掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2011年10月24日
晩秋のキノコ
いよいよ、晩秋のキノコが顔を見せ始めましたので、先週出合った代表的なキノコを紹介します。

紅葉
「標高1500m・山梨の山に紅葉前線が」
今年のカラマツ林は、ハナイグチなどの発生が少なくがっかりだが、ようやく美しいキノコが出始めた。

キヌメリガサ
キヌメリガサ2
DSCN9934
「キヌメリガサ」
コンキタケと呼ばれるほど採るのに根気が要る小さいキノコ、思わぬ群生に出会って、根気比べをしてしまいました。

ホテイシメジ
「ホテイシメジ」
アルコールと一緒に食べると、強烈な悪酔いをするので私は食べません。
別名チョコタケと呼ばれますが、酒が飲めないチョコなんて、洒落にならない。

ムラサキシメジ
「ムラサキシメジ」
この美しいムラサキシメジから、大変面白い成分を発見して新しい健康食品の製品化を検討中です。

シロノハイイロシメジ
「シロノハイイロシメジ」
微毒とされていますが実は美味しいきのこで、見つけると驚くほどの群生を見せてくれます。

ゴンゲンタケ
「ゴンゲンタケ」

コツブヒメヒガサヒトヨタケ2
「コツブヒメヒガサヒトヨタケ」

シュイロハツ
「シュイロハツ」

クリフウセンタケ (2)
「クリフウセンタケ」
これも沢山発生するキノコで、大変美味しいキノコです。

アイシメジ
「アイシメジ」
軽い苦味がありますが、様々な料理に使える美味キノコ

シロナメツムタケ
「シロナメツムタケ」
以下に出てくる「チャナメツムタケ」の白色バージョンと言えばよいでしょうか。

本年の最大の発見と言えるほどの大群生に出会いました。
数千坪はあると思える間伐の後に「チャナメツムタケ」の大群落がありました。
美味しそう
群生8

群生7
群生6

チャナメ3
トロチャナメ
チャナメツムタケ
「チャナメツムタケ」
このキノコは別名「ツチナメコ」と呼ばれ、ヌメリが強くてナメコそっくりなのですが、香りはナメコより弱くて食べやすい。
ナメコより美味しいと言う人も居りますが、このキノコがおそらく数百キログラムは発生していたのではないかと思います。

山の中で3時間あまりも収穫を続け、くたびれ果てて下山しましたが、収量は10Kg程度、とにかく採りきれない。

キノコ洗い場
「収穫したキノコを洗う」
松葉や落ち葉を取り除くのも一苦労、すぐに食べる量を確保して残りは乾燥することにしました。

このキノコを、バター+オリーブオイル+調理酒を使って、アルミホイルで酒蒸しのようにすると、絶品、絶句、例えようのない旨味が口に広がって、一日の疲れが瞬時に取れるほど、美味しいのです。

晩秋のクライマックスを迎えようとしている山は、今日も少しずつ紅葉が進みます。



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  日本キノコ学界賞
球形磁気回路米国の評論記事 励磁スピーカー①  励磁スピーカー②  

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 17:31 | キノコ | コメント(0) | トラックバック(0) ]