掲示板お問い合わせランダムジャンプ

夢ハウスあずさ号 民宿のあずさ号
「特急あずさ号先頭車クハ183-1002号車」が夢に出てきて、96年12月にJR長野支社さんから私の処にやって来ました。そして、20年が経ち、幸運と奇跡です。{あずさ号に泊る「民宿あずさ号」}{プロにもなれる十割そば道場}{1泊で出来上がる手作り靴教室}皆さんに夢を提供するため夫婦で毎日奔走しています。駅長&助役より
お問い合わせは「夢ハウス」迄  
こちらで民宿あずさ号の予約状況の確認も出来ます。

2007年02月28日
偶然ながらうれしいものです。
kon_00
昨年3月17日にブログを始めてから、ホームページにつけたカウンターが30,000件に達しました。皆さんのお陰です。ありがとうございます。しかし、毎日何か一言書く、という事は難しい事だと痛感しています。皆さんから「固すぎる」「お説教くさい」等、率直なご意見も戴いて「性格だものな」と落ち込んでみたり、1年間本当に勉強になりました。もっと「書く」事を勉強しておけば良かった、と思うのですけど、続けながらやるしかありません。不器用ながら淡々と頑張りますので、これからもよろしくお願いします。今日が親父の誕生日というのも、偶然ながら、なぜか感動ものです。
[ 投稿者:駅長 at 21:34 | ベアーなkouchan | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年02月27日
コンちゃんの家にも○○があった!
kon5
コンちゃんと出会ってから、両親は「今度いつ来る」と大変です。5度ほど遊びに来られたでしょうか?手紙も旅先から「お父さん、お母さんお元気ですか?」の書き出しでよく届くようになりました。一緒に温泉に泊ったり、親父が亡くなる一寸前に「コンちゃんに逢いたい」と言っていました。ある時、コンちゃんのお宅に招待されました。大阪の吹田の山の上、真っ白な御殿。奥様は元、宝塚のトップスター。プールが見える居間で奥様の手料理、プールの向こうに芝生、そして、その向こうになんと「電車が!!」コンちゃん曰く「あなたとは逢うようになっていた」と。これからも「人様に喜んで戴きましょう」と。感動しました。明日は親父の誕生日、久しぶりにお墓参りに行ってきましょう。多分、千の風にのって楽しんでいるのでしょう。
[ 投稿者:駅長 at 20:21 | ベアーなkouchan | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年02月26日
「謙虚」な人は偉大な人!?
kon2
どの分野であっても、素晴らしい業績をあげた人は、その業績のゆえに、更に自分の手が届かない高みに存在するものを知っているのか謙虚になるのはそのため。また、自分の業績に自信があるので、空威張りをする必要もなく、謙虚に振舞えるのであろう。最近、テレビや巷で「傲慢な」有名人や「軽率な」偉大な人、政治家しかり、が人の批判をしたり、ピントはずれの演説を聞かされる事が多い様に思うのは、私の気のせいか?「コンちゃんがあずさ号にやって来たのは、97年の事でした。」有名人,俳優・・・こんな謙虚な人は珍しく、両親共に大フアンになりました。
[ 投稿者:駅長 at 20:33 | ベアーなkouchan | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年02月25日
団塊世代の隠れた愛読書
100_0485
団塊の世代で隠れた漫画の愛読書があると言う。「ビッグコミックオリジナル」である。なんと実は私も20年愛読しています。今年、定年を迎える団塊の世代は戦争が終わり、子作りに励んだ事から長男・長女が多いらしい。私は4番目に生まれたので言ってみれば「どうでもいい」感じで育てられた事は、実に「ラッキー」と感じている。「釣りバカ」の浜ちゃんや「風の大地」の沖田圭介やはぐれ雲やあぶさん・・・どれをとってもみんな個性的で、飄々としている。自分の事に精一杯・全力で、周りの事まで気が回らない、なんていう今、流行の「鈍感力」という共通観があったりするのかも・・・。まだ読んでない方は、買わずに立ち読みしてみては如何。たかが漫画、されど漫画です。
[ 投稿者:駅長 at 20:07 | ベアーなkouchan | コメント(0) | トラックバック(2) ]

2007年02月24日
もったいない!90パーセントで止めてしまうのは?!
kuja.jpg0
もう一寸頑張れば・・・出逢いが、奇跡が起きたのに!もう一寸の処で諦めてしまう人が余りにも多いのでは?この後の10パーセントが面白いのです。一生懸命・・・みんな一生懸命なのですが、99パーセントとは言いません。97パーセント位まで「何が何でも」やりきりましょう。残りの3パーセントが実に面白い。「97年孔雀が舞い降りた日。」
[ 投稿者:駅長 at 23:26 | ベアーなkouchan | コメント(0) | トラックバック(1) ]

2007年02月23日
「素の自分」を大切に
h_shoes
今日はNTT西日本から「手作り靴」を中心に取材を受けた。3年前に続いてで2回目なのである。なんでわたし?と思いましたが,今回はイントラネットとやらで、社内のみで流すらしい。「肩書きのない「素の自分」を大切に」「シンプル イズ ベスト」という事をお話したのだけれど、役に立てばありがたい事です。
[ 投稿者:駅長 at 19:56 | ベアーなkouchan | コメント(0) | トラックバック(2) ]

2007年02月22日
神が見せてくれた夢
00.3.jpeg
10年前の正月に見た「あずあさ号の夢」は今でも本当に不思議な出来事でした。私一人があずさ号に乗って旅をしています。安曇野の雪の中を走り、見知らぬ駅に到着をします。駅のプラットホームでは、世界中の人が歌って踊っています。そして、警笛が鳴り、あずさ号は大勢の人に見送られて、出発して行きます。夢はそこで終わります。「あずさ号を下さい。」不思議な事に保証人も現れ、現役の特急あずさ号先頭車が、丸ごと1両初めて民間に払い下げられる事になります。45歳、10年前の12月の事でした。私はこの夢を「神が見せてくれた夢」と名づけています。本当に人生って面白いですよね。
[ 投稿者:駅長 at 20:23 | ベアーなkouchan | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年02月21日
「5度目の旅立ち」
s005i001.jpg
竹の節の様に、人生も節がある様に思います。私の最初の旅立ちは昭和26年、この世に生まれ出た年でしょうか。2回目の旅立ちは、昭和41年、15歳で「海が見たい」と焼津水産高校へ旅立つ時でした。3回目の旅立ちは、子供が6人生まれて、家内を初めて「信子さん」と呼んだ35歳の時でした。4回目の旅立ちは20年勤めた会社を辞めた平成6年、職人を目指した42歳の時。そして、3年後「あずさ号」がやって来ました。そして、今、5度目の旅立ちを予感している55歳です。「どんな面白い事をしようか」私の心は「喜んでもらいたい、楽しんでもらいたい」に思案中です。これから10年のスタートがすぐそこにやってきているのがわかります。
[ 投稿者:駅長 at 17:55 | ベアーなkouchan | コメント(0) | トラックバック(1) ]

あずさ号4代は三鷹電車区
PB050345BAKK.JPG   コピー 〜 09sazusa4.JPG
[あずさ号4代=この写真は2年前の三鷹電車区の公開イベントの時の物です。この時は真夏の暑い日でへとへとになったのを覚えています・・・K・Sより]
追伸 今日の写真:ずばり「あずさ号バック」です。工場であずさ号の余りの生地を頂いた上で裁縫が得意な相方の手によってバックに生まれ変わりました。さすが電車の生地だけあって相当丈夫です。なおこの生地の模様は「安曇野の自然」をイメージしているそうです。

そう三鷹だったんだ。貴重な写真ありがとう。「あずさ号バック」レアものだね。また、投稿お願いします。
[ 投稿者:駅長 at 09:11 | あずさ号 | コメント(0) | トラックバック(1) ]

2007年02月20日
{あずさ号の大家族や〜!}
コピー 〜 09sazusa4.JPG
投稿写真が届きました。見て驚きました。「あずさ号の大家族や〜」思わず叫んでしまいました。あずさ号が4世代で並んで写っているのです。これは奇跡に近い事ではないでしょうか?いつ、どこで、撮られたものなのか、是非、教えて下さい。幕張?松本?(投稿は東京の鈴木幸太郎さん)
[ 投稿者:駅長 at 20:40 | あずさ号 | コメント(1) | トラックバック(0) ]