掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

お知らせ:ブログ変更について

無料カウンター

2010年06月26日
池田町ガイドマスター研修会
6月23日 水曜日

池田町商工会館にて

ガイドマスター研修会が行われました。

ガイドマスターとは、池田町での里山ウオーキング・コースや観光スポットを池田町内外のみなさまにご案内することを目的とする専門のガイドです。 当初28名が登録され
21年に17名の方が新たに入会され現在45名で活動しています。




テーマ

「観光ガイドのための“おもてなし”」

今回の講師は、
松本大学観光ホスピタリティ学科
八木 雅子(やぎ まさこ)先生です。

先生は、32年間日本航空(現・日本航空インターナショナル)の
客室乗務員を勤務しその後
松本大学の専任講師としてホスピタリティ・接遇、マナー等の授業を
学生に教えている。
私も3年間先生の授業を受けた一人です。
皆さん真剣です!

4月陸郷山桜トレッキング、5月GW観光案内、アルプス展望ウオーク、
10月DCキャンペーンバス(穂高〜松川)運行中、
3日「山下大五郎展記念ウオーク」、「北アルプス塩の道浪漫ウオーク」、
16日「広津紅葉散策」、11月13日「ぐるっと池田街中散策」と
今年は、池田町ガイドマスターの活躍の場が多くなってきた。


そのため
ガイドマスターのホスピタリティ向上のため
お客様との接し方だったり笑顔の作り方・身だしなみ・
言葉使い等を先生の経験談を交え90分真剣に学習した。




先生の目標は、今話題の「イケメンづくり」
〜いけてるメンバーづくり〜

お客様の満足度を高め、自分たちがガイドしやすい環境を作る事が
感動に繋がるという。



フライトの時、気をつけていた「音・光・温度」を例にあげ
ガイドするときに活かせそうな点をご教授いただいた。
例えば、室内の中でお客様に不快な思いをさせないため、
静かに料理を運んだり、音には細心の注意を払っていた。
ガイドの時でいえば、案内をするお客様に聞こえるくらい
大きな声でと。



笑顔は英語で「Smile」。
人間には、笑顔で接すと数マイル先の心まで届くとユーモアも
混ぜ話して下さった。


笑顔は、口を「VICTORY」に。
への字の口をしてムッとしているとマイナスが人に感染するようです。

ある研究者がため息と笑った時の息を袋に入れ
その中2匹づつハエを入れた。

どんな結果になったと思いますか??
ため息のハエは、5分も持たないうちに死んで
笑った時は、20分以上も生きたという。



ということで、先生が持参した「へのへのもへじペーパー」。
参加者に2枚づつ配られ、1枚にへのへのもへじ君を完成させ
もう1枚は口をに書いてみました。

↓は“ふーみん”さんの「へのへのもへじ君」
へのへのもへじ


90分の講座後、質疑・応答の時間が設けられ、
参加者の皆さんが先生に対し、積極的に質問等されていました。



今後もこのような講座等を実施し、受け入れ側の意識向上を図り、
観光客の皆様が、旅を満足して笑顔で帰ってくださるように、
地域一同努めていきたいと思います。






[ 投稿者:ほたる at 16:57 | 池田町ガイドマスター | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/06.30/a12213/0000329513.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/06.30/archives/0000329513.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 8 x 3 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら