掲示板お問い合わせランダムジャンプ

夢ハウスあずさ号 民宿のあずさ号
「特急あずさ号先頭車クハ183-1002号車」が夢に出てきて、96年12月にJR長野支社さんから私の処にやって来ました。そして、20年が経ち、幸運と奇跡です。{あずさ号に泊る「民宿あずさ号」}{プロにもなれる十割そば道場}{1泊で出来上がる手作り靴教室}皆さんに夢を提供するため夫婦で毎日奔走しています。駅長&助役より
お問い合わせは「夢ハウス」迄  
こちらで民宿あずさ号の予約状況の確認も出来ます。

2012年11月22日
小さいうれしい事を膨らませて行こう
36563_298675703570806_1190074295_n[1]

小さいうれしい事を膨らませて行こう(森光子)
[ 投稿者:駅長 at 15:02 | ベアーなkouchan | コメント(0) | トラックバック(0) ]

大笑い和尚
2852

その「見返りの塔」の入口の隅に、ひっそりと佇んでいるのが、この和尚さんです。「呵呵 大笑
思い切り笑え
腹の底から笑え
本気で笑え
笑って笑って笑いぬけ
笑えば無心になる
笑えば全てが明るくなる
笑えば生きる力が湧いてくる」
[ 投稿者:駅長 at 00:34 | ベアーなkouchan | コメント(0) | トラックバック(0) ]

「見返りの塔」
2834

上田市の塩田平から別所温泉にかけて、同じく国宝の安楽寺八角三重塔やや前山寺の未完成の重文三重塔ななど鎌倉時代の古い古刹が数多く残っています。この扇状地に二つもの国宝の塔があるのは驚きというほかありません。「国宝大法寺三重塔」は、そんな鎌倉時代の栄華を残す名塔。そのあまりの美しさに、誰もが思わず振り返ることから「見返りの塔」と呼ばれています。
[ 投稿者:駅長 at 00:32 | ベアーなkouchan | コメント(0) | トラックバック(0) ]