掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2011年01月31日
Telefunken RS282 真空管アンプ
「Telefunken RS282 真空管」
(フィラメント・8V/1.6A、プレート・1000V/180mA/100W、グリッド・-60V、増幅率・12.5μ)

DSCN7100

テレフンケンRS282は、RSシリーズの中でも異色の形状で上部のプレート端子の両脇にグリッドとカソード端子が設けられており、電信柱と呼んでいる。

DSCN7114

1920年代からドイツで生産された、高周波発振・増幅管で写真のRS282にはナチスのハーケンクロイツ(独:Hakenkreuz、卐・逆鉤十字)に鷲の刻印がある。
鷲の下の、03 40、の刻印は1940年第3週に生産されたことを表しています。
ヒトラーは1935年に大統領就任、1945年ベルリン陥落ですから、ナチスドイツの真っ只中、71年も前に生産された真空管です。

DSCN6959
「MAEKAWA式 Tfk RS282 シングル試作機」 
どんな音色の真空管なのか、まず音を聴いてみようと試作されたシングルアンプ、70年の眠りから覚めて奏でる音は・・・

DSCN6960

RS282は、大型管には珍しい傍熱型、ともすると直熱管が尊ばれるがとんでもない、フィラメントはほんのりと燈り、派手な管ではないのだが、クリアで格調のある音を出してあっさりと直熱管神話を覆すのだ。

DSCN6975

専用の紙ケース、真空管はスプリングで保持されており、ドイツから日本へのタフな輸送にも耐えてきた。

真空管の所有者はテラさん、製作担当はMAEKAWA氏、こんなデカ球を4本も使用するプッシュプルアンプを製作することになりました。

トランス類の発注も済んだようですので、2月には製作が開始されることでしょう。
PPアンプは、シングルアンプよりメリハリのある音を出しますから、見た目と共に楽しみ倍増です。
真空管アンプファンの皆様、楽しみにお待ち下さい。



“Feastrex 注目のブログ10選”
ユニットの価格表 インドのオーディオ賞 CESレポート・①励磁型スピーカーの特徴
RMAFレポート③ RMAFレポート① 和紙製コーン紙 日本キノコ学界賞受賞
ネーチャーフラックス米国の評論記事

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 12:26 | スピーカー | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2011年01月25日
浅草からアメ横へ
DSCN6951

活気あふれる最近の「浅草寺」から少し歩けば駒形、おもちゃのバンダイ本社がある。

DSCN6893
DSCN6954
「アンパンマン・ドラえもん・ウルトラマン・仮面ライダー・etc」
子供たちが大好きなキャラクターが本社前に整列している。

DSCN6953

中でも最も人気が高いのが「ガンダム」だ、子供からお年寄りまで立ち止まる。
強面の「機動戦士ガンダム」ではなく、かわいいガンダム君が受けているらしい。

多くの人に夢を与える企業は、いまやわが国固有の文化の発信基地だ、ちなみに中国で最も人気があるキャラクターは「ドラえもん」で、ミッキーマウスを遥かに凌ぐのだという。
浅草、駒形、界隈は古い日本と新しい日本文化の発信基地として頑張って欲しい。

DSCN6957

「アメ横」は「秋葉原」と並んで筆者が大好きな場所、普段人ごみを嫌いな自分が変われる場所だ。
衣料品、ゴルフ道具、時計、貴金属、趣味のナイフなど、など、山梨ではお目にかかれない商品が陳列され、田舎者をたぶらかすのだ。

DSCN6955

様々な魚、大好きなカニ、スジコ、イクラ、ウニ、山梨のスーパーの価格と比較すると、1/2〜1/4の価格で購入できる。

ウニとイクラをどっさり購入し、ウニ+イクラ=ドッサリ丼、にして食べた。
購入した3000円分のネタで6人前のドッサリ丼をつくっても、ウニがかなり余るほどだった。

魚介類が好きな筆者にとって、アメ横は天国のような所だが、最近は机の上のスパーマーケットで購入する機会が増えた。
しかし、ネット通販ばかりが蔓延すると、大事な分化の発信基地の存在が薄くなるかも。

顔と顔を突き合わせての買い物の楽しさ、大事なことだと改めて再認識しました。



“Feastrex 注目のブログ10選”
ユニットの価格表 インドのオーディオ賞 CESレポート・①励磁型スピーカーの特徴
RMAFレポート③ RMAFレポート① 和紙製コーン紙 日本キノコ学界賞受賞
ネーチャーフラックス米国の評論記事

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 10:07 | ひとり言 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2011年01月24日
スカイツリーと浅草寺
昨日は小用で上京し時間があったので、スカイツリーと浅草寺、おまけにアメ横、ハトバスツアーのようなコースを歩いた。
風もなく穏やかな午後の散歩、久しぶりの浅草は見違えるほど人が出ていて、昔ながらの賑わいを見せていた。

DSCN6902
隅田川にかかる「こまがたばし」付近から

DSCN6910
「あづまばし」辺りは人でごった返していて、しかも皆さんがカメラを構える。
これがいわゆる「スカイツリー効果」なのだろう、とにかく人、人、人口密度が低い山梨から出てくると、東京ってすげー所だと思う。

DSCN6918
スカイツリーは、最後のアンテナ部分を残して全容を現している。
手前の、金色のビルが「アサヒビールの本社」、隣りのウンコが乗っているのが「スーパードライホール」、ここでビールも飲めるようになっている。

DSCN6950
「雷 門」
ウンコビルが見える橋から5分程度で来れるので、完全に一体になったルートだ。
隅田川の向こうは近代、橋のこっちは昔のまま。

DSCN6930
仲見世通りから浅草寺へ

DSCN6935
「浅草寺」

浅草は廃れかけたがスカイツリーでバッチリ集客、一昔前との違いは外国人が多いことだ、参拝客の三分の一を占めているように見える。
人が歩いていないと浅草らしくないので、どんな国籍の人間であろうと参加して、押すな押すなと歩いて欲しい。

DSCN6945
浅草寺境内は、メインストリートを外れると人気のない静かな場所があり、味噌おでんをゆっくりと食べられる。

新名所の誕生で息を吹き返した浅草をみて、いつも新しい何かを求める人間の本質が見えるし、その中で変わらないものの尊さが共存して、よかったよかったと思うのでした。

この後「アメ横」に移動したのですが、続きは明日にします。



“Feastrex 注目のブログ10選”
ユニットの価格表 インドのオーディオ賞 CESレポート・①励磁型スピーカーの特徴
RMAFレポート③ RMAFレポート① 和紙製コーン紙 日本キノコ学界賞受賞
ネーチャーフラックス米国の評論記事

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 16:47 | ひとり言 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2011年01月21日
SDメモリープレーヤーのアンプキット

SDメモリープレーヤーを開発している“Bunpei”さんから、プレーヤー用の新しいアンプキットが送られてきました。

DSCN6863
「アンプキット」
昨日午前に1時間半ほどでくみたてを終了し、早速試聴してみました。

DSCN6865
「SDメモリープレーヤー」
SDメモリーのドライブ・DAC+クロック・アンプ・電源部、で出来ているシンプルなメカですが、現在の音質に至るまでに2年以上の開発期間がかかりました。

DSCN6862
「これまで使用していたアンプ基盤」(増幅にオペアンプを使用)

DSCN6861
「今回組み立てたアンプ」(増幅部がトランジスタ)

音調ですが、流石にBunpeiさんが送ってくれただけあって、大変好ましいものでした。
シャープな解像力と立体的な音像、ともすれば乾燥気味なデジタルサウンドですが、より有機的な音を聴かせてくれます。

さらに音質が優れた新しいSDメモリードライバーも製作中で、完成が本当に待ち遠しい。
新型のドライバーが完成すれば、デモ用に使用するために小型ケースに納めるつもりです。
各地のFeastrexの試聴会でお披露目したいと思いますので、楽しみにしていて下さい。



“Feastrex 注目のブログ10選”
ユニットの価格表 インドのオーディオ賞 CESレポート・①励磁型スピーカーの特徴
RMAFレポート③ RMAFレポート① 和紙製コーン紙 日本キノコ学界賞受賞
ネーチャーフラックス米国の評論記事

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 09:07 | スピーカー | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2011年01月20日
MADE IN Japanese
本日お見えになったお客様は、東京で広告関連の仕事をされている社長様、リタイアしたらリスニングルームをメインとした住宅を建設されるご予定なのだと。

オーディオ談義の中で“Made in Japan”の時代は終焉したと嘆かれたが、その後の話が素晴らしい。
“Made in Japanese”を誇るべき時代だと語られたのである。

本来は“In”でなく“By”と表現するべきかもしれないが、肝心なのは“日本人が作った”事に意味の重点がある。

大量生産の家電などはすでに“Made in Japan”と刻印しても韓国製の方が圧倒的に売れている。
残念ながら、わが国の量産品には品質と価格で既に、負けていると言う証であろうか。

しかしながら“日本人”が作ったものは違う、量産品は機械が生産するが、日本人の物づくりにおける感性と拘りは世界一だと言うことを述べられた。

広告関連の仕事をされている方の、感性、慧眼、のお言葉に、その通りであると話が盛り上がったのは言うまでもない。

我が社に来られたのも、日本人の物づくりを確認したかったようで、Feastrexスピーカーの音質に大変満足され、来て良かったとご満足いただきました。

人間国宝の手漉き和紙、マイスターの磁気回路、サカエ工芸のキャビネット、MAEKAWA真空管アンプ、丹波漆仕上げ、etc、世界の何処に出しても負けることが無い拘りの作品がFeastrexを支えている。

世界一の低歪みと評価されたスピーカーの音、これを聴いて頂けば私たちは何も語ることは無い。

正真正銘の“MADE IN Japanese”ここにあり。

素晴らしいお話を頂きました社長様、本日は誠にありがとうございました。

皆様も是非、Feastrexを聴きに、遊びにおいで下さい。



“Feastrex 注目のブログ10選”
ユニットの価格表 インドのオーディオ賞 CESレポート・①励磁型スピーカーの特徴
RMAFレポート③ RMAFレポート① 和紙製コーン紙 日本キノコ学界賞受賞
ネーチャーフラックス米国の評論記事

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 18:11 | スピーカー | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2011年01月18日
静かな日の、ひとり言
今日も快晴、風もなく穏やかな日だった。
冬季の山梨でこんな日には、決まって日本海側は雪が降っている。

DSCN6819

我が家の桜の木に集まってくるカラスたちも、のんびりした感じだ。
3羽ガラスと言うけど、いつも4羽で遊びに来ていて、年老いた母が植えた野菜の種などを食べてしまう悪いやつらだ。

DSCN6817

今期に入り本格的な降雪は無く山にもうっすらとしか雪が無い、空気は乾いていて、鼻の奥が乾いてヒリヒリするのでマスクをしている。

DSCN6807
国道から見える富士山もいつも通りだが、なぜか見飽きることが無い。

刻々と変化しているのは、わが国の経済の弱体化、空洞化、大卒の就職内定率68・8%、2年連続で過去最低だというが、これとて本当はもっと悪いと感じている。
いよいよ厚生労働省と文部科学省の統計も、あてにならなくなっているとさえ思う。

今年60歳を迎える人口は2,080,000人。
大卒、22歳になる人口は1,344,000人で、比率は64.6%となる。
内定率が68.8%、ざっと計算しても昔の半分にも満たない雇用しか、提供できない国になっているのだ。

科学技術の進歩が我々を幸せにすると信じていたが、何の事は無い今となっては雇用を奪うのだ。
世界の工場と呼ばれるお隣の中国でも、同様に人が余り始めている。
どうすれば人類皆が、たおやかに暮らしていける世の中になるのだろう。

穏やかで静かな日に、こんなひとり言をつぶやいている。


[ 投稿者:Beekon at 16:38 | ひとり言 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2011年01月17日
野良猫・クロちゃんのその後
ブログの間隔が遠いと指摘され、さらに野良猫のその後はどうなったと、心配の声が寄せられました。
筆者は正月に風邪を引き熱が出ました。スピーカーのご視聴希望者様の対応や、年始の行事などが一段落して、最近ようやく本来の調子に戻りつつあるところです。

DSCN6631

写真は昨年12月25日撮影、我が家にやってきて3日目の野良猫クロ君、家の軒下の花壇にうずくまって寒そうな様子。

DSCN6744

昨年12月31日の黒猫君、ご飯をもらえるようになって、落ち着いたのか尻尾を上げるようになりました。
最近は、黒兵衛(くろべえ)と呼んでおります。

昨夜の事件、玄関先で“ナァ〜アァ〜ゴ〜ッ”と連呼する猫の鳴き声、覗いてみると黒兵衛と近所の茶トラ君が対峙しており“緊迫した状況”です。
茶トラ君は以前からよく遊びに来ていたのですが、既にここは黒兵衛のテリトリーとなっているようです。

DSCN6823

10分間ほども、至近距離で顔を突き合わせて“ナァ〜アァ〜ゴ〜ッ”とやっておりましたが・・・

DSCN6824
やがて、腰をすえて・・・

DSCN6827
黒兵衛の勝利!
茶トラ君は退散しましたが、黒兵衛はゆっくりと後を追い、闇の中に・・・。

DSCN6802
家の中では外の騒ぎに緊張した面持ちの、愛猫ビーコン

DSCN6833
朝になると戻っていて、いつものように朝日を浴びて。

DSCN6855

みすぼらしかった野良猫君は“黒兵衛”と呼ばれるようになり、ご飯をいっぱい食べて、風格が出てきました。
よく見ると、左耳の脇に引っかき傷が一つ、昨夜のバトルの勲章が付いておりました。
茶トラ君の利き腕は、右前足、かなりの猫パンチの腕前と察することができます。

これからどんな物語を残していくのか、オス猫黒兵衛の今後の活躍が楽しみです。(=^-^=)/



“Feastrex 注目のブログ10選”
ユニットの価格表 インドのオーディオ賞 CESレポート・①励磁型スピーカーの特徴
RMAFレポート③ RMAFレポート① 和紙製コーン紙 日本キノコ学界賞受賞
ネーチャーフラックス米国の評論記事

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 09:21 | スピーカー | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2011年01月04日
新年のお客様と“STUDER C37”
新年おめでとうございます。

昨日は新年初のお客様“サイタマオーディオクラブ”のメンバー様5名がお見えになりました。
正しくは「彩球オーディオ倶楽部」と遊び心いっぱい、お洒落に書きます。

同倶楽部で、テープデッキの音を楽しむ催しを計画され、弊社の寺本君所有の“STUDER C37”を候補に、試聴にお見えになったのです。

DSCN6791
「お目当ての“STUDER C37”です。」
ビートルズのマスタリングに使用された名器で、筆者も最も良い音のするデッキだと思います。

DSCN6797
“STUDER C37”は真空管が使用されており、メンテナンスが行き届いているものは少ないのです。
ご覧のように、メンテナンスを考慮して、ユニットごとに取り外しが出来るように作られております。

DSCN6795
余興にと“Telefunken M21”(右側)も聴いていただきました。

sG9ks2vK
これも名器“Telefunken M15A”
Neumannのカッティングマシンに送出し用に使用されたものです。

DSCN6794
「彩球オーディオ倶楽部のメンバー様」
レコーディングスタジオなどで使用されていた往年の名器、3種類を聴き比べどのようなご感想をもたれたでしょうか。

テープデッキの音質の違いを克明に音で表現する、Feastrexの解像力にも充分にご理解いただけたことでしょう。
テープデッキでの催しには、Feastrex D-5 Exciter Type-Ⅲもモニタースピーカーに決定され、これは新年早々に楽しいイベントとなるでしょう。

帰りの中央高速は帰省ラッシュ、大混雑することを覚悟でお見えいただきました。
おかげさまで、楽しい年明けとなりました。

テープデッキの音にご興味がある方は、是非遊びにおいで下さい。



“Feastrex 注目のブログ10選”
ユニットの価格表 インドのオーディオ賞 CESレポート・①励磁型スピーカーの特徴
RMAFレポート③ RMAFレポート① 和紙製コーン紙 日本キノコ学界賞受賞
ネーチャーフラックス米国の評論記事

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 17:00 | スピーカー | コメント(2) | トラックバック(0) ]