掲示板お問い合わせランダムジャンプ

夢ハウスあずさ号 民宿のあずさ号
「特急あずさ号先頭車クハ183-1002号車」が夢に出てきて、96年12月にJR長野支社さんから私の処にやって来ました。そして、20年が経ち、幸運と奇跡です。{あずさ号に泊る「民宿あずさ号」}{プロにもなれる十割そば道場}{1泊で出来上がる手作り靴教室}皆さんに夢を提供するため夫婦で毎日奔走しています。駅長&助役より
お問い合わせは「夢ハウス」迄  
こちらで民宿あずさ号の予約状況の確認も出来ます。

2014年06月28日
「第9幕」のはじまり、はじま〜り
VRLS4t1E_s[1]

「第9幕」のはじまり、はじま〜り
チャンスは九度山幽閉十四年目に訪れます。幸村は再度徳川との決戦に臨みます。世にいう「大阪冬の陣、夏の陣」です。幸村はこの二回の戦いに奮戦しました。しかし、「この合戦は勝つためではない」と幸村は心の中で決心していました。豊臣の最後の力を世間に知らせ、徳川に平和を築きあげてもらうためのものでした。
槍でつかれ、何本もの矢を受けながら、幸村は、大きな仕事をなしとげた満足感をもって死んでいきました。十勇士も幸村から「天下太平を見届けてほしい」と託された佐助一人を残して華々しい最後を飾り、すべての将兵が幸村と同じく「これで平和になる」と信じて死んでいきました。幸村は死をもって世の中の平和を願いました。自分が天下を取るのではなく、天下を取って平和の世をつくることができる徳川に次代をたくして戦国時代に殉じていきました。「第9幕終わり」つづくhttp://www.yumehouse.co.jp/
[ 投稿者:駅長 at 05:34 | 真田幸村と十勇士 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/06.60/a07693/0000443997.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/06.60/archives/0000443997.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 5 x 1 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら