掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2010年03月01日
EMT 948 アップグレード

EMT 948の整備について書いてきましたが、最後にお勧めしたいアップグレードについてお知らせいたします。

EMT 1 (1)

EMT950のラインアンプ・イコライザー電源の出川式第二世代化は以前お知らせしましが、今回は同じことをスマートな方法で実施しました。

EMT 1 (2)

EMT948は、フロントから差し込む7枚のコントロールボードで制御しますが、一番手前に8番目のカードを設置しました。

EMT 4 (1)
(8番目のカードは、出川式第二世代整流回路です。)

本体電源からラインアンプ電源ボードに供給する電源ケ-ブルをカットして、中間に出川式整流回路を組み込みました。

EMT 4 (2)
(作動中を知らせるLEDも取り付けられて良い感じです。)

EMTのターンテーブルはプロ用(スタジオ仕様)で、素晴らしい音を聞かせてくれる名機ですが、出川電源化すると標準のEMTの音が子供のように幼く聴こえてしまうほど成長します。

解像力、メリハリ、キレが良くなり、さらにザラザラとした音がシルキーになり、音にコクが出てきて・・・これはもうたまりません。

この改造は筆者が行うつもりでしたが、MAEKAWA氏が遊びにに来ましたので、これ幸いとばかりお任せしたら、8番目のボードが出来上がってしまいました。
ここまでやるつもりではなかったのですが、プロの手にかかるとこのように素晴らしいアップグレードが出来るのです。

ご希望の方には、格安でアップグレードして差し上げます野で、お問い合わせください。




“Feastrex 注目のブログ10選”
ユニットの価格表最強の磁気回路CESレポート・①励磁型スピーカーの特徴
RMAFレポート③ RMAFレポート① 和紙製コーン紙 日本キノコ学界賞受賞
インドのオーディオ賞米国の評論記事

BLOGランキングに参加中です。
応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 16:53 | スピーカー | コメント(1) | トラックバック(0) ]