掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2011年09月29日
沖縄の「Feastrex試聴会」
遠景
「沖縄会場の遠景」

沖縄在住のS様の発案と主催で、9月18日に「Feastrexの試聴会」を沖縄の地で初めて開催しました。

表示 (1)
【開催場所】
「りんけんバンド」のりんけん様がオーナーの音楽スタジオにて

セットアップ
【再生装置】
・Feastrex F-60・励磁スピーカーシステム(Nf-5e)
・Feastrex CV4055PP真空管アンプ
・レコードプレーヤー DENON DP-5000F+DL-107&EMPIRE-4000
・CDプレーヤー AMERICANAUDIO DCP-PRO210

会場1
【演奏曲目】
1.りんけんバンド上原智子の、高音の伸びのある曲、ほか
「りんけんバンド上原智子の動画もご覧下さい」

2.琉球民謡レコードから
3.マーラー交響曲第3番、第5楽章・第6楽章
4.クラシックレコード
5.ジャズ、レコード&CD演奏
6.来場者の愛聴盤・etc

会場4

【試聴のご感想】
・中高音は天下一品だが、重低音は限界かなあ、この大きさでは。
 しかし、この大きさでこの音は驚嘆に値する。

・ボーカル(声楽)の輪郭がくっきり浮かび上がり、びっくりしている。
 こんなことは初めてだ。

・マーラーの壮大なフィナーレはまさに自分が指揮しているような錯覚を
覚えた。

・こんな小さなスピーカーからこれだけクリアーな壮大な響きが得られる
 となれば、今までのスピーカーの概念を根本から変える必要があるなあ。

・ジャズなんかライブを聴いているような感じ、思わず拍手!

・ふらんく永井の有楽町で会いましょう!は独特の低音!!いいなあ。
 
・ヨーヨーマ(チェロ)の弾く荒城の月がすばらしかった。これくらいの
 音幅はほんとにすばらしい。

・小林明のごめんね!独特の高めの音声にうっとり。

・重低音で箱鳴りがしていた。世界一のスピーカーとしては不満だな。

・CDよりもアナログに向いていると思う。レコードの方がやわらかくて
聞きやすい。

会場2

【弊社のアドバイス】
☆箱なりに聞こえたのは、たぶん床が鳴り出したと思いますので、インシュレーターで、床との縁を切れば大丈夫と思います。

☆アナログと比較してCDの音がキツイのは、CDプレーヤーの再生限界の音を聴いてしまったわけで、CDPの電源やDAC周りに手を入れる必要があります。
弊社では、EMT-981の電源トランスやクロックの強化、カップリングコンデンサの削除など等、苦労して改良を重ねて、アナログに対抗しております。

こんな感じで試聴会が無事終了しましたが、沖縄でFeastrexの販売店も探していただけることになり、沖縄での販売が実現するかもしれません。

左より比嘉、りんけん、佐次田
(左から、比嘉様、りんけん様、佐次田様)

今回の試聴会でお世話になりましたS様、りんけん様始めスタジオ関係者の皆様には大変お世話になりました。
今後とも宜しくとお願い申し上げると共に、厚く御礼申し上げます。
誠にありがとうございました。



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  日本キノコ学界賞
球形磁気回路米国の評論記事 励磁スピーカー①  励磁スピーカー②  

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 15:11 | スピーカー | コメント(0) | トラックバック(0) ]

里山と瑞垣山のキノコ・不作
いつもの里山は月曜日に、昨日は長野県の勉強会を早くに上がって、瑞垣山のキノコの様子を見てきました。

里山のオオムラサキアンズタケは、直径10m以上にも及ぶ菌倫を描いて発生していることがわかりました。

オオムラサキアンズタケ6

他には、「イッポンシメジ」(毒)と思われるキノコが、直径2m程の菌倫で発生中。

いっぽんしめじ毒?

イッポンシメジ毒?
「イッポンシメジ・毒」
こいつは「ウラベニホテイシメジ」と見分けにくい難物ですが、信州の上田あたりでは、ウラベニホテイシメジをイッポンシメジと呼ぶらしいので、余計にややこしい。

里山には名前が分からないが、フレッシュなキノコも発生し始めていて、秋のキノコはこれからじゃないかなと思わせてくれる。

不明
「生まれたての不明菌」

コンイロイッポンシメジ
「コンイロイッポンシメジ」

オオゴムタケ+
「オオゴムタケ+ベニチャワンタケの仲間」

ハナガサタケ
「ハナガサタケ」

アンズタケの仲間
「アンズタケの仲間」

ここからの写真は「瑞垣山」(ミズガキヤマ)

瑞垣山

瑞垣山は、キノコがほとんど見えない程の状況で、本当にこれから発生するのか不安にさせてくれた。

それでも、オオツガタケが8本、ハナイグチが若干採れた。
ハナイグチの中で面白いものはありましたので、報告します。

オオツガタケ (2)
オオツガタケ (3)
「オオツガタケ」

ニガイグチモドキ
「ニガイグチモドキ」

黄不明2
「八ヶ岳で見つけた黄色いキノコ」

DSCN0305
「落ち葉の痕ガ付いた、ハナイグチ」
先日八ヶ岳で採れた「黄色のキノコ」ですが、マイフレの甚六さんから「ハナイグチ」とご指摘があり、ハナイグチにも数種の仲間がいるらしかった。

昨日採れたハナイグチに落ち葉が載っていて、落ち葉をどけると鮮明な黄色が現れた。
落ち葉が紫外線を遮っていた為だが、先日の黄色のキノコについて考えると、紫外線でメラニン色素を生成する細胞の欠落か、メラニンの元のチロシンをメラニンに変えるチロシナーゼ阻害物質が関与して、黄色の傘のハナイグチが出来ると思われた。

もし、原因が後者であれば、チロシナーゼ阻害物質の研究に利用できるのだが、既に食べてしまった。(残念!)

チロシナーゼ阻害物質は、弊社の研究で他のキノコで発見している為、充分に考えられる面白い現象です。
美白、シミ、ソバカス、ホクロや皮膚ガンにも応用できるかもしれないので、次から珍しいものは食べないことに決めました。



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  日本キノコ学界賞
球形磁気回路米国の評論記事 励磁スピーカー①  励磁スピーカー②  

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 13:13 | キノコ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2011年09月26日
八ヶ岳・標高2000m
昨日は八ヶ岳南麓・標高1350〜2000mを徘徊した。
午後2時頃で標高1400mの気温が10℃、ヤッケを着て凌いだが、まるで晩秋のような冷たい空気だ。

八ヶ岳
「八ヶ岳・午前9時」

ナナカマド
「ナナカマド」
葉が色づき始めて、秋の気配が濃くなってきた。

黄不明
「美しい不明イグチ」ピンボケで失礼!

黄不明2
傘も柄も、鮮烈な黄色で美しい「イグチ」名前の特定が出来ません。

オオキノボリイグチ (2)
「オオキノボリイグチ」

オオモミタケ
「オオモミタケ」

オオモミタケ2
巨大、あと5日ほど早く見つけていれば、残念!

カベンタケ
「カベンタケ」

キシメジ科
「不明菌」

ツバフウセンタケ
「ツバフウセンタケ」

ハナガサタケ
「ハナガサタケ」

ハナビラタケ
「流れのハナビラタケ」

マスタケ
「マスタケ」

不明クリタケモドキ?
「クリタケモドキだろうか?」

マツムシソウ
「マツムシソウ」

トリカブト
「トリカブト」

花2
花1
「野菊の仲間達?」

八ヶ岳も里山と同様に、大変キノコが少ない。
秋のキノコが無い、おなじみのイグチ類が殆ど見当たらず、乱高下した気温のせいなのでしょうか。

山を下りてきた山姥と話をすると、2000mよりかなり標高が高いところにはキノコが沢山あったと言って、写真を見せてくれた。

ハナイグチ2本、傘も柄も美しい黄色のイグチ(名称不明)1本、オオキノボリイグチ1本、イグチの仲間はザッツ・オール。

キノコ達が、これからどんな発生をするのか、要注意。
このまま秋が終わるとは思えない。



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  日本キノコ学界賞
球形磁気回路米国の評論記事 励磁スピーカー①  励磁スピーカー②  

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 15:46 | キノコ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2011年09月24日
いつもの里山、標高650m
今日はいつもの里山・標高650mへ出かけました。

甲斐駒ケ岳
「甲斐駒ケ岳」
甲斐駒は大好きな山、春夏秋冬、眺めるだけで満足できる。

赤い実
「赤い木の実が」

一週間前に出かけたときには、あんなに騒いでいたイグチの仲間たちが、面影も無いほど消えうせている。
キノコの自己消化酵素の威力は凄い、跡形も無いのだ。

しかし、今日も昨日に引き続いてハッピーな展開が待っていた。
筆者の会社では、紫色のキノコ成分の研究に取り組んでいて、ウラムラサキを探していたのですが、思わぬ展開。

オオムラサキアンズタケ
「オオムラサキアンズタケ」

オオムラサキアンズタケ2

オオムラサキアンズタケ3
「オオムラサキアンズタケ」の群生に出会うことが出来たのです。
これで、面白い成分の研究が進むかもしれないと思うと、昨日のマツタケ以上の感激でした。
(写真に撮りましたが、現場で見る美しい紫色を上手く表すことができません。)

カブラテングタケ?
「カブラテングタケ」

コテングタケダマシ
「コテングタケダマシ」

シロオニタケ
「シロオニタケ」

ニンギョウタケ
にんぎょうたけ2
「ニンギョウタケ」
里山のキノコはいつものメンバー、ニンギョウタケがどっさりありましたが、手を出しません。
紫色のサンプルを採取して、そそくさと下山しました。

秋晴れの美しい日、僅かな時間でしたが、山の恵みで嬉しい日になりました。



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  日本キノコ学界賞
球形磁気回路米国の評論記事 励磁スピーカー①  励磁スピーカー②  

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 19:25 | キノコ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2011年09月23日
富士山マツタケ探索
今日は富士山に、マツタケ探索に出かけることにしました。
大雨を降らせた台風が過ぎて、快晴の中を歩けるんじゃないかと思っていたら、雨だ。

四合目の駐車場に着いたのは午前9時、気温6℃、寒い、60代のご夫婦が
山から下りてきて、凍えるようだと車に帰っていった。

林に入るとフウセンタケの仲間たちが群生していて、いい感じだが、マツタケは無い。

コケモモ
「コケモモ」

はないぐち1
「山の宝石」
ハナイグチ4
「ハナイグチ」

ナラタケ
「ナラタケ」

タマゴタケ
「フタゴタケ」

ズキンタケの仲間?
「ズキンタケの仲間?」

ショウゲンジ
「ショウゲンジ」
沢山ありすぎて、最後は見向きもしなかった。

クロカワ
「クロカワ」
これを焼いて、大根おろしで頂けば、ビールがすぐになくなる。

オオツガタケ
「オオツガタケ」
こいつと、天然マイタケ、ホンシメジ、味の御三家だ。

オオキノボリイグチ
「オオキノボリイグチ」
バターソテー、こげるほど焼いてもプワプワしているけど、オイシイ。

不明イグチ
「不明イグチ」
柄と傘のウラは鮮明な黄色で、ゆっくりと青変する。

ヒグマアミガサタケ
「ヒグマアミガサタケ」

フウセンタケに仲間1本
フウセンタケの仲間
フウセンタケの仲間2
「フウセンタケの仲間達」

ホウキタケ
「ホウキタケ」
これは大きくて、1Kg近くあった。

マツタケ1
「マツタケ発見」

マツタケ2

マツタケ3

マツタケは、直径25cmにもなる大きな開きが2本あり、掘り出すと傘の下にもう一本あった。
3本で1.3Kg,その後は、いくら探しても気配が無い。
予想では出始めたマツタケが頭を出しているはずなのに、何か変な感じなのだった。

収穫

三合目に下りて再探索、宝石のような「ハナイグチ」が沢山あった。
クロカワは全部で1Kg以上、ショウゲンジは採りすぎてしまって、最後は見て通るだけ。
オオキノボリイグチも沢山、ホウキタケも1Kg、その他もろもろ、キノコがどっさり出ていて楽しいことこの上ない。

リュックに入りきれず、後ろにつるしたり、手に持ったりで合計6Kg程のキノコで、収穫はおしまい。

午前中に雨が上がり、日も射して気持ちの良いキノコ狩りとなりました。
これから少し照りこめば、マツタケが頭を出してくるんじゃないかな。



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  日本キノコ学界賞
球形磁気回路米国の評論記事 励磁スピーカー①  励磁スピーカー②  

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 22:32 | キノコ | コメント(0) | トラックバック(1) ]

2011年09月22日
田中式バックロードホーン 展示開始
8月12日にご紹介しました、Feastrexの東京試聴室“ミズナラ堂”さんに、田中式バックロードホーン「やくの」が展示され、ご試聴できるようになりました。

yakuno400
「田中式バックロードホーン・やくの」

「やくの」は、一般のバックロードBOXにありがちな固有の癖が少なく、豊かな低音を聴かせてくれる名作と言ってよいでしょう。
特に、クラシックや教会音楽等を聴くと、涙がこぼれそうになるほど豊かな表現力を発揮します。

丹波漆の名工“田中 誠”氏による拘りの製作で、もちろん我国の伝統工芸の技“漆仕上げ”が施されている美しい作品です。


【ミズナラ堂】
〒152-0001 東京都目黒区中央町2-23-16 Spool
東急東横線:学芸大学駅(西口から徒歩6分)

「ミズナラ堂ウェブサイトはこちらから」

Feastrexスピーカー
「Feastrex F-60 Nf-5eシステム」
常設展示されている上記のシステムは、口径5インチ球形磁気回路の励磁型ユニットが搭載されているもので、最新の技術により設計製作されたスピーカーシステムです。

励磁型(フィールド型)スピーカーだけが発揮する、過渡特性の良さをお聴きいただけます。
(本ユニットは「やくの」にも搭載可能です。)

秋の夜長を、美しい音楽と共に過ごすライフスタイルをご満足いただける、自信の作品達をお楽しみ頂ければ幸いです。



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  日本キノコ学界賞
球形磁気回路米国の評論記事 励磁スピーカー①  励磁スピーカー②  

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 09:07 | スピーカー | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2011年09月21日
佐久の高原

台風が来る前に、ウラムラサキを探しに佐久の高原に行ってきました。
小雨の予定が本降りになり、合羽を着て歩くことになりました。

DSCN0014
「色付き始めたヤマブドウ」
目的は達成できませんでしたが、クリタケとナラタケが沢山採れました。

DSCN0013
「ヤマイグチ」
以前ウラムラサキを見つけた場所は、全くキノコの発生が見られずヤマイグチが2本だけ。

DSCN0015
「クリタケ」

DSCN0043
DSCN0031
DSCN0017
「クリタケ」

モドキ
「クリタケモドキ」
色がニガクリタケに似ておりますが、噛むと苦味が無いので判断しやすいと思います。

ナラタケ
「ナラタケ」
ナラタケとクリタケは、ミズナラやシラカバの根元に発生していて、思いのほか沢山採取できました。

DSCN0026
「ベニテングラケ」

DSCN0020
「ツノシメジ」

オオシワカラカサタケ
オオシワカラカサタケ2
「オオシワカラカサタケ」

DSCN0037
DSCN0038
「オオツガタケ」

マイフレの甚六さんの見立てで、不明としようと思っていたキノコが、オオツガタケとオオシワカラカサタケと分かり、クリタケモドキの存在も判明して、一安心。
オオツガタケは図鑑を見ただけでは確証が持てず、迷いましたので本当にありがとうございました。

DSCN9971
「バターソテーの準備」
帰り道に「山のきのこ」の看板があり立ち寄ると、コウタケ、ホンシメジ、マツタケ等が並んでおり、コウタケとホンシメジを購入しました。

本日採取したキノコと合わせてバターソテーにして食べ比べ、一等賞はオオツガタケ、噛みこんでいくと甘味がジワ〜と出てきて、こんな美味しいキノコは初めてです。
二番は、ホンシメジ、癖の無い美味しさが広がります。
三番はなく、クリタケ、クリタケモドキ、オオシワカラカサタケ、ナラタケは焦げ目がつく程度に焼きこんで食べると意外と美味しくいただけました。
ビリは、コウタケで、最後に苦味が出てくるのがイマイチでしたので、炊き込みご飯用に乾燥する事にしました。
(素材の個性を生かした調理法の勉強もしなくてはと思いつつ。)


台風が過ぎれば、本格的な秋になり休眠していたキノコ達がいっせいに発生するのではないかと、ほのかな期待をしております。
いよいよキノコの本番、一番楽しい季節の到来です。



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  日本キノコ学界賞
球形磁気回路米国の評論記事 励磁スピーカー①  励磁スピーカー②  

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 09:18 | キノコ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2011年09月16日
追悼・キノコ探索
昨日早朝、大好きだった叔父(満81歳意)が黄泉に旅立った。
親族が集まって、葬儀の日程も決まったので、叔父が好きだったキノコ探索に出かけることにした。
(実は富士山に行くつもりだったのですが、近いので瑞垣山に変更)

DSCN9971
「昨日の瑞垣山」
かつて叔父は胃がんを疑われて手術を行ったが、退院早々にマツタケを採ってきて皆を驚かせたことを思い出した。

瑞垣山周辺は晴天、気温21℃、標高1700mのマイタケ・マツタケ山
そこかしこに先行者の足跡があり、マイタケは望むべくも無いが、マツタケも発生していないようだった。

筆者には同定不能のキノコが多く、読者のご指導をお願いしたいと思います。

DSCN0003
「不明」

DSCN0005
「ベニタケの仲間」

DSCN0026
「ベニテングタケ」

DSCN0028
「不明」

DSCN0030
「キホウキタケ」

DSCN0032
「クロラッパタケ」

DSCN0050
「標高1800m辺りからの瑞垣山」

DSCN0046
「不明」

DSCN0033
「ヌメリイグチ」

DSCN0042
「ウツロベニハナイグチ」

DSCN0057
これも上と同じだろうか?」

DSCN0062
「不明」

DSCN0065
「巨大なアメリカウラベニイロガワリ」

DSCN0069
「アシベニイグチ」

DSCN0074
「不明イグチ」

DSCN0083
「クチベニタケ」

DSCN0086
「不明」

DSCN9988
「不明」

DSCN0092
「キララタケ」

暑さのせいで、キノコは薄かったがそれでも沢山のきのこが出迎えてくれた。
特にイグチ系は結構発生していて、名前も分からないものが幾つか見つかったので、先輩諸兄の眼力を持って鑑定していただきたい。
(キノコ名を教えていただけると助かります。)

故人の案内だろうか、これまで行った事がない場所を歩いて、マツタケが大量に出そうな場所を見つけた。
筆者の生死感は仏教的で、あっちの世界からこちらに生まれて現世を送り、元に世界に返っていくのだと信じている。

行ったり来たりの輪廻転生の輪の中にいると思えば、別れは辛いが、順番であり、そう遠くない将来に私も体験することなのだと思います。
せめて現世に悔いが無いように頑張りたいと、決意を新たにするだけです。



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  日本キノコ学界賞
球形磁気回路米国の評論記事 励磁スピーカー①  励磁スピーカー②  

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 13:23 | キノコ | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2011年09月14日
近所の山・標高650m
昨日は近くの山に2時間ほど、夏キノコを見に行った。
この山はイグチ類が豊富に発生して、分類が苦手な筆者には手ごわい山だ。

下の3枚の写真は「ベニイグチ」と思われますが、自信がありません。
お分かりの方は教えて下さい。

ミヤマアシベニイグチ?
「ミヤマアシベニイグチ」or「ベニイグチ」でしょうか?

ベニイグチ?
「ベニイグチ」

ベニイグチ
「ベニイグチ」

フジウスタケ2
フジウスタケ?
「フジウスタケ」に似るが、とても小さく別種だろう。

ニガイグチモドキ
「ニガイグチモドキ」
この山は、ニガイグチモドキの巣窟と言いたいほど、そこいらじゅうに発生する。

タマゴタケ3
「タマゴタケ」
何故か林道から見えるとことに沢山発生していた。

セイタカイグチ
「セイタカイグチ」
食べられると書いてありますが、独特の芳香で食欲がわきません。

コガネヤマドリ
「コガネヤマドリ」
美味しいと言う人と、食えるだけ!と、はき捨てるように言う人がいて、これも食べる気にならないキノコ。

カシタケ
「カシタケ」

アンズタケ
「アンズタケ」
富士山のより色が強く、アンズ臭は薄かった。

アカヤマドリ2

アカヤマドリ
「アカヤマドリ」
沢山発生していましたが、時期が少し過ぎた感じで、なんとなく10本ほど採取しました。

ニンギョウタケ
ニンギョウタケ2
「ニンギョウタケ」
コイツも独特の香りがあり、味は悪くないけど、後味に苦味が出てきて好きになれない。

アカヤマドリ、タマゴタケが沢山発生していて、各10本採ったがそれ以上採る気がしなかった。
尾根の日陰側に回ると「ニンギョウタケ」が行列を作って発生していたが、これも採る気がしない。

本気で採れば、背負い篭が必要なほどの量が出て、夏キノコの盛りのようでした。
特にアカヤマドリは3回目のフラッシュで、気候さえ合えば何回も収穫できるようです。

一雨降って秋らしくなると、さらにいろんなイグチが顔を見せてくれる楽しい山です。



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  日本キノコ学界賞
球形磁気回路米国の評論記事 励磁スピーカー①  励磁スピーカー②  

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 16:21 | キノコ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2011年09月13日
中秋の名月
いよいよ秋本番の十五夜を迎えたのに、日中は連日33℃もある猛暑に見舞われている。
それでも朝夕は涼しくなり、中秋の名月に相応しい風が吹き始めている。

そこで一句。「名月や、茸は何処にいったやら」

DSCN9952
「中秋の名月」
ウッドデッキの机に、月見団子とお供え物をして十五夜を祝った。
風呂から出て写真を撮ろうとすると、月が雲に覆われ、お供えした団子が減っている。

DSCN9953
「名月を祝うスタッフ達」

一夜明けると、ウッドデッキには以前紹介した、野良猫ミケ親子と黒兵衛(くろべえ)が朝食の準備が出来たと待っている。

DSCN9962

子猫たちは生まれて4カ月ほどにもなるのに、未だにおっぱいをねだっている。
残念だが、4匹生まれた子猫のうち、2匹は病死(怪我をしていた)してしまった。

OaTGIy5Z
「6月の野良ミケと子供達」

OSZ3RCBb
「左の子が死亡」
残りの2匹は、毎日ウッドデッキで元気に遊んでいて、何故か黒兵衛も参加して、大変にぎやかだ。

連日の猛暑で、マツタケが発生する山を訪ねても「ドクツルタケ」が威張っているだけで、未だマツタケの気配が無いのだ。

DSCN9852
「ドクツルタケ」
あまりの堂々振りに、思わずカメラを構えてしまった。

天候が思わしくなく、秋のキノコが遅れています。
名月にキノコの豊作をお願いしたのでした。



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  日本キノコ学界賞
球形磁気回路米国の評論記事 励磁スピーカー①  励磁スピーカー②  

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 12:13 | ひとり言 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2011年09月12日
瑞垣山のキノコ 3
昨日も懲りずに、瑞垣山周辺にキノコ探索に出かけた。

計画は、カラマツ林を抜けてハナイグチを採り、松の尾根でマツタケ、尾根を抜けたとこにあるミズナラ林でマイタケの様子を見る。

そんな予定で出かけたのですが、カラマツ林にはハナイグチが一本も無い。
松尾根にマツタケが出ていない、ミズナラの林にマイタケの気配がない。

ハナイグチ
[ハナイグチ」

ドクツルタケ
「ドクツルタケ」

テングタケの仲間
「テングタケの仲間」

ツバフウセンタケ (2)
「ツバフウセンタケ」

タマゴタケ
「タマゴタケ」

スギタケモドキ
「スギタケモドキ」

シロヤマイグチ
「シロヤマイグチ?」

ショウゲンジ
「ショウゲンジ」

サクラシメジ
「サクラシメジ」

クリタケ
「クリタケ」

クサウラベニタケの菌輪
「クサウラベニタケの菌輪」

クサウラベニタケ
「クサウラベニタケ」

キホコリタケ
「キホコリタケ」

キノボリイグチ
「キノボリイグチ」

キイロイグチ (2)
「キイロイグチ」

キアブラシメジ
「キアブラシメジ」

カラカサタケ
「カラカサタケ」

アメリカウラベニイロガワリ
「バライロウラベニイロガワリ」

アミタケ
「アミタケ」

結局採れたのは、キノボリイグチ、サクラシメジ、ハナイグチ、ショウゲンジ、概ねこれだけで2kgほどで、山梨名物の「ほうとう」にプラスアルファと言った収穫にはなったものの、狙った処で狙ったものが採れない。

信州キノコの会のレポートをみても、全般的に今年の傾向なのでしょうか。
週間天気予報では、毎日33℃にも達する残暑が続くのだと言っている。
朝夕若干涼しくはなったものの、残暑が恨めしい今日この頃です。



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  日本キノコ学界賞
球形磁気回路米国の評論記事 励磁スピーカー①  励磁スピーカー②  

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 18:29 | キノコ | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2011年09月09日
瑞垣山のキノコ 2

昨日は、サントリーの蒸留所がある白州方面の山を見に行ったが、台風であれほど雨が降ったのに、何故か山はカラカラに乾燥している。
3日も好天が続けば、こんなにも山が乾くのでしょうか。

DSCN9780
「昨日の瑞垣山」

白州を諦めて、瑞垣山方面に行き先を変更。
そろそろ「マツタケ」が出ているはずなのだが、先行者の足跡があるがキノコの気配が無い。

キノボリイグチ
「キノボリイグチ」

不明
「不明菌」
キノコがいない。小さなキノコは乾燥してシワシワ、ようやく顔を出しているものも数が少なくてよい被写体に出会えない。

ヤマイグチ
「ヤマイグチ」

ベニナギナタタケ
「ベニナギナタタケ」

ヌメリコウジタケ?
「ヌメリコウジタケ」

ツバフウセンタケ
「ツバフウセンタケ」
何故か、こいつらはたくさん発生していて、あちこちで見かけました。

チチタケ
「チチタケ」
栃木では「チタケ」と呼んで、貴重品のようにありがたがるキノコですが、山梨ではほとんど採る人がおりません。
地域による食文化の違いでしょうか、チタケは山梨にはドッサリあります。

キイロスッポンタケ
「キイロスッポンタケ」
群生を良く見かけますが、珍しく1本だけで営業しておりました。

キアミアシイグチ
「キアミアシイグチ」

カバイロツルタケ
「カバイロツルタケ」

山梨は昨日も今日も、31℃まで気温が上がり、真夏のようなけだるさだ。
こんな日が何日か続けば、キノコ達は発生するタイミングを失ってしまうんじゃないかな。

富士山でであったキノコのプロが「今年が違いかもしれない」と、つぶやいたのを思いだしました。


“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  日本キノコ学界賞
球形磁気回路米国の評論記事 励磁スピーカー①  励磁スピーカー②  

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 17:50 | キノコ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2011年09月07日
公園のキノコ・富士山のキノコ

昨日は「信州キノコの会」のメンバー3名と筆者で、近くの公園と富士山のキノコ探索に行ってきました。

前回アップした公園の「キタマゴタケ」達が成長して、なかなかお目にかかれない幼菌たちの写真も撮れました。

不明菌 茶
「名称不明」

ツルタケの仲間
「ツルタケの仲間」

ガンタケ?
「ガンタケ」

キアミアシイグチ
「キアミアシイグチ幼菌」

黄タマゴ
先日のタマゴから生まれた「キタマゴタケ」

キタマゴ6個

DSCN9716

4キタマゴ
「キタマゴタケ」
キタマゴタケは、赤いタマゴタケと同様に美味しく食べれる優秀なキノコですが、猛毒の「タマゴタケモドキ」がよく似ており、誤食での死亡例もありますので、ご注意ください。

公園には他にもたくさんのキノコが発生中、4人の大人がキョロキョロ下を向いて歩いたり、かがんで写真を撮ったりで、ジョギングや散歩をしている人たちからは“変なおじさん達”に見えたことでしょう。

公園探索は、1時間で切り上げて、富士山に向かいました。
3合目付近の探索でしたが、まだ少し早かったようです。

ハナイグチ1
「ハナイグチ幼菌」

ハナイグチ2
「ハナイグチ」
ハナイグチの発生が始まり、富士山の秋の到来を告げているようでした。

ワタカラカサタケ2
「ワタカラカサタケ」

ムラサキフウセンタケ2
「オオウスムラサキフウセンタケ」

ヌメリササタケ
「ヌメリササタケ」

ニカワハリタケ&ヘラタケ
「ニカワハリタケ&ヘラタケ」

ショウゲンジ
「ショウゲンジ」

キチャワンタケ
「キチャワンタケ」

カバイロタケ
「カバイロタケ」

オオキノボリイグチ
「オオキノボリイグチ」

オオモミタケ
DSCN9773
「オオモミタケ」

富士山は豊富な種類のキノコが見られる場所、様々な被写体が見つかりますが、写真を全部載せ切れません。

写真のキノコが出始めて、ようやく秋本番の兆しが見えてきました。
途中で出会ったおじさん達に「マツタケ」を見せて頂いたり、楽しい情報交換が出来て有意義な日となりました。

採取したハナイグチとアミハナイグチを、今朝の味噌汁にいれていただきました。
ほのかに秋の香りが漂って、嬉しい朝食になりました。



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  日本キノコ学界賞
球形磁気回路米国の評論記事 励磁スピーカー①  励磁スピーカー②  

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 16:31 | キノコ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2011年09月05日
台風が過ぎ去って
<今日は山梨県庁に、知事さんと面談のために出かけました。
話の内容は秘密です。
県庁に庭の植え込みにキノコ発見、写真に収めて帰りました。

シバフ
「今朝、自宅の芝生」

県庁
山梨県庁
「山梨県庁の植え込みのキノコ」

会社に帰ってから、近くの公園を見てみると何とキノコどっさり。
キタマゴタケもしくはタマゴタケモドキ、たぶん前者だと思いますが、あちこちに発生していて嬉しい嬉しい!

カバイロツルタケ?
「カバイロツルタケ?」

キタマゴ 幼菌
キタマゴタケ
キタマゴタケ傘
「キタマゴタケの三景」

ツルタケ?
「ツルタケ?」

ドクツルタケ?
「ドクツルタケ」

なにかのたまご
「何かのタマゴ」

ノウタケ幼菌
「ノウタケ幼菌」

ホコリタケ
「ホコリタケ」

ヤマドリタケモドキ1
「大型のヤマドリタケモドキ」

ヤマドリタケモドキ2

ヤマドリタケモドキ3
「ヤマドリタケモドキ」

ヤマドリタケモドキの立派なのが出ており、形のいいやつを持ち帰ってバターソテーにしていただきました。

公園内のキノコたちは、台風の雨がはじいた泥が付いていて、せっかくの美しい姿が台無しですが、それでも台風前には見られなかったので、大収穫です。

やはり台風が運んだ雨の仕業でしょう。
めでたしめでたし。



“Feastrex 注目のブログ12選”
ユニットの価格表   インドオーディオ賞 CESレポート・①  励磁スピーカー特徴
RMAF レポート③  RMAF レポート①  和紙製コーン紙  日本キノコ学界賞
球形磁気回路米国の評論記事 励磁スピーカー①  励磁スピーカー②  

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 21:18 | キノコ | コメント(0) | トラックバック(0) ]