掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2011年03月31日
軽井沢で試聴会
無題

軽井沢の、珈琲豆の焙煎と販売を主体とした「カフェ・ル・プティ・ニ 3(トロワ)」様にて
“Feastrex・音楽鑑賞の夕べ”を開催することになりました。

20110307_811535
(雪の日のカフェ・ル・プティ・ニ3)

ジャンルを選ばず、お好きなCDをご持参下さい。
(時間内ご自由にご参加下さい)
世界一と評価されているFeastrexスピーカーの美しい音をお楽しみいただけます。

《使用システム》
DC演奏:EMT891/ルビジウムクロック作動
アンプ:Maekawa CV4055PP 真空管アンプ/ファインメット出力トランス
スピーカー:Feastrex D-5 Type-Ⅲ Excitre/F-60キャビネット+最新電源

開催日時:4月23日(土)午後5時〜8時
開催場所:長野県北佐久郡軽井沢町発地1398-457
     「カフェ・ル・プティ・ニ 3(トロワ)」
お問合せ:0267-48-3334
参加料金:1000円(ケーキ+コーヒー付)

美しい音楽と美味しいコーヒーで、楽しいひと時をお過ごしいただきたいと計画しました。
皆様のご参加をお待ちいたします。

スピーカー関連のお問合せ:090-3040-3377(秋山携帯まで)



“Feastrex 注目のブログ10選”
ユニットの価格表 インドのオーディオ賞 CESレポート・①励磁型スピーカーの特徴
RMAFレポート③ RMAFレポート① 和紙製コーン紙 日本キノコ学界賞受賞
ネーチャーフラックス米国の評論記事

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ    
[ 投稿者:Beekon at 11:35 | スピーカー | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2011年03月27日
Feastrexカナダの試聴室完成!
世界24カ国のFeastrexユーザーから「日本は大丈夫か?、地震と津波の被害や原発はどうだ?」心配と励ましのメールが届きます。
ありがとう!あまり大丈夫ではないので「スピーカーの注文をくれ」とジョーク交じりにお礼を述べております。

世界中の仲間が心配をしてくれていて、本当に地球は一つ、仲間の暖かさを実感しております。

front

カナダの新ディストリビューター“Michael”からは、試聴室が完成したと、出来立てのキャビネットの写真を添えて報告が届きました。

solid walnutF & R
「walnut cabinet」
ウォールナット(胡桃)の単板を使用した美しいキャビネットです。
単板のキャビネットは材料により音色が違いますが、合板と違い一様に美しい澄んだ音色をかもし出します。
地域の気候に合った単板を使用してキャビネットを製作すると、最高に美しい音が出るのです。

side view

合板は接着剤の音が乗って微妙に音が濁るのですが、メーカーとしては対侯性を考慮すると合板で、我慢しなければなりません。
(世界中の気候の違う場所のユーザー様を、ひび割れなどのリスクから守るためです。)

new family
「カナダのFeastrex試聴室」
カナダではNf-5(アルニコマグネット)とNf-5 Exciter(励磁型)の2種類が試聴室に準備されました。
マイケルは出来立てのキャビネットを抱えて、カナダのオーディオショップに対する営業も開始します。

世界中のオーディオファンの皆様に愛されて、Feastrexファンが拡大しております。
現在、最大の敵は「円高」ですが、価格を上回る音質のスピーカーですので、カナダでも理解が得られるものと思います。
頑張れマイケル!



“Feastrex 注目のブログ10選”
ユニットの価格表 インドのオーディオ賞 CESレポート・①励磁型スピーカーの特徴
RMAFレポート③ RMAFレポート① 和紙製コーン紙 日本キノコ学界賞受賞
ネーチャーフラックス米国の評論記事

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 10:10 | スピーカー | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2011年03月21日
新型SDドライブメカはデジタルの夜明けだ!
「今回の地震で被災された方々に、深くお悔やみを申し上げます。また被災地への救助、支援活動並びに、福島原発で被害抑制の努力をされている皆様に、厚く敬意を表します。」

今回の大震災、福島原発事故の推移が心配で、心にとげが刺さった状態が続きますが、少しずつ落ち着きを取り戻しつつあるようです。
しかし、本当の危機は復興が始まるこれからやってくると思います。
復興にかかる莫大な予算と道筋を示せない、政府の無能ぶりが明らかになり、国民の心が折れそうになるかもしれません。日本人の踏ん張りどころは、これからやってきます。
皆で頑張って、立ち向かっていくしかありません。

悲しみや心配にくれるばかりでは前に進みませんので、そろそろオーディオに戻ります。

震災から2日目の13日に、生産が遅れていた新しいSDドライブメカをBunpei氏が届けてくれた。

DSCN7692
「完成したSD再生システム」
新しいSDドライブメカは、演奏表示パネルがつき、フォルダ送りと選曲機能が付加されている。
電源回路が強化され、再生能力が格段に向上して「マスターテープ」の再生音を聴いている様な豊かさが印象的だ。

DSCN7703

ハイサンプリングソフトで聴き比べをしてみると「352.8KHz・24Bit」では音楽の陰影や細かなディティールが見える。

DSCN7707

「176.4KHz・32Bit」では、躍動感が出てきます。
どちらも素晴らしく繊細で、ダイナミック、本来の音楽の楽しさがどんどん出てきます。

LPレコードの情報量の多さに迫真しつつ、CDプレーヤーのような読み飛ばしがない。
レコードやCDのような回転体からの情報供給と違い、音像の安定感がすばらしく定位のよさは抜群です。
これほど優れたデジタル生成音を、我々だけで味わっても良いのだろうかと、勿体無く思えるほど素晴らしい!

DSCN7696
「電源の強化」
ファインメットの電源トランスに出川第二世代整流回路で電源をつくり、さらに可聴帯域内の位相特性が優れたフィルムコンで強化すれば、音の奥行き感、音場の見事な演奏が始まります。
これからのデジタル再生の新しい方向性が確立しつつあると思います。

Bunpeiさんの提案で、DAC出力をトランジスタアンプを除いて、直接アクティブフェーダーに入力し音を聴いてみると、素晴らしくピュアな音になることがわかりました。
この方法では残念ながら、DAC出力が小さなため低域の表現に弱みがあり、真空管増幅か、ファインメットのトランスアウトにするかで、現状より数段音質が向上することも分かりました。

Feastrexでなければ味わえない、至福の音を聴きつつも、さらなる究極の再生音を求めて、課題が尽きることはありません。



“Feastrex 注目のブログ10選”
ユニットの価格表 インドのオーディオ賞 CESレポート・①励磁型スピーカーの特徴
RMAFレポート③ RMAFレポート① 和紙製コーン紙 日本キノコ学界賞受賞
ネーチャーフラックス米国の評論記事

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 16:46 | スピーカー | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2011年03月15日
民主党の危機意識・隠蔽体質を問う
アメリカ在住の友人が心配して、米国での報道をお教えてくれましたので、皆様に知らせします。

ronald_1847735c

「地震災害救済の米軍空母が160Km離れた所に停泊していましたが、1ヶ月の許容範囲を1時間で越えたために、停泊位置を変更したそうです。」

これは、今朝6時過ぎに発生した、福島原発2号機の爆発によるものではないかと思います。
一番心配な「炉心溶融」には至っていまいと思いますが、大変深刻な状況が続いています。

「菅直人首相は15日午前の記者会見で、東日本大震災で被災した福島第1原発から20キロメートル〜30キロメートルの範囲内の住民に対し「外出せず、自宅や事務所など屋内に待機するようにしていただきたい」と述べ、屋内待機するよう求めた。」

しかし、米軍の空母が160kmも離れたところからも危険回避をしているのに、国民の健康に対する配慮が甘すぎるのではないでしょうか。

米国で既に報道がなされているのに、わが国の政府は知らん顔、民主党の隠蔽体質は国民のことより、わが身の保身を重要視しているかのように見えます。

せめて、ヨウ素を多く含んだ食品を食べて、安全の確保に努めて欲しいとお知らせいたしました。


[ 投稿者:Beekon at 12:40 | ひとり言 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2011年03月14日
炉心溶融・メルトダウンが起こったら
「趣味人倶楽部」のマイフレンド様から、炉心溶融が起こった際の緊急連絡がありました。

現在の福島原発、水素爆発が3号機でも発生した模様、炉心溶融までいたらなければ幸いですが、万が一放射能漏れが起こった場合を想定して、放射性ヨウ素から身を守る必要があります。

以下、連絡があった内容です。

>原発震災が起きたら、トロロ昆布をすぐ食べよう

> 「放射能で首都圏消滅ー誰も知らない震災対策」より引用
>
> 首都圏に飛んでくる放射能で、特に症状が出やすいのは、放射性ヨ
> ウ素による甲状腺異常です。
> 体内のヨウ素は70〜80%が甲状腺にあるため、放射性
> ヨウ素た体内に入ると、甲状腺に集まって、
> やがて甲状腺ガンを引き起こします。特に、若い人の発がん性が高
> くなります。
>
> 「甲状腺ガンから身を守りたい」
> チェルノブイリ原発事故で甲状腺の異常が増えて、甲状腺ガンが
> 20年経っても減らないことは前にお伝えしたとおりです。
> これに対する対策は、放射能を帯びていないヨウ素を先に体内に取
> り入れて、放射能が飛んでくる前に甲状腺をヨウ素で飽和させてお
> くことです。
>
> 体内に取り込むヨウ素は、一定量以上になると蓄積できずに排泄さ
> れるので、それを利用して放射性ヨウ素の被害を避けることが出来ます。
> もちろん、第一の対策は防塵マスクで放射能を体内に入れないこと
> で、これが最も重要ですが、さらに防御する意味で、日常的にヨウ
> 素を多く含んだ食品を食べるように意識しつつ、放射能の危険が
> 迫ったら、間に合うようにヨウ素をとれば有効な訳です。
>
> 「手っ取り早く」はヨウ素剤
> ヨウ素を体内に取り込むのに手っ取り早い方法は、ヨウ素剤です。
> 服用のタイミングは、放射能に襲われる直前がベスト。被ばく後で
> も3時間後で50%の効果があるとされています。
> 原発から半径8〜10Kmの自治体では、法令に従って、錠
> 剤のヨウ素剤を備蓄しています。
> それ以外の地域では備蓄していないので、前もってインターネット
> で販売されている物を買っておきましょう。小さいお子さん用に、
> 液体状にして飲めるキットも売られています。
> ただ、ヨウ素に過敏な体質の人は、錠剤を飲むと発疹などの副作用
> が現れることがあるので、用量、用法には注意が必要です。
>
> 「食品で取るならトロロ昆布」
> 食品でヨウ素をとるなら、副作用の心配はありません。特に多くヨ
> ウ素を含む食品は昆布で、ワカメの4倍くらい多く含んでいます。
> 普段から、昆布などの海草類をよく食べるようにすると共に、原発
> で事故が起こったと知ったら、食べやすいトロロ昆布などを多めに
> 食べるのが、無理のない、健康的な対策です。
> トロロ昆布は、乾いたまま一度にたくさん食べると腸内で膨張して
> 危険なので、お吸い物などに入れて食べましょう。
>
> 「ヨウ素をたくさん含む食品ベスト10」
> 乾燥昆布一切れ1枚1グラム
> トロロ昆布大さじ販売1グラム
> 乾燥ワカメ5グラム
> いわし中2匹96グラム
> さば1切れ100グラム
> かつお1切れ100グラム
> 焼き海苔10枚3グラム
> ぶり1切れ80グラム
> 塩鮭1切れ60グラム
> 寒天1角の半分4グラム

> +++
>10分でわかる原発震災のお話
http://www.stop-hamaoka.com/ehon/ehon.html

>日本の原発と地震 死ぬほど恐ろしい冷却水喪失
http://www.stop-hamaoka.com/kaisetsu-1.html

>緊急停止しても事故は起こる
http://www.stop-hamaoka.com/kaisetsu-4.html

民主党政権は、尖閣諸島の出来事に見られるように「隠蔽体質」ですので、充分気をつける必要があると思います。

悲しいお知らせですが、充分注意をしてご家族を守りましょう。


[ 投稿者:Beekon at 11:28 | 健康食品 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2011年03月11日
フィールドスピーカー(励磁型)電源等
励磁スピーカーの新電源を開発していて、新しい音の時代の到来を確信しました。
アルニコやフェライトマグネットが登場するまでは、スピーカーは電磁石で駆動、フィールドコイル・スピーカーと呼ばれたけど、日本語の「励磁型」と呼ぶ方が優れた表現に思う。

SAM_2300
1950年代・Jensen(ジェンセン)「Field Coil Speaker」
形状を一目してお解かりのように、励磁コイルで発生させた磁気がボイスコイルギャップに均等に供給されない。
歪みなど気にもしない、そこそこの音が出れば合格だった、おおらかな時代の製品です。

E-7
「Feastrex Naturflux-5 Exciter」(球形磁気回路5インチ励磁型)
ボイスコイルギャップの稼動時磁気歪み率が、世界でも最も小さい磁気回路です。

0oZDpGx0
「Naturflux 磁気回路断面」
磁気流動性と均一な磁気供給に、ここまで拘ったスピーカーはなく、Feastrexは世界一音質が良いと評価される技術的背景です。

しかし「励磁型」は、再生音に関する大きな問題を抱えてきました。

マグネットモデルは市販の再生機器でも最高の音楽を楽しめますが、励磁型は再生能力が圧倒的に優れているために、市販のCDP、アンプなどの機材の歪が見事に音に出てしまうのです。

この問題を解決するには間欠電流のない整流回路、真空管アンプの電源トランスやコンデンサ等の位相特性が優れたものが必要になりました。

DSCN7337
「MAEKAWA 12E1 PP」(世界初のオールファインメット真空管アンプ)
全く歪感のない、これまで聴いた事がない空間表現を伴う美しい音だ。

CDP等の整流回路には出川式代2世代整流回路、真空管アンプや励磁電源にファインメットコアのトランス類、位相特性が優れたフィルムコンデンサの登場で、ようやくこの問題が解決されようとしています。

励磁型はオーディオの音が表現する、最後の扉まで開いてみたいという情熱家が求めるべき「最終兵器」と言えるでしょう。
一度踏み込めば、二度と戻れない甘美な音の世界です。



“Feastrex 注目のブログ10選”
ユニットの価格表 インドのオーディオ賞 CESレポート・①励磁型スピーカーの特徴
RMAFレポート③ RMAFレポート① 和紙製コーン紙 日本キノコ学界賞受賞
ネーチャーフラックス米国の評論記事

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 09:28 | スピーカー | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2011年03月09日
励磁スピーカー 新次元Sound
「新励磁電源の設計と研究」

いまだ研究の途上ではありますが、試作の励磁電源により「素晴らしい音場を伴った美しい音」がどんどん飛び出してきます。
これまで誰も体験したことがない「新次元の音楽」の世界だと明言します。

実験により、Feastrex励磁スピーカー電源の開発設計に関する、重要なポイント解明されようとしています。

無題
「Nf-5 Exciter 直流磁化曲線と直流透磁率曲線」

励磁コイルに直流電流を流して発生する磁気は、電圧の上昇と共に飽和点を迎えますが、この磁気飽和直前の電圧を使用することにより、最も優れた音楽表現を得ることができます。
このポイントを「磁気飽和臨界点」と呼んでおります。
このピンポイント電圧で音楽を聴くと「音場」が現れます。
音の奥行きや楽器の定位が飛躍的に向上し、えも言われぬ臨場感を味わえます。
ミュージックラバーの天国、歪がない音で眠気がでるほど気持ちよい音です。

さらに面白いのは、磁気飽和臨界点付近から「透磁率」が減少し、透磁率の1/100位まで減少した点から直線的に変化するポイントがあります。
この点を「透磁率2次飽和臨界点」と呼んでいます。
このポイントを示す電圧で音を聴くと、オーディオマニアが喜びそうな、ハッキリとした音楽表現、メリハリの効いた躍動感に満ちた音調が得られます。

音楽のジャンルによって使い分けると大変楽しい、新次元のオーディオ表現を楽しめます。

DSCN7663

掲載した曲線はFeastrex Nf-5 励磁スピーカーの計測によるもので、製品に使用する材料や形状等によっても変化しますので、型番ごとに最適ポイントは異なります。

最新の励磁電源の進化と、再生機器に関して重要な情報を少しずつブログにアップしてまいりますので、楽しみにしていてください。



“Feastrex 注目のブログ10選”
ユニットの価格表 インドのオーディオ賞 CESレポート・①励磁型スピーカーの特徴
RMAFレポート③ RMAFレポート① 和紙製コーン紙 日本キノコ学界賞受賞
ネーチャーフラックス米国の評論記事

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 17:41 | スピーカー | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2011年03月04日
目玉おやじ完成
友人から依頼されていた「目玉おやじ」が完成した。
キャビネットは「SASAKI ACOUSTICS CB500S」¥460,000(1台・1990年代)当時としてもかなり高価なスピーカーだった。

DSCN7673
「完成したスピーカーシステム」
いきなり良い音で鳴り出してほっとしました。

DSCN7667
「シーメンス鉄仮面(口径10in)&Feastrex Nf-5(口径5in」
オリジナルで搭載されていたスピーカーユニットは「SIEMENS・Koaxial Lautspr」(同軸2Way・通称:鉄仮面)だった。
振動板面積を比較すると、鉄仮面コーン:490cm2、Nf-5コーン:123cm2、Nf-5のコーン面積は“1/4”しかない。

DSCN7666
「シーメンス鉄仮面&Feastrex Nf-5」
一目してお解かりの通り、シーメンスの磁気回路はフェライトマグネット全重量2275g、Nf-5はアルニコマグネットで全重量4300g、面積が4倍もあるコーンをこんな非力な磁気回路で駆動させて、良い音が出るはずが無い。

DSCN7674

スピーカーフレームをアルミかステンで製作しようと見積もったら、片側でも10万円ほどかかるので、合板のフレームに取り付けとなった。

DSCN7675
「バッチリ似合う後姿」
音を聴けば、鉄仮面の中高域が引きつった音と比べてはるかに向上したことは言うまでもない。
少し低域が不足、容積がもう少し欲しいところだが、ガラス製の密閉キャビネットのため加工が出来ない。
出来合いのキャビネットに放り込んで、これだけの音が出れば文句は無いと思う。
充分良い音です! (*^^*)v

ガラスキャビネットをお持ちの方は、このさいユニットの変更を検討されたらいかがでしょうか。



“Feastrex 注目のブログ10選”
ユニットの価格表 インドのオーディオ賞 CESレポート・①励磁型スピーカーの特徴
RMAFレポート③ RMAFレポート① 和紙製コーン紙 日本キノコ学界賞受賞
ネーチャーフラックス米国の評論記事

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 16:29 | スピーカー | コメント(0) | トラックバック(0) ]