掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2017年12月08日
ステライトステライトバルブの弁箱
ステライト、低温強度(わずか50から75パーセントのニッケル基合金)であるが、しかし980度以上の温度で高い強度、熱疲労に対する良好な耐性、腐食及び摩耗性能熱を有している。】C、およびそこより良い溶接性。航空機ジェットエンジン、産業用ガスタービン、船舶用ガスタービンブレード及びノズルガイドベーン及びディーゼルエンジンのノズルの製造に適し。

コバルト基超合金は、一般的に980℃以上の温度で低および中高温強度(わずか50から75パーセントのニッケルベースの合金)が、コヒーレントな強化相を欠いているが、高強度、良好な熱疲労および耐食性を有します耐磨耗性に優れ、溶接性も良好です。航空機ジェットエンジン、産業用ガスタービン、船舶用ガスタービンブレード及びノズルガイドベーン及びディーゼルエンジンのノズルの製造に適し。

合金のステライトにおける炭化物粒子の粒径の大きさ及び分布は、所望の破断強度や熱疲労特性を達成するために、キャストステライト部材として、鋳造プロセスパラメータが制御されなければならない、鋳造プロセスに非常に敏感です。ステライト合金は主に炭化物の析出を制御するために熱処理が必要です。ステライト、第一高温溶体化処理温度は、通常約1150℃、全ての一次炭化物、固溶体を含むMC炭化物溶解部分でキャスト、そして次いで870から980℃で時効処理します、炭化物(最も一般的にはM23C6)再沈殿。

平面破壊応力を有するステライト合金 - 温度関係が、1000年℃の高温腐食抵抗以外の優れた高温を有することが示された上方の高クロム含有合金、例えば合金があるので、それがあってもよいですの特徴高硬度(HRC 80〜92)のため、サーメットの初期研究としてのWC-Coベースのサーメット。

ステライトバルブの弁箱 - http://jp.cobaltalloy.net/


続きを読む ...
 
[ 投稿者:cobaltalloy at 12:03 | cobaltalloy | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年11月27日
ステライト合金6溶接

ステライト合金6のステータとロータは、ステライト6で作られています。 お客様の図面や要求に応じて異なる仕様。


ステライト6溶接用電極当社は中国にステライト6溶接用電極を輸出しております。 シャンティ金属の在庫と供給コバルト電極、コバルトベアロッド、コバルトワイヤコバルトパウダー。 コバルト合金は、主に摩耗用途、融着溶接、HVOF噴霧プロセスおよびハードフェーシング用途に使用される。 コバルト合金は、耐摩耗性の硬質材料として広く使用されています。 耐摩耗性、強度、耐食性のユニークな組み合わせにより、過酷な環境にも対応できます。 コバルト合金は、接着剤の摩耗、磨耗、浸食、熱衝撃、腐食および酸化を含む、優れた耐摩耗性タイプに対する顧客の好みである。


バルブステーションでは、「合金6」と呼ばれていますが、「ステライト6」と呼ばれることもあります(ステライトは、ケナメタルグループの一部であるDeloro Stellite Companyの登録商標です)。


私たちはあなたが正しいサプライヤーを得るのを手伝います。 始めましょう!http://jp.cobaltalloy.net/

[ 投稿者:cobaltalloy at 10:49 | cobaltalloy | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年11月20日
ステライトこの確かな技術
http://jp.cobaltalloy.net/ステライトグループは創業以来「『最良の会社』を具現して社会に貢献すること」を経営理念に掲げ事業活動を行ってきました。

私たちはお客様のアイデアを実際の製品に翻訳することをサポートします。 私たちのデザイナーとエンジニアを歓迎し、実際の部品として容易に実現できるデザインに短期間で取り組むことができます。

従業員一人ひとりが日々の業務の中で自らを高めていくことで当社グループが持続的成長を成しえ、社会に貢献することができる。そのため、当社グループの持続的成長はCSR活動なくしては成しえません。

今後ますます高度化する肉盛溶接技術に対処するため、現在では自動TIG肉盛装置は3号機まで、機械設備では他社よりもより早く最新鋭のものを取り揃えました。

この確かな技術はユーザーの期待に応えられるものと確信し誠心誠意たゆまぬ努力を続けております。それにもまして基本を重視した技術者の手作業には定評があり、現在新たな技術者の育成にも力を入れております。今後とも尚一層の御愛願とご指導、お引き立てを賜りますことをお願い申し上げます。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:cobaltalloy at 10:33 | cobaltalloy | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年11月17日
ステライト当社のマーケティング状況

ステライトのブッシュ デザインから製品までの品質。北アメリカ、ヨーロッパを主要な輸出対象に、具体的にはアメリカ、ブラジル、ドイツ、イタリア、フランス、イギリス、スウェーデンロシア、韓国、インド、インドネシア、南アフリカなどです。北アメリカへの輸出量は75% ヨーロッパは15%、他の地域は10%


粉末冶金法を用いて、ステライト製品を生産。世界における三社のサプライヤーの一社です。


最先端の生産、検査用設備およびプロの研究開発チーム


素晴らしい生産能力、配送能力をもち、出荷時間は最速で三日


守秘義務を厳守し、お客様の個人情報流失の可能性をゼロに抑えます。


多種多様な製品をもち、お客様のサンプルまたは図面に従う特注製品も受けます。最小受注量には限定はないです。


http://jp.cobaltalloy.net/ へようこそ。わが社は最善の価格でステライト部品を提供するのパイオニア製造メーカです。2001年から始まり、20年近く、製品500種以上の生産経験を持っております。更に、10年以上のおよそ50か国に広がった客に製品を提供する輸出の経験を持っております。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:cobaltalloy at 12:48 | cobaltalloy | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年11月16日
ステライト高品質の製品を低コスト
ステライトは、耐摩耗、耐食性に優れた材料で、部品の寿命を大幅に伸ばすことが出来ます。ステライト溶接肉盛から仕上加工まで、全て社内で行います。高品質の製品を低コスト、短納期にて製作します。

シャフトスリーブとは、石油化学プラントや製鉄所などにおいて薬品や石油等の液体移送用ポンプに組み込まれる重要部品です。

腐食性の化学薬品などに常に接触しながら、ポンプのシャフトと一体となり高速で回転する部品であり、さらに化学薬品等の外部への漏洩を防ぐために用いられるシールとよばれる軸封装置と常に接触するという、非常に過酷な環境で使用されます。

そのため、通常シャフトスリーブは腐食に強いステンレス製で、さらに耐摩耗性、耐食性を高めるため、ステライト溶接肉盛やセラミック溶射、WC溶射、ハードクロムめっきなどのコーティングが施されることが多いです。

jp.cobaltalloy.net同社は、2つの工場とワークショップ、11,500平方メートルの総面積を持っています。 私の会社は20年の技術研究開発経験を持ち、5人の技術エンジニアを抱えています。 コバルト合金、タングステンクロムコバルト合金、CuW&AgW合金、メタルセラミックス、生産に特化したインベストメント鋳物および粉末冶金。製品の90%以上が北米とヨーロッパに輸出されています。
SKYTOP SATELLITEは世界中の50カ国以上にあります。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:cobaltalloy at 12:27 | cobaltalloy | コメント(0) | トラックバック(0) ]