掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2010年03月24日
EMT-948 の整備を終えて・・・
友人のEMT-948ターンテーブルの整備の過程での、イコライザーカードのオペアンプの故障について。
このカードは正式には、EQUAUZER 7 950 038(338,088,098)と表されており、EMT948とEMT950に共用できるものです。
038=1:7インプットトランス(MCT)搭載
339&088=インプットトランスなし(MMカートリッジ用)
098=1:1インプットトランス搭載

038、088には専用インプットトランスを取り付ければ、MCカートリッジ用(038)にステップアップ可能です。

DSCN2449

今回故障したオペアンプは、写真中央“LM1303N”でしたが、これは古いもので入手困難でしたので、共用可能な“NE5533AN”を探しました。

国内外のパーツ専用サイトに問い合わせをしたところ、1個5850円で5個以上の注文でないと売らないとか、合計金額で3万円以上の注文でないと売らないなど、ボッタクリも甚だしい応対ばかりで,本当に腹が立ちました。
最後の頼りは“ebay”ですので、あちこち探してみると出てきました!
イギリスからの出品で1個だけですが“NE5533AN”を購入することができました。

DSCN2429

購入した“NE5533AN”=6.85ポンド+送料3.60ポンド=£10.45≒1400円でした。
これまでも古いトランジスタなど、国内で入手困難なものは“ebay”に随分助けられました。

高度情報化社会で、日本国内の労働集約型産業は大多数が中国や東南アジアに移動して、国内の雇用に大きな影を落としておりますが、山梨の片田舎にあるスピーカーメーカーが世界20カ国を相手にビジネスが出来たり、今回のような便利を享受する事が出来ます。

嬉しかったり、悲しかったり、先が見えない現在の不思議な時代も楽しむべきなのでしょうか。



“Feastrex 注目のブログ10選”
ユニットの価格表最強の磁気回路CESレポート・①励磁型スピーカーの特徴
RMAFレポート③ RMAFレポート① 和紙製コーン紙 日本キノコ学界賞受賞
インドのオーディオ賞米国の評論記事

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 16:40 | スピーカー | コメント(0) | トラックバック(0) ]