掲示板お問い合わせランダムジャンプ

夢ハウスあずさ号 民宿のあずさ号
「特急あずさ号先頭車クハ183-1002号車」が夢に出てきて、96年12月にJR長野支社さんから私の処にやって来ました。そして、20年が経ち、幸運と奇跡です。{あずさ号に泊る「民宿あずさ号」}{プロにもなれる十割そば道場}{1泊で出来上がる手作り靴教室}皆さんに夢を提供するため夫婦で毎日奔走しています。駅長&助役より
お問い合わせは「夢ハウス」迄  
こちらで民宿あずさ号の予約状況の確認も出来ます。

2007年05月31日
「人生で最も楽しかった瞬間」
000_0352
10月を目標に、私だけのプロジェクトが静かに動き始めました。時間を見ては小海線の車輌区や飯山の車輌区を訪ね「枕木」「犬釘」「線路」を探す旅が始まりました。平行して夫婦で線路つくりの穴掘りも始めました。作業をしていると近所の人が、入れ替わり立ち代りやってきては「何してるの?」と聞きますので「あずさ号が来るんですよ」と答えていました。噂が噂を呼んで「とうとう頭がおかしくなった」という事になりましたが、当の2人は嬉々として夢に向かって楽しんでいました。お金はありませんでしたが「人生で最も楽しかった瞬間」であったかもしれません。
[ 投稿者:駅長 at 19:25 | あずさ号 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年05月30日
「6台のあずさ号」
azuvert
一ヵ月後、JR長野支社で夢を見ている様な光景に出会います。通常は松本車輌区にあるはずの6台の「あずさ号」の先頭車両が勢ぞろいしているのです。「どれでも好きな車両を選んで下さい。」夢見心地というのは、こうゆう事を言うのでしょうか。1台ずつ手で触りながら、歩いて行きますと、5台目のところで私が何故か「あずさ2号」を口ずさんでいます。見ると「クハ183-1002号車」です。「出会い」とはこうゆうものでしょう。「このあずさ号に決めます。」新しいパートナーが決まった瞬間でした。6月20日のことでした。
[ 投稿者:駅長 at 21:19 | あずさ号 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年05月29日
「子供たちに夢を」
s005i001
この時の私の状況は脱サラして3年目。手作り靴の修行で日本中を駆け回る日々。そして、中3を筆頭に6人の子供。毎日の生活も大変な日々の中でした。あずさ号の夢を見てから話を聞いてくれる人がいれば「ありがとう」「感謝します」の気持ちで一生懸命話をしました。そして、1番は「君ならできる」ともう一人の自分が確信を持って後押ししてくれた事でした。その時から私は「子供たちに夢を」を人生の目標に決めました。
[ 投稿者:駅長 at 20:58 | あずさ号 | コメント(0) | トラックバック(1) ]

2007年05月28日
「あずさ号」がやってくる!
azuside
「何であずさ号があるの?」「「いくらで買ったの?」とか「欲しいんだけどどうすれば・・・」とかよく聞かれます。あれは11年前のお正月の出来事でした。「あずさ号に乗って旅をしている夢を見るのです。」不思議な不思議な夢でした。その後、心の中で「あずさ号」がどんどん大きく成長していくのです。気がつくとJR長野支社の前に立っているのです。こんな勇気があったんだろうか?自分でも信じられません。体中の力を振り絞る様に「あずさ号の夢を見たので、あずさ号を私に下さい。」とお願いしました。そして2週間後、奇跡が起きたのです。「あずさ号の先頭車を譲り受ける事になるのです。」あずさ号が私に勇気とツキをくれました。
[ 投稿者:駅長 at 20:58 | あずさ号 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年05月27日
誰でも出来る!「十割そば道場」
s2
団塊の世代の方々が「技術を・・・」という中で、結構「手打ち蕎麦」は人気あるそうです。でも「十割そば」となると、本職でも難しい。という中、「十割そば道場」やっています。しかも「3泊4日で自信を持って打てるようになります。」師範は私の家内です。すでに13件が県内外で「そば屋さん」始めています。聞いた事もない、見たこともない「驚きの技」に出会いに来てください。「喜んでもらいたい!」の一心でやっています。
[ 投稿者:駅長 at 20:56 | そば打ち | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年05月26日
「ツキを呼ぶ魔法の言葉」
s005i001
先日、24日は私の56回目の誕生日でした。1冊の本をプレゼントされました。五日市 剛さんの書かれた「ツキを呼ぶ魔法の言葉」でした。「3つの言葉を唱えるだけでツイテル人生にガラリ一変!」という面白い題名でした。読んでみて本当にびっくりしました!

続きを読む ...
 
[ 投稿者:駅長 at 20:54 | ベアーなkouchan | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年05月25日
作ってみませんか?自分だけの「靴」
h_shoes
私の本業「手作り靴」のお話。42歳で脱サラしまして、3日目にあったのが神戸の革職人T氏、しかも大宮で。半年神戸で修行に没頭。あれから13年が経ちました。足の変形・外反母趾・リュウマチ・膝痛・脚長差等々「足と靴でお悩みの方」多いと思いますので、是非一度お出かけ下さい。靴で困っている方が多いので「1泊で出来る靴教室」もやっています。自分で作る事も出来ます。最初は困っている人のためだけでしたが、今では「楽しみに作ってみたい」という人も多くなってきました。「世界で1足、自分で作る手作り靴」挑戦お待ちしています。「喜んでもらいたい!」の一心でやっています。
[ 投稿者:駅長 at 20:52 | 靴作り | コメント(0) | トラックバック(1) ]

2007年05月24日
「人生は旅」楽しんで!
6.19s
夫婦2人でアタフタしながらやっているお店ですが、最近「本業はなに?」とか「趣味で生きれていいですね?」とか褒め言葉?よく戴きます。ありがとう。私の本業は「手作り靴」「手作り靴教室」。家内の本業は「そば屋さん」「十割そば教室」。「民宿・宴会・喫茶・ポン菓子」は楽しみ。「鉄道」は「趣味」と言った処です。モットーは「喜んでもらいたい」。60歳になったら私も想像が出来なくらいの「出会い」が待っている気がします。感謝してます。「人生は出会い」「人生は旅」。旅の途中で是非「夢ハウス駅」に寄って見て下さい。旅ならば楽しまなくては損ですよね。
[ 投稿者:駅長 at 19:51 | ベアーなkouchan | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年05月23日
「ありがとう」「感謝します」「必ずできる」
コピー 〜 06010100.EPSON001~1
{特急の先頭車「あずさ号」が、我家に向かって運搬されたのは96年12月15日早朝の事でした。「奇跡が起きた!」と思いました。}
ここ1ヶ月は体調不良や多忙を言い訳に、以前読んだ「世界の人が見た日本人ジョーク集」でしのいできました。でも、ジョークになりにくい日本人だけど、結構面白いものもありましたね。「毎日書く」と決めて1年3ヶ月。今日からはまた私の「夢」や「幸福」に向かう1日1文綴っていきたいと思います。でも驚きました!15歳の石川遼くん初めてのプロツアーで優勝しちゃいました。世界最短・最年少チャンピオンの誕生。彼のコメントに驚きました。「ありがとう!」「感謝します!」「必ずできる!」早速使わせてもらいます。
[ 投稿者:駅長 at 20:50 | ベアーなkouchan | コメント(1) | トラックバック(1) ]

2007年05月22日
僕もロウソクを灯したけどね!
100_0212
あるアメリカの大学の期末試験。日本からの留学生スズキは合格だったが、アメリカ人のジョンは不合格だった。ジョンが言った。
「試験に合格するようにって聖ペテロにも聖母マリアにもロウソクの炎を灯してお祈りしたのに、不合格だなんて」
それを聞いたスズキが言った。
「僕もロウソクを灯したけどね」
「そうなのかい?灯し方が悪かったのかな?君たち日本人も聖人にロウソクを灯すのかい?」
「そうじゃないよ。ロウソクを灯して徹夜で勉強したんだ。」
[ 投稿者:駅長 at 19:29 | ベアーなkouchan | コメント(0) | トラックバック(1) ]