掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2008年06月01日
拝啓、クニタン様・・・映画に出ているんだね。
クニタンに

クニタンには内緒で・・・
おしっこ・・・ちびった”Jason"君が、クニタンとお友達になりに来るぞ!



しかし、私はクニタンが映画俳優だとは知りませんでした。



http://uk.youtube.com/watch?v=B6G0JGqBcZ4



アンプビルダーかと思っていたら、結構面白い人だったんですね。!(^o^)/
有名になっても、仲良くしてくださいね。
ナイフやホッケーのマスクは無しで、芋焼酎だけにしますからね。


BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 18:52 | スピーカー | コメント(9) | トラックバック(0) ]

Fesatrex・キャビネット設計について
New キャビネット


Feastrex・D-5 シリーズ推奨キャビネット


キャビ5


フロントバッフルの穴加工(切り込みは、入力端子と電源端子)
Exciterは磁気回路が巨大なため、各端子が外にはみ出してしまう。



キャビ4


キャビビネット内には、吸音材を一切使用しない。


D-5シリーズを購入して、自作キャビネットに挑む人が多いので
ここでアドバイスをしておきます。



1.T/Sパラメーターでキャビネットを設計するプログラムが市販されておりますが
 バックロードホーンも同様に、従来の設計指針はFeastrexの場合、適用不能です。
 キャビネット容積、ポートサイズ理論値も適合しないことをお知らせしておきます。
 何故なら、これまで市販されていたスピーカーとは性能が大きく違うからです。
 軽四輪のシャーシに5000ccのエンジンを搭載しようとするようなものです。

 
2.BOX内に吸音材を使用する事が常識のようになっておりますが
 吸音材は、ご使用しないで下さい。
 コーン紙の前にも後ろにも音が出ておりますが、BOX内に吸音材を取り付けると
 中の音は中途半端に殺されます。 その半殺しの音は、ポートばかりでなく
 コーン紙からも前に出てきてしまいますね。 ふすまの向こうの話し声が聴こえる。
 これと同様なことが起こりますね。 半殺しの濁った音を聴かなければなりません。
 BOX内の滞在波を極力なくし、内圧を上手く抜き出すポート設計が重要となります。


ご自作に挑まれる方は、何種類かの推奨キャビネット図面がございます。
良い音を聴くためにはそれなりのキャビネットが必要です。
設計前に、前もってご相談ください。
 

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、下のバナーのクリックをお願いいたします。m(__)m
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 恋するオヤジへ
[ 投稿者:Beekon at 14:45 | スピーカー | コメント(10) | トラックバック(0) ]