掲示板お問い合わせランダムジャンプ

夢ハウスあずさ号 民宿のあずさ号
「特急あずさ号先頭車クハ183-1002号車」が夢に出てきて、96年12月にJR長野支社さんから私の処にやって来ました。そして、20年が経ち、幸運と奇跡です。{あずさ号に泊る「民宿あずさ号」}{プロにもなれる十割そば道場}{1泊で出来上がる手作り靴教室}皆さんに夢を提供するため夫婦で毎日奔走しています。駅長&助役より
お問い合わせは「夢ハウス」迄  
こちらで民宿あずさ号の予約状況の確認も出来ます。

2019年05月31日
自分には自分に...与えられた「 道 」がある。天与の尊い「 道 」がある。
16142438_416600318684175_2116430878237125945_n[1]

51464698_2209579795752222_3816777122005909504_n[1]

自分には自分に...与えられた「 道 」がある。天与の尊い「 道 」がある。どんな道かは知らないが、他の人には歩めない。自分だけしか歩めない。二度と歩めぬ、かけがえのない この「 道 」広いときもある、狭いときもある、のぼりもあれば 、くだりもある、坦々としたときもあれば、かきわけかきわけ「 汗 」するときもある。この「 道 」が果たしてよいのか悪いのか、思案にあまるときもあろう。なぐさめを求めたくなるときもあろう。しかし 所詮はこの「 道 」しかないのではないか。あきらめろと言うのではない。いま立っているこの道、いま歩んでいるこの道、とにかくこの道を休まず歩むことである。自分だけしか歩めない大事な道ではないか。自分だけに与えられている かけがえのない この「 道 」ではないか。他人の道に心を奪われ、思案にくれて立ちすくんでいても、道は少しもひらけない。「 道 」をひらくためにはまず歩まねばならぬ。心を定め「 懸命 」に歩まねばならぬ。それがたとえ遠い道のように思えても、休まず歩む姿から必ず新たな道がひらけてくる。深い喜びも生まれてくる。

みなさん おはようございます。今日もみなさんに良い事がたくさんたくさんあります様に!!そして、 小さな幸せに気づけますように…(((o(*゚▽゚*)o))) 僕の夢を見て行ってください。夢ハウスが動いて、警笛が鳴り、チャイムが響きますよ。下をクリックしてね↓

http://www.media-fun.biz/panorama/sannichivr/azusaspecial/viewer/?id=yumeazusa&mode=normal

フェィスブック https://www.facebook.com/kou.suzuki.102
[ 投稿者:駅長 at 03:05 | 夢情報 | コメント(0) | トラックバック(0) ]