掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2011年12月23日
(3)励磁電源について

(3)励磁用電源について
Feastrexは、励磁型スピーカー本来のポテンシャルを充分に発揮できるよう研究を進め、最新の技術で究極の励磁電源を完成させました。

《励磁型スピーカーの詳細は、以前のブログをご参照ください。》
1)マグネット式スピーカーの物理的欠点
2)励磁スピーカーはなぜ優れているのか

DSCN1124
「励磁型スピーカー Feastrex Nf-9 Exciter」

励磁型スピーカーは、フィールド型(Field Coil)とも呼ばれる、電磁石駆動のスピーカーです。永久磁石が工業的に生産されるまで(1930〜50年代)は、スピーカーは電磁石で作動しておりました。電磁石用の重いコイルと励磁電源を必要としていた為、軽量で量産しやすいマグネット式スピーカーが誕生するとたちまち姿を消してしまいました。
ところが、一部の音楽マニアは励磁型の音の良さを評価して大事に使用し続け、古いスピーカーが現在でも数多く生き残っております。

残念なことに、励磁型スピーカーは技術が充分に発達する前にマグネット式に取って代わられ、特に磁気回路と励磁電源は技術的な完成を果たせないままでした。
昔の励磁スピーカーの作動電圧は、7V〜220Vなど様々で、励磁電圧の決定根拠が乏しいものが大勢を占め、逆起電力や電源位相に配慮したものは存在しません。

KH
「最新の励磁電源で驚くほど豹変した、名器クラングフィルム」

ウェブ上で、励磁型スピーカーは磁束が弱くて低音はしまりが無い、レトロな音調だと書いてあるのを読んだことがあります。スピーカーとマッチングしていない励磁電源で作動させた音を聴いて、その様な印象を書いたものと思います。
しかしながら、以前お知らせいたしましたように、現在主流となっているマグネット式スピーカーと比較すると、圧倒的に励磁型の音調は優れております。

マグネット式は単純に磁束密度が高いほうが良いとされ、磁気回路は飽和状態になっております。磁気飽和したスピーカーの音は、奥行きが無く平面的な表現になります。
励磁型はコイルの電圧を上げれば、磁気回路が飽和状態になるまで上げることは容易ですが、磁気飽和状態で使用するなら励磁型スピーカーの存在価値はありません。

励磁スピーカーの魅力は、最大透磁率で使用した場合の過渡特性の良さであり、マグネット式では再生が困難な、正確な音の再生、音の奥行きや、微かな音の美しい余韻などを楽しめることです。
その為には、最大透磁率を発揮する電圧設定と、質の高い励磁電源を使用することが重要なのです。

DSCN1912
「最新の励磁電源・プロトタイプ」

【励磁電源】
Feastrexは、励磁型スピーカーの真の性能を引き出す為に、磁気回路と電源を一体のものとして捉え、最適設計を行っている世界で唯一のメーカーです。
本日は励磁型スピーカーを作動させる、大変重要な励磁電源についての基本事項を、お知らせしたいと思います。

①「最適励磁電圧」
励磁型スピーカーが最も優れた性能を発揮する為には、磁気回路の最高透磁率を発揮する電圧を設定し作動させなければなりません。
励磁電源の電圧は、スピーカーの磁気回路に使用する金属の透磁率、形状、コイル特性等により、最適電圧が異なりますので、ユニットごとに精密な計測を行い決定されなければなりません。電圧に対する反応が敏感なユニットであれば、設定電圧±0.2V違うだけで音調が大きく変化します。
古い励磁スピーカーは、設定された電圧が正しくないものが多いですので、最高透磁率を計測して設定すれば、豹変するスピーカーも多いと思われます。
これは従来の励磁スピーカーに、最大透磁率を活用できる技術が確立されていなかった為で、最近海外で生産され始めた新しい励磁スピーカーも同様です。

uiWh7Rzh
「鉄の磁束密度と透磁率の関係」

②励磁用コイルの共振抑制設計
 励磁型スピーカーを作動させる電源は直流ですので、従来共振は発生しないと考えられて製作されておりました。しかし、ボイスコイルの運動で発生する逆起電力は音声信号と逆相を示す交流ですので、励磁コイルは常に共振を伴います。励磁コイルが共振を起こせば磁束に乱れが発生し音が濁ってしまいます。
Feastrexは、共振を抑制する設計の励磁コイルを採用し、澄み渡った音の再生を実現しました。

DSCN0578
「Nf-9Ex・磁気回路と励磁コイル」

③逆起電力対応
 励磁コイルに発生した逆起電力は、一体となっている励磁電源に影響を及ぼしますので、
励磁電源は独立した存在でなく、励磁コイルと同一回路として設計されなければなりません。
Feastrexは、これまで定電圧、定電流回路などを試してまいりましたが、現在はチョークインプット回路を採用しております。
古典的な回路なのですが、最新の技術により製作された位相特性が優れている、ファインメット・チョーク並びにフィルムコンデンサの出現により始めて実現したもので、従来のチョークインプットとは一線を画する性能を発揮します。
励磁コイルから電源に還流する逆起電力が、これらの部品によって位相に乱れが生じると、励磁コイルに乱れた信号が再還流するため音が濁ってしまうのです。

逆起電力
「励磁コイルから電源に還流する逆起電力」

④位相管理
電源トランスによる位相の乱れは、整流後の直流にも影響を及ぼしますので、位相の乱れが生じない特注のファインメット電源トランスを採用しております。整流回路も同様に位相の乱れを生じることが無いような配慮をしております。
位相の乱れは、信号の時間差を作りますので、音が重なり合ったり、間延びをして、単音にもかかわらず付帯音を伴うような、不明瞭な再生音となってしまうのです。

以上のように、ユニットごとの最適電圧の決定や、回路内で位相が乱れないように設計することにより、澄み渡った再生音を得ることができるのです。

DSCN1517
「位相特性に優れた、最新のチョーク&コンデンサ」

電源の位相の乱れは励磁電源に限らず、アンプやCDPなど、あらゆる再生機器に大きな影響を及ぼしますので、正しい音の再生を目指す方にとっては今後の大きな課題になると思われます。
読者の皆様には位相特性について、まったく理解できない方が多いと思われますので、近いうちに「位相と再生音」について、改めてお知らせするつもりです。

最新の技術で鳴らしている励磁型スピーカーの音が気になる方は、山梨の試聴室まで確認しにおいでください。



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  日本キノコ学界賞
球形磁気回路米国の評論記事 励磁スピーカー①  励磁スピーカー②  

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 16:51 | スピーカー | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2011年12月16日
最後のナメコ~

一昨日、おそらく本年のキノコ探索の千秋楽になるだろうと思いつつ、先日見つけた妙高のナラ枯れ山に行ってまいりました。

妙高手前
「妙高手前のいつもの撮影ポイント」
先週は雪だったが今回は快晴、今回は一人で気ままに徘徊を楽しめる。

ユキの道
「ナラ枯れ山に突入」
AM9:30、現地に到着、気温1℃、快晴、残念ながら残雪が・・・。

砂糖菓子
「落ち葉の砂糖菓子」
日陰には、砂糖をまぶしたような落ち葉、ウサギの足跡しかない残雪を進んだ。

ヒラタケ1

ヒラタケ2
「ヒラタケ」の幼菌もいる、老菌もいる。

ヒラタケ3
「ヒラタケ」
高いこずえから見下ろしているヒラタケがいる。

ナメコ1

ナメコ2

ナメコ3
「ナメコ」
ナメコは木に凍りついて、あちこちにいた。

ナメコ大1 (2)

ナメコ大1
「大きなナメコ」
直径13cm程もありそうな巨大ナメコが、冷凍になっていたり、木に付いたままフリーズドライ行程。

ナメコ4
太い倒木に、ビッシリと流れのナメコがいたし、雪から頭を出して真っ黒になっているナメコもいた。

写真に撮れそうなキノコは少なく、状態の良いものだけ拾うようにして採った。
2週間前くらいが、この山の最終のピークだったようだ。

まだ来年も楽しめそうな、樹皮に覆われた倒木があり、来年もナメコの畑になりそうだった。

本年のキノコ探索は、本日で終了。
来春まで、キノコ図鑑を眺めて過ごすじれったい季節の到来です。

寒い日の退屈しのぎに困ったら、音楽でも聴きにおいでください。
キノコ仲間の皆様、今年も大変お世話になりました。

暮れになったら、キノコ探索「2011・総集編」をアップしようと思います。



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  日本キノコ学界賞
球形磁気回路米国の評論記事 励磁スピーカー①  励磁スピーカー②  

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 13:23 | キノコ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2011年12月09日
まだまだ、なめこ~!
昨日は、弊社の応用キノコ研究所の中村所長を伴って、妙高高原付近のナメコ、ヒラタケ探索に出動。

妙高の手前から
「上信越自動車道・妙高手前から雪が」
天気予報では小雨となっていたのに、雪が降り始めておりました。

雪が降ってきたぞ
「秘密の場所」
妙高の秘密ナメコポイントに到着すると、既に積もり始めていて、ポイントに突入!
は、中止。
雪を掻き分けて、ナメコを探索するような強烈な根性を持ち合わせていないことが、自分でもはっきり認識できた瞬間でした。

杉林
「雪は止む気配も無く、あっさり退散」
標高を下げると、小雨になったので大量ポイントを諦めて、新天地開拓の為、適当に山に突入!

なめこ〜
「美味しそうな、ナメコ〜!」

とろっとろ
「とろっとろ〜!」
直径が最大でも3cm位でしたが、柄が太く、柔らか、普通はナメコの柄は切り落として食べるのですが、これらは柄まで全て美味しくいただきました。

焼き頃ナメコ
「焼いて食べるのならこの位が」
ナメコも大きくなれば焼いて食べると以外にイケル、大根おろしを添えてお召し上がりください。

ナメコの幼菌たち
「ナメコの幼菌達」
これからが本番、あと3日もすれば、食べごろに成長します。
雪が降り、極端に気温が低い日が続くと、ナメコも凍傷にかかります。
表面が荒れて、イマイチって感じになると、年内のキノコ探索も終了を迎えます。

マムシグサの実
「マムシグサの実」

クサキ
「クサキ」

スギエダタケ
「スギエダタケ」

不明菌」
「不明菌」
筆者は2kgほどナメコを収穫し、さっさと車に戻って辺りのキノコを撮影、中村所長は戻ってきません。
1時間近くたってから、ようやく人影が見えました。

中村君は、大変重そうな手提げ袋を両手にもって下山してきました。

中村レポート:その山の頂上から北側の斜面に倒木が沢山あり、ヒラタケとナメコがドッサリあって採り切れない、とにかくビッシリキノコだらけと言いつつ、満足げにリュックを下ろしました。

この分だと12月中旬くらいまでは、キノコ達がドッサリ採れそうです。
元気のよい方は、新潟方面のナラ枯れ山を探索してみてはいかがでしょうか。

筆者は、今回は消化不良、満足できる成果ではなかったので、再出動を計画中です。



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  日本キノコ学界賞
球形磁気回路米国の評論記事 励磁スピーカー①  励磁スピーカー②  

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 17:31 | キノコ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2011年12月06日
体に良くて、美味しいキノコ

今日は、種菌用に保存してある「バイリング」を生育させましたので、バターソテーで頂きます。

DSCN1545

DSCN1548
「出来立てホヤホヤの、バイリング」

バイリングは、学名:Pleurotus nebrodensis(lnz.)Quel(ロイロータス ネブロデンシス)と言い、イタリア・シシリー島のネブロ山脈が原産であることに由来する、ヒラタケ科の大変美しいキノコです。

無題3
「自生・天然物」
他フランスやモンゴル地方にも発生が確認されていて、近年中国や日本でも生産されております。

栽培に手がかかり、大手の生産者は手を出していないため比較的高価ですが、癖が無くとても美味しいきのこです。

無題

私の会社でも数年前には生産していたのですが、手がかかるため面倒になり生産をやめました。

現在は1年に2回ほど種菌の維持にために培養しているものを、育成して社員のみで楽しんでおります。

まじめに生産するとかなり大きく育つので、思い切って最大どのくらいまでのキノコになるのか、実験してみた写真を載せました。
(キノコを持っているのが筆者で、今見直すとやはり若干、若く見えます。)

CIMG0942
「大きく育てたバイリング」

キノコは、NHK「試してガッテン!」でも取り上げたとおり、食物中の糖や脂肪を吸収しにくくする成分があり、食べてやせられる素晴らしい食材です。
その為でしょうか、キノコ栽培を行っている人に肥満が殆ど見当たりません。(一部の、某関係者を除く。)

免疫を高める効果もあるので、風邪、アレルギーやガンなどの予防にもよろしいと思います。

キノコ探索も楽しいし、食べれば美味しい、キノコ狩りファンが増えないことを祈っております。



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  日本キノコ学界賞
球形磁気回路米国の評論記事 励磁スピーカー①  励磁スピーカー②  

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 17:34 | キノコ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2011年12月05日
スピーカーじゃ、あんな音でない?
先週のことですが、普段大変お世話になっているオーディオ仲間が、大変耳が肥えた4名お客様を連れて現われました。

越前ガニをたらふく食べる為に出かけけた帰りで、お酒などを飲みつつ弊社の試聴室で軽い夕食になりました。

その中にバイオリンを持参された女性がおり、話を伺うとストラディバリウスの師匠が1700年に製作したものだというのです。

これは音を聴かせて頂くしかないと、「少しお酒が入っているのでと嫌だ!」と言うのを、皆で懇願して弾いて頂くことになりました。

img_65853_42813447_0
(今回の写真は、イメージです。)

音が出始めると・・・凄いんです。
かなりバイオリンの演奏は聴いて参りましたが、こんなにバイオリンの力強い音、浸透力のある音は初めてでした。
音が出始めた瞬間に、38畳・天井3Mのスピーカー試聴室の空間が、バイオリンの音で満たされます。

パリ万博の時にメモリアルで封印されたブランディーの栓を、100年ぶりに開封した瞬間を思い出しました。
栓を抜いた瞬間に、体育館ほどの広さでも瞬時に香りが満ちる、あの体験と全く同じでした。

3曲ほど聴かせて頂いたのですが、もうメロメロ状態、世界一と評価される我々のスピーカーを持ってしても、アノ音は出ません。

と言うか・・・それ以前にアノ音をちゃんと拾えるマイクロフォンが無いでしょう。
我がスピーカーも、アノ音を入れなければ、アノ音は出せません。

生の楽器の音は素晴らしい、生でなければ聴けない音を、さらに名器で、自分の所で、聴けるなんて、こんな幸せはありません。

img_99257_5156089_2

お値段も1億5千万円は下らないらしいし、ケースの中にはいっていた3本?の弓も
1本で高級乗用車が買えるほどのお値段とか。
(音も、お値段も、大変良い耳の掃除になりました。(*^^*) )

弊社のスピーカーの音については、皆様からこれだけの音が出せるものは無いと、良い評価を頂きましたので一安心。

普段威張っていても、ミュージシャンほど耳が肥えている人種は居りませんので、久しぶりに大変緊張いたしました。

贅沢で、有意義な体験をさせて頂いた、先週の出来事でした。



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  日本キノコ学界賞
球形磁気回路米国の評論記事 励磁スピーカー①  励磁スピーカー②  

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 18:11 | スピーカー | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2011年12月03日
(2)励磁スピーカーは、何故優れているのか
Feastrexは、磁性材料の「磁束密度と透磁率」の関係を磁気回路において明らかにし、励磁型スピーカー設計と作動に適用している、世界で随一のメーカーです。

最も優れた磁気回路(Naturflux)を基に、磁性体の特性を極限まで引き出した、「最適透磁率稼動」の励磁型スピーカーを誕生させ、世界で誰も実現し得なかった正確無比の「高次元再生」を達成しました。

NF-9 EX (1)
「Feastrex Naturflux-9 Exciter」

【Feastrex励磁スピーカーの「高次元再生音」その②】
前回のレポートで、マグネット式スピーカーから発生する音は「アバウト」なものであり、Feastrex励磁型のそれは「リアル」であると述べましたが、今回はその物理特性の違いから、励磁型の優位性をお知らせします。

図-1
「マグネット式と励磁型の構造と磁気回路素材」(図をクリックしてご覧下さい。)

上の(図1)に示したように、マグネット式磁気回路の透磁率はアルニコマグネットを使用しても透磁率(μ)=7、が限界値であり、励磁型磁気回路=10,000以上の製作が可能であることをまずご理解ください。

【なぜ励磁型が優れているのか】
励磁型スピーカーの作動は、磁気回路内の強い磁束の中で振動するボイスコイルが磁束を切る動作をするので、発電機の原理でボイスコイルに起電力を発生します。
この起電力は方向が増幅器からの供給電流と反対であるため「逆起電力」と呼ばれ、ボイスコイルに電気的なブレーキ作用として働き、スピーカーに好ましくない過渡作用を抑制します。
これが励磁型スピーカーの最も大きな特徴で、強い逆起電力によって、信号電流が消えると同時に振動板の運動も止まり、音源信号にない音は一切発生しない高忠実度の再生音が得られるのです。


この逆起電力を発生する交流磁束は、磁気回路の磁気抵抗(Reluctance)が小さいほど強くなりますので、磁気回路を構成する金属の「透磁率(μ)」が大きいほど有利になります。

マグネット式スピーカーの場合には、透磁率が極端に低い磁気回路で作動する為に逆起電力の発生が弱く、過渡特性が悪くなりアバウトな再生能力しか持ち得ないのです。

マグネット式の中でも、聴感上アルニコマグネットが優れていると言われるのは、永久磁石の中で最も透磁率が高いため、ネオジウムやフェライトより過渡特性がわずかに優れている為ですが、純鉄を用いた磁気回路を持つ励磁型と比較すれば、1/500程度でしかありません。

以上のことから、スピーカーにとって最も重要な性能は「磁気回路の透磁率」で決定されることをご理解いただけたと思います。

磁気ヒステリシス曲線

しかし、透磁率の高い素材で磁気回路を製作すれば、全て性能が良くなるわけではありません。
図2)をご覧になればお分かりの通り、励磁型スピーカーは励磁コイルに対する荷電圧を上昇させると、磁化力Hが増し磁束密度Bが上昇しますが、無限に上昇するのではなく磁束密度は飽和状態を迎えます。
(金属の透磁率により磁化効率は異なります。)

また透磁率も磁束密度が高まるに従って上昇しますが、やがて最大透磁率に達して降下していきます。(図3)

図-3

賢明な読者は既にお解かり思いますが、励磁型スピーカーは闇雲に磁束密度を高めれば良いのではないのです。
励磁スピーカーの最も優れた性能(過渡特性)を最高に発揮する為には、最高透磁率で作動させる為の、最適電圧の決定が重要なのです。

最適電圧は、磁気回路を構成する金属、磁気回路形状、励磁コイルなどにより異なり、それぞれが一体となり調和するポイントで決まります。従いまして、透磁率の良い金属の選択、優れた磁気回路設計、それらを活かす励磁コイルの設計製作を行ってきました。

NF-9 EX (2)
「最新設計の非共振型励磁コイル」

Feastrex励磁型スピーカーを最適な電圧で稼動させた時の、解像力の高さはマグネット式の比ではありません。
優れたライブ録音などでは、マグネット式では聴き取れない会場の空気感まで見事に表現し、お金を払って客席で聴くより、素晴らしい音楽体験をすることが出来ますと言いたいほどです。

最適電圧で作動したときの励磁型の再生音は、奥行きや高さなどの3次元的な表現力が増しますが、磁気飽和状態まで電圧を上げると「過渡特性」は悪くなり、音像は平面的になります。

これは磁気飽和状態で作動するマグネット式スピーカーと同じ状態ですので、マグネット式の弱点も明瞭に対比し理解できるのです。

音楽を本当に楽しむ為には、技術的な背景が整った励磁型スピーカーが最良であることがご理解いただけたでしょうか。

Feastrexは、この「磁束密度と透磁率」の関係を磁気回路において明らかにし、最適稼動電圧の設定を精密な計測により実施しております。残念ながらこれまでの励磁型スピーカーは、このような物理特性から最適電圧を決定した例がないため、世界初と表現します。
(旧マクソニック社と米国WE社に於いては、聴感上の最適値で決定)

従いまして、従来の励磁型スピーカーは良いものでも最適電圧の近似値、他メーカーはかなりアバウトな設計であったと思われるのです。

世界最大のオーディオショーに於いて、2年連続BEST SOUNDと評価された、Naturflux(球形磁気回路)を使用して、更なる進化を遂げたFeastrex励磁型スピーカーは無敵の正確さ、繊細さとダイナミックな再生で、スピーカーの可能性を極限まで高めたのです。

Feastrexでは、理論上最高の磁気回路を製作しましたが、磁気回路だけで音の良し悪しが決定されるわけではありませんので、製品の聴感上の評価は、誰よりも楽器の音や音楽を聴く耳が肥えた、現役のミュージシャンの皆様にお願いしております。

ご自身で演奏されたCDを持参され、これほど美しい音で自分の演奏を聴くのは初めてだと、高い評価を頂いております。

本日は、Feastrex励磁型スピーカーが、何故優れているのかお知らせしました。
次回は、励磁型を作動させる「励磁電源」の重要性について述べてまいります。

1ヶ月以上前にFeastrex励磁型スピーカーをご試聴された方なら、進化した弊社のシステムを聴き直す必要があります。

お気軽に試聴室まで遊びにお出でください。
問合:090-3040-3377(秋山)お気軽にお電話ください。



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  日本キノコ学界賞
球形磁気回路米国の評論記事 励磁スピーカー①  励磁スピーカー②  

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 14:57 | スピーカー | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2011年12月01日
電源回路のアップグレード・ターンテーブル
今回は、ターンテーブルEMT-950のアップグレードを行いました。

試聴室にあるEMT-950は、英国BBC放送局が使用していたものを払い下げていただいたもの。
業務用ターンテーブルとしては世界最高峰の性能を誇る、いわゆるお宝なのだが、現在の最新技術を駆使してアップグレードすると、元のままならオモチャと言える程の変容振りだ。

DSCN1513
「EMT-950」
左に見えるのはEMT-930、950と比較すると音は太く低重心だが、アップグレードした950と比較すると、音はボケボケのオモチャのような音に聴こえるのだ。

これまで行ってきたのは、制振素材によるターンテーブル部、トーンアーム、カートリッジなどの振動抑制、整流回路の変更、イコライザー+ラインアンプ電源トランスのファインメット化、ファインメットMCトランスに交換、配線材の変更、etcです。

DSCN1517
「Feastrex特製ファインメットコアチョーク&コンデンサ」
今日の主役は、特製ファインメットチョーク(以下、Fチョーク)+Cornellフィルムコン
ファインメットは現存する世界最高の軟磁性材で、巻線技術が伴えば位相が狂わないトランス類を製作できる夢の素材です。これからのピュアオーディオの再生機器電源に欠かせない最強のアイテムです。
コーネルのフィルムコンは、位相の乱れがまったく無い傑出したコンデンサです。

DSCN1241
「改造前のラインアンプ&イコライザー部のマザーボード」
左側から見える、赤・緑・黒の配線は、フィルムコンデンサを使用したノイズカット回路の接続で、950オリジナル電源回路から切り離した独立電源をファインメット電源トランスから供給している。

DSCN1343
「ラインアンプ&イコライザー用ファインメット電源トランス」
EMTオリジナル電源トランス(パーマロイコア?)は、位相特性が良くない為に、音全体がボケており、低域の明瞭度が特に悪かったことがはっきりと聴き取れます。

この改造はすでに実施したものですが、電源部の位相が狂っていれば、後の部分を改良してもご利益は少ないので、電源の重要性をご理解いただくために掲載しました。
本番はこれからです。

DSCN1335
DSCN1339
「改造後のマザーボード」
ラインアンプとイコライザーに供給されていた直流部の配線をカットして、Fチョークとフィルムコンを結合する配線を施しました。

DSCN1244
「配線終了のFチョーク&コンデンサ」
Fチョークとコンデンサは、とても大きなものですので、950のケースの底に下向きに取り付けました。

改造の結果は、見事としか言いようの無い音調を得ることができました。直流に乗っていたノイズ成分がきれいに除去され、音楽しか聴こえて来ません。
Fチョークとフィルムコンの組み合わせは、励磁用電源に使用したところ素晴らしい効果を発揮したので、今回はターンテーブルに応用してみたのです。

従来使用されてきた電解コンデンサの位相特性の悪さは、これまでに何度かお伝えしましたが、高度な再生に挑むほどその弊害が顕著に現れます。
特にハイサンプリングのデジタルソースを再生する領域では、電解コンデンサは敵と言えるほどノイズ成分を作り出します。

本当に音楽に浸りたいミュージックラバーの皆さんは、電源部の位相整備とノイズカットには是非取り組んで欲しいとお知らせする次第です。
世界最高峰のターンテーブルでさえ、改良前の音は位相の乱れによる歪と、ノイズの塊りであったと言えるほど不明瞭な音を出しているのです。

FチョークやCornellフィルムコンデンサを使用して、試してみたいと思われる方は、ぜひご相談ください。
(FチョークはFeastrex特製です)



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  日本キノコ学界賞
球形磁気回路米国の評論記事 励磁スピーカー①  励磁スピーカー②  

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 17:55 | スピーカー | コメント(0) | トラックバック(0) ]