掲示板お問い合わせランダムジャンプ

夢ハウスあずさ号 民宿のあずさ号
「特急あずさ号先頭車クハ183-1002号車」が夢に出てきて、96年12月にJR長野支社さんから私の処にやって来ました。そして、20年が経ち、幸運と奇跡です。{あずさ号に泊る「民宿あずさ号」}{プロにもなれる十割そば道場}{1泊で出来上がる手作り靴教室}皆さんに夢を提供するため夫婦で毎日奔走しています。駅長&助役より
お問い合わせは「夢ハウス」迄  
こちらで民宿あずさ号の予約状況の確認も出来ます。

2014年06月23日
「第4幕」のはじまり、はじま〜り
z2DtCRv3_s[1]

「第4幕」のはじまり、はじま〜り
野猿を友に毎日、忍者修行を続けてきた佐助は、四阿山・白山神社で修験者と出会い、妖しい術を目の当たりにします。佐助の忍術が激しい動きから繰り出されるものに対して、修験者の妖術はいたって静かな、ほとんど動きをともわないものでした。それでいて、佐助は一歩も動けなくなり、額には油汗が浮かんでくるのです。それから一年、佐助は毎日四阿山に通い妖術を身につけていきました。
この時、他のいかなる忍法とも異なる真田忍法が完成に近づいている事に、佐助はもちろん気づくはずもありません。無敵の術を身につけた佐助は、この後、山を降り、角間の里で悪童を集めて悪さの限りをつくすようになってしまいます。「どうせ俺なんか人の役に立つことなんかできやしない」と悪ぶってはみても、根は心の優しい佐助だけに、悪童たちを力で制するだけでは心の中はいやされる事はありませんでした。   「第4幕終わり」つづく
by「本物の電車に泊まれる民宿」 http://www.yumehouse.co.jp/
[ 投稿者:駅長 at 07:53 | 真田幸村と十勇士 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/06.60/a07693/0000443640.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/06.60/archives/0000443640.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 8 x 4 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら