。
MOGAMIは、コストパフォーマンスは抜群ですが、少し音がにじむ(普通のスピーカーでは聴き取れないかも)ので、モガイテみたのです。

DSCN9842
「2004年に、特別注文して製作していただいた銅単線」
ドイツで200年ほどの歴史がある会社、ピアノ絃を締める為に製作されている銅単線を製作するのと、同様の処方で製作した無酸素銅線(1.4mm)、良い銅線で無いとピアノの音も濁るらしい。

スピーカーケーブルにすると、晴れやかで、力強く、忠実な音が出るお気に入りの銅線ですが、厳密に言えば絶縁と制振をどの様に確保するかが課題なのです。
無駄な苦労が続きそうです。



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 19:09 | スピーカー | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2012年01月20日
続 電源ケーブル・スピーカーケーブル

昨日のブログ読者の皆様から、色々な御問合せがありましたので、続編を書くことにしました。

昨日は、ケーブルの近接効果を排除し、導体の電気伝導を滑らかにすることにより素晴らしい効果が得られる事がわかりました。
本日はさらに検証を一歩進めてみることにしました。

DSCN9811
昨日使用したケーブルは「MOGAMI 3082」
用途はスピーカーケーブルです。

DSCN9806
「MOGAMI 3082=100m・2万円で購入できます。」
費用対効果の点においては、右に出るものが無いほど優秀なケーブルだと思います。

DSCN9809

(UL)CL2×75℃、耐圧は150V以下ですので、電源ケーブルにも使用してみましたが良好でした。
(「スピーカーケーブル」と書いてありますので、用途外使用はあくまで自己責任でお願いしたいと思います。)


さて、本題はここから、同軸ケーブルの芯線のみを使用して、スピーカーケーブル、電源ケーブル、励磁電源ケーブルに使用したのですが、大変良好な音質改善になりました。
さらに本日は、遊んでいるシールド線をアースに落としてみることにしました。
最初はスピーカーケーブル、次に励磁電源ケーブルと進むと、高域の細かな歪感が取れていきます。
CDPの電源ケーブルのシールドをアースに落とすと、音量が下がったと思えるほど静かになり、耳に聴こえていなかったと思える音、音全体のざわめきが取れて、楽器の音だけが浮かび出てくるような印象です。

DSCN9812
「実験に使用した、Feastrex・5インチ、9インチの励磁型スピーカー」

SN比が向上して、音のメリとハリがしっかり整ってきます。
導線を流れる電流が作る磁場が、シールドに新たな磁場を形成してお互いに干渉し合っているのでしょうか。磁場が作る僅かな電流をアースで逃がすことでシールドからの干渉を減らしているように思えました。
(アース抵抗は10Ω以下の環境が望ましいことは言うまでもありません。)

理屈はともかく、シールドのアースは近接効果の排除に加えた目覚しい効果です。
Feastrex励磁スピーカーの入力信号に対する再現性の高さを再確認しましたし、音質向上も思ったとおりの結果が出て大満足です。
再生能力が高いスピーカーをお持ちでしたら、すぐに、必ずお試しください。
きっと満足できる結果が得られると思います。

なお、能率の悪いスピーカーで試しても、思ったほどの効果が聴き取れないか、場合によってはスピーカーやアンプのアラをさらけ出すかもしれません。
導体の電気伝導率の改善やノイズ除去を行って、音が悪く聴こえるようでしたら、ケーブルを疑うのでなくスピーカーやアンプの性能を疑って欲しいと思います。

ピンケーブルやアンプ等の内部配線も、この効果は同様に得ることが出来ます。
格安のケーブルで「近接効果の排除+アルファ」を確認した後には、さらに音質性能が優れたケーブルを捜してみると良いでしょう。
あまりお金を使わなくても音質が良くなりますので、オーディオの楽しさが倍増すると思います。



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 16:58 | スピーカー | コメント(9) | トラックバック(0) ]

2012年01月19日
電源ケーブル・スピーカーケーブル
電源ケーブル・スピーカーケーブル

ケーブル類の「近接効果」について、検証を進めております。
近接効果とは、ケーブルを流れる交流の場合、電流により発生する磁界が要因で、電流の向きが反対なら反発力、電流の向きが同じなら吸引力が働き、導体内の電流に偏りが生まれ、電流密度が均一でなくなり導体抵抗が増加する現象を言います。
主に高周波領域での弊害が大きいとされ、これまでアンプ類の電源ケーブルやスピーカーケーブルに於いて、この現象が問題視されることはありませんでした。


無題
「画像出典」=http://ednjapan.com/

Feastrexの励磁型スピーカーの性能を検証する内に、関係会社等のエンジニアたちがケーブルの「近接効果」は、オーディオ機器にも影響をしていると指摘し始めました。
早速、社内でも検証を行ってみると、励磁型スピーカーから出てくる音が、明らかに向上します。
導体の近接効果により、電気伝導率が低下して電流に歪が生じるためでしょう。
使用していた、高価な電源ケーブルは全てゴミ箱入りになってしまいました。

DSCN9801
「検証に使用した、1m・200円の同軸ケーブル」

最初はスピーカーケーブルを同軸ケーブル(芯線のみを使用)に変えてみると、音像がより明確になり、大変好ましいことが解かりました。
次にアンプの電源ケーブルを変更してみると、高音域の引きつった感じの音でない音が、見事に消えてしまいました。
CDP電源ケーブルも効果は同様に現れ、全体にノイズ感が無い静かな音に変化しました。

DSCN9804
「ピンケーブル2芯シールド、スピーカー・電源ケーブルを同軸に変更」

電源ケーブル・スピーカーケーブルを、同軸ケーブルの芯線のみに交換することで、近接効果の排除と、シールド効果による外部ノイズの影響を排除していると思われます。
これによって、再生音がいっそう明瞭となり、励磁型スピーカー特有の楽器の定位や奥行き表現などが格段に増しました。

DSCN9795
「近接効果排除の電源ケーブルで、ユーザー持参のKT88アンプも豹変」

Feastrex試聴室のターンテーブル、CDP、真空管アンプは、全て位相特性が優れたパーツを使用しており、音の揺らぎ、ボケ等を排除してまいりましたので、ソース音源に対してより忠実な再生が出来る環境になっており、音質の明確な改善・向上が実感できました。
KT88アンプのお客様達3名も、このアップグレードには大感激されました。

安いケーブルでの検証で、まず近接効果の排除が確認されましたが、これほど効果が出るとは予想もしませんでした。
アンプやCDPの性能向上には費用も少なくてすみますので、音質を追求する皆様にはこれ以上ない朗報です。


「注意事項」
昨今の能率が低いフェライトマグネット式スピーカーの派手で尖り気味の再生音(過渡特性の悪さ)と、従来の位相特性が悪いアンプ類などは、スピーカーの音とアンプのボケ具合が、程よく中和して聴きやすい音になっております。
ですから、再生機器の精度を向上させればさせるほど、マグネット式スピーカーの音は聴きにくい音になる可能性が高いと思います。

能率の悪いタイプのスピーカーで試す場合、僅かな変化では効果がわかりにくい。やりすぎるとスピーカーのアラが聴こえてしまい、近接効果排除のメリットが出ない可能性がありますので、あらかじめご承知ください。
以前、位相特性を整備したCV4055真空管アンプをハイエンドスピーカーユーザーに貸し出したことがありますが、音が悪いアンプだと誤解されたことがあります。
同様の誤解や、間違った評価につながる可能性を感じますので、表現力の高い高能率スピーカーで確認することをお勧めします。



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 17:54 | スピーカー | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2012年01月13日
究極のアッテネーター

究極のアッテネーターを製作しようとしております。
アッテネーター(Attenuator)は、通常“ボリューム“と呼ばれる音量をコントロールする装置ですが、これが意外と曲者なのです。
(専門用語=「減衰器」:信号を適切な信号レベルに減衰させる装置)
Feastrexの試聴室ではこれまでドイツ製のプロ用アクティブフェーダー(Neumann W444STA)を使用しております。

DSCN1994
「Neumann W444STA」
通常のボリュームやフェーダーはカーボン抵抗で減衰させており、再生音にカーボンのザラザラした感じの音が乗りますので、中でも最も好ましいものとしてW444STAを使用しております。
アッテネーターには固定抵抗を使用したものもありますが、抵抗固有の音が乗り、これもベストではありません。

1
「アッテネーター用の部品が到着」
ファイナルアンサーとして登場したのは「トランス式アッテネーター」です。
トランス式の場合は、減衰させる為の抵抗が無いので、音を悪くする要因が取り除かれるのです。

2
「右が入力セレクター用・左が減衰セレクター用」
注文していた、日本製の音が良いロータリースイッチ(セレクター)が到着しました。

4 (1)

入力セレクター(左)は4系統入力切替、減衰セレクターは28段の切り替えが出来るものにしました。
アッテネーター用のトランスは、位相が狂わない特注のファインメットコア・トランスを使用しますが、現在製作中でまだ手元に着ておりません。

4 (2)

トランス式のアッテネーターを製作する場合には、位相が狂ったものなら使わないほうが良いことは言うまでもありません。
アンプ、CDP、ターンテーブルのラインアンプやイコライザー電源を全て位相を整えてきましたので、ここで妥協したらこれまでの苦労が報われません。

5

背景に写っているスピーカーは、チェコのプラハからご注文をいただき、出荷準備中の「Dimension9 Exciter Type-Ⅱ」です。
世界の音楽愛好家たちの垂涎の的は、FeastrexのExciter Model(励磁型)になってしまいました。
美味しいラーメンに出会えば、その味を忘れることが出来ないように、励磁型スピーカーの美しい再生音を一度聴いてしまえば、耳について離れません。

但し、高性能の励磁型スピーカーの再生能力は、アッテネーターの性能のみならず、あらゆる再生機器の高性能化を要求します。
再生機器の性能を磨けば磨くほど、美しい音楽を提供してくれますので、一度はまると抜け出せない、魔性のスピーカーと言えるでしょう。

聴かないほうが身のためだと思いますが、気になって眠れない方は試聴室までおいでになって、新しい音楽再生の世界に飛び込むしかないでしょう。
そんな方のご来訪を、お待ちしております。



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 18:31 | スピーカー | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2012年01月06日
初仕事
昨日は、静岡県を中心に活躍する「イトーグループ」の新年賀詞交歓会にお招き頂き、浜松市に出掛けました。

DSCN1952
「イトーグループ企業の役員紹介風景」

賀詞交歓会において、イトーグループの一翼を担う、株式会社ロジブルが今年発売を開始する超高性能DAC(32Bit)「LDac1000」の発表とデモンストレーションを行う為、お手伝いさせていただくことになったのです。

DSCN1938
発表された超高性能DAC「LDzc1000」

ESSテクノロジー社のDACチップを採用し、世界最高クラス32Bitオーディオ用DACで“LOGIFULL”のロゴが貫かれた美しいアルミ製のケースが印象的でした。
音調は全く文句なし、来場のオーディオ好きなお客様達は、国内の某有名メーカーのDACではこんな音は出ないと大絶賛されておりました。
音を聴く道具ではなく、音楽性豊かな鳴り方が皆様の耳と心を捉えて離しませんでした。

DSCN1937
「デモに使用した、Feastrex Nf-9e&Nf-5e PIP」
最高のDACを正しく評価するには、最高の再生能力を備えたスピーカーが必要とされ、Feastrex励磁型スピーカーが選ばれました。
モニタースピーカーとしては、これ以上の性能を持つものはありませんので、ご来場のお客様もDACと共に興味津々、充分に音楽を堪能していただけたことと思います。

DSCN1941
「新年賀詞交歓会風景」
会場には国会議員を始め、県内の名士の皆様が500人以上参集されました。
浜松は“YAMAHA”の本拠地ですので音楽を愛する人が多く、デモ用のブースにおいでになったお客様からの質問も専門的で、楽しいお披露目が出来ました。
歪のない音楽性豊かなDACの登場は、Feastrexにとってもありがたい存在ですので、開発された株ロジフルの技術者の皆様に、心から感謝を申し上げたいと思います。

発売日、価格は未定のようですが、一日も早い発売開始をご期待いたします。

新年の初仕事にこのような機会を賜り、幸先の良いスタートになりました。



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  Mスピーカーの欠点
球形磁気回路米国の評論記事 励磁型スピーカー励磁用・電源

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 17:13 | スピーカー | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2012年01月04日
スタートしました!

新年おめでとうございます。

DSCN1732


今年は、オーディオ界に、レボリューションを起します。
ルネッサンスと言ったほうが良いかもしれません。

また、キノコ以外の微生物分野の研究にも着手します。
世界中に役立つ研究成果を出したいと、意気込んでおります。

乞うご期待!

本年もよろしくお願い申し上げます。



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  日本キノコ学界賞
球形磁気回路米国の評論記事 励磁スピーカー①  励磁スピーカー②  

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 10:00 | ひとり言 | コメント(0) | トラックバック(0) ]